【ブチギレ】おい千葉ロッテ、交流戦挑発ポスターなんかやってる場合じゃねえだろォォオオオ!!

14勝33敗。この数字が何を表しているかおわかりだろうか? 2017年パ・リーグ公式戦における千葉ロッテマリーンズの成績(2017年5月30日時点)である。野球に詳しくない人のためにざっくり説明すると、恐ろしいほどチンケな、歴史的に見ても稀に見る弱小すぎる成績だ。「これから20連勝しても貯金1」といえば、どれだけ負け越しているかおわかりいただけると思う。

そんな千葉ロッテが、6月1日から始まるセパ交流戦に先駆けて「挑発ポスター」を公開した。すっかり風物詩として定着した恒例イベントであるが、ロッテファン歴23年の私(P.K.サンジュン)は声を大にしてこう言いたい。おい千葉ロッテ……お前らそんなことしてる場合じゃねえだろうがよォォォォオオオオオ!! ……と。

・今年は漫画編

5月30日に公開された千葉ロッテの交流戦専用の挑発ポスター。過去には「プロレス編」や「ロボット編」など様々なバリエーションでセ・リーグ6球団を挑発してきたロッテの名物企画である。そして今年のテーマは「漫画編」だそうだ。

──そんなことどうでもいい。ハッキリ言って私は怒りを通り越して……心が凍っている。大大大好きな千葉ロッテに対し、生活の一部である千葉ロッテに対し、一生を添い遂げようと心に決めている千葉ロッテに対し、私のハートはカチカチに凍りついているのだ。

元々ロッテは弱小チームの代表格とされるほど弱いチームである。だが2005年と2011年には日本一に輝いたことからもわかる通り、徐々に “戦えるチーム” になってきた。昨年は3位で終了したものの、オープン戦は1位……ファンの誰もが「今年こそは……!」と胸に熱い思いを秘めて開幕戦を迎えたに違いない。

……それがこの有様である。勝負の世界なので致し方ない側面もあるが、こんなにつまらないシーズンは初めてだ。“春ロッテ・秋ロッテ” という言葉があるように、ロッテは春先に強く夏場に失速、再び秋から勢いを取り戻すのが通常だ。

だがしかし、開幕からこんなに弱いのは前代未聞。ハッキリ言ってしまうが、もう今シーズンは終了している。残りの100試合弱は消化試合と言ってもいいだろう。全くもって応援する気にならん!

それでもロッテの試合結果は必ずチェックしてしまうし、勝てばやはりとても嬉しい。こちらは超シリアスにチームの現状を捉えているのに、12球団の中でもブッチギリの弱さなのに挑発ポスターだと……? お前ら他にやることあるだろうヨォォォオオオオオオ!!!!

念のために断わっておくが、私は監督以下、選手たちに不満は1つも無い。とにかく死力を尽くして欲しい、ただそれだけである。……が、球団幹部球団社長、もっといえばオーナーを含む球団そのものに対しては語り尽くせないほどの不満が山積みだ。

外国人補強の担当は何やってたんだ? 誰が責任取るんだ? 今後はどうしていくんだ? 日ハムくらい戦略的にチームを強くしようとしているか? 現場のリクエストに最大限の協力をしているか? そもそも親会社はチームに愛があるのか? ただチームを保有しているだけになっていないか?

極端な話、もう親会社のロッテはチームを手放した方が良い。野球愛のないオーナーがチームを保有していても誰もハッピーにならない。さらに、ロッテは近年、球場で様々なイベントを開催しファンサービスに努めている。それ自体は否定しないが、

勝つことが最大のファンサービス

ということを忘れてはならない。挑発ポスターをやってる場合じゃない、キモカワ系のマスコットを発表している場合じゃない、お前らのやるべきことはただ一つ、全身全霊でチームを強くすることなんだよォォォオオオオ! それが出来ないならチームを売っちまえェェェエエエエ!!

おそらく中には「弱いから応援しないなんてファンじゃない☆」という意見もあるハズだ。──うるせえ。こっちはチームを愛してるが故に厳しくなってしまう激情型のファンなのだ。ファンのタイプは色々あっていいだろう。

とにもかくにも、ロッテは挑発ポスターなんてやってる場合ではない。ハッキリ言ってイラッとする。先述の通り、そして落合元中日監督が言っていた通り「勝つことが最大のファンサービス」ということを忘れてはならない。

参照元:千葉ロッテマリーンズ公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

復興に向けて手を繋ごう SMAPファン有志、くまモンと一緒に朝日新聞に広告

アイドルグループ「SMAP」のファンらが熊本地震への被災地支援を呼びかけた広告が、朝日新聞の5月29日朝刊に掲載された。2016年末の解散直前に「SMAP大応援プロジェクト」として新聞でのメッセージ広告掲載を呼びかけたファン有志3人が企画。クラウドファンディングサイト「A-port」で募った支援を元に、「みんなが集まれば大きな力になる。この想いがどうか届きますように。」というメッセージが、熊本県のキャラクター・くまモンとともに全国へ発信された。

2017-05-29-1496042006-3733414-20170529SMAP.jpg

広告はカラーの全面広告で、東京本社最終版では5ページ目に掲載している。中央で大きなくまモンが「FOR KUMAMOTO PROJECT」と書かれたハートマークを抱え、その周囲を小さなくまモンが取り囲んでいる。本文では「熊本地震より1年が経ちましたが、復興のためにはまだ皆様からの応援が必要です」などと訴えるとともに、支援方法として熊本、大分両県へのふるさと納税なども紹介している。

広告が掲載された29日、ツイッター上では「くまモンで”S”だ!すごい!!」「ファンの想いを形にしていただきありがとうございます!」「多くの人の心にどうか届きますように!」などと多くのファンから喜びの声があがった。

「SMAP大応援プロジェクト」は2016年末、ファン有志3人が発起人となってスタート。A-portを通じて、13,103人が支援を寄せ、同年12月30日の朝日新聞朝刊に8ページのメッセージ広告を掲載した。このときは東日本大震災の復興支援の寄付金口座などを案内していたが、発起人となった3人は「熊本地震への支援をご案内できなかったことが心残り」(A-portのプロジェクトページより)だった。そこで、熊本地震から1年経った2017年4月14日から「SMAP大応援プロジェクト~ずっと忘れない☆not alone~」を立ち上げ、支援を呼びかけることにしたという。

今回のクラウドファンディングでは5月12日までの約1カ月間で、5275人から13,142,856円の支援が寄せられ、目標の1000万円を大きく上回った。広告で発信するだけでなく、支援の一部は被災地への義援金とする。広告掲載を受けて発起人となった3人は活動報告を更新。支援者に感謝の言葉を述べた上で、「この広告がゴールではなく、さらに輪を広げるきっかけとなりますよう、引き続きどうぞよろしくお願い致します」と結んだ。
 プロジェクトの詳細はこちら(支援受け付け期間は終了)。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

新しいクラスメートは「キロボミニ」

2017-05-29-1496022398-1242161-.JPG

東京都江戸川区立東小松川小3年生のクラスに5月24日、新しいクラスメートとして、会話のできるコミュニケーションパートナー「キロボミニ」が加わりました。座高10センチの新しい友だちは、すぐに周りを子どもたちに取りかこまれ、「こんにちは」「よろしく」とあいさつを交わしました。
2017-05-29-1496022330-5118034-.JPG

キロボミニの前には、話す順番を待つ長い列ができました。小学生が「君の名前は?」と質問すると、キロボミニは「ふむふむ、なるほど」とちょっとはずかしそうです。「キロボって何歳?」という質問に「キロボは0歳だよ」返すと、歓声があがりました。今後は、日直のように当番を設け、交代でお世話をしていくといいます。
2017-05-29-1496022208-6561589-.JPG

東小松川小の田中孝宏(たなか・たかひろ)校長は、キロボミニを受け入れた理由を「今後は、ロボットたちと共生する時代がくると思います。その未来に向けての経験として、1つの教育のあり方だと思う」と語りました。

キロボミニは、トヨタ自動車(愛知県)が開発しました。話す内容を理解し、それを記憶しながら成長。「本は読む物だよ」などと教えてあげることで、どんどん頭が良くなります。顔についたカメラで話す人の表情を読み取り、人の気持ちによりそった会話をしてくれます。

転校生を迎え入れた反町りなさんは、「国語や算数などを教えて、おもしろくて頭がいい子になってほしい」と願っています。

東小松川小に「在学」するのは7月まで。日々の観察記録を付け、キロボミニをテーマにした壁新聞を作り、最終日にプレゼンテーションする予定です。トヨタは、今後も全国の数カ所の学校で同様の取り組みを行い、わかりやすく物事を伝える力の変化や、人やロボットがいっしょに生きていくことができるか、などを研究するデータを集めます。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

伝説のダンサーの半生を描く「ザ・ダンサー」監督&主演インタビュー

2017-05-29-1496100287-5704983-th_photoMasatoSeto_MG_9643.jpg
左:ステファニー・ディ・ジュースト監督、右:ソーコ Photo:Masato Seto Hair&Make up: Naoki Hirayama (Wani)

モダンダンスのパイオニア、ロイ・フラーの生涯を描いた「ザ・ダンサー」が6月8日から公開される。とても長いシルクの衣装をはためかせるサーペンタインダンスを発明した人物として知られるが、映画史家には映画史初期の頃の短編「アナベルのサーペンタインダンス(以下の動画)」に関わっていた人物としても有名な人物だ。(この動画で踊っているのは彼女ではない)

 
映画は、この新しいダンスを生み出したフラーの人生に迫る内容だ。決してダンサーとして恵まれた体格ではなかった彼女がそのハンデを克服するためにどのような研鑽を積んでいったのか、またフラーと並ぶモダンダンスの創始者であるイサドラ・ダンカン(リリー=ローズ・デップが演じる)との関係なども描いている。

圧巻なのは、ロイ・フラーを演じるソーコが全身全霊で打ち込んだダンスシーンだ。ものすごい長く思いシルクの衣装を身にまとい、連続で回り続ける過酷なダンスを特殊効果も一切なしで見事に演じきっている。相当に体力を消耗するようで、3日おきにしか踊ることができないほどだったそうだが、映画でもその過酷なダンスに挑み続けるフラーが身体を痛めつけ消耗していき、それでも挑み続ける姿を詳細に捉えている。

今回初長編映画ながら、カンヌ国際映画祭への出品も果たしたステファニー・ディ・ジュースト監督と、歌手であり女優でもある主演のソーコにインタビューする機会を得た。

2017-05-29-1496100390-9166341-th_thedancer.main.jpg
© 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR – WILD BUNCH – ORANGE STUDIO – LES FILMS DU FLEUVE – SIRENA FILM

――ロイ・フラーの映画を作ろうと思ったきっかけはなんだったんでしょうか。彼女のどんな点が魅力的だと思いましたか。

ステファニー・ディ・ジュースト監督(以下ステファニー):偶然「ベル・エポックのイコン」というタイトルのついた写真に出会ったんですが、それがロイ・フラーのダンスの写真でした。

彼女は何者なんだろう、と調べていくうちに非常に興味深い人生をおくった人であることがわかって、これは映画化したいと思ったんです。

彼女が元々ダンサーとしての素質を持っていない人だった点に惹かれました。ダンサー向きの身体ではなかったし、育った環境もダンスとは縁遠いものでした。にもかかわらず、努力と情熱でアメリカからフランスに渡り、ダンサーとしての自分を確立していったのです。
 

――今の話を聞いて、ソーコさんを主役に選んだ理由がそこにあるのかなと思いました。ミュージシャンであり俳優ですが、ダンサーではないソーコさんを主演に選んだのは、やはりフラー自身も生まれながらのダンサーではなかったからですか?

