かき氷に火をつける「焼き氷」がおいし~い!! メレンゲのふわとろ食感も絶品 / 埼玉・朝霞ビストロ『BocO』

当たり前のことだが、かき氷は熱に弱い。アツいと溶ける。当たり前すぎて言うまでもないことだ。しかしその自然の摂理に、真っ向から立ち向かうかき氷メニューを発見した! 埼玉県朝霞(あさか)市のビストロ BocO(ボコ)では、「焼き氷」というかき氷メニューを提供している。

メニューの写真を見ると……。氷が燃えてる! 氷が炎上しているぞ~!! これ溶けるんじゃないのか? 食えるのか!?

・メニューに見慣れないものが

お店は東武東上線の朝霞駅から徒歩3分。駅にほど近い場所にある、オシャレなビストロだ。たまたま店の前を通りかかった時に、かき氷メニューが目に飛び込んできた。

いちごミルク、キャラメルバナナ、イチゴティラミスなどと並んで、見慣れないモノがひとつある。焼き氷だと?

え!? 焼き氷だとーーッ! この写真に写っている青白いのは、もしかして炎じゃないのか!! 燃やしてどうすんだよ。氷が溶けちゃうんじゃないのか?

・本当に火がつく

真相を確かめるために入店。店内は、手作りの温もりオシャレな空間。昼はランチメニューをかき氷がメイン(冬はサラダバー)、夜はビストロとして営業しているようだ。

注文するのは、当然焼き氷(1200円)だ。メニューを見ると、「本当に火がつきます」とある。マジか、溶けちまわないか心配だけど、とりあえず注文しよう。

・外はメレンゲ

そうして出てきたのは、私(佐藤)の知っているかき氷とちょっと違う。外側は焼き目を入れたメレンゲかな?

すでに焼き目が入っているところを見ると、もしかして、提供前に焼いて来ちゃったのだろうか? これはこれで十分にウマそうなんだけど……。

じっくり観察していると、スタッフが「これから香りづけをしますね」という。お! これはこれから焼きを入れるってことか?

・青白い炎が立つ!

待っていると、スタッフが小鍋を持ってきた。「では、行きます」という声と共に、小鍋の中のものをメレンゲの上から投下! すると……。

ファイヤーーーーーーーーーーーッ!!

燃えてる燃えてるよ! かき氷が燃えているよ!! 大丈夫なの、コレ?

完全に青白い炎に包まれてしまったけど、溶けちゃったりしないのかな……。何だかあま~い香りがするな。

Instagram Photo

・フランベで香り付け

実はコレ、「フランベ」という調理方法。ラム酒を熱して火をつけて、メレンゲにラム酒の香りをまとわせている。燃えているのは、ラム酒とメレンゲの表面だけで、火は一瞬で消えてしまうのだ。メレンゲの下には氷が隠れているのだが、無事なのか?

中の様子を確認するために、まずはメレンゲを一口食べると……。美味~! これはこれだけでも十分にウマい。ふんわりとした食感にラムの甘い香りが加わって、無限に食える気がしてくる。そして中をのぞくと。

綿雪が積もったような、繊細な氷の層が見えた! 無事だったか、お前たち~!! 火あぶりにされてたから心配したぞ~!

・五感を刺激する

中を掘り進めて行くと、イチゴシロップが隠されていた。これはなかなかニクイ演出。メレンゲと氷、そしてシロップをひとつにして口に放り込むと、ふんわりメレンゲとサラサラ氷、甘いラムの香りと、鮮やかなイチゴシロップ。これらが混然一体となって、五感を刺激するウマさとなった。

別添えのミルクとキャラメルソースを加えると、美味しさの奥行きは果てしなく広がったことは言うまでもない。これは完全に総合エンターテイメントかき氷である! ちなみに、NHKの朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でも、焼き氷が登場したのだとか。まったく同じレシピではないが、焼き氷を食べてみたいという人はぜひ一度お試しあれ。

なお、かき氷の提供は17時まで。氷が切れた場合は、早めにかき氷が終了してしまうので要注意だ。

・今回訪問した店舗の情報

店名 あさかのビストロ BocO(ボコ)
住所 埼玉県朝霞市本町2-4-7 清水ビル2 1F
営業時間 11:30~24:00(かき氷は17:00まで。氷がなくなり次第終了)
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: Rocket news Japan

イチゴでかっ!! 西友の冷凍食品「4種の彩りミックスベリー」が家スイーツ時に大活躍しすぎて感動しきり

我が家のスイーツに革命が起きた! 大手スーパー「西友(SEIYU)」で売っている冷凍食品『みなさまのお墨付き 4種の彩りミックスベリー』を導入してからというもの、家で食べるヨーグルトからアイスまで、文字通り彩り華やかになったのだ!!

その名の通り、入っているベリーは4種類。ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリー、そして天下のストロベリー様だ。そんなベリー4姉妹を、新鮮なうちに急速冷凍。ふたたび彼女らが常温に戻るのは……私の口の中に入った時だーッ!! みたいな。

・シャリッとウマイ

まず何が使いやすいのかというと、そこまでカチンコチンな状態ではないということ。ヨーグルトなどの上に、凍った状態のベリー様らをドスドスっと落とし、特に解凍するまでもなく、そのまま食べたら……シャリッ! といく。冷たくてウマい〜!!

・イチゴちゃんデカい

さらに驚かされるのは、ストロベリーことイチゴちゃんのデカさである。4種類のベリーによるユニットだが、まちがいなくセンターはイチゴちゃんで、その存在感は圧倒的。こっ……こんなにデケーのが入ってるのか!! と驚くこと請け合いである。

・たくさん入ってるのに安い

ちなみに価格は税込み264円。200グラムも入っているので、少しずつ使えば5〜6回ぶんのベリーベリーヨーグルトを楽しむことができるだろう。アイスに添えても最高だし、シェイクやスムージーに使うのも良いかもね。本当に便利。常時ストック!!

・他社との比較

なお、この西友の「冷凍ミックスベリー4種類」と同じような商品は、他のスーパーでも売られている。たとえばイオンのトップバリュにも『彩り鮮やかなベリーミックス 4種のベリー』なんてのが税込み235円で売っている。ただし内容量は150gだ。

ほか、セブンプレミアムを有するイトーヨーカドー(セブンイレブン)でも「3種のベリーが入ったミックスベリー」を販売中だが、価格は税込み213円で、内容量は100g。たった3種類で100グラムぅ〜? と、西友派は優越感に浸るもよし。

てな感じで、価格面でも、そしてベリーの種類でも、現時点で頭ひとつ抜けているのは西友であり、私は根っからの西友派であるが、さらなる競争の激化に期待したい。

参考リンク:SEIYUドットコムトップバリュセブンプレミアム
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

【加計学園問題】閉会中審査始まる 安倍晋三首相は「友人が関わること、疑念の目はもっとも」と反省の弁

学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などをめぐる、衆院予算委員会の閉会中審査が7月24日、安倍晋三首相出席で始まった。安倍首相は「友人が関わること、疑念の目が向けられるのは最も」と、反省の弁を述べた。

閉会中審査には、文科省の前川喜平・前事務次官や、和泉洋人・首相補佐官、加戸守行・前愛媛県知事ら、この問題のキーマンとされる人々が参考人招致されている。

安倍首相は、「『李下に冠を正さず』という言葉がある。友人が関わることですから、疑念の目が向けられるのはもっともなこと。今までの答弁でその観点が欠けていた。足らざる点があったことは率直に認めなければならない。常に、国民目線で丁寧な上にも丁寧に説明を続けたい」とこれまで説明不足だったことに対して反省の弁を述べた。

一方で、「加計さん(孝太郎理事長)は学生時代からの友人。彼が私に対し、地位や立場を利用して、何かを成し遂げようとしたことはただの一度もない」また、「私が獣医学部新設について指示したことはない」と従来通りの主張を繰り返した。最初の質問者、自民党・小野寺五典衆院議員の質問に答えた。

また、開学時期などについて首相の指示があったかどうかについて、萩生田光一官房副長官、内閣府の藤原豊・前審議官、山本幸三地方創生相、松野博一文科相は「首相から個別の指示は一切なかった」と回答。

一方で、文科省の前川・前事務次官は、「文科省は内閣府から様々な指示を受けていた。その結果がペーパーに残っている。それは事実」と回答。さらに、「総理の口からは言えないから私が」として、和泉補佐官から「指示をいただいた」とした。

前川氏はこれまでも、2016年9月と10月に、和泉氏から官邸に呼び出されて「対応を早くしてほしいと求められた」などと話していた。

これに対して、事実確認を求められた和泉補佐官は「『総理が自分の口からは言えないから』ということは、言っておりません。言っておりません」と強い調子で繰り返した。

▼安倍首相画像集が開きます▼

※表示されない場合はこちらへ。
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

第20期の東京都議会がスタート。最初の大きな課題は、やはり豊洲市場移転問題だろう

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

本日から私にとっては二期目となる都議会議員の任期がスタートし、都議会としてはこれが「20期」という節目のタイミングになります。途中で解散が一度あれど、約80年の歴史があるわけですね…。

選挙公約でも掲げた通り、都政には多くの課題が山積しておりますが、豊洲市場移転問題には先週末に大きな動きがありました。

やはりこれが当面の最大の課題の一つであろうということで、本日を持って組織内では無役となったわけですし、個人的な所感を述べておきます(まあ、個人ブログは常に議員個人の意見ですが)。

豊洲の「無害化」撤回 小池氏、来春~秋の開場目指す
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201707/CK2017072102000264.html

過日に開催された関係局長会議にて、小池知事がいわゆる「無害化」を撤回し、追加対策を行った上で早期の豊洲移転を目指す方針を正式に表明しました。

百条委員会においても石原元知事より「(安全基準の)ハードルが高すぎた」という主旨の答弁もあり、また専門家会議などの各種答申を踏まえた上で、現実的に物事を前に進める決断をされたことを支持したいと思います。

その上で、移転ハードルの一つとされてきた都議会の「付帯決議」をどうするかについては、知事も言及している通り、都議会で再度の議論をする必要があります。

その議論の過程においては、移転延期決断から今日に至るまでのプロセスの妥当性や、それによって発生した部分的なマイナス面などについても指摘・議論が及ぶこともあるでしょう。

しかし、その議論から逃げてはいけないと思います。

所与の前提(盛土や環境基準値以下の地下水)の合理性や関係者間の合意など、しっかりと分析をして正面からぶつかり、また情報公開を徹底していくべきです。

それが結局のところ、今後の豊洲市場安全宣言など、建設的な議論につながっていくはずです。

なお、もちろん都議会における最高意思決定機関は議員が一同に会する「本会議」ですが、その前には効率的に議論をするための分科会が設けられます。

その形式はこれまでのように特別委員会を設置することや、あるいは中央卸売市場を所管する常任委員会(経済港湾委員会)の開会日を増設するなど、様々な手段が考えられます。

いずれの形式を取るにせよ、早期に着手し、また時間をかけてオープンに議論をしていくことこそが、都民が新しい都議会に望むことではないでしょうか。

今週から任期がスタートし、各会派の責任者が一同に会する「世話人協議会」などの会議体を経て、8月8日に議長・副議長を始めとする議会役職がすべて決定されます。

その責任者間の合議の中で、こうした移転問題を議会でどのように扱っていくのか、意見が交わされていくはずです。

私はその合議に携わる立場には残念ながらありませんが、先述のようにこの市場問題が最重要課題の一つとして、早期に議会内で議論される体制が整うことを期待し、またそのような意見を議会内外で発信していくものです。

それでは、また明日。

(2017年7月23日「おときた駿 公式サイト」より転載)
Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

【九州北部豪雨】有明海の漁場に大量の流木・土砂が… 漁船は故障、アサリも一部死滅

有明の漁場、豪雨で流木や土砂 傷む船・アサリ一部死滅

ariake
筑後川河口付近で、漁船が有明海に流れ出た流木や漂流ごみを回収していた=23日午前7時48分、福岡県柳川市沖、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

 九州北部豪雨の影響が海にも及んでいる。大量の流木や土砂が流れ込んだ有明海では、漁船の故障やアサリが一部で死滅するなどの被害が発生。有明海の福岡県沖では23日、漂流ごみの大規模な回収作業が行われた。回収にはまだ時間がかかる見通しで、漁業者は影響がいつまで残るか神経をとがらせている。

 23日朝、福岡沖の有明海であった一斉回収には、福岡有明海漁連(福岡県柳川市)の漁船170隻、国や漁連の清掃船4隻が出動し、漁業者510人らが流木やごみを集めた。

 県の漁業調査船から見ると、海面に茶色の帯が延々と延びていた。川岸から流れ出た大量のアシだ。その間に木の株や長さ数メートルの流木が点々と浮かぶ。大きな流木は漁船で引っ張り、沖合で待機する清掃船に積み替える。小さな木くずやごみは、網や素手で漁船に引き上げた。

 約3時間で集まった漂流ごみは概算で208立方メートル。このほか沿岸にも大量の流木やごみが漂着しており、その量は調査中だ。

 作業に参加した同県大牟田市のノリ漁師、松藤文豪さん(60)は「有明海の漂流ごみは外洋には出ず、必ず沿岸のどこかに流れ着く。本当にやっかいだ」と話す。9月からは、ノリの養殖用網を取り付ける支柱の打ち込み作業が始まる。「5年前の豪雨の後は、網に絡むごみの除去に難儀した。沈んだ木は支柱の邪魔にもなる。ごみがある限り不安は尽きない」

(朝日新聞デジタル 2017年07月24日 06時36分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

【九州北部豪雨】有明海の漁場に大量の流木・土砂が‥ 漁船は故障、アサリも一部死滅

有明の漁場、豪雨で流木や土砂 傷む船・アサリ一部死滅

ariake
筑後川河口付近で、漁船が有明海に流れ出た流木や漂流ごみを回収していた=23日午前7時48分、福岡県柳川市沖、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

 九州北部豪雨の影響が海にも及んでいる。大量の流木や土砂が流れ込んだ有明海では、漁船の故障やアサリが一部で死滅するなどの被害が発生。有明海の福岡県沖では23日、漂流ごみの大規模な回収作業が行われた。回収にはまだ時間がかかる見通しで、漁業者は影響がいつまで残るか神経をとがらせている。

 23日朝、福岡沖の有明海であった一斉回収には、福岡有明海漁連(福岡県柳川市)の漁船170隻、国や漁連の清掃船4隻が出動し、漁業者510人らが流木やごみを集めた。

 県の漁業調査船から見ると、海面に茶色の帯が延々と延びていた。川岸から流れ出た大量のアシだ。その間に木の株や長さ数メートルの流木が点々と浮かぶ。大きな流木は漁船で引っ張り、沖合で待機する清掃船に積み替える。小さな木くずやごみは、網や素手で漁船に引き上げた。

 約3時間で集まった漂流ごみは概算で208立方メートル。このほか沿岸にも大量の流木やごみが漂着しており、その量は調査中だ。

 作業に参加した同県大牟田市のノリ漁師、松藤文豪さん(60)は「有明海の漂流ごみは外洋には出ず、必ず沿岸のどこかに流れ着く。本当にやっかいだ」と話す。9月からは、ノリの養殖用網を取り付ける支柱の打ち込み作業が始まる。「5年前の豪雨の後は、網に絡むごみの除去に難儀した。沈んだ木は支柱の邪魔にもなる。ごみがある限り不安は尽きない」

(朝日新聞デジタル 2017年07月24日 06時36分)

関連ニュース

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供)

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml