Categories
News

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「マスターリーグ用に育てたいポケモン」第1弾

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! キラ図鑑は順調に埋まってるかな? 「どうせ自分には無理……」と思ってるそこの君!! 交換してくれる相手さえ見つかれば、意外とキラ図鑑は埋まっていくぞ。キラキラしてる方が気分もいいから、とりあえず交換相手を探してみよう。

それはさておき、スーパーリーグ、ハイパーリーグに次いで、もうそろそろGOバトルリーグにて「マスターリーグ」のプレシーズンが始まる。今回も “トレーナーバトルの鬼” に「マスターリーグ用に育てたいポケモン」を聞いてきたから、ぜひチェックしてくれよな!

・マスターリーグで輝くポケモン

ここ数週間、GOバトルリーグをプレイしまくったトレーナー諸君ならお分かりかと思うが、一口にトレーナーバトルといっても「スーパーリーグ」と「ハイパーリーグ」では活躍するポケモンが違う。もちろん、どちらのリーグでも活躍するポケモンはいるが “それぞれに輝く場所がある” ということだ。

それはマスターリーグにも言えることで、これまであまり出番のなかった「伝説ポケモン」たちがいよいよその本領を発揮することになる。また、CP制限のないマスターリーグのベスト個体値は100%だから、逆に選別が終わっているトレーナーも多いかもしれない。

・鬼からの断り

さて、今回も話を聞かせてくれたのは “トレーナーバトルの鬼” ことAさんである。日付が変わった瞬間からGOバトルリーグを25連戦するAさんは、最近ランク10に昇格したという。「いや~、強い人ばっかりで怖いですよ」と言っていたが、月に1万匹ペースでポケモンを捕まえてるあなたも怖いですから! やりすぎですから!!

それはどうでもいいとして、さっそく話を伺おうとしたところ鬼から「1つだけ断っておきたいことがあります」という申し出があった。何かというと……。

「実は、僕はほとんどマスターリーグをやったことがないんです。なので、これまでのように経験に基づくお話はできません。マスターリーグに関しては、それぞれのポケモンの相性やタイプ、数値に基づく仮説だと思っていただけるとありがたいです」

……了解した。ただ、話を聞きながら様々なシミュレーションをし、さらに実際にマスターリーグで戦いつつオススメのポケモンを選抜したから、見当ハズレということはないハズだ。というわけで、マスターリーグで輝くポケモンたちを以下で4匹紹介しよう。

・ディアルガ

「現在のところ、マスターリーグ最強のポケモンはディアルガで間違いないと思います。位置づけ的にはスーパーリーグでいうマリルリ、ハイパーリーグでいうギラティナアナザーといったところでしょうか。

ディアルガ最大の魅力はタイプです。はがね / ドラゴンタイプなので弱点はじめんとかくとうの2つだけ。さらにレジスチルと違って、みずとでんきにも耐性を持っています。これにディアルガの持つリーグ上位の耐久力が組み合わさるんですから、弱いハズがありません。

さらには暴力的な攻撃力のおかげで、ノーマルアタックだけでほとんどのポケモンに勝ててしまいます。カイリュー、パルキア、レックウザ……などなど、攻撃力の高いドラゴンタイプは多いんですが、どのドラゴンタイプにもディアルガが負けることはありません。

わざはノーマルアタックが “りゅうのいぶき” で確定、スペシャルアタックは天敵のトゲキッス対策として “アイアンヘッド” は入れておきたいところ。残り1枠は発動の早い “かみなり” か、一撃必殺の “りゅうせいぐん” か悩ましいですね。ちなみに “りゅうせいぐん” は使うと攻撃力が2段階落ちてしまうので注意しましょう」

・トゲキッス

「ディアルガがあまりにも強力なので、ディアルガ対策は欠かせません。ドラゴンタイプに耐性があるのはフェアリーとはがねタイプだけですが、中でも1番手に来るのがトゲキッスでしょう。ハイパーリーグでも活躍しているトゲキッスですが、マスターリーグではさらなる活躍が見込めます。

対ディアルガに関していえば、弱点のはがねわざ “アイアンヘッド” に気を付けてさえいれば、ノーマルアタックの “あまえる” だけで十分に削り切れます。やはり、ドラゴンタイプに2重耐性を持っているのは大きいですね。

ノーマルアタックは “あまえる” だとして、スペシャルアタックは “かえんほうしゃ” と “げんしのちから” がオススメです。いずれにせよ、ディアルガ対策のポケモンの育成は必須です

・メルメタル

「ディアルガに対抗できるはがねタイプなら、メルメタルが挙げられます。メルメタルの特徴はとにかく回転が早いこと。ノーマルアタックは “でんきショック” しかないんですが、ディアルガの弱点を突けるスペシャルアタック “ばかぢから” を持っているのは大きいですね。

ただし、“ばかぢから” は使うと自分の攻撃力と防御力が2段階下がってしまうので、やや使い方が難しいかもしれません。溜めて溜めて2連発で使うのが基本です。当然、ディアルガもシールドを張ってきますので、ブラフで “いわなだれ” を上手に使いたいところです。

その “いわなだれ” はトゲキッス対策としても使えるうえ発動も早いので、メルメタルのスペシャルアタックは “ばかぢから”“いわなだれ” で決まりでしょう。とはいえ、メルメタルは普通に湧くポケモンじゃないので、人によっては育成の難易度が高いかもしれません」

・ヒードラン

「ディアルガ対策ポケモンの中でも、使い方が簡単なのがヒードランです。元々のステータスも高いですし、ディアルガに等倍で入るほのおわざ “ほのおのうず” でゴリ押しすることが可能です。ディアルガに次いで使用頻度が高いポケモンになるのではないでしょうか。

さらに、ヒードランは他のはがねタイプに負けないところが魅力ですね。とはいえ弱点はみず、かくとう、じめんと3つあり、中でもじめんは2重弱点なので十分に注意しましょう。カイオーガ、グラードンあたりは天敵になりそうです。

ノーマルアタックは “ほのおのうず” で、スペシャルアタックは他のはがねタイプの弱点を突ける “かえんほうしゃ” 、もう1枠をトゲキッスの弱点を突ける “アイアンヘッド” にするといいでしょう」

・ディアルガが中心

先述の通り、鬼と検証を兼ねつつ何戦か戦ってみたが、ディアルガはやはりメチャメチャ強い。プレシーズンが開幕してしばらくの間は、ディアルガを中心にマスターリーグが回ることはほぼ確実だ。まずは「ディアルガ」と「ディアルガ対策ポケモン」を育成しておこう。

というわけで、マスターリーグのプレシーズンは2020年2月25日(火曜日)6時から開幕する。スーパー、ハイパーでは後れを取ったトレーナーの中には、マスターなら十分に通用するポケモンをお持ちの方も意外と多いハズ。恐れずに戦え……涙の数だけ強くなれるよ! それではトレーナー諸君の健闘を祈る!!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *