ローストビーフとウニ・イクラの素敵な共演! 東京・吉祥寺「肉ドレス海鮮丼」に新時代を感じた

ローストビーフ丼が一世を風靡したのは、いまから5年も前のことだ。当時、神戸の名店レッドロックが東京進出を果たし、それから2~3年の間、ブームが続いた。しかし現在はどちらかといえば下火。以前は目新しさもあったのだが、最近ではどこでも容易にローストビーフ丼を食べることができる。

もう時代じゃないのかも……と思いきや! 東京・吉祥寺に、ありそうでなかったローストビーフ丼の専門店がオープンしていた。そのお店「肉ドレス海鮮丼 本店」は店名の通り、肉と海鮮を組み合わせた丼ぶりを提供しているとのこと。一体どんな料理なのか。実際に食べてみたよ!

・1月にオープン

このお店はもともと「吉祥寺 絹」という名前の和食店だったそうだ。黒毛和牛肉ドレス海鮮丼がランチで好評だったことから、専門店として2019年1月にリニューアルオープンしたのだとか。

店前の看板を見てみると、なるほど! これが肉ドレス丼か。一般的なローストビーフ丼にウニやイクラを合わせたぜい沢な料理。ウニと肉の相性は良いはず。なのになぜ、いままでこのメニューを売りにするお店はなかったのか。まさに目からウロコだ。店内に入ってメニューを見れば、これ1本で勝負していることがわかる。

レギュラーは1600円。オプションとしてウニ・イクラ・ご飯の増量が可能だ。今回は、ウニ3倍盛り(500円)に牛煮込み(300円)、ご飯少な目(50円引き)で注文した。

・1600円は妥当

待つこと約5分。登場したのが……

表の写真と多少見た目は違うけど、肉とウニ、そしてイクラのコントラストは非常に美しい。レギュラーサイズ1600円なら妥当といったところだろうか。

しかしながら、食べる前の段階で、正直なところこう思っていた。「どうせご飯で高さを出してるんでしょ?」と。食べてみて、その予想が裏切られることになる。

・肉の下に隠されていたモノ

さて、お店のオススメの食べ方はまず最初に、卓上の岩塩を振りかけて肉を食す。次に小皿にしょう油を入れてワサビをとき、それをかけて食す。最後に、残したご飯に出汁をかけて、ひつまぶし風にして食す。

まずは、塩をかけて肉を食う。

肉の見た目は表の写真と多少違うが、味はしっかりとしている。追加料金を払ってもいいから、肉を増量したい……。

この丼の本領発揮はここからだ。肉はあくまでもドレス。外側を飾っているに過ぎない。スプーンをてっぺんから豪快につっこむと、ウニの真下にはご飯ではないモノがいた! これは何だ!?

そこにいたのは、半熟たまごだ! まさかたまごを隠していたとは!! それだけでも十分な驚きだったのだが、実はこのたまご……!

トロたくをまとっている! 肉の上にウニとイクラを乗せただけではなかった。これはちょっと予想外。ご飯で高さを出してるなんて考えてしまってゴメンね!

・まるでロックフェス

ローストビーフとウニとイクラ。この3種の食材が織りなす味のマリアージュは、さながらロックフェスのようだ。日本人アーティストだけでなく、外国人アーティストまで同じステージに立っている。そのさまをフィールドに寝っ転がりながら眺めているよう。

この3種で軽いセッションを行っていたら、たまごとトロたくが飛び入り参加。マジかよ! 激アツじゃねえか。今年もこれて良かった~。なんて感慨に浸っていたら、さらにアツい展開が待っていた。ここから夢のひつまぶしタイムである。

おまけのつもりで注文しておいた、牛煮込みをご飯に乗せて、その上から熱い出汁をかけると、やや海鮮系が押し気味だったフィールド(丼)が、一気に肉々しくなった! さっきまでロック調の展開だったのに、サポートギタリストが参加したら、全体がブルージーになった感じ! カッケエ!

まるで味のフジロックや~!!

すでにローストビーフ丼の時代は終わったのかもしれない。しかし、この丼のようにひそかに新しい形に進化しているものも存在する。海鮮丼とのフュージョン(融合)丼がこれからの時代をけん引していくのかもしれない……。

・今回訪問した店舗の情報

店名 肉ドレス海鮮丼 本店
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-6 福助ビル2F
営業時間 11:00〜15:00 / 17:00〜22:00
定休日 なし

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: Rocket news Japan

記者からのセクハラ質問に驚きの切り返し 独サッカー男子チームを率いる女性コーチ 

BVクロッペンブルクのImke Wubbenhorstコーチ

ドイツ・男子サッカー5部リーグのBVクロッペンブルクの女性コーチが、記者のセクハラまがいの質問に対して驚きの切り返しをしたとドイツ紙「WELT」に明かしたと複数の海外メディアが報じた。

彼女はドイツの上位5部リーグで史上初めて、女性としてコーチに就任した人物だ。12月のチーム参加以来、5部への残留をかけてチームを指揮している。

男性チームを指導する彼女に向けられたのが、彼女が更衣室に入る時はパンツを履いておくようにと選手たちに指導しているのか、というものだ。

このセクハラともとれる質問に、彼女は皮肉っぽく以下のように答えたという。

「もちろんそんな指導はしませんよ。私はプロです。選手たちをペニスの大きさで起用していますから」

残念ながら彼女に対する性差別的な反応は、これが初めてではない。

FOX SPORTSによると彼女のチームのアシスタントコーチが「女性のために(練習用の)三角コーンを拾う」ことを拒否したとしてすでに解雇されている。

こうした状況に彼女は「私のことを、男性か女性かではなく、運動面のパフォーマンスで評価して欲しい」といい「残り12試合、チームのリーグ残留をかけて厳しい戦いが続くが全力を尽くしたい」と意気込んだ。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

松本人志の「体使って」発言 女性芸人たかまつなな「今は、笑いでかわすしかない…」

松本人志さん (2017年03月27日撮影)

フジテレビ系「ワイドナショー」で、アイドルの暴行被害問題を取り上げた際に、松本人志さんが「お得意の体を使って」と発言したことに対して、お笑い芸人のたかまつななさんが、ブログを公開した

もう「変わったやつ」的なポジションを築けているし、こんなことを言って、仕事が大幅に激減するような仕事の仕方はしていないと思うので、勇気を振り絞って書きます——

そんな風にブログを書き出した、たかまつさん。松本さんの発言について、同じお笑い芸人のたかまつさんはどう思ったのか。ハフポスト日本版が1月18日、本人にインタビューをした。

たかまつななさん

◾️「笑い」という名のもと、何でもやって良い訳ではない。

たかまつさんは1月17日深夜に「松本人志さんのセクハラ発言を真剣に考える」というタイトルでブログを公開。

「笑い」という名のもと、何でもやっていい訳ではない。大御所が言ったから許されることは絶対にない。そんな時に下のものが抗える技術、それは「ルール」(法律や就業規則)と、「笑い」なのだと思う。自分の意見を笑いで伝える技術も大切。私はセクハラが多い芸能界を笑いで交わしてきた。

「お笑い」や「ワイドショー」のテレビ番組や楽屋などで、女性タレントを軽んじる風潮について、きちんと対抗していくことの大切さをつづった。

一方、「差別をなくそうとしすぎると、自虐ネタも許されず、沈黙の社会が訪れる。女芸人には、ブスと言われて『おいしい派』と『怒る派』がある。ブスと言われて、報われる人もいる。自分のコンプレックスや短所を笑いに変えた瞬間の喜びは大きい」とも指摘。

「私は(ブスと言われて)おいしい派」だとしたうえで、「お笑い」と「ハラスメント」の線引きなど、この問題の難しさを素直につづった。

◾️松本さんの発言、どう思った?

松本さんの1月13日放送のワイドナショーでの発言は大きな波紋を呼んでいる。

NGT48の山口真帆さんの暴行被害について、きちんとした安全対策を取る人が運営会社にいないことを番組で話し合う中で、松本さんが「そこは、お得意の体を使って、何とかするとか」とHKT48の指原莉乃さんに向けて発言した。たかまつさんは、どう思ったのだろうか。聞いてみた。

ーー松本さんのワイドナショーでの発言についてはどう思いましたか?

リアルタイムでは見ていなくて、Twitterなどで話題になってから録画を見ました。私自身は「すごく差別的だ」とは思わなかったのですが、ああいう場で、指原さん本人が抗議をしにくいだろうなとも思いました。

例えば、同時に出演していた(社会学者の)古市憲寿さんら周囲が「そういう発言はやめてください」と言うことも出来たのかなと思います。(芸能人とは立ち位置が違う)古市さんには、そういう役割もあって呼ばれていると思いますので。

ブログでは「芸人になってすぐにセクハラの多さに驚いた。芸歴20年ぐらいの先輩が、芸歴3年目の女芸人の胸をもんでいた」と書きました。一般的に芸能界ではセクハラに対する意識は甘いと思います。どう対応したら良いのか。深刻な問題です。

ーーそのあと、指原さんがTwitter「ワイドナショー、緊張しすぎて本当に記憶がほとんどなく改めて録画をチェック」と投稿し、「松本さんが干されますように!!!」と書きました。

あれは100点満点の答えです。ただその投稿に対するTwitter上のリアクションは主に2つにわかれ、両者の溝が深いと感じました。

ーー溝ですか?

指原さんに「よくぞ抗議した」という反応をした人と、「うまく笑いに持っていった」という人の間の溝です。両者は交わらないな、と感じました。

セクハラは決して許されない行為ですが、真剣な抗議って今の時代はまだまだ通じないんです。

むしろ抗議をした人に対して「過剰なリアクションをする人だな」と怪訝な顔をされる。「お笑いに持っていった!さすが指原さん!」という人は、抗議に対して聞く耳を持っていないと思います。

指原さん自身も、松本さんへの抗議の意味もあったと思うのですが、一方で、うまくバランスを取ろうとした。「オチに持っていた」というほど、何も気にしていないわけでもないし、軽くあしらったわけでもないと思うんです。同じ芸能界を生きる人として、ギリギリのところで発言したのだな、と思います。

また、セクハラを防ぐのは大切ですが、「女性と話すのはやめよう」「面倒だから関わるのはやめよう」と極端な方向に、今後の社会がいくことも心配しています。

それはコミュニケーションを断絶しているだけで、問題の解決には繋がらないと思います。

笑下村塾 たかまつななさん

ーーどうしたら問題は解決すると思いますか?

「男性vs女性」という構図にしないことです。セクハラの被害者は一般的には女性だとされていますが、例えばオフィスで、そうしたことが起きない「働きやすい職場」を作ることは男性にとってもメリットがあるはずなんです。一緒に考えることが大切です。

■ 芸能界ってセクハラ多いですよ

ーーたかまつさんはブログで、ご自身が芸能界でセクハラに対応してきた事例を紹介しています。

芸能界って本当にセクハラ多いですよ。そういう場に居合わせたとき、私は「週刊誌に売りますよ」と言って携帯電話を取り出したり、「弁護士に言いますよ」と冗談っぽく言うことで「笑い」で制止してきました。あるいは、年配の芸能人の名前を出して「言いますからね」と。

私にとって、セクハラを防ぐために必要なのは、「笑い」と「ルール」なんです。

ーー「ルール」とは?

一般的な労働関連の法律やハラスメントに関するルールをきちんと知っておくことです。セクハラに関する法律は日本では未整備なところもありますが、例えば長時間労働は芸能界で当たり前になっている面もあります。就業時間に関する法律を知っているだけで、「いざ」という時の強みになります。

憲法と一緒です。いざとなったら権力者を縛ることができる。

ただ、長時間労働も、セクハラも、カルチャーの問題でもあるんですね。たとえルールが整備されていても、カルチャーの問題は根深い。変えるのが難しい。ルールがあっても「今までこうやって来たから」となってしまう。

■ 「笑い」は希望になる

ーー「笑い」で変えていくことには、可能性を感じます。一方で、笑いに変えることで、加害者が「許されてしまう」ことはありませんか。「笑いになったから、良かった」という風になってしまう。

確かにそうなんです。だからルールの変更、改善が同時に必要なんです。

でもルールって例えば国会で法律ができるまで数年かかりますよね。私は今も芸能界で仕事をしていますし、そんなに待てない。

芸能界は特に、人間の繋がりで仕事が成り立つんです。人間同士の付き合いで仕事が決まっていくし、「あいつは面倒なやつだ」となったら、仕事に呼ばれないこともある。ルールと同時にカルチャーも変えていきたいです。

だからまずは自分ができるやり方で、少しでも良くしていこう、と思って「笑い」で対抗していきます。笑いは、言いにくいこと、まだまだ世の中で結論が定まらないこと、違和感を表現できるパワーがあります。

私自身もどうしたらいいのか、分からないところがあります。だから、ブログをきっかけに色々な人の意見を聞きたいし、ライブでも発信していきたいです。

カルチャーを変える力を持っている「笑い」が大事なんです。笑いを通して相手の意識にスッと入って、少しずつ変えていくしかないんじゃないですかね。


Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

【ポケモンGO】「色違いヒンバス」ゲットのために備えておくべき3つのこと

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! グラードンとカイオーガに特攻しまくってるかな? お兄さんはカイオーガにボールが当てづらくて困っちゃってるよ! 今のところ取り逃がしてないけど、ボールが7個しかないときとかは絶望的な気持ちになるよね!!

それはさておき、2019年1月20日、未知の『ヒンバスイベント』が開催される。発表済の内容自体はシンプルなものだが、いかんせん初めての試みなので、何をどう備えたらいいかわからないトレーナーも多いことだろう。そこで今回はお兄さんなりに考えて「イベントまでに準備しておきたい3つのこと」をまとめてみたのでご覧いただきたい。

・初タイプのイベント

ヒンバスイベントが開催されるのは、1月20日(日曜日)の12時から15時までの3時間。ポケストップを回すと期間限定のフィールドリサーチが出現し、タスクが完了すると「ヒンバス」がゲットできる……というものだ。

ヒンバスはホウエン地方のポケモンで、進化系の「ミロカロス」は全ポケモンの中でも屈指の人気を誇っている。持っていない人はこの機会にミロカロスまで進化させておきたいところだが、問題はそこじゃない。運が良ければ出会えるという「色違いヒンバス」を、どうすればゲットできるのか? それこそが問題だ。

というわけで、お兄さんなりに「色違いヒンバスをゲットするために備えること」を3つ考えてみた。当然ながら未知のイベントなので、結果的に的外れな予想になる可能性もあることをご了承いただきたい。

・その1: イベントが始まるまでポケストップは回すな

公式Twitterによると「1つのポケストップから同じ日にもらえるタスクは1回となります」とのことである。なのでイベント当時、日付が変わった瞬間から12時まではポケストップは回さない方がイイだろう。習慣的にクルッとしちゃうトレーナーは特にご注意いただきたい。

・その2: ポケストップの多いエリアへ行け

今回は「ポケストップありき」のイベントだ。なので “ポケストップが多いエリア” でプレイした方がイイに決まっている。色違いゲットの基本は、とにかく数をこなすこと──。タスクの内容次第にはなってくるが、当日はポケストップの多いエリアに足を運ぼう。

・その3: 道具は「ずりのみ & ハイパー」?

ヒンバスゲットのタスクが何になるかわからないが、仮に「〇〇を捕まえる」だった場合に備え「ずりのみ & ハイパーボール」を準備しておくといいハズだ。数をこなすならばスピーディーにポケモンをゲット、これも基本である。

ただし、ヒンバスのアメが不足しているトレーナーはヒンバス捕獲用に「パイルのみ」も用意しておこう。とにかく「ハイパーボール」を大量に持っていて後悔することはない……と思う。

現段階で心構えができるとしたらこれくらいだが、少なくとも「12時まではポケストップを回さない」そして「ポケストップの多いエリアに行く」この2つは覚えておいて欲しい。あとは本当にタスクの内容次第! そして色違いヒンバスの確率次第!! 果たしてどうなるのか……ドキドキだ。

なお、ヒンバスをミロカロスに進化させるためには相棒にして20km歩く必要があるから、運よくゲットした人は「ドヤ」もかねて、すぐさま相棒にしてもいいだろう。イベント開始5分くらいで俺のところに来い、色違いヒンバスちゃん……! みんなのところにも色違いヒンバスが来るといいな!! トレーナー諸君の健闘を祈ってるぞ!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:©2017 Niantic, Inc. ©2017 Pokémon. ©1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: Rocket news Japan