実を言うとチキンラーメンの新味「アクマのキムラー」は本家よりウマい / 体感で3倍くらいのウマさ(しかも具材付き)

今や世界中で食べられているインスタントラーメンの元祖といえば「チキンラーメン」だ。その歴史は古く、2018年8月25日にいよいよ発売60周年を迎えるという。大ベテランというか、もはやレジェンドの域である。

とはいえ、当然まだまだ現役バリバリで、4月2日には新商品『アクマのキムラー』が発売されたばかり。チキンラーメンとキムチを組み合わせたというこの『アクマのキムラー』を、私(あひるねこ)も実際に食べてみたのだが、もしかすると本家よりもウマいかもしれないのでお伝えしたい。

・チキンラーメンと私

初めに嘘偽りなく書いておきたいのが、私のチキンラーメンに対する基本スタンスである。昔ながらの袋麺という風情のチキンラーメンを、ごくまれに無性に食べたくなる時があるのはたしかだ。麺を丼に入れて卵を落とし、お湯を注いでフタをして3分。

麺をすすると口に広がるどこか懐かしい味わい。すぐおいしい、すごくおいしい。ああ、チキンラーメンの味だなぁ。体に染みるようだ……。でも、一口食べたらもういいや、と思ってしまうのは私だけだろうか? というか、チキンラーメンってそこまで劇的にウマいか? まあ普通においしいけど、そこそこじゃないか?

・新商品の発売

そんな私であるから、本日4月4日にチキンラーメンのキャラクター「ひよこちゃん」が辞表を出して話題になろうが、さして興味はなかった。正直、うるせーくらいにしか思っていなかった。しかし、編集部宛てに送られてきたこの新商品には、何か心惹かれるものがあったのである。

そもそも『アクマのキムラー』とは、SNS やネットニュースで話題になったキムチを使ったアレンジレシピのことだ。チキンラーメンは去年、この『アクマのキムラー』をカップ麺にして発売している。が、個人的にカップ麺と袋麺はまるで別物と考えるので、実際に私はそれを食べてはいない。

・具材が付いている

新しく発売された袋麺『アクマのキムラー(3食パック・税抜408円)』は、チキンラーメンなのに具材付きという点も非常に興味深かった。どれ、いっちょ作ったろ。丼に麺を入れて卵を落とすまではいつもと一緒だが、お湯を注ぐ前に小袋の具材をふりかける作業は新鮮である。

・本家との違い

お湯を注いだらフタをして3分待つ……はずが、フタがなかったので別の丼をひっくり返して乗せてみた。そのせいでやや失敗することになるのだが気にするな。お、3分経ったな。では、開けてみるぞ。

むぅ……卵があまり半熟ではないな。ちゃんとフタをしなかったからか。しかし、これから麺を軽くほぐして特製オイルをかけるから無問題。

完成した『アクマのキムラー』は、チキンラーメンなのに具材の影響か、あまりチキンラーメンっぽくないルックスだった。丼からただようキムチの香りが食欲をそそる。ここはもったいぶらず、一気に食べるとしよう。

・妙なウマさ

この、ちょっと柔らかい食感の麺。まさにチキンラーメンそのものだ。キムチ味の割にはあまり辛すぎず、ちょっと体がポカポカする程度で、基本はチキンラーメンとそこまで変わらない。なのに、本家チキンラーメンよりもウマい気がする。キムチやニラといった具材のせいだろうか?

困ったことに、飽きない。あまつさえスープまで飲み干してしまった。“アクマ的うまさ” ってほど大げさなものでもないのだが、妙な “やみつき感” がある気がする。体感として、本家の3倍くらいのウマさといったところか。スーパー激ウマ! ってわけではない。しかし、味のあるウマさである。

・また食べたい

最初に書いたように、私はそこまでチキンラーメンが好きというわけではない。数年食べられなくても別に困らないだろう。だが、この『アクマのキムラー』に関しては、記事を執筆している今の段階ですでに食べたくなってきてしまっている。原因は不明だ。今回のところは、アクマの仕業ということにしておくとしようか。

参考リンク:日清食品「アクマのキムラー」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

土俵で倒れた市長、心臓マッサージする女性に「土俵から降りて」 疑問の声【動画】

イメージ写真

京都府舞鶴市で4月4日に行われた大相撲の春巡業で、土俵上で倒れた多々見良三市長(67)の救助にあたった女性たちに対し、土俵から降りるよう求める日本相撲協会の場内アナウンスがあったことが、日刊スポーツなどで報じられた。

大相撲舞鶴場所は同市の市制施行75周年の記念行事として、市内の体育館で開かれた。多々見市長はあいさつの途中で意識を失い、土俵上で倒れたという。

YouTubeに掲載された当時の様子を伝える動画では、土俵に倒れた市長を男性たちが取り囲む中、女性が中心部に入り、心臓マッサージを続けていた。

その後さらに女性数人が土俵に上がったところ、「女性の方は降りてください」と2回、場内アナウンスが繰り返された。直後、場内はどよめきが起きた。

アナウンスを聞いた女性の1人が直後に土俵から降りようとしたが、もう1人の女性が腕を組んで止めようとする様子も見えた。共同通信によると、市長は病院に運ばれたという。

日本相撲協会は女性が土俵に入ることを認めていないが、Twitterでは、このアナウンスに疑問の声が出ている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

var cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([‘insertWidget’, { widgetId: ‘f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928’, insertBeforeElementId: ‘cx_f15809b71f136805d11139b9934bc1b0014da928′, width:’100%’, renderTemplateUrl: ‘auto’}]); // Async load of cx.js (function(d,s,e,t){e=d.createElement(s);e.type=’text/java’+s;e.async=’async’; e.src=’http’+(‘https:’===location.protocol?’s://s’:’://’)+’cdn.cxense.com/cx.js’; t=d.getElementsByTagName(s)[0];t.parentNode.insertBefore(e,t);})(document,’script’);


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

ゲイ男子5人組がダサメンを大改造するNetflixの『クィア・アイ』がマジで笑えて泣けて超おススメ!

日本では、クリス松村やマツコ・デラックスをはじめとするおネエ系タレントが人気を博しているが、それは海外でも同じである。

そんななかでも、イケメン・ゲイ男子5人組がダサメンを大改造する、Netflixの『クィア・アイ』が超~笑えて超~泣けて、とにかく “超” を10個ぐらい付けたくなるほどおススメなので紹介することにしたい。ちなみに筆者が、ほぼ毎回泣いてしまったほどの隠れ名番組なのである!

・ダサメンを大改造する『クィア・アイ』が超オモシロい!

Instagram Photo
本作は、2003~07年まで放送された米番組『Queer Eye for the Straight Guy』のリブート版となり、「Queer:クィア」とは 性的マイノリティを呼ぶ時の総称だ。オリジナル版はストレート男性のみがターゲットだったが、一新されたバージョンは “ファブ5(ファビュラスな5人)” と呼ばれるイケメン・ゲイ男子5人組が、ゲイ&ストレートを問わずダサメンを大改造!

それぞれが料理&インテリア、ヘアスタイル&ファッションにカルチャーといった得意分野で、「イイ男に変身できる専門知識」をダサメンに徹底的に伝授するのだ。特に筆者は、おネエキャラ炸裂で依頼者をパワフルに励ましまくる、ヘアスタイル担当のジョナサンの大ファン!

どうしようもなくファッションセンスがゼロで、料理も出来なければ部屋も散らかり放題、全く女性にモテないダサメンにファブ5が容赦なく喝を入れまくる過程が、なんとも愉快で爆笑してしまうシーンも続出なのである。

・外見だけでなくダサメンの内面にもメスを入れるファブ5

Instagram Photo
そして、筆者が『クィア・アイ』をイチオシする理由は、ファブ5が改造するのは外見だけではないからだ。依頼者の男性は自分に自信がなく自虐的な発言を繰り返し、人と目を合わせることすら出来ないほど自分の周りに壁を作ってしまっている人もいる。

そんな彼らの自尊心の低さや抱えている問題を聞き出し、ファブ5はカウンセラーのような役目を果たすことも。なかでも、「ブサイクは治せない」と口癖のように繰り返していた57歳の男性トムさんに、ジョナサンが言った言葉がズシ~ンと心に響いたので紹介したいと思う。

「“ブサイクは治せない”って言ったわよね。それは違うわよ。外見を変えるのは限界があるけど、でも自信は努力すれば手に入るわ。自分を持っている人は魅力的よ。でも自分の魅力に気づかないと誰も近寄らない」

この言葉がターニングポイントとなり、トムさんは連絡を取り続け未練が残っていた元妻をデートに誘い、いい雰囲気に! 他にも、家族にゲイであることを告白できない男性アンソニーさんのカミングアウトを手伝い、なんと彼は後に恋人と結婚!

依頼人がファブ5と過ごすのは3日間だけだが、絶望感タップリだったダサメンが外見&内面ともに自信をつけ、まるでサナギから蝶へ脱皮するかのような成長を遂げるから本当にビックリしてしまう。

・社会問題も浮き彫りになる深~い番組

Instagram Photo
そして、リブート版はニューヨークやロサンゼルスといったゲイが多い都市部を避け、ジョージア州やテキサス州といった中西部に住む依頼人を中心に、ダサメンの大改造を行っているのがポイントだ。

敬虔なクリスチャンが多く保守的な中西部は、一般的にゲイを毛嫌いしたり受け入れない風潮が今でも強い。そんな地域でプロジェクトに取り組むファブ5と依頼人の間には、ぎこちない空気が漂うこともある。だが一緒に過ごすことで、「人間って意外と共通点が多いんだ!」と気づかされる展開にも毎回感動してしまう。

最初はキャピキャピなファブ5に戸惑っていた依頼人も、最後には「僕の人生が変わった」と泣きながら感謝を述べ、一緒にファブ5も涙! そして筆者も涙! 

人種や国籍、宗教に文化、男が好きなのか女が好きなのかなど関係なく、「同じ人間」というだけで大きな共通点になるではないか。『クィア・アイ』を見ていると、「少し人と違うからって差別するのは間違っている!」ということを痛感してしまうのであった。

意外に奥が深~い『クィア・アイ』は、見たら絶対にハマること間違いナシ。男性だけでなく女性でも少し自分に自信がなかったり、「変わりたい!」と思っている人に超おススメだ。すでにシーズン2への更新も決定しているので要チェックだぞ!

参照元:Instagram @queereye、Netflix『クィア・アイ
執筆:Nekolas


Source: Rocket news Japan

海外の美人モデルがインスタグラムに投稿した動画にネット民大興奮「凄いものを見たぜ」「何てこった」

凄いものを見てしまった。いまだに自分の見たものが信じられない。ひょっとしたら見間違いかもしれない……もう1回見てみよう。

私(中澤)が、そんな感じで3回連続で再生してしまったのが、ある海外の美人モデルがインスタグラムに投稿した動画。あなたはコレ、何に見える

・様々な疑惑

正直に言おう。私はインスタグラムの「おすすめ動画」のタイムラインにこれが表示された時、一糸まとわぬ女性のお胸に見えた。まずは、そこで3度見。

いやいや、本当にモロ出しだったら規約違反でBANされるでしょ。しかし、正面からではなく後ろからだから大丈夫なのだろうか? 頭をよぎる様々な疑惑。

正体を確かめるためには見るしかない。勘違いしてほしくないのだが、私はあくまで真相を究明するために再生ボタンを押すのである。言わばこれはジャーナリズム。決して見たいわけではないんだからね。というわけで、ポチッとな。

動画を再生するとお胸は徐々に正面に向かって角度を変えていき……ファ!? な、なんだってーーーーーーー?
Instagram Photo
やられた……ある1点を境に真実が判明するのだが、自分が恥ずかしくなる以上に、トリック的視点の転換に感動さえ覚えた。詳細は動画をご確認いただければと思う。1つだけ言えることは、全くBANされる理由のない動画であるということ。この投稿にネットでは以下のような声があがっている。

・ネットの声

「インスタグラム最大のいたずら」
「笑」
「これは凄い!」
「何てこった」
「うひー」
「何だこれ!」
「凄いものを見たぜ」
「こりゃ愉快」
「騙されたー!」

──多くの人が騙されると同時に感動を覚えているようだ。なお、この動画を投稿したのは、モデルや女優として活動している「Coco Baudelle(ココ・ボーデル)」さん。そのユーモアある投稿に海外の女優さんのカッコ良さを感じた。

参照元:Instagram @cocobaudelle
執筆:中澤星児


Source: Rocket news Japan

【注意喚起】明日4月5日、関東の気温は10度近くも下がる模様! 今日のノリで外に出たら後悔するぞ!!

暖かすぎるだろ! 夏かよ!! ここ数日、関東は20度を余裕で超えるポカポカ陽気に包まれており、もはや春をすっ飛ばして夏になりそうな勢いである。昼間なんてコートどころか、ジャケットすら不要なくらいだ。夏かよ! これならもうずっと半袖でいいじゃないか。

と、多く人が油断しているだろうが、明日4月5日もそういうノリで外出してしまうと、後で確実に後悔することになるから注意せよ! 恐ろしいことに、今日と明日では気温がまるで違うのである。冬に逆戻りとまでは言わないが、Tシャツ1枚なんてのは止めておいた方が身のためだぞ。

・半袖上等の暑さ

初夏のような陽気が続いた関東だが、特に本日4月4日は特に暖かかった。日本気象協会運営の tenki.jp によると、関東から九州、沖縄の今日の最高気温は25度前後で、東京では今年初めて25度以上を記録したそうだ。何度でも言うけど、夏かよ! 当編集部も、今日はほぼ全員が半袖で過ごしていた。

・この暖かさは今日まで

ちなみに群馬県館林市は28度を超えたとのことで、とても4月上旬とは思えない暑さに先ほどからドン引いているところだ。しかし、夏のようなこの暖かさも今日で一旦終わりを迎えそうである。明日5日の東京の最高気温は17度くらいと予想されており、25度を超えた本日と比べると大幅にダウンしているのだ。

・昼間も上着を

全国的に気温が低くなるところが多いようで、ウェザーニュースによると、特に関東や静岡県は8度〜12度ほど低くなるエリアもあるという。今日と同じような恰好での外出は避けるのが賢明と言えそうだ。tenki.jp は明日の気温を「春コートが必要なヒンヤリ感」と表現しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

なんだか急に寒くなるなと思ってしまいそうだが、むしろ最近が異常だっただけで、ようやく季節外れの暖かさが収まると考えるのが自然だろう。気温の変化で体調を崩さないよう、しっかりとした体調管理を心掛けたいものだ。

参照元:日本気象協会ウェザーニュース、Twitter @tenkijp
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan