ハリウッドのドラマより見応えあり! Netflixの『ペーパー・ハウス』がブッチぎりのアツさで面白い!

三度の飯よりも海外ドラマをこよなく愛する筆者は、今までにロケットニュースで数多くのドラマを紹介してきた。そのほとんどがアメリカのドラマだったが、今回はスペイン発の強盗ドラマ『ペーパー・ハウス』を紹介しよう。

最近では、Netflix などで英語圏以外のドラマもジャンジャン配信されている。その中でも『ペーパー・ハウス』はブッチぎりのオモシロさでラテンのノリが超~アツいぞ!

・『ペーパー・ハウス』ってどんなドラマ!?

Instagram Photo

本作はスペインの Netflix が製作したオリジナルシリーズで、主要登場人物は “教授” と名乗る謎の男と、彼が集めた元前科者8名。教授の目的は、スペイン王国造幣局に侵入して11日間立てこもり、24億ユーロ(約3100億円)相当の紙幣を印刷して強奪すること。

この壮大な計画を実現させるために、教授は集めた8名にベルリンやトキオ(東京)、ナイロビやヘルシンキといった都市の名前を付け、強化合宿を開始。計画実行後に仲間の情報が漏れないよう、本名を名乗ることも素性を語ることも特別な関係になることも一切禁止し、武器の使い方から医療応急処置まで全てを叩き込んでいくのだ。

・緻密に練られた脚本が最高!

こうして強奪チームは計画通り造幣局に籠城(ろうじょう)し、人質の管理から紙幣印刷にわたるまで全てが順調かに思われた。だが、ちょっとした出来事がきっかけで全てがほころび始めてしまう……。

Instagram Photo

物語は造幣局内で起きる出来事と強化合宿中の過去、外から支持を出す教授に降りかかるハプニングが交互に描かれながら進行する。練りに練られた緻密なストーリーが、畳みかけるようなアツいラテンのノリでグイグイと引っ張られ、筆者はシーズン1&2をイッキ見! まさに、 “ムチョ・カリエンテ:超アツい” というスペイン語のフレーズがピッタリな作品なのだ。

これだけ主要登場人物が多くてストーリー展開が複雑だと、必ず “プロットホール” と呼ばれる矛盾点が存在するものなのだが、『ペーパー・ハウス』に関してはゼロだと言える。それに、どのキャラクターの背景も丁寧に描かれ無駄になっている人物が1人もいないのは、脚本家の力量と才能の成せる技だろう。

・非英語圏のドラマで最も視聴された作品

そして、『ペーパー・ハウス』のブっちぎりの面白さが口コミで広がり、本シリーズはNetflixで最も視聴された非英語圏のドラマになっている。

海外エンタメライターをしている筆者は仕事で数多くのドラマを見ているが、心底ハマれる見応えタップリなシリーズには滅多に出会えないと分かっている。だが、この『ペーパー・ハウス』は「ハリウッドのドラマなんかより全然スゴい!」と、堂々と胸を張って太鼓判を押せる傑作シリーズだ。

Instagram Photo

筆者の周囲でもどハマりする人が続出。字幕を読むのが嫌いな英語圏出身者でも、アッという間にハマってイッキ見している。

海外ドラマや映画となると、ついアメリカの作品ばかりに目がいってしまいがち……。だが、最近のハリウッドはリブートやリメイク作品ばかりが目立ってマンネリ気味なこともある。積極的に非英語圏のドラマに注目してみてはどうだろうか。

シーズン3製作が決定している『ペーパー・ハウス』は、見たら思わず人に勧めたくなる。それくらい面白いので、ぜひチェックしてみてほしい。

参照元:Instagram @lacasadepapeltvNetflix
執筆:Nekolas


Source: Rocket news Japan

Place that provide stitches late at night.

My father who is visiting me just cut his hand when preparing food. The wound is pretty deep and about 5 cm long. I'm pretty sure he needs stitches. I covered the wound with 3 Band-aids but it's nowhere near an adequate treatment. I looked on Google Maps and all hospitals and clinics are closed at this moment. I read that wounds should be stitched within 6-8 hours and it's 12 hours until tomorrow 9 AM. Is there anywhere he can get stitches before tomorrow?

Edit: I'm located in Saitama City.

Edit 2: I took him to Omiya Chuo Hospital which is the closest one and got him stitched up. Thank you everyone for your advices!

submitted by /u/NemoMeLacessit
[link] [comments]
Source: Reddit RSS

Freelancing, Taxes, and Company Reimbursements

As many of you may know, there was a change to labor contract laws five years ago that would require companies provide a more permanent working status to temporary workers who have worked in a company for five or more years should they request it.

Well, I'd like to believe I'm at fault for not investigating this more thoroughly prior to April, but such an offer was not brought up by my employers when the time came for contract renewals this fiscal year. I've worked with this company for about six years now, and because I'm still needed, they offered me a contract as a freelancer.

Because of the nature of my work, I've been asked to go on a business trip in the near future. However, because I'm not a company employee, I've been asked to pay for my flight, hotel, and other expenses out of pocket, with the promise that I will be reimbursed at a later date, granted I keep track of all my receipts. What I don't understand, though, is how will this affect my taxes for the year? Do I simply write off the reimbursement rather than the money I initially spent when it's time to declare taxes?

submitted by /u/thepacster
[link] [comments]
Source: Reddit RSS

空中を歩いている…! 走り幅跳びで「8m83」を記録した選手の大ジャンプがこちらです

国際陸上競技連盟(IAAF)が主催する15戦の陸上競技大会で構成されるダイヤモンドリーグ。男女計32種目の頂点を決める戦いは世界最高峰とも言われており、多くのオリンピックメダリストも参戦する。

そして先日、2018年リーグの第6戦がスウェーデンのストックホルムで行われたのだが、大舞台で才能を開花させた若手選手がいた。キューバのファン・ミゲル・エチェバリア選手(19歳)がそうで、なんと走り幅跳びで「8m83」の大ジャンプをしてみせた。

・空中を歩いているような跳躍

「8m83」という数字がどれほどスゴいかピンとこないかもしれないが、実際にジャンプの様子を見たらちょっとやそっとのものではないことが分かる。一言で言えば、砂場の端から端まで跳んでいるのだ。

詳しくは動画「Juan Miguel Echevarría Jumps 8.83 To Win Men’s Long Jump – IAAF Diamond League Stockholm 2018」をご覧いただきたいが、助走の時点で躍動感があって圧倒的なスピード! そして画面越しでも卓越した身体能力を感じる彼が勢いよく跳ぶと、砂場の端ギリギリに着地する。まるで空中を歩いているかのよう……とても同じ人間とは思えない!

・東京オリンピックの有力候補

日刊スポーツによると、追い風2.1mだったことで参考記録とのことだが、いずれにしても実力がなければ跳べる距離ではない。もしかしたら……いや、もしかしなくても彼の姿は2020年の東京オリンピックで見られるだろう。キューバのエチェバリア、今から覚えておこう。

参照元:YouTube日刊スポーツ
執筆:原田たかし


Source: Rocket news Japan

高校バスケ、強豪校の選手が審判を殴る。ファウル判定に不服、没収試合に

※写真はイメージです

高校バスケットボール(第71回全九州高等学校体育大会)の延岡学園(宮崎)と福岡大大濠(福岡)の試合で、延岡学園の選手が審判に暴行する騒ぎが起きた。朝日新聞デジタルなどが、日本バスケットボール協会の話として報じた。

問題が起きたのは、長崎県大村市で開催された全九州大会の準決勝。ファウルをふかれた延岡学園の選手が判定に不満を示し、審判の顔を殴った。審判の男性は病院に搬送されたが、意識はあるという。

試合は没収試合となり、福岡大大濠が決勝に進んだ。

延岡学園はバスケットボールの強豪で、全国大会の常連校。全国高校総合体育大会(インターハイ)での優勝経験もある。

Twitter上には、問題の瞬間を撮影したと見られる動画が投稿され、話題となっていた。

延岡学園はテレビ長崎の取材に対して、「見ていた人たちにも不快な思いをさせて申し訳ない。審判に対しては、できるだけ早く謝罪に伺い、誠意を持って対応したい」とコメントした。

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

「笑顔でないと出勤できない」顔認証の出退勤管理システムが大きな話題に


顔の表情までも細かく管理され、ダメ出しされる世の中になるようです。詳細は以下から。

◆「笑顔でないと出勤できない」システム
低賃金低待遇での長時間労働や休日出勤といったブラック労働を、先の見えない非正規雇用の身分で強要される事も少なくない現代日本社会。過労死や過労自殺が大きな問題となっていますか、そんな疲労困憊の従業員たちが毎朝無理矢理にでも笑顔を作らなければ出勤すら許されない時代がやってきそうです。
業務用ソフト制作の「e-cometrue」が顔認証技術を用い、従業員が笑顔かどうかを測定する機能を設けた出退勤管理システムを開発したことを北海道新聞が報じています。出勤時間登録の際の顔認証で一定のレベルを上回る「笑顔度」であるとシステムが判断すると、出勤登録できるようにするという「鬼」仕様です。

このシステムをタブレット端末の画面に自分のIDを打ち込むと、カメラが作動して顔写真を撮影します。これによってIDとの本人確認を行うと同時に、口角が上がっているかなどの表情の要素から、笑顔かどうかを判定。
「笑顔度」は数値で表示され、値が低いと「笑顔度が規定値より不足しています」との表示が出て、出勤の登録ができず、再びカメラの前でしっかり笑顔を作ることが求められるというもの。

定時までにシステムの求める笑顔を作ることができなければ、出勤できないまま遅刻扱いにされることになりそうです。
なお、「175。DENO担担麺」を運営する「175」は2019年中に全7店舗でこのシステムを導入予定とのこと。同社システム管理者の柳橋優樹さんは「笑顔はサービスのひとつで、顧客満足度の高さにつながる。従業員に毎日の笑顔をチェックをする習慣にしてほしい」と取材に答えています。

◆言うまでもなく炎上
改めて指摘するまでもありませんが、このシステムの記事が出た途端にネット上では批判が巻き起こっています。
弁護士を含む複数のアカウントからは表情によって出勤を許さないことに「労基法違反では?」「リーガルチェックしているのか」などと現行法上の問題を疑う声が上がっている他、「モラハラ」「人権問題」との指摘も相次いでいます。
ディストピア小説「1984年」での、公私あらゆる場面で仕草から表情までを管理されている日常生活の描写との類似を指摘する声も上がっており、評判は最悪と言うしかありません。導入した「175。DENO担担麺」には行きたくないという意見まで出ています。
問題はまず、接客業であったとしても接客業務中以外の表情まで雇用者に管理される謂われはないということ。業務開始前の表情ひとつで出勤を拒否される事には強い拒絶反応が起こっています。
また、笑顔になれなかったとしたらその原因を解決するべきで、無理矢理カメラの前での笑顔を強要して済む話ではありません。体調不良であれば休むべきですし、疲労が抜けないのであれば勤務体系を見直すべきところ。

仕事に関してトラブルや悩みがあるのであれば、いったい何がどのような理由で起こっているかを究明して何らかの改善策を講じるのが雇用者側の責任です。
そうした「笑顔になれない理由」を、出勤登録を人質にして作り物の笑顔で塗り固めさせようとしている訳ですから、炎上するのも致し方ないと言えそうです。

【「笑顔でないと出勤できない」顔認証の出退勤管理システムが大きな話題に】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

メッシのPKを止めたアイスランドのハルドールソン、もう一つの顔は映像ディレクター

ロシアW杯で初出場となったアイスランドの選手と、その経歴にネット上で注目が集まっている。

メッシのPKシーン

6月16日、グループリーグD組第1節で、アルゼンチン代表とアイスランド代表が対戦した。

優勝候補として期待値が高い、リオネル・メッシ率いるアルゼンチン。対するアイスランドは、人口約35万人とW杯史上最小国で、本大会が初出場だ。

Lionel Messi

試合は後半18分でアルゼンチンにPKが与えられ、しかもキッカーはキャプテンのメッシ。

しかしメッシのPKは軌道を読んだアイスランドのGKに弾かれ、試合結果は1-1の同点に終わった。

https://platform.twitter.com/widgets.js

アイスランドの守護神となったキーパーの名はハンネス・ハルドールソン。「MAN OF THE MATCH」にも選出された。

Hannes Þór Halldórsson

そんな彼のスーパープレイだけでなく、もう一つの職業にも注目が集まっている。

スターとして脚光を浴びてきたメッシとは対照的に、アイスランド代表選手たちは国内リーグのみでは生計が立てられず、多くの選手が二足のわらじを履いている超苦労人。ハルドールソンもその1人である。

実は、ハルドールソンのもう一つの職業は映像ディレクター。

そんな彼が、母国にとって初めてとなるワールドカップ出場に向け制作した、アイスランド国内で放送されるコカ・コーラ社のコマーシャルが感動を呼んでいる。

1分42秒の動画は、アイスランド代表選手やサポーターの代名詞となった「バイキング・クラップ」をフューチャーした覚悟と高揚感あふれる作品になっている。

メイキングビデオの中でハルドールソンはこう語っている。

「サッカー選手と映像作品の両方をやることが普通じゃない、変なことなのはわかってる。でも(このような作品を作ることは)私のサッカー選手としてのキャリアが始まる前からの人生の情熱だったんだ」

「サッカーと映像製作のどちらでもプロとして活躍できるのは、本当に幸運だと思っている。一つの仕事に集中しすぎるより、どちらの仕事も高め合える方が自分には向いている」

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml