宮迫博之さんらの会見要求に「やってもええけど、全員連帯責任でクビにするから」 吉本の社長が圧力か

宮迫博之さん(左)と田村亮さん

反社会的勢力と関係を持ったとして吉本興業から契約解除された宮迫博之さんが7月20日、記者会見したいと吉本側に伝えたところ、岡本昭彦社長から「やってもええけど、全員連帯責任でクビにするからな」と反対されたことを明らかにした。

説明責任を果たそうとしていた宮迫さんらの動きを、吉本のトップ自ら封じようとしていた疑いが浮上、事実なら進退問題にも発展する可能性がある。

この日、東京都内で記者会見した宮迫さんが明らかにした。

宮迫さんによると、反社会的勢力から金銭を授受していたことが報道によって明らかになった後、宮迫さんは「どれだけの騒動になるのか。どれだけ迷惑をかけてしまうのか。怖くてたまりませんでした」という気持ちになったという。

その後、吉本の社員に対し、記者会見を開きたいと言ったところ、会社側からは「会社としては静観です」と言われたという。

6月24日になって、宮迫さんら関係した芸人たちと吉本の会社側とが協議し、田村亮さんが改めて会見を求めた。

これに対し、岡本昭彦社長は関係者以外を部屋の外に締め出した上で、「お前らテープ回してないやろな。亮、ええよ。お前辞めて1人で会見したらええ」と言ったという。

その上で、こうも付け加えた。「やってもええけど、ほんなら全員、連帯責任でクビにするからな。俺にはお前ら全員をクビにする力があるんだ」

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

宮迫博之「後輩たちを巻き込んだ。すべての責任は僕にある」。ロンブー田村亮とともに記者会見【UPDATE中】

反社会的勢力が主催する会合に出席していたなどとして、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之と、謹慎処分となっていたロンドンブーツ1号2号の田村亮が7月20日、東京都内で記者会見した。

会見の様子は宮迫と田村のTwitterアカウントで生中継される異例の展開となった。宮迫は謝罪の言葉を述べると共に、会見を開くかどうかをめぐって、吉本興業側に反対されたことなど、同社側の対応を詳細に語った。

宮迫と田村は緊張した様子でマイクを握り、まっすぐ立ったままの状態で話し始めた。宮迫は「なによりも(反社会的勢力の被害にあった)被害者の方々、そのご家族、親族の方々、とんでもない不快なつらい思いをさせてしまったこと、お詫びさせてください。本当に申し訳ありませんでした」として何度も頭を下げた。

また、「今回このような騒動にしてしまったのは、僕の保身からか、軽率なウソから始まっています。そのせいで後輩たちも巻き込んでしまいました。今回の騒動の責任は僕にあります。僕のせいです。本当にすみませんでした」と語った。

田村も「僕の弱い部分のせいで、虚偽の説明をした。本当に申し訳ございませんでした」と話した。

会見は宮迫の説明を中心に進んだ。宮迫は「お話をすると非常に長くなってしまいますが」と切り出して、今回の問題の経緯を話し始めた。

宮迫によると、まず反社会勢力とのパーティについては、写真週刊誌「フライデー」の取材を受けたことを説明。そのときは「5年程前のことだったので記憶がなかった」としたうえで、「はっきりと思い出せなかった」と語った。また、取材を受けた当時は、「記事は掲載されるはずはない」と事案を軽くみていたことを明かした。

宮迫は「1日でも早く、今すぐにでも会見をやらせてくれとお願いしました」と吉本側に依頼したことも語った。ところが同社には「それはできない(いつやるかどうかは)こちらで決める、こっちの権限だ」と言われたことを明かした。

この問題を巡っては、宮迫と田村が、会社を通さない「闇営業」として、特殊詐欺グループとされる反社会的勢力主催の会合に出席し、金銭を受け取っていたことが発覚。吉本興業は関わったとされる所属芸人11人の謹慎処分を発表した。

さらに、写真週刊誌「FRIDAY」は7月19日発売号で、宮迫が金塊強奪事件の主犯格とされる人物と一緒に撮影した写真を報道。吉本興業は同日、宮迫氏との契約を解消したことをと発表していた

 

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

私が坊主にして良かったこと / 一度坊主にすると元の髪型に戻れなくなる快適さ

髪型にはいくつもの種類があるが、その中でも「坊主」はかなり ”ないがしろ” にされているように感じる。野球部の子どもが嫌々床屋で刈られるとか、薄毛に困った人の最終手段とか、一部のオシャレな人しか似合わない髪型とか、それほど良いイメージがない。

筆者は2カ月前にバリカンを買い、自らの手でバッサリ坊主にした。理由は簡単だ。直毛過ぎてシャワーを浴びても寝グセが直らないから、髪の毛そのものに嫌気がさして刈ったのだ。

それから今日まで不満を持ったことは一度もない。不便もない。むしろ快適だ。快適すぎて元の髪型に戻れそうにない。だからこの記事では筆者が体験した「坊主の素晴らしさ」を、個人的主観を交えながらお伝えしたい。

・もう寝グセに悩まなくていい

単刀直 ”毛” に結論を言えば、坊主はめちゃ快適だ。

筆者はずっと寝グセに悩まされてきた。一度つくと1日中ハネつづける。お風呂から上がってドライヤーを当てた直後から、後頭部がハネていたこともある。意味が分からない。頭皮からハリガネでも生えているのだろうか? 寝グセを理由にバリカンを当てた筆者の心境が少しでもご理解いただけたと思う。

取引先でも容赦なくハネる髪型に嫌気がさし、思い切って坊主にしたところ、この煩わしさから解放された。「屈折するだけの長さ」がなくなったので、絶対にハネなくなった。だから朝の寝グセ直しの時間もなくなって余裕ができた。顔を洗ってトイレに行ってヒゲを剃れば、すぐに出かけられる。坊主はめちゃ快適なのだ。

・シャンプーもドライヤーも秒速で終わる

坊主はシャンプーに時間がかからない。手の平でワシワシすれば30秒で済む。そのかわりまったく泡立たない。たわしに洗剤をつけて一生懸命泡立てている感覚だ。

また、風呂上がりのドライヤーも秒速で終わる。むしろ30秒以上熱風を当ててはいけない。頭皮が火傷するからだ。本気を出せば、夏は扇風機で髪が乾く。この快適さは坊主の特権だ。

・坊主にすると年間2万7000円の節約になる……かも?

誰もが知るように、坊主はめちゃ節約になる。筆者が購入したバリカンは、パナソニックのボウズカッターだ。値段は時期や購入場所にもよるが、だいたい5000円から6000円。4〜6年ほど使える。

メンテナンスとして替刃や電池交換、歯の摩耗を防ぐために専用油などを1回以上は購入しなくてはいけないが、それらを加味しても安い。筆者の計算では1年間当たり3000円以下。驚異的なコスパだ。

2カ月に一度、美容院代に5000円かける人ならば、年間で2万7000円程度の差が生まれる。こりゃデカい。金に困ったら、まず坊主にするといいぞ~。

・しかし薄毛対策にはならないかも

ここまで坊主にして良かったことを、主観を交えていくつか述べてきた。記事の最後に、一部で見かける「坊主は薄毛対策になる」という意見についても言及したい。筆者の意見はNOだ。当たり前だが、坊主にしても毛は抜けるからだ。

ネット上では「頭皮が改善する」「毛根をしっかり洗える」などの意見があるらしい。しかし坊主にして薄毛防止につながるなら、世間の50歳以上の男性はみな坊主である。坊主と薄毛改善の因果関係は不明であり、いわゆる「ネット情報」なので惑わされないように。

参考リンク:パナソニック ボウズカッター
Report:いのうえゆきひろ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan