ハフポスト、新しい章へ――編集長より

ニューヨーク・タイムズに15年間勤務した後、3か月前に私がハフィントンポストに移ったのは、シンプルだが力強い、ある疑問に突き動かされたからだ。「政治的、経済的、そして社会的勢力図から取り残されたと感じている人たちについて書くのではなく、その人たちのためにニュースを書く組織を作るとは、一体どういうことなのか」。

この疑問に答えるのは、かつてないほどニュースに対する信頼度が低くなった現在、特に急務となっている。アメリカの調査会社「ピュー・リサーチ・センター」が2016年に行った調査では、アメリカ全土にあるメディアに厚い信頼を置いていると答えたのは、全回答者のわずか18%だった。1990年以来、25万人以上が新聞関連の職場から消えている。その大半は地方紙だ。高校のフットボールチームの試合や、市議会の様子を報告してくれるジャーナリストたちを、ドナルド・トランプ大統領が言うように「アメリカの敵」と断定するのは困難だ。地方紙の記者が少なくなった今、我々に対する読者の信頼低下は驚くことではない。

他の多くの業界と同じように、ジャーナリズムは裕福な都市の中心地に多く集中してきている。しかし私は、「全国メディアは排他的なエリート集団だ」といった風刺を信じてはいない。我々の多くは、さまざまな背景からさまざまな場所で育った。私の父は障害を持つ退役軍人で、母はアフリカの移民だ。私は貧困にあえいでいる学生だけが利用できる政府のペル・グラント奨学金プログラムのおかげで大学に行けた。父方の祖父母はバリー・ゴールドウォーター氏支持の共和党員だった。

しかし、2016年大統領選の後遺症で、多くのジャーナリストたちは、オーディエンスが自分たちを信頼しているかどうか自問している。なんでこれほど間違ってしまったのか? 実態を把握していないのか? ピュー・リサーチ・センターのデータから、トランプ氏に一票が投じられるずっと前から、オーディエンスが我々への信頼を失ってしまっていたことがわかる。

これは世界的に見られる現象だ。ジャーナリストたちは、イギリスでEU離脱が起こるとは予想していなかった。ヨーロッパとアジアで台頭するエスノ・ナショナリズム(自分たちの民族で独立国家をつくろうという考え)が、私たちにも忍び寄ってきた。私たちは、次第に募るグローバル化への反発や、テクノロジーで仕事を奪い取ることへの高まる懸念に対して、十分に注意を向けていただろうか?

私は、政治的、経済的な力がごくわずかなエリート集団に集まり過ぎたと感じている人々に対し、もっとうまく対応できると考えている。人々は、グローバル化やテクノロジーの変化によって生まれた繁栄の外側にいて眺めているように感じている。ゲームは仕組まれたもので、彼らにとって不利な状況にある。彼らは、胴元が常に勝つと感じている。こう感じているのは、ヒラリー・クリントン氏とバーニー・サンダース氏に投票した人たちも含まれている。私は、トランプ氏に投票した人々の大多数も含まれるのではないかと思っている。この状況は、EU離脱、そしてフランス大統領選で両方の立場から投票した人々をも確実に包み込んでいる。

私にとってアメリカ国内、さらに言えば世界での最も大きな分断は権力を持つ者と持たない者の間にある。それは共和党と民主党、右派と左派というように簡単に分けることのできない分断だ。メディアは分断の一方の側の物語を十分に伝えていない。それは怒りを感じ、声が届かないと感じ、無力であると感じている人たちの物語だ。

事実、真実は報道の基本的な要素だ。でもそれだけでは十分ではない。感情、ユーモア、同情もジャーナリズムの重要な要素であり、私たちが現実を知るのを助けてくれる。現在、多くの人がニュースを知るのはコメディー番組からなのも不思議ではない。

これこそ、私がハフポストに関心を持った理由だ。最初期のインターネットメディアの一つであるハフポストは、幅広い寄稿者ネットワークから声を集めるジャーナリズムを先導してきた。ウィットにあふれたやり方で、生き生きと世界を論じ、深く直接的に幅広い読者とつながってきた。

ハフポストという新たな名前とイメージを使用し始めるにあたり、次のような疑問について考えてきた。どうすればより良い聞き手になれるのか。どうすれば読者により良いサービスを提供できるのか。私たちの大胆で派手なスタイルを前面に出し、ユーモアのセンス、憤り、共感とともにニュースを提供していく。また、世界中の読者に、親しみを込めて長年呼ばれてきたハフポストという略称を、正式に採用する。

今後、国内各地からの本来のジャーナリズムをより多く届けていく。意欲的なデジタルマガジン「ハフポスト・ハイライン」を拡大し、ジャーナリストたちによる内容が厳密で深い記事を、より頻繁に新しいフォーマットで読者に届けていく。見る人を感動させるような大胆で説得力のある動画を作成していく。ハフポストを知らない人やハフポストの記事が自分たちに向けられていないと考える人などを含め、徹底してあらゆる人たちのもとへ訪れ、彼らの話を聞いていく予定だ。

私たちは、さまざまな大局観からの意見を持つ人々に対し、寄稿者ネットワークにもっと加わってもらおうとしている。当社の国際版は、大きくて広範囲に影響を与えるニュースを報道するべく、さらに緊密な協働体制を敷く。そのニュースには、ナショナリズム、テロリズムの台頭や気候変動の深刻化、地球規模の移民危機、そして世界各地の人権闘争などが含まれる。

また、私たちはニュースの領域を越えて視野を広げ、人々がいかに自分たちの人生を生きるかについて追求するジャーナリズムにも投資をしている。文化、著名人、エンターテインメントのような楽しみや安心をもたらす出来事にも新たに注目している。あなたがどこに住んでいようとも、またどれだけのお金を持っていようとも、アイデンティティ、子育て、健康で充実した生活を送るための方法をはじめ、オーディエンスが気になる最も活力ある話題を通して、強固なコミュニティを築き続ける。

ハフポストを含め、主流メディアでは取り上げられない話があるときは、listening@huffpost.comまで送ってほしい。

ハフポストUS版より翻訳しました。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Advocates For Father And Son Imprisoned In Iran Appeal To UN For Help

WASHINGTON ― A lawyer representing two American citizens imprisoned in Iran appealed to the United Nations on Tuesday to intervene on behalf of his clients.
In a 27-page petition submitted to the U.N. Working Group On Arbitrary Detention, Jared Genser argued that the Iranian government is arbitrarily depriving Siamak Namazi, 45, and his father Baquer, 80, of their liberty. Their treatment in Evin Prison amounts to torture, and risks causing “irreversible damage to their physical and mental health, or even death,” wrote Genser, the founder of Freedom Now, a nonprofit that works to free prisoners of conscience.
The U.N. working group, established in 1991, can issue opinions on individual cases and urge countries to free prisoners who are being detained unlawfully. It has little ability to compel countries to abide by its recommendations, but a statement on the Namazis from the group could help apply pressure on Tehran.
The decision by the Namazi family to make a public appeal to the U.N. group is part of a broader strategy meant to increase public awareness of Siamak and Baquer’s plight and to urge the Trump administration to strike a deal with Tehran to secure their release.
Genser released his submission to the U.N. just before a delegation from the U.S. was scheduled to meet in Vienna with counterparts from Iran and the five other countries that helped negotiate a 2015 agreement over Iran’s nuclear program. He and Babak Namazi, Siamak’s brother and Baquer’s son, plan to hold a press conference in Vienna just before the world powers meet to discuss the Iran nuclear deal.
“This will be the first face-to-face discussions between the U.S. and Iran since the inauguration of President Trump,” Genser wrote in an email. “We have been informed that the U.S. delegation will raise the Namazi cases directly to the Iranian delegation.”
The State Department declined to comment on the Namazis specifically but a spokesman said the agency “continue[s] to use all the means at our disposal to advocate for U.S. citizens who need our assistance overseas.”
Until recently, the Namazi family took a very different approach to getting Siamak and Baquer out of prison. When Siamak was arrested in October 2015, his family stayed quiet, hoping to give the previous administration room to negotiate. But when the Obama administration finalized a prisoner swap with Iran last year, Siamak was left behind. The month after the prisoner swap, the Iranian Revolutionary Guards Forces arrested Baquer too. In their final days in office, Obama administration officials made a last-ditch effort to negotiate the Namazis’ release, but they were unsuccessful.
After quiet patience proved ineffective, the Namazis decided to speak out. Last month, Babak Namazi briefed a group of reporters and human rights activists in Washington on Siamak and Baquer’s condition. He gave a detailed narrative of the family’s saga since Siamak was arrested in 2015 and said he hoped President Donald Trump would be able to accomplish what his predecessor could not.
According to the petition filed by Genser, Siamak’s physical and mental state has deteriorated dramatically since he was first imprisoned. He is often kept in solitary confinement in a cell without a bed, forcing him to sleep on the concrete floor. He has been tortured by guards, beaten, hit with stun guns, and forced to watch government propaganda with images of him and his father in prison, Genser wrote. He has lost 26 pounds in prison as a result of a hunger strike.
Baquer’s physical health conditions are even more serious. He has a heart condition that caused him to undergo triple bypass surgery before he was imprisoned. He has been hospitalized at least twice since his arrest but has not been allowed to see his heart specialist while in prison.
Tehran’s denial of “medically appropriate detention conditions for the Namazis constitutes cruel, inhuman, and degrading treatment,” Genser wrote in the petition.
Despite being held in the same prison, Siamak and Baquer first saw each other in February, more than a year since Baquer entered Evin, Genser alleged in the petition.
Siamak and Baquer have both been convicted of cooperating with a “foreign state” against Iran ― a reference to the U.S. ― and have been sentenced to 10 years in prison.
They were only allowed to meet with the attorneys in Iran for a half-hour several days before the hearing, which was closed to the public and the media. According to Genser, they were not allowed to present evidence, call witnesses, or meaningfully challenge charges or evidence against them.
The case against the Namazis appears to rely heavily on their past affiliation with Western organizations. Siamak held fellowships with the Woodrow Wilson International Center for Scholars and the National Endowment for Democracy ― both of which receive funding from Congress. Baquer worked with the humanitarian relief organization UNICEF for over 10 years. At the time of their arrests, Siamak was working at an oil and gas company in Dubai and Baquer was retired and living Iran.  
Genser’s petition to the U.N. group is just as much an appeal to the U.S. government to focus on getting Siamak and Baquer released. He is conveying a message to the Trump administration that because of their deteriorating health and Baquer’s age, they don’t have much time to negotiate a deal.
During the presidential campaign last year, Trump tweeted that he wouldn’t let Iran imprison Americans and demand money for their release if he became president.

Well, Iran has done it again. Taken two of our people and asking for a fortune for their release. This doesn't happen if I'm president!— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) October 23, 2016
//platform.twitter.com/widgets.js

Earlier this month, the Treasury Department sanctioned the Tehran Prisons Organization and senior prison official Sohrab Soleimani for human rights abuses. White House Press Secretary Sean Spicer mentioned Siamak and Baquer by name when he discussed the sanctions.
Last week, an American imprisoned for three years in Egypt returned home after the Trump administration negotiated her release. Her release was possible, in part, because of the Trump administration’s willingness to drop pressure on Egyptian President Abdel Fatah al-Sisi to improve the country’s human rights record. 
But it’s not clear what leverage the Trump administration will have with Tehran. Unlike in Egypt, where he was eager to patch up relations, Trump has vowed to take a tougher stance in Iran. And he repeatedly criticized the Obama administration for giving up too much in last year’s prisoner swap, which means it would be hard for him to accept significant American concessions to bring Siamak and Baquer home. — This feed and its contents are the property of The Huffington Post, and use is subject to our terms. It may be used for personal consumption, but may not be distributed on a website.
Source: http://www.huffingtonpost.com/feeds/index.xml

【一石二鳥】きみは「カレーラーメン」という究極の合体メニューを知っているか!? どっちか迷ってもこれで解決! 東京・仙川『魔女のカレー』

本日4月25日は何の日かご存知だろうか? これがわかったらなかなかスゴいぞ。実は今日は、「カレーラーメンの日」なのである。カレーラーメンの起源については諸説あるようだが、「室蘭カレーラーメンの会」がこれを決定したとのこと。

カレーヌードルはよく食べるけど、カレーラーメンって何やねん? とか言って食べずに今まで生きてきたアナタ。予言するが、成仏出来ないよ。そこで、激ウマのカレーラーメンが食べられる少し変わった名前のお店「魔女のカレー」へとやって来た! ヤバそうなカレーが出てきそうな名前だぜ……。

・カレー? ラーメン?

突然だが「カレーとラーメンのどちらか1つだけ選べ」という究極の問いに、あなたはどう答えるだろうか? そのあまりにも残酷な選択肢に、あなたは身を投げる他ないかもしれない……。しかし、そこにはもう1つの可能性があった。そう、カレーラーメンを食べればいいのである。

京王線の仙川駅で降り、線路沿いに少し歩くと現れるのが「魔女のカレー」だ。ラーメンファンなら、「ラーメン二郎 仙川店」のすぐ隣と書けば容易に場所を想像出来るはず。そこでは、あなたの命を救うことになる、激ウマな1杯をいただくことが出来る。

・究極の合体メニュー

そのインパクト大な名前から、美輪明宏的な店主が営んでいるのではないかと思いきや、中にいたのは普通の男性店員さんであった。まあ、美輪明宏がいても結局男なのだが。さて、こちらは非常に珍しいカレーとラーメンの専門店なのである。

しかも、普通のラーメンではなく、カレーラーメンなる変わった料理を食べることが出来るのだ。一体それ、どんなラーメンなの? 『炙りチャーシューカレーチーズラーメン(税込990円)』を注文した私(あひるねこ)の前に置かれたそれは、一見するとまるで味噌ラーメンのよう。

・溶け合いすぎぃぃぃいい!

だがしかし。丼から立ち上って来るこの香りは、間違いなくカレーそのもの。スープを1口すすると……おお……! カレールーのようなドロドロ感はなく、サラッとしている。味はたしかにカレーなのだけど、確実にラーメンのスープでもあるのだ。一分の隙もなく、2つの要素は完璧なまでに融合している。

麺は意外にも、スープがよく絡む太い縮れ麺。今まで食べたどのカレーヌードルとも違う、新しいカレーとラーメンの共存の形だ。まさに両者のおいしいとこ取り。これは箸が止まらねぇぇぇぇえええ!

・絶品のチャーシュー

加えて、上に乗っている巨大な炙りチャーシューがマジで最強。デカいどころかブ厚いのに、ありえないくらい柔らかい! 食べた瞬間、ト・ロ・け・る!! ここまで柔らかいチャーシューは珍しいかもしれないぞ。すげーよ、このチャーシュー。

・スープカレーにもなる

すべてのラーメンにはライスが付くのだが、こいつの存在もまた心憎い。ラーメンだけじゃなくて、やっぱりライスも欲しいよね? と、カイジにビールを勧める班長・大槻のごとく悪魔的である。スープと一緒に食べれば、さながらそれはスープカレー。おいおい、どんだけ違う味を楽しめるんだよ。

・記憶に刻まれる記念日

これにより、あなたはあの究極の選択を回避する術を得たのだ。カレーとラーメン。迷ったら、カレーラーメンを食べればすべて解決。一石二鳥なのである。こんな大事なことを教えてくれた、本日4月25日「カレーラーメンの日」に感謝を。来年になっても忘れんなよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 魔女のカレー
住所 東京都調布市仙川町1-10-20
時間 11:30~15:00、17:00~1:00
休日 月曜

参照元:室蘭カレーラーメン
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

【カッコいい】GLAYのJIROが体調不良によりライブ欠席 / ゴージャスすぎる神対応が話題

1990年代を代表する人気ロックバンド、GLAY。激しい音楽とは裏腹に、人柄の良さでも知られるGLAYだが、2017年4月25日に開催予定の金沢ライブにて、実にGLAYらしい神対応がされたと話題になっている。

・JIROが欠席

現在、全国ツアー真っ最中のGLAY。4月25日は石川県金沢市でライブを開催予定だが、メンバーのJIROさんが体調不良によりライブを欠席するという。TERUさんのツイートによれば「GLAY史上初のJIRO不在のライブ」とのことだから、かなり体調が悪いに違いない。JIROさんの回復を祈るばかりだ。

それはさておき、体調不良だから仕方ないとはいえ、JIROさんを含め「4人揃ってのGLAYが観たかった」というファンもいることだろう。そんなファンに対しGLAYは、これ以上ない神対応を施しているというのだ。公式ホームページより引用しよう。

「メンバーのJIROが体調不良によりドクターストップがかかり、上記の公演は欠席となります。4月25日の公演につきましては、TERU、TAKURO、HISASHIが登壇し、予定しておりました演出内容を変更して実施させていただきますが、改めて完全体のGLAYとして5月24日(水)に振替公演も実施いたします。

4月25日(火)のチケットをお持ちのお客様は、4月25日(火)の公演並びに5月24日(水)の振替公演もご来場いただけます

また、振替公演の日程によりご参加いただけないお客様に対しての払い戻しも実施いたします。払い戻し方法などの詳細は決定次第お知らせいたしますので、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします」

つまり、チケットを購入していれば「JIROさん抜きのライブ」はもちろん、振替公演の「GLAY4人によるライブ」にも参加できるというのだ。実質的には1公演分は無料ということだから、いかにGLAYが太っ腹かつファン想いかわかるというものだろう。

払い戻しなどの対応はあったとしても、ここまでファン寄りの対応はなかなか無いハズだ。これならJIROさん欠席のライブでも、ファンは心置きなく楽しめるに違いない。最近では、なかなかテレビでは見かけなくなってしまったGLAYだが、根強い人気はこういったところにあるようだ。

参照元:GLAY公式サイト 、 Twitter @TE_RUR_ET
執筆:P.K.サンジュン


Source: Rocket news Japan

Robert Pirsig, Author Of 'Zen And The Art Of Motorcycle Maintenance,' Dead At 88

NEW YORK (Reuters) – Robert M. Pirsig, author of the influential 1970s philosophical novel “Zen and the Art of Motorcycle Maintenance,” died on Monday at the age of 88, his publisher said.
William Morrow & Co. executive editor Peter Hubbard said in a statement that Pirsig’s wife Wendy had confirmed his death at his home in Maine “after a period of failing health.”
Published in 1974 after being rejected by more than 100 other publishers, “Zen and the Art of Motorcycle Maintenance,” was the father-son story of a motorcycle trip across the western United States. Loosely autobiographical, it also contained flashbacks to a period in which the author was diagnosed as schizophrenic.
The book quickly became a best-seller. Pirsig said its protagonist “set out to resolve the conflict between classic values that create machinery, such as a motorcycle, and romantic values, such as experiencing the beauty of a country road.”
Born in Minneapolis, Pirsig had a high IQ and graduated high school at the age of 15. He earned a degree in philosophy and also worked as a technical writer and instructor of English before being hospitalized for mental illness in the early 1960s.
His philosophical thinking and personal experiences during these years, including a 1968 motorcycle trip across the U.S. West with his eldest son, Christopher, formed the core of the narrative of the novel.
Pirsig worked on the sequel, “Lila: An Inquiry into Morals” for 17 years before its publication in 1991. The story traced a sailboat journey taken by two fictitious characters along America’s eastern coast.
Pirsig lived the last 30 years in South Berwick, Maine and is survived by his wife Wendy, two children and three grandchildren. His son Chris died in 1979.

//delivery.vidible.tv/jsonp/pid=5668ae6ee4b0b5e26955d6a6/vid=554cef5ce4b0808147652ddb/56000e19e4b0e4e194b84b31.js?m.embeded=cms_video_plugin_us.edit.huffpost.netfunction onPlayerReadyVidible(e){‘undefined’!=typeof HPTrack&&HPTrack.Vid.Vidible_track(e)}!function(e,i){if(e.vdb_Player){if(‘object’==typeof commercial_video){var a=”,o=’m.fwsitesection=’+commercial_video.site_and_category;if(a+=o,commercial_video[‘package’]){var c=’&m.fwkeyvalues=sponsorship%3D’+commercial_video[‘package’];a+=c}e.setAttribute(‘vdb_params’,a)}i(e.vdb_Player)}else{var t=arguments.callee;setTimeout(function(){t(e,i)},0)}}(document.getElementById(‘vidible_1’),onPlayerReadyVidible);

— This feed and its contents are the property of The Huffington Post, and use is subject to our terms. It may be used for personal consumption, but may not be distributed on a website.
Source: http://www.huffingtonpost.com/feeds/index.xml

【衝撃サッカー動画】黒い煙が観客席を覆い尽して試合が一時中断! 暴徒化したサポーターに世界が恐怖

いよいよ欧州サッカーもシーズン大詰め。昨年から続く長い戦いも、あと数試合で終わりを迎えようとしている。各国リーグでは熾烈な優勝争いが繰り広げられ、サポーターも負けられない戦いに気合が入るというものだ。

ただ、アツくなるあまり一部の過激すぎるサポーターが暴徒化するのもよくある話。そしてつい先日、オランダリーグ(エールディビジ)の試合で目を疑うような事件が勃発し、世界を震撼させている。

・オランダリーグの試合で事件勃発

2017年4月23日に行われたPSVアイントホーフェン vs アヤックスの試合は、上位争いをしているチーム同士のため、意地とプライドが激突する戦いとなった。そういった背景で迎えた後半5分。一部のPSVサポーターが暴徒化すると、試合は一時中断する事態となってしまった。

・発煙筒から黒い煙

海外の試合で発煙筒が使用されることは珍しくないが、彼らが火をつけると……燃え上がった煙はまさに「黒煙」と言うべきドス黒さ! しかも、あっという間に観客席を覆い尽くしていくではないか。

どう考えても吸いこんだらヤバいようにしか見えないため、もはやテロそのもの。海外サイトによると、呼吸困難となった5人が病院に運ばれたというから、いかに悪質な行為であったかわかる。

・後味の悪い試合

後ほど再開された試合は、ホームのPSVアイントホーフェンが1−0で勝利。優勝を目指すライバルを蹴落とし、自身も上位争いをするために必要な勝ち点を得たものの、何とも後味の悪い試合となってしまった。

参照元:YouTubeMailOnline(英語)
執筆:原田たかし


Source: Rocket news Japan

Elton John Cancels Concerts Due To 'Rare And Potentially Deadly' Infection

//delivery.vidible.tv/jsonp/pid=5668ae6ee4b0b5e26955d6a6/vid=58fe8d1bc214e31281061d11/56000e19e4b0e4e194b84b31.js?m.embeded=cms_video_plugin_us.edit.huffpost.netfunction onPlayerReadyVidible(e){‘undefined’!=typeof HPTrack&&HPTrack.Vid.Vidible_track(e)}!function(e,i){if(e.vdb_Player){if(‘object’==typeof commercial_video){var a=”,o=’m.fwsitesection=’+commercial_video.site_and_category;if(a+=o,commercial_video[‘package’]){var c=’&m.fwkeyvalues=sponsorship%3D’+commercial_video[‘package’];a+=c}e.setAttribute(‘vdb_params’,a)}i(e.vdb_Player)}else{var t=arguments.callee;setTimeout(function(){t(e,i)},0)}}(document.getElementById(‘vidible_1’),onPlayerReadyVidible);

Elton John canceled his concerts in April and May at Caesars Palace in Las Vegas after contracting a “rare and potentially deadly” bacterial infection while on tour in South America.
The star’s team released a statement Monday saying John became “violently ill” during a flight back to Britain from Santiago, Chile. The statement added that John is resting at home after two nights in intensive care and is expected to make a full recovery. He is scheduled to return to the stage on June 3 for a show in Twickenham, England.
Ceasars Palace also released a statement about the cancellation on the venue’s Facebook page. 
“Infections of this nature are rare and potentially deadly,” the statement read. “Thankfully, Elton’s medical team identified this quickly and treated it successfully.”

//dk79lclgtez2i.cloudfront.net/embed.js

When news broke of John’s hospitalization, fans on Twitter immediately started sharing their concern.

elton john ain't leaving this earth pic.twitter.com/06JiFlNO1m— (@rpksalty) April 24, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Dear Universe, You took Prince & Bowie, then you stuck us with Trump. If you take Elton John just go ahead and implode. Sincerely, Us— Danielle Campoamor (@DCampoamor) April 24, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

No, 2017, you can't have Elton John. Don't even try to take him away from us.— Palmer Report (@PalmerReport) April 25, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Dear Grim Reaper, you caused enough damage last year in 2016. We don't want a 2016 repeat. BACK OFF FROM SIR ELTON JOHN! #PrayForEltonJohn— Spencer Karter (@SpencerKarter) April 25, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js

Sending well wishes to Elton John for a speedy recovery. His music is so iconic & meaningful. Our thoughts are with you, @eltonofficial! — April Dalaman (@AprilDalaman) April 25, 2017
//platform.twitter.com/widgets.js
— This feed and its contents are the property of The Huffington Post, and use is subject to our terms. It may be used for personal consumption, but may not be distributed on a website.
Source: http://www.huffingtonpost.com/feeds/index.xml