Categories
News

外出禁止令も出ているケニアの田舎町はいま / マサイ通信:第362回

スパ! ルカだ。マサイ族の戦士・ルカだ。いま、世界は一丸となってコロナと戦っている。日本もそうだし、ケニアもそう。気を緩めず、がんばろうな。 ところで、日本では緊急事態宣言が発令されたとゴー(羽鳥)から聞いた。外出自粛なんだってな。いっぽう、オレの住むケニアでは、先月末から外出禁止令が発令されている。とはいえ、夜7時から朝の5時までだけどな。そんなさなか、日中に、オレの村から一番近い田舎町「ロイトキトク」と「キマナ」に行ってみた。 ・不要不急の外出ではないよ まず、なんでロイトキトクの町に行ったのかというと、ずばり原稿料を受け取るためだ。そういう店が、あるんだ。日本のゴーも、海外送金のためにいつも利用している旅行会社が営業自粛になっちゃったりで、オレの原稿料を送金するのに苦労したみたいだけども、オレの方も “いつもどおり” ではなかったよ。 まず、乗り合いバスの乗客がビックリするほど少なかった。バスの中に3人しかいないなんて、オレ、体験したことないよ。ちなみにいつもは満員な。絶対に満員。3人なんて前代未聞だ。 あとは、ロイトキトクってタンザニアとの国境の町なんだけども、イミグレでは、コロナにかかっていないかチェックするところもあった。もちろんそこには手洗い場もあったので、ついでに手を洗ったよ。 キマナ町の様子は、そうだな、いつもよりは閑散とした感じだった。ちなみにマスクを付けている人はいなかったよ。売ってないから仕方ない。 ちなみに、今オレが首都ナイロビやモンバサに行くことはできない。逆に、ナイロビやモンバサの人たちがアンボセリに来ることもできない。移動範囲を制限することによって、感染の拡大を防いでいる感じだ。では、お互い、気をつけよう。もうしばらくの辛抱だ。がんばろうな。オレセリ! Report:ルカ(マサイ族) 超訳:GO羽鳥 Photo:RocketNews24. « 前の話へ | 第1回から読む

Categories
News

こんな時だからこそロックフェスオーディション『出れんの!? スパソニ!?』に応募してみた

2020年4月7日、ついに東京、大阪など7都府県に緊急事態宣言が発令された。現在、我々は歴史の教科書に載るレベルの事態に直面していると言っていいだろう。 街からは人が消え、外出は自粛、イベント系はもちろん中止 or 延期の嵐。売れないバンドマンである私(中澤)が出演する予定だった小さなライブもことごとく中止か延期になっている。しかし、そんな時代だからこそロックフェスのオーディションに応募してみた。 ・SUPERSONIC 応募したロックフェスとは『SUPERSONIC』である。これは今夏サマーソニックが開催されないことにより立ち上がった初秋開催の大型フェス。9月19日、20日と東京、大阪の2カ所で開催され、3日目の21日は東京のみの開催となっている。 主催もサマーソニックと同じイベント会社『クリエイティブマン』なので、時期がズレたサマソニと考えて問題ないだろう。 ・フェス出演権をかけたオーディション そしてサマソニと言えば、フェス出場権をかけた新人の登竜門オーディション『出れんの!? サマソニ!?』だ。これがSUPERSONIC にも引き継がれていて、4月3日から『出れんの!? スパソニ!?』の募集を開始しているのである。 応募期間は5月15日の16時まで。応募してみたところ、音源はURLだけの入力でアー写も必要なく以前のオーディションより格段に楽になっていた。 ・祈りを込めて 正直、初秋までに新型コロナが収まるかは分からない。だがしかし、これは祈りである。9月にはスパソニが開催できる世の中になっていることを願って。 もちろん、緊急事態宣言が解けさえすれば良いというわけではない。ライブイベントは、宣言が発令されるずっと前から自粛しているし、スパソニほどの人数の集まるイベントならば慎重にならざるを得ないだろう。それら全てを含めた上で私はロックフェスの開催を見たい。 参照元:出れんの!? スパソニ!? 執筆:中澤星児 Photo:Rocketnews24.

Categories
News

Spain warns EU future at risk over financial response to coronavirus

The European Union’s future is in jeopardy if it cannot come up with a joint financial response to combat the new coronavirus, Spanish officials warned …

Categories
News

Behind the scenes, an LDP power struggle over record-size economic package

As the Cabinet approved a record-breaking emergency stimulus package Tuesday, the deep-seated rivalries it has amplified within the ruling Liberal Democratic Party were hidden from …

Categories
News

China snake village scales down as coronavirus prompts wildlife trade ban

Since China began frantic efforts to curb a coronavirus epidemic in late January, residents in the tiny snake breeding village of Zisiqiao have had to …

Categories
News

【ガチ】復活した松屋の神メニュー『ごろごろ煮込みチキンカレー』が好きすぎるので、一緒に過ごすために有給を取得した

昨日2020年4月7日、松屋の神メニュー『ごろごろ煮込みチキンカレー』が期間限定で復活を果たした。我らが王の帰還である。しかし、一部の読者諸君は疑問に思ったのではないか? 発売前はあんなに騒いでいた当サイトが、発売当日になった途端、なぜか沈黙を決め込んだことに。 もしかしたら松屋サイドにとっても驚きだったかもしれない。いや食わへんのかいと。エア『ごろチキ』かと。松屋よ、違うのだ。実は『ごろチキ』と一緒に過ごすために、有給を取って一日休んでいたのだ。 ・有給を取得 『ごろチキ』復活が4月7日と分かった時点で、私(あひるねこ)は動き出していた。上司の GO羽鳥に有給を申請。早々に休暇を確保したのである。その際、羽鳥は何も聞いてこなかったが、もし理由を問われたら「ごろチキです」と即答する準備ができていたことはハッキリ記しておきたい。 ・再会 運命の当日。午前10時42分に松屋店舗へ到着した私は、『ごろチキ』の食券を持ち帰りで2枚購入した。今日は一日、家で『ごろチキ』とゆっくり過ごすつもりだ。ちなみにPayPayで支払ったら、なんと20%分戻ってきたぞ。皆が『ごろチキ』復活を祝福しているかのようである。(4月30日まで)。 ──そして数分後。 ついに私は『ごろチキ』との再会を果たした。 さあ、家に帰ろう。 ・懐かしさに涙 4つの容器を袋から出してテーブルに並べる。久しぶりに会った『ごろチキ』は、約半年の時間などまるで感じさせることなく、あの頃のままの姿と匂いでもって私をギュッと抱きしめてくれた。なぜだろう、とても安心する。 そうそう、この圧倒的なチキンの物量こそ『ごろチキ』の真骨頂だ。もはや “ごろごろ” ってレベルではない。カレーがメインなのか、それともチキンがメインなのか分からなくなるこの鬼バランスも、『ごろチキ』の魅力の一つと言えよう。 View this post on Instagram やっと会えたね。 #ごろチキ #mylover A post shared by あひるねこ (@ahiruneko24) on Apr 6, 2020 at 7:29pm PDT 今回最大のトピックは、松屋カレー部のTwitterアカウントも匂わせているように、カレールーが今は無き『オリジナルカレー』になっているという点にある。『創業カレー』も もちろんウマいが、やはり『ごろチキ』にはオリジナルだ。懐かしさが容器から溢れ出す。 こうして私は、約半年ぶりとなる『ごろチキ』を心の底から堪能したのだった……が。どうしよう、困ったな。 もう夜までする事がねぇ。 ・誤算 2つ買ってきた『ごろチキ』の内、1つを完食してしまった。これはつまり、今日の予定の半分が終了したことを意味する。マジかよ、まだ日テレ『バゲット』が終わったばっかだぞ。あと半日何したらええねん。いきなり暇を持て余した私は、しばし虚空を眺めたり…… 意味なく部屋を掃除したり…… Spotifyで『ごろチキ』に捧ぐプレイリストを作ったりと…… いたずらに時間を浪費することに徹した。その結果、気付くと外は暗くなっており、ようやく『ごろチキ』2回戦が始められるくらいの空腹具合いに。先ほどはカレーとライスを交互に食べ進めたのだが、今回はカレー・オン・ザ・ライスでドバッとブッかける。 同じ『ごろチキ』でも、食べ方を変えることによってまったく違った表情を私に見せてくれるのだ。いやぁ、やっぱどうやっても『ごろチキ』はウマいなぁ。中毒性あんなぁ。毎日イケるなぁ。 こんな感じで、私の有給は終了したのだった。 奇しくもこの日は、今年最大の満月「ピンクムーン」が雲一つない夜空を照らしている。月見酒ならぬ、月見ごろチキもまた乙なもの。と思ったけど、月が出る前に食べちゃったので、これではただの素月見やないか。でも、いい有給だった。たぶん。 ・ごろチキ最高 『ごろチキ』と共に過ごした、何もしないからこそ贅沢なひと時。それは私にとってかけがえのない時間であった。『ごろチキ』は今回いつまで食べられるんだろうか。後悔のないよう、販売終了まで全力でごろチキっていく所存である。みんなも忘れないうちに ごろチキっといた方がいいぞ! 参考リンク:松屋 Report:あひるねこ Photo:RocketNews24.

Categories
News

9 Must-Read Books on Japanese History

Many of us foreigners living or traveling in Japan are only slightly familiar with the country’s troubled and complicated history. From shoguns to World War II and beyond, Japanese history is a goldmine of fascinating tales sure to intrigue anyone willing to delve a bit deeper. Imperfectly translated information on museum exhibit labels barely scratch […]

Categories
News

Coronavirus forces Japanese firms to weigh hybrid online-offline shareholders meetings

The country’s corporate law requires companies to set a physical venue for the meeting, but the government has recently relaxed the rules.

Categories
News

Tokyo confirms record 144 COVID-19 cases, one day after emergency declaration

The latest infections bring the total number of confirmed cases in Tokyo to 1,339, according to metropolitan government data.

Categories
News

Skeptical economists call Japan’s largest-ever stimulus package ‘puffed up’

To counter the economic crisis caused by the global coronavirus pandemic, Japan adopted on Tuesday its largest-ever emergency economic package worth ¥108 trillion, equivalent to …