Browsing Category

NHK

  • 「NHK受信料契約はテレビ設置したら義務で、制度は合憲」最高裁が初判断

    払いたくなければ窓からテレビを放り投げるしかないようです。詳細は以下から。 最高裁大法廷が12月6日に初めてNHKの受信料制度は憲法が保障する「契約の自由」に反せず合憲であるという判断を示しました。 この裁判は、NHKが受信料の支払いを拒んだ東京都内内の60歳男性に対して起こしたもので、テレビを設置した世帯や事業所は「NHKと受信契約をしなければいけない」と規定する放送法64条が合憲かが争われたもの。 男性側は「罰則はなく、努力義務に過ぎない。契約を強制する規定だとすれば憲法に違反する」と主張し、NHK側は「放送法が定める『豊かで良い放送』をするために受信料制度は不可欠で、合理性や必要性がある」などと反論していました。 1、2審共に合憲判断の上、男性に未払い分約20万円の支払いを命じていましたが、双方が上告していました。 NHKは日本の公共放送でありその放送内容は不偏不党、つまりはいずれの党派・主義にもかたよらず、公平・中立の立場をとることが求められているものの、放送内容が偏っているという批判は多方面から行われてきました。 今回の男性の支払い拒否も「偏った放送内容に不満がある」というものですが、公共放送の名に恥じず、誰もが進んで受信料を払いたくなるような番組の作成が強く求められることは言うまでもありません。 NHK受信料:制度は「合憲」 最高裁が初判断 – 毎日新聞 「NHK受信料制度は合憲」最高裁が判決、支払い強制「立法裁量として許容される」|弁護士ドットコムニュース 【「NHK受信料契約はテレビ設置したら義務で、制度は合憲」最高裁が初判断】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 田亀源五郎「弟の夫」が実写ドラマ化、NHK BSにて2018年春放送へ

    田亀源五郎氏の初の一般誌連載作がNHKで実写化されることになりました。詳細は以下から。 「銀の華」「外道の家」「PRIDE」「君よ知るや南の獄」などで知られるゲイ・エロティックアートの巨匠、田亀源五郎紙が初の一般誌連載作品となる「弟の夫」の連載を双葉社の「月刊アクション」で開始したのは2014年の事。 2015年には第19回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門で優秀賞を獲得。2017年には連載を終えて単行本全4巻が発売されています。 弟の夫 | 第19回文化庁メディア芸術祭 「弟の夫」は、学生時代に両親を亡くし、小学生の娘・夏菜と2人で暮らす弥一のところに、単身カナダへ渡り、交通事故で死んでしまった双子の弟・涼二と同性婚したマイクが訪れる……というストーリー。 海外の複数の国で同性婚が合法化され、日本でも東京レインボープライドをはじめとしたLGBTイベントが脚光を浴び、地方自治体が同性パートナー制度を続けざまに成立させていくタイミングだったことも重なり、大きな注目を浴びました。 漫画自体のストーリーは言うに及ばず、挟み込まれる「マイクのゲイカルチャー講座」もLGBT問題への導入として簡潔ながら非常に充実した内容となっています。 NHKによる「弟の夫」の実写ドラマは2018年3月4日(日)から3月18日(日)まで3週連続で、日曜日の22時~22時49分にBSプレミアムで放送されます。今作が田亀作品初の映像化ということになり、感慨深く思うファンも多いのではないでしょうか。 【宣伝】情報解禁『弟の夫』実写ドラマ化されます。NHK BSにて全3話で来春放送。弥一に佐藤隆太さん、マイクに把瑠都さん。リンク先に私と佐藤さんのコメントあり! 『弟の夫』制作開始! プレミアムドラマ弟の夫 亡くなった弟の結婚相手が、はるばる会いにやって来た。 https://t.co/h2m8V1REF7 — 田亀源五郎 (@tagagen) 2017年12月5日 主人公の弥一を演じるのは佐藤隆太さん。弟の夫には元大関でタレントの把瑠都さん。田亀源五郎氏のツイートによると、ヒゲをはやしての出演になるそうです。離婚した弥一の妻の夏樹は中村ゆりさんが演じます。 作品で描かれた暖かな日常風景と、その中で揺れ動く細やかな心情をどのように映し取ることができるのか、期待が高まるところです。 佐藤隆太×把瑠都『弟の夫』制作開始! _ プレミアムドラマ _ NHKドラマ 【田亀源五郎「弟の夫」が実写ドラマ化、NHK BSにて2018年春放送へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 自民党の大学無償化が頓挫、NHKは「後払いのツケ制度」を「在学中は授業料無償化」とフェイクニュース拡散

    無償ではないものを無償と報じるのはフェイクニュースと言うしかありません。詳細は以下から。 ◆大学無償化ではなく「後払いのツケ制度」 BUZZAP!では2017年5月に自民党の教育再生実行本部が大学などに在学している間は授業料を「無償化」し、卒業後に収入に応じて国に納付する制度を盛り込んだ提言を安倍首相に提出したことを報じました。 自民党の教育再生実行本部は、安倍首相が憲法改正の検討項目としている「高等教育を含めた教育の無償化」をめぐり、大学などに在学中は授業料を支払わず、卒業後に一定の年収を超えた場合、収入に応じて国に納付する新たな制度を導入すべきだとして制度設計の検討案をまとめました。 この制度では「国立大学の授業料に相当する年間およそ54万円と、入学金およそ28万円を基本とする」金額の支払いを在学中は保留し、卒業後に収入が250~300万円を超えた時点からおよそ20年で支払いが完了するペースで納付させるとするもの。 これでは日本中に蔓延している奨学金と称した学資ローンの支払先が民間企業などから国に変わるだけでしかありません。 ◆NHKがフェイクニュースを拡散 そして信じられないことにNHKはこのニュースを「大学在学中は授業料無償化 自民が検討案まとめる | NHKニュース」(魚拓)と報じています。 「無償」とは代償を支払わないことであり、その時支払わなくても後になって支払わなくてはならない以上「無償」ではありません。 例えばクレジットカードでショッピングをすると後々口座から引き落とされますが、それを「買い物時は支払い無料」と称することは絶対にありません。30年ローンで家を購入する際に「入居時は家屋・土地無償提供」などという売り文句を付ける業者は存在しません。 このニュースのタイトルは大学が無償化されるかのようにミスリードする極めて悪質な印象操作であり、フェイクニュースと指摘する以外ありません。 記事作成時に何らかの「忖度」が行われた結果であるかどうかは知る術もありませんが、早急に訂正が必要なデマであることには変わりがありません。 大学在学中は授業料無償化 自民が検討案まとめる | NHKニュース 【自民党の大学無償化が頓挫、NHKは「後払いのツケ制度」を「在学中は授業料無償化」とフェイクニュース拡散】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…