Categories
News

ドロップキックを1日で習得できるか? 女子プロレス団体に入門してみた結果 → デビューへの道が開ける事態に

私の夢は漫画家になることだったが、画力に限界を感じて諦めたのはハタチの頃。ところが素人でもネットで簡単に漫画を発表できる時代がきた。画力はそこそこでも続けてみればよかったなぁと思う。 私はロックバンドの追っかけに思春期を捧げてもいたが、「バンドは男のやるもの」と思い込んでいた。ところが昨今ではガールズバンドが大活躍している。ギターのひとつも弾いておけばよかったなぁと思う。 皮肉なことに当サイトには「ライター兼漫画家」も「ライター兼バンドマン」もいる。今にして思えば2足のワラジを履くことだって十分可能だったワケだ。あーぁ、やりたいことは色々あったのに、やらないまんま30歳を過ぎてしまった。もう何もかも遅いのだろうか……? ・憎い! オールドプロレスファン ところで私はプロレスファンになって約5年だ。50年選手も珍しくないプロレスファン業界では「ぺーぺー」の部類だろう。しかしペーペーにだって自負がある。私は月に平均1〜2回はプロレスの試合を観戦しており、 “活動している&金を落としているファン” なのだ。 ところが……一部のオールドプロレスファンたちのふてぶてしい態度はどうだろう。我々のことを「オカダとか棚橋しか知らないミーハー」だと決めつけている。あながち間違ってはいないが、逆にそれの何が悪いというのか? それでいてこっちが「オカダとか棚橋の話」を始めれば、やつらは一瞬で「馬場とか猪木の話」にすり替えてくる。馬場さんを出されたらこっちはお手上げだ。この問題は何もプロレスに限った話ではない。 ファン歴や知識といった一朝一夕には追いつけぬ差を振りかざし、若手をいじめて優越感に浸ろうとする輩は他ジャンルでも多数存在していると聞く。そういうのってよくないよ本当に。だが「よくないよ」といくら諭そうが、奴らはキャンとも言わないだろう。悔しい。憎い。 古参のファンたちを黙らせ、かつ一気に形勢を逆転させる方法が1つだけある。かなりの力技であるため躊躇(ちゅうちょ)してきたが……今回ついに敢行することにした。目には目を、プロレスファンにはプロレス技を、である。 ドロップキックを習得してギャフンと言わせてやるのだ……! ・西川口へ! とはいえ私は運動経験ゼロの超文化系。逆上がりもできぬ身の上での入門には、かなりの不安がつきまとう。 ということで「体験からでOK」と温かく迎えてくれたのは、埼玉県にある女子プロ団体『アイスリボン』だ。プロ志望者やデビューしたての選手に混じって毎週2回、一般人も練習に参加することができる。 この日のコーチはレフェリーのMIOさんと現役の鈴季すず選手。 元々プロレスラーだったMIOコーチ、この日はなんと生後9カ月の息子さんをおぶって練習に参加するらしい。だ、大丈夫なんでしょうか……? MIO「アイスリボンは子育てを支援する団体なんです。私はこの子で2人目なんですが、3人目も産んでいいよって言ってもらっていますよ。プロレスサークルは子供さんの参加も大歓迎ですしね」 ──「サークル」なんですね! MIO「ええ。 “どんな人でも来ていいよ” ということでやっています。下は小学生から、上の制限は設けていないです。50代の方が来られたこともあるかな」 ──MIOコーチは31歳とうかがいました MIO「今日が31歳最後の日です(笑)」(※取材日は2月13日) ──ワッ! おめでとうございます! やはり30歳を過ぎるとプロでは厳しいんでしょうか……? MIO「いやいや、私は怪我をしてしまったので。30代からスタートして、そこからプロになる人も全然いますよ。ウチの現役最年長の星ハム子さん(37歳)は、娘さんもプロデビューしています」 ──2世代で現役ですか……! 私は運動経験もないんですが、なにかマスターできそうな技とかありますか……? MIO「そうですねぇ。関節技はどうですか? 形と入り方が分かれば練習もしやすいですしね。逆に何か希望はあります?」 ──モゴモゴ…… MIO「えっ? 何ですか?」 ──…………(消え入るような声で)ドロップキックとか…… MIO「ドロップキックですか! これは才能なんですよねぇ。人によってすっごく違います。運動が全くできなくても素直に体を動かせる子は、1〜2週間で形になったりするんです。……そうでない人はかなり時間がかかります」 ──最初からできる人もいるんでしょうか? MIO「いますね! センスがとても重要です。あとは思い切りの良さもすごく大事。怖がらずに何でもチャレンジする子は意外とすぐにできたりしますよ」 子供のころ誰もが憧れたドロップキックを「初日でモノにできる人もいる」と、MIOコーチは確かにおっしゃった。年齢と経験では圧倒的に劣る身だ。せめて ”センスのかけら” くらい有していなければ今後の道のりが険しすぎるというもの。わずか2時間強の練習ではあるが、形だけでも掴んで帰りたい……! ・準備運動で挫折 この日ご一緒したプロ&プロ候補生の面々は、現役高校生や外国の方も含む6名。皆さんの礼儀が正し過ぎて逆に慌てたものの、イジメられる心配はなさそうでひと安心だ。 まずはストレッチから。 イテテテテ……! 自分の体が柔らかくないことは分かっていたが、想像以上のカチコチさに少しショックを受ける。 続く前転、後転まではなんとかクリアできたものの…… 側転で早くも挫折。 開始5分で恥かきっ子寸前だ! ・準備運動長すぎ問題 同じ動作を順番に披露するという準備運動。迷惑だけはかけまいと必死で周りの動きを観察するが、見よう見まねにも限界がある。 開始15分後には「倒立」をやれと言われ、私は早くもギブアップ…… ……という選択肢はなかったようで、コーチに2人がかりで補助をしていただいた。 寝転んだ状態から重いシリを浮かせ…… 足を引っ張ってもらい、どうにか “倒立の雰囲気” を感じることに成功だ! コーチいわく、この「感じをつかむ」のが大切とのこと。練習生たちの中にはもともと前転すらできなかった人もいるのだそうだ。自力で倒立できる日が来るとは全く思えないが、自分に腕の筋肉が絶対的に不足していることは分かった。それだけでも収穫といえなくはないよね。 「ブリッジ」もできないから補助してもらう。 […]

Categories
News

Shift to cleaner power sparks landmark green bond sale in Japan

In the gusty northeast, a power company is looking to fund offshore wind projects with a landmark sale of green bonds that seeks to muscle …

Categories
News

COVID-19 affecting job-hunting in Japan

The continuing spread of COVID-19 is affecting students’ job-hunting activities across the country.While job-seekers are enjoying a seller’s market due to severe labor shortages crippling …

Categories
News

Nomura is finally making money from Asia investment banking

Nomura Holdings Inc.’s investment banking business in Asia is set to return to profit this fiscal year after more than a decade of losses since …

Categories
News

13店舗中6店舗がキャンパス前! 関西の学生に御用達の油そばチェーン「きりん寺」の味に迫る / 学生グルメの旅・大阪経済大学編

各地の学生にウマイ飯屋を教えてもらう、シリーズ「学生グルメの旅」。第4弾の今回は大阪経済大学の周辺グルメをリサーチすることにしよう。 調査の末に浮かび上がったのは、関西圏で勢力を拡大しつつある油そばチェーン「きりん寺」の存在。油そばなのにサッパリ、サッパリなのに油そば!? そんな魅惑の味に迫ります! ・まさかの凡ミス 今回訪れたのは、大阪市東淀川区にキャンパスのある大阪経済大学。最寄駅は大阪メトロの瑞光四丁目駅で、梅田・京都・神戸といった主要都市からのアクセスも良く、訪れる人にとっては便利なロケーションだ。 そして何といっても今日は快晴。完全に私事だが、このところ外に取材に行くと必ずといっていいほど天気が悪かった。この日は青空広がる取材日和、写真もキレイに撮れて気分はルンルンである。 しかし好事魔多し。ここで思わぬアクシデントが発生した。学生が歩いていないのだ。ビックリするくらい。 間違えて土日に来たわけではない。今日は紛れもなく平日である。新型コロナの影響か。はたまた、これが噂に聞く少子化社会というやつなのか。とにかく人が少なすぎる。一体みんな、どこ行っちまったんだよ~! それでも何とか最初の学生に出会うことはできた。「なんか今日、人が少ないですよね~」とさりげなく聞いてみたところ、あまりにも圧倒的な事実が判明。筆者を震撼させた、その圧倒的事実とは…… \\\今は春休み/// ガビョーン! 学生じゃないから、その感覚は全くなかった……。 ・どこかで聞いた? しかしながら就職相談などでキャンパスを訪れる人もいるらしく、辛うじて10名の学生にグルメ情報を聞くことができた。20名にインタビューする恒例のパターンからは縮小版となるが、今回はこれでお許し願いたい。 さて、集まった10票の内訳は下記の通りである。 きりん寺(油そば) 3票 ラーメン家 あかぎ(ラーメン) 2票 パールヴァティ(カレー) 1票 1ポンドのステーキハンバーグ タケル(ステーキ) 1票 夢街道(弁当) 1票 KUCHE(ラーメン) 1票 プレミアムチェリッシュ(クレープ) 1票 トップは油そばの「きりん寺」ということになるのだが、この店名、前にもどこかで聞いた気が。と思ったら、なんと前回お届けした近畿大学編でも別の支店が2票を獲得していた。 調べたところ、大阪を中心に計13店舗を展開しているチェーン店らしい。しかも、半数近い6店舗までがキャンパス至近の店舗となっている(2020年2月17日現在、公式HPより)。 こんな学生御用達の油そばチェーンがあるなんて知らなかった。もしかしたら大阪経済大学だけでなく、各地の大学でソウルフード的な存在となっているのだろうか? ・ラー油&酢がデフォ お店へとやってきた。もちろん注文するのは油そばだ。価格は通常750円だが、学生の場合は570円となっている。かなり太っ腹な値引率で、早くも「学生御用達店」としての片鱗がうかがえる。 さて油そばだが、こちらではラー油&酢を最初に投入して食べるのが良いらしい。これは途中まで食べてからの味変というわけではなく、最初にかけて混ぜてくださいとのこと。 お店の説明書きによると、麺が熱いうちでないと上手く馴染まないそうだ。ならばということでドバッと投入し、よく混ぜたうえで食べてみると…… しっかり油そばなのに、非常にサッパリとしている。いや非常にサッパリとしているのに、しっかり油そばというべきか。恐らく酢の効果だと思うが、油そば本来の塩気(醤油タレの辛さ)を残しながらも口の中に濃さが残らない。 油そばといえばジャンクな味わいが魅力だが、これなら後味がクドくないので毎日でも飽きなさそうだ。本場の東京では珍しくないのかもしれないが、関西在住の筆者には新鮮に感じる味だった。 このジャンクだけど後味スッキリな美味しさが、学生たちにウケているということだろうか。うん、多分そうだ! 他にも150円で食べ放題のTKG(卵かけご飯)などもあり、全体的に満足度は高し。学生からの支持が何となく分かるような店だった。今後、さらに関西で勢力を増していく可能性も大いにありそうだ。 ということで今回は大阪経済大学から学生グルメの旅をお届けしました。ネットの検索では出てこない、学生のナマの声に基づくグルメ企画。次は貴方の街の大学に行くかもしれません! ・今回紹介したお店の情報 店名 きりん寺 経大前店住所 大阪市東淀川区大隅1-8-5時間 11時30分~15時30分、17時~22時休日 無休 参照元:きりん寺 Report:グレート室町 Photo:RocketNews24. ★こちらもどうぞ → シリーズ「学生グルメの旅」

Categories
News

Japan logs goods trade deficit of ¥1.31 trillion in January

Japan posted a goods trade deficit for the third consecutive month in January, hit by weak exports to China and the United States, government data …

Categories
News

How to navigate social media and a social city with Netflix’s ‘Followers’

Artist and director Mika Ninagawa launches new streaming about the lives of Tokyo’s bright young things and their quest for recognition

Categories
News

ゲームセンターにあるデカい『いちごみるく』がとても気になったので取ってみた / 期待からの感動、そして哀愁

ゲームセンターに行くと、時折クレーンゲームの中に景品として入っているデカいお菓子。取ったことがなくとも、「中に小さいのが入ってるんだろう」と想像がつく。 それどころか、外箱に何袋入りか書かれていたりする場合も割とある。それら景品用のデカいお菓子の中で、個人的に最近とても気になっているものがある。それは、デカい いちごみるく のキャンディ。 ・そもそもあまり狙われない説 筆者(江川)は、割とよくゲームセンターに行くタイプ。ゆえに、デカい いちごみるく のことも、もうずいぶん前から知っていた。知っていたが、今まではそこまで興味がわかなかったのでスルーしていた。 というか、デカいお菓子を狙う人というのは少数派な気がする。クレーンゲームで人気の景品といえば、やはり流行のアニメや漫画、ゲームなどのグッズだろう。例えば『ONE PIECE』のフィギュアなどは一年中それなりの種類が入っている気がする。間違いなく需要があるのだ。 ポケモンの ぬいぐるみ なんかも定番。入れ替わりが激しいのは、やはり放送中のアニメのフィギュアなどである。これらの景品が入っているクレーンゲームは、景品も順調に減っていく。 一方で、デカいお菓子のクレーンゲームは事情が異なる。いつでも同じものが入っている気がするが、人気という感じはしない。そもそもプレイしている人もそんなに見ない。たまに小さい子供連れのパパなどが、子供にせがまれ慣れない手つきでプレイし、そして何も取れずにフィニッシュする程度。 狙った獲物を確実にゲットするような、クレーンゲームガチ勢が狙うのは、きっと人気のぬいぐるみやフィギュアなどだろう。お菓子は、ふらりと立ち寄ったファミリー層が暇つぶしにやる程度なのではないか。 そしてふらりと立ち寄るようなファミリー層は、クレーンゲームなど得意ではあるまい。きっとデカいお菓子もなかなかゲットされることが無いのではなかろうか。もしかして、これらのデカいお菓子を実際にゲットし、中身を見た人はそんなにいないのではないか……。 的なことを考えていたら、急に気になってきたのだ。特にデカい いちごみるく である。内容量も外からは全く分からないし、なによりデカいキャンディの形をしているところが、単に外箱をデカくしただけの他のお菓子よりも強い気がする。ということで ゲットしてみた。 ちなみに700円かかった。上手い人ならたぶん400円とかで取れそうな気がする。高いのか安いのかは中身を見るまで何とも言えないが、とりあえず達成感とちょっとした感動はある。この後、デカい飴を抱えたまま街を歩いていたらめちゃくちゃ注目されたことも記しておこう。 なお、ゲームセンターの店員さんに、取る前と取った後の写真はいいが、取ってる最中についてはNGと言われた。取り方などが広まるのは好ましくないとか、そういう事情があるのかもしれない。 ということで、いかにして取ったかなどの詳細は伏せさせていただく。でも、店員さんにどうやって取るのかコツを聞けば、大体教えてもらえるぞ。デカい いちごみるく が欲しい方は、各自ゲームセンターにて頑張ってみてほしい。 ・あけてみる いよいよデカい いちごみるく の真相に迫っていこうと思う。まずは外側に、成分表などが印刷されたシールが貼られている。 読んでみると、発売元は株式会社ヨシナとなっているが、販売者はサクマ製菓株式会社。賞味期限は2020年11月と、意外と短い。そして、アミューズメント専用景品との記載も。 このシールは、包み紙が開かないようにする封の役割も果たしていた。シールを引き裂いて包みを開けると…… モンスターボールじみたカプセルが ぶっちゃけ持った感触でわかっていたけどな。微妙に取っ手のような突起がついているため、完全な球体ではない。突起の意味はよく分からないが、開く前の包み紙のねじられていた部分の片方は、この突起が軸になっていた。製造の過程で重要なのかもしれない。 さて、このカプセルが最後の砦。これを開ければ、デカい いちごみるく の真相が明らかとなる。中から出てくるのは夢を感じさせてくれる現実かもしれないし、あるいは非常な現実かも知れない。 何かを明らかにするときには、常にリスクが存在するものだ。より具体的には、知ってよかったと思える場合と、知りたくなかった場合があるということだ。そして、どちらになるのかは、知らなければわからない。 なんにせよこの先にあるのは現実である。心の準備はよろしいだろうか? それではお見せしよう。中に入っていたのは…… …… …… …… …… …… いちごみるく2袋 2袋 完 Report:江川資具 Photo:RocketNews24.

Categories
News

Barry McGee: Painting outside the lines

“Potato Sack Body” can be enjoyed as a semi-abstract display of shapes and colors, but there are also cryptic artifacts, notations and visual references. If …

Categories
News

‘Pola Museum Exhibition 2020’

Feb. 21-April 12Founded in 1996, the Pola Art Foundation has been involved in supporting emerging artists for nearly 25 years. One of its projects helps …