ステファニー:映画というのは役者あってのものだと考えています。ソーコを選んだのは、身体からにじみ出るような女性らしさを感じたからです。そしていわゆるファッション誌で見るような、典型的な美しい女性ではない点も魅力的でした。それに彼女は素晴らしい女優であるだけでなく、歌手でもあり、パフォーマーでもあり、いろいろな顔を持っています。それがロイ・フラーという女性を表現する時に良い効果を発揮すると思ったんです。
 

――ソーコさんにお聞きします。実際にロイ・フラーという伝説のダンサーのオファーを受けた時にどう感じましたか。

ソーコ:監督から映画を撮ろうと思って本を書いているんだけど、と聞いていたんです。どんな映画なのか全く知りませんでしたけど、彼女に言われて「わかった。やる」と言ったんです。とにかく彼女と一緒に仕事がしたかったんです。

本作りに時間がかかって、その間集めた資料を少しずつ私にも見せてくれて、すごく面白い人だなと思うようになりました。

2017-05-29-1496100494-6256474-th_thedancer.sub2.jpg
© 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR – WILD BUNCH – ORANGE STUDIO – LES FILMS DU FLEUVE – SIRENA FILM

――ロイ・フラー自身のダンスの映像はほとんど残っていないらしいですが、どのように彼女のダンスを再現していったのですか。

ステファニー:現在、ネットでロイ・フラーのダンス映像として流通しているものはありますが、これは間違いで、彼女の真似をしているダンサーの映像なんです。いろいろ調べましたが、ロイ・フラー自身の動画というのは実はほとんど残っていないんです。彼女が著作権を申請したシーンが映画の中でもありますが、残されているのは彼女の残したダンスのスケッチや、演出のメモなどです。それを元に舞台を再現しました。その時に私がお世話になったのが、ジョディ・スパーリング(ダンスカンパニー「Time Lapse Dance創設者。ロイ・フラーに影響を受けたモダンダンスをいくつも発表している)で、彼女のダンスを観て振付師は彼女しかいないと思いました。

フラーがそうしたように、私も最高の技術者たちを集めてあの舞台を再現していきました。照明もかなり大掛かりなもので、何度も挫けそうになりましたけど。

それと、この映画は特殊効果は一切使っていません。全てソーコ自身が踊っています。それも見所だと思います。

 

――あの衣装も実際のフラーのものを再現されているんですか。とても重たそうに見えますが、実際どれくらい重いものなんですか。

ステファニー:衣装もフラーの残した資料を基に再現しました。非常に細かく指示されていて再現するのは難しかったですね。約300メートル以上あるシルクの素材を使っています。シルクは動きを作る時の縫い合わせがすごく難しいんです。衣装に関しては大変苦労しましたけど、おかげでセザール賞の衣装部門を受賞したりすごく評価してもらえて嬉しいですね。

2017-05-29-1496100588-3110693-th_thedancer.sub7.jpg
© 2016 LES PRODUCTIONS DU TRESOR – WILD BUNCH – ORANGE STUDIO – LES FILMS DU FLEUVE – SIRENA FILM

――ソーコさんに衣装についてお聞きします。初めてあのダンスシーンの衣装を見に付けた時、どんな感想を持ちましたか。

ソーコ:ジュディの踊りを初めて観た時、あまりにも美しくて涙が出ました。自分には絶対無理だと思うくらい。監督はダンスシーンにはダンサーを使うからと言ってくれたんですけど、これは自分がやるべきだと逆に思ったんです。フラーの役を演じるなら彼女になりきって、あの衣装が第二の皮膚となるように頑張らなければ、この役になりきることはできないと思ったんです。

その後、ジョディが私に衣装を着せてくれて、好きなように動いてみてと言うので、鏡の前でやってみたら感動して涙が止まらなかったのが最初の思い出です。

――ロイ・フラーはダンサーとしても有名ですが、舞台の照明を開発したり発明家としての側面など、いろんな顔を持った人ですね。

ステファニー:彼女の持っている色んな顔をできるだけ全て見せたいと思って作りました。彼女は企業家のような側面も持っています。50人以上のスタッフを雇って、先頭に立って指揮していたわけですから。複数の顔を自分で自己実現していっているところから、彼女はとても自由で、自由を手に入れた女性であると描きたかったんです。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

お腹周りを測っていないとメタボも栄養失調もわからない:PRのKPIが必要だ

誤解を恐れずに言えば、テクノロジー企業のPR職に就いて20年、大手PR会社勤務歴が10余年の今、PRにおける課題解決の最短ルートは現場にあることが多く、事業会社の若手広報だった時代と比べてPR勉強会に行く機会が減りました。

ソーシャルメディアの浸透で一種のPR流行りと言える今、広報ノウハウ、経験談、資格の取り方、賞の獲り方、キャリア構築、メディア動向などをテーマにするPR勉強会は日々、数多とあります。

しかし、実際に結果を生むPR活動は、PR素材について関係者が秘密保持契約(NDA)に則って洗いざらい話し、PRのプロが実経験に基いた具体的戦略を立てて初めて進むからです。

企業の情報設計・流通を担う広報PR、特にPR会社に上がってくる情報は、事業運営のなかでろ過された上澄みが多く、それだけを見ても、企業やその環境の全貌はなかなか分かりません。

そこでわたしは解決策として、経営そのものを捉えるマーケティングの勉強会や、専門領域であるテクノロジー分野のネットワークを運営して、キーパーソンから直に話を聞き、情報およびテクノロジーの相関性を把握するようにしています。

こうして得た知見を自分自身の担当案件のよりよいPR活動に役立てながら、プロボノ(無償)の運営支援で参加者の役に立ち、ブログで明文化し共有して読者の役に立つ、三方よしを実現しています。

とはいえ、食わず嫌いと自己過信は良くありません。業務と生活とプロボノの合間を縫って、自社のセミナーはもちろん、昨年10月の「パブリックディプロマシー・サロン」 ジム・ハーフ氏を囲んで~以降、今年に入って意識的に1月にはインフォテリア、広報・IR室の長沼 史宏氏が開く広報勉強会、2月にはIABC JAPAN情報公開サロン、3月にはFCG総合研究所の『広報ウーマンのための勉強会・交流会』その他、広報PRを対象とする勉強会に参加しています。

ハーフ氏はPRにおける調査と経験の重要さ、長沼氏はPRパーソンの横のつながり、IABCはグローバルプラクティス、広報ウーマンのための勉強会は広報組織運営など、それぞれからなるほどと糧になるものがあります。

こうしてPRの現場と各種の勉強会やネットワーキングを通して思うのは、PR活動の効果を可視化するKPI(重要業績評価指標)が必要だ、ということです。

PR活動を企画する時、KPIを設定すると達成できないときに自分の首が締まる…と恐れて避けたい心情が湧くものですが、ゴールに向けた進捗は測らないとどのくらい進んだか分からず、改善できません。例えるなら健康診断でお腹周りを測ってこそ、メタボや栄養失調を防げます。

そこで実際に、PRのKPIをしっかり設けて、戦略企画、実行、改善の高速ループを回しているBtoB・IT企業の知見を共有することで、PRがPR担当者の自己満足にならず、全社の理解と協力を得て、企業を成長させる活動となるよう、ITproマーケティングに寄稿しました。

KPIについては、次世代マーケティングプラットフォーム研究会第12回でも、マーケティング分野に絞ってディスカッションします。オイシックスの奥谷孝司氏をモデレーターに、ハッピー・アナリティクスの小川卓氏、スプリンクラー・ジャパンの八木健太氏、アイ・エム・ジェイの吉川達彦氏などが登壇します。

一言でテクノロジー企業といっても多彩で、わたし自身、通信、半導体、データセンター、エンタープライズソリューション、セキュリティなど様々な企業のPRを担当してきました。いずれもエンジニア、データアナリストなど、PRとはあまり接点のないタレントがビジネスの根幹を作っています。

ぜひこうした方々にもPRやマーケティングの資産を活用いただき、それぞれが自分自身、自社、社会の成長につなげる協力や協業の輪が広がればと思います。我田引水で恐縮ですが、寄稿イベントともよろしければお付き合いください。

コウタキ考 転載
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml