【マジかよ】ジャンププラスが「CAMP FIRE」で画太郎先生の “ババア” の等身大フィギュアを作ろうとしてるぞ~!

クラウドファンディングによって、資金を調達して新しいサービスや製品を世に送り出す企業や個人が増えている。単純にお金を集めるためだけでなく、PRの一環でこれらのサービスを利用する会社も少なくないようだ。そんななか、集英社の「ジャンププラス」が驚きのプロジェクトを『CAMP FIRE』で行っている。

それはなんと! 漫☆画太郎先生の作品でお馴染みの “ババア” を等身大フィギュアにしようというものだ! マジかよ、アレが等身大ッ!? 目標金額の250万円を早々と達成し、現在300パーセント超の840万円を達成することに成功している!! あのババアが巨大なフィギュアになるぞ~ッ! プロジェクトの説明を見ると、次のようにある。

・プロジェクトの概要

ババアの等身大フィギュアを制作いたします! それを、冬に開催されるジャンプフェスタ2019に展示して、『星の王子さま』単行本の宣伝をし、打ち切り回避を目指します! ジャンプフェスタ2019とは、2018年12月22日・23日に開催予定のジャンプのイベントです。入場無料で実際にご来場いただきババア等身大フィギュアをご覧いただくことも可能です」(CAMP FIRE「ジャンププラス」プロジェクトより)

フィギュアの制作を行うと共に、画太郎先生の作品『星の王子さま』の連載打ち切りを回避することが名目らしい。出資者へのリターンは以下の通り。

・出資者へのリターン

1万円 コピーだらけのクソみたいな原稿
1万円 ババアフィギュアのガレージキット(画太郎サイン付き)
3万円 ババアフィギュアのガレージキット(画太郎手塗り付き)
5万円(品切) コピーを使っていない珍しい原稿
25万円(品切) トラックオチを含む描き下ろしマンガに登場する権利
250万円 ババア等身大フィギュア(画太郎サイン付き)

・250万でフィギュアが自分のものに!

となっている。漫画に登場する権利は非常に魅力的! ぜひとも描いて欲しい! と思ったが、こちらはすでに品切となっている。25万くらいなら何とかなるかなと思ったのに残念だ。250万の等身大ババアは今のところ出資可能で10人まで受け付けているので、一家に1台欲しいという方は出資を検討して欲しい。1人暮らしで自宅に帰ってババアがいたら、ちょっと怖いかも……

参照元:CAMP FIRE
執筆:佐藤英典


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply