Browsing Category

UQ Mobile

  • 月額なんと302円、えげつないコスパの「Huawei P10 lite」処分セールをUQ mobileが継続中

    コスパの良さで昨年SIMフリースマホ人気1位を獲得した「Huawei P10 lite」。 まもなく「Huawei P20 lite」が発売されることを受け、ものすごい処分価格で販売されていますが、月が変わった今月も引き続きお安く買えるようです。詳細は以下から。 ◆処分価格のHuawei P10 lite UQスポットやUQ mobile取り扱い各店のツイッターによると、6月2日(土)現在、各店舗でHuawei P10 liteが処分価格で販売中。中には一括0円の店舗もあり、「最低月額302円から使える」という案内も出されています。 お店によって契約条件が異なるため、事前にチェックが必要です。 ◆キャリア品質の回線速度で保証も割安、UQ版は結構お得 ちなみにUQ mobileでHuawei P10 liteを契約するメリットは、ひとえに回線速度。Huawei P10 liteは複数の回線を束ねて通信速度を高速・安定化させる「キャリアアグリゲーション(CA)」をサポートしていますが、CA非対応のiPhone SEですらこれだけの速度を出せます。 格安スマホが極端に遅くなるお昼でも快適に通信できるだけでなく、通信量カウントなしで300kbpsの回線を利用できる「節約モード」はライバルのワイモバイルにない魅力。LINEやTwitterはもちろん、ポケモンGOなどもプレイできます。 さらに万が一の時のための端末保証サービスの月額料金が圧倒的に違う(UQ mobileの端末補償サービスは月額380円、ワイモバイルの故障安心パックプラスは月額690円)上、UQは交換機が翌日届くなど、サービス内容も大きく異なるため、十分選択肢になります。 【月額なんと302円、えげつないコスパの「Huawei P10 lite」処分セールをUQ mobileが継続中】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • MVNOからの集中砲火に「サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)」が反論、「不当に速い」という批判は一体どうなのか

    携帯会社から回線を借りてサービスを提供する「仮想移動体通信事業者(MVNO)」が、大手携帯電話会社のサブブランド(ワイモバイルやUQ mobile)に寄せている批判に対し、ついに公開で反論が行われました。詳細は以下から。 ◆「不当に速い」とMVNOがサブブランドを集中砲火 まず見てもらいたいのが、昨年12月25日から総務省が開催している「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の資料。IIJ、楽天、「mineo」を提供するケイ・オプティコムがサブブランドに対して意見を寄せています。 ・IIJ まずはIIJ。サブブランドを用いた既存の利用者の囲い込みを問題視しています。 MNP転出を希望するユーザーに対し、自社のサブブランドを薦めることなども問題視しています。 ・楽天 続いては1桁足りない投資額で携帯電話事業への参入を表明した楽天。「接続料金を勘案してもサブブランドの通信速度はMVNOでは提供不可能な水準」としています。 メインブランドとの併設店をいち早く展開している点も問題視。 ・ケイ・オプティコム そして「eo光」でおなじみ、関西電力傘下のケイ・オプティコム。やはり通信速度の差を訴え、「公正競争確保のための対応」を総務省に求めています。 ◆ソフトバンク、UQコミュニケーションズが反論 ・ソフトバンク これらの批判に対し、ついに反論を始めたのがソフトバンク。まずワイモバイルによる料金低廉化が総務省におけるタスクフォースでも評価を得てきたことを指摘した上で、ワイモバイルは単なる事業・ブランディング戦略の一部でしかないとしています。 海外でも大手キャリアがサブブランドを提供している事例を挙げた上で…… ワイモバイルは低価格端末を中心に提供し、サポートダイヤル有料化やショップ展開の最適化によって低料金を実現しているとしています。 ネットワークについても、差別的な扱いを行っていないとしています。 ・UQコミュニケーションズ 続いてはUQ mobileを提供するUQコミュニケーションズ。WiMAXサービス用の2.5GHz帯を割り当てられる際に課された指針により、同社はKDDI陣営ではあるものの、あくまで独立した企業です。 KDDIのMVNO事業者である一方、WiMAX回線を提供するMNOでもある同社。 IIJ、楽天、ケイ・オプティコムよりも少ないUQ mobileのシェア。UQ mobileに限って言えば、よってたかってMVNO上位陣にサブブランド批判で殴られている側です。 WiMAXサービスで快適な通信速度を追及してきた以上、スマホでも快適な通信速度を出すことが同社のポリシー。ショップ展開などのコストも先行投資であるとしています。 ◆「不当に速い」という批判は当たらないのではないか 確かにMVNO各社より不当に安く回線が卸されているなどの事情があるのであれば、問題となりそうな今回の批判。しかし先述したように、UQ mobileを提供するUQコミュニケーションズはKDDIから携帯電話回線を借りる一方で、WiMAX 2+回線をKDDIに貸す立場です。 2014年発売のiPhone 6以降、auスマホのWiMAX…

  • 紹介してもされても2000円ゲットな「UQ mobile紹介キャンペーン」開始、三姉妹のゴージャスすぎるプレゼント企画も

    先日2018年春モデルを発表したUQ mobileが、誰かを紹介すると紹介した側もされた側も得をするキャンペーンを実施します。 基本使用料ゼロ円やデータ増量2倍の「UQゼロ学割」と組み合わせると、なかなかお得かもしれません。詳細は以下から。 UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は1月19日(金)~3月31日(土)の期間限定で「UQ mobile紹介キャンペーン」を実施するそうです。 同キャンペーンはすでにUQ mobileを利用しているユーザーが、「UQ mobile 紹介キャンペーン」申込サイトで紹介IDを作成し、紹介されたユーザーが「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」のどちらかで契約すると、紹介者と被紹介者双方にAmazonギフト券2000円分がプレゼントされるというもの。なお、紹介上限人数は1人あたり10人までとされています。 また、1月19日から「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」としてCMでおなじみの三姉妹をイメージした豪華商品が抽選で当たる「三姉妹ゴージャスキャンペーン、だぞっ」がスタート。 アンケートに答えたユーザーに対して高級ホテル宿泊+リラグゼーション/リムジン/スカイクルーズが抽選で30人ずつ、さらにAmazonギフト券1000円分が910人に当たる、合計1000人を対象にしたプレゼント企画が実施されます。 応募は「UQ 10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」特設サイトで受け付けており、もし上記のプレゼント企画に外れても三姉妹オリジナルのLINEスタンプがもらえるとのこと。 スタンプのイメージはこんな感じ。UQらしい「だぞっ」なスタンプ多めです。 さらに1月19日(金)から、UQ mobileの新テレビCM 「ゴールデンボンバーを紹介したい三姉妹」篇も全国放送開始。 藤原紀香といいゴールデンボンバーといい、UQのゲストCMキャラクターは「分かる人には分かる、どこか某社の向こうを張った感」があるのは気のせいでしょうか。 「UQ mobile紹介キャンペーン」を実施 - UQ mobileを紹介した方、された方の両方にAmazonギフト券2,000円をプレゼント!- 「紹介UQ、だぞっ」 UQ 新テレビCMが1月19日(金)より全国で放送開始 - 三姉妹の知人として、ゴールデンボンバーが登場 - 「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」第3弾を実施 - 三姉妹にちなんだゴージャスなプレゼントをラインナップ、LINEスタンプもプレゼント!- 【紹介してもされても2000円ゲットな「UQ mobile紹介キャンペーン」開始、三姉妹のゴージャスすぎるプレゼント企画も】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 月額980円で使える「超格安スマホ」をUQ mobileが販売中

    月額980円で使える、ちょっととんでもない価格設定の格安スマホが販売されています。詳細は以下から。 これがゲオモバイルで展開されている「UQデビューキャンペーンだぞっ」の目玉商品、DIGNO V。本体価格として9800円を一括で支払えば、データ2GB・5分間の通話定額がパッケージになった「おしゃべりプランS(通常月額1980円)」が月額980円に。「UQ家族割」を使えば、なんと月額480円です。 「DIGNO V」本体。割れにくい強化ガラス「Dragontrail X」採用の5.0インチHD(1280×720)液晶にSnapdragon 430、2GB RAM/16GB ROM、500万画素前面カメラを備えたエントリーモデルのAndroid 7.1スマホで、画面のフチを盛り上がらせたことで、落下時の画面へのダメージを極力抑えるなど、画面割れを防ぐ仕組みを積極的に採用しています。 画面自体が震えることで騒がしい場所でも快適に通話できる「スマートソニックレシーバー」を採用。 背面にはマニュアル撮影もできる1300万画素カメラを搭載。バッテリー容量は2700mAhで、防水・防塵・耐衝撃・耐振動・温度耐久の堅牢ボディを採用するなど、シニアユーザーでも安心して使える1台となっています。 また、地味に興味深いのがUQ mobileのSIMカードとセットで「AQUOS SERIE SHV34」が4800円で買えるという点。中古とはいえヌルヌル動くハイスピードIGZO液晶にSnapdragon 820、3GB RAM/32GB ROM、防水・防塵、フルセグ対応のフルスペックスマホのため、十分魅力的な選択肢です。 【月額980円で使える「超格安スマホ」をUQ mobileが販売中】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • WiMAX 2+や格安スマホ契約で「三姉妹カレンダー」やクーポンがもらえる「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」第2弾開始

    UQコミュニケーションズが10周年を迎えたことを記念して展開されている「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」第2弾の内容が決定しました。詳細は以下から。 UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、同社は2017年11月17日から「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」第2弾として、UQ mobileもしくはWiMAX 2+を新規契約したユーザーにCMでおなじみの3姉妹やピンクガチャ・ブルームクのプレミアムカットを盛り込んだ「2018年 三姉妹オリジナルカレンダー」をプレゼントするそうです。 これが「2018年 三姉妹オリジナルカレンダー」。 テーブルに置きやすい、卓上タイプです。 「UQコミュニケーションズ株式会社はおかげさまで創立10周年を迎えることが出来ました。これもひとえに、お客様の多大なるお力添えあってのことと、心より感謝申し上げます。」というメッセージも。2.5GHz帯の割り当てをめぐるバトルから10年、思えば遠くに来たものです。 カレンダーの内容をチラ見せ。月替わりタイプで、なかなかしっかりとした出来のため、職場のデスクに置いておくのも悪くありません。 また、11月28日からUQ mobileを新規契約したユーザーに対して、キャンペーン期間中に「my UQ mobile」に掲載された発行バナーをクリックすると総合ショッピングモールサイト「Wowma!」で利用できるクーポンがもらえるとのこと。 ちなみにUQ mobileは「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」、WiMAX 2+は「UQ Flatツープラスギガ放題(2年)(3年)」「UQ Flatツープラス(2年)(3年)(4年)」の新規契約が必要とされています。 【WiMAX 2+や格安スマホ契約で「三姉妹カレンダー」やクーポンがもらえる「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」第2弾開始】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 格安iPhoneに異変、ワイモバイル版「iPhone 6s」よりauの「iPhone 8」が安くなる異例の事態に

    ワイモバイルが「iPhone 5s」を取り扱い始めたことに端を発する、携帯各社のサブブランドによる”格安iPhone”への参戦。 昼間に極端に通信速度が落ちるようなこともない、準キャリア品質の回線を格安で使えるのも好評で、ついに本日第3弾となるiPhone 6sが発売されたわけですが、にわかには信じがたい事態が起きています。詳細は以下から。 ◆ワイモバイル版iPhone 6s、au版iPhone 8の最安料金を比較してみた まず見てもらいたいのが、本日発売のワイモバイル版iPhone 6s(32GB)を最安の「スマホプランS」で新規契約、MNPした場合の月額料金。ワイモバイルオンラインショップで確認したもので、頭金(540円)も込み。なお、プランS契約の場合、本体代金が500円上がります。 ・ワイモバイル版iPhone 6s(32GB、スマホプランS契約) 端末代金(月額1944円)+通信料金(月額2138円)=月額4082円(ワンキュッパ割適用後)、2年間で11万1468円 そしてauのiPhone 8(64GB)を新プラン「auピタットプラン」と2年経過後に機種変更すると48回払いの残債がゼロになる「アップグレードプログラムEX(a)」で契約した場合の月額最低料金。1年間1000円割り引かれる「ビッグニュースキャンペーン」「ワンキュッパ割」をそれぞれ加味しても、2年間の利用料金はワイモバイルのiPhone 6sを下回ります。 ・au iPhone 8(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1905円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額4433円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で10万9352円 もちろん最安料金でワイモバイルは月間2GB使えるのに対しauは月間1GB、さらに10分通話定額が付くなどの点でワイモバイルにアドバンテージはあります。 一方でauの新料金プランにも「データ利用量に合わせて料金が変動し、旅行や出張などで使いすぎる月があっても料金が青天井にならない」という強みがあります。 ◆実は今一番安いのはau版iPhone 7 さらに興味深いのが実はau版iPhone 7はもっと安いという点。なんと2年間の維持費でワイモバイル版iPhone 6sと1万6000円ほどの差が付きます。 ・au iPhone 7(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1350円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額3878円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で9万6032円…