Browsing Category

KDDI

  • 下り最大速度をアピールする携帯各社があえて触れない「上り速度」を問い合わせて比較してみた

    さまざまな技術を組み合わせて通信の高速化を繰り返す携帯各社。 いよいよ下り最大1Gbpsも見えてきそうですが、高画質化著しいスマホカメラでユーザーが撮影した動画や写真を共有するのに必要な「上り速度」は一体どうなっているのでしょうか。比べてみると思いのほか違いがありました。詳細は以下から。 ◆「下り最大速度」ばかりを宣伝する携帯各社 まず見てもらいたいのが、携帯各社の公式ページ。各社とも特設サイトで「下り最大速度」をアピールする一方、上り最大速度については触れられていません。 ・NTTドコモ(下り最大788Mbps) PREMIUM 4G ~LTEは次のステージへ~ | エリア | NTTドコモ ・au(下り最大708Mbps) キャリアアグリゲーションで超高速通信 | 4G LTE/WiMAX 2+ | au ・ソフトバンク(下り最大612Mbps) SoftBank 4G | ソフトバンクのネットワークサービス | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク ちなみにauがいち早く導入した複数の周波数帯を組み合わせる「キャリアアグリゲーション(CA)」はもはや当たり前、一度に運ぶ情報量を1.33倍に増やす「256QAM」や、アンテナを増やす「4X4MIMO」など、複数のアプローチを組み合わせて高速化を進めています。…

  • au新CM「意識高すぎ!高杉くん」から神木隆之介緊急降板、銀魂の高杉晋助にバトンタッチ

    auが学割商戦向けに神木隆之介を起用した新CM「意識高すぎ!高杉くん」のキャストが急遽変更されました。詳細は以下から。 これが本来4月1日より放送される予定だった「意識高すぎ!高杉くん」のCM「購買部」篇。 しかし今回の緊急降板により、公式ページにいた神木君は…… 銀魂の高杉晋助になりました。なかなかサマになっています。 キャラクター紹介も…… 前言撤回。どうしてこうなった。 高杉つながりで急遽選ばれてしまったらしく、「auショップに足繁く通う、破壊衝動を抑えられない最も危険な高校生」という、合体事故が起きてしまいました。間違っても居合わせたくありません。 これだけならネット上のエイプリルフール企画ということで「まあこんなもんか」的な感想も聞こえてきそうですが、なんと東武池袋駅構内にある壁面ポスターまで高杉晋助仕様に変更するとのこと。乙女の街・池袋でのプロモーションはかなり「わかっている」のではないでしょうか。 子安武人インタビューまで掲載されているau特設ページは以下。 意識高すぎ!高杉くん スペシャルページ | au 【au新CM「意識高すぎ!高杉くん」から神木隆之介緊急降板、銀魂の高杉晋助にバトンタッチ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • KDDIが医療介護ITプラットフォーム事業参入、多くの医師会が採用した無料の「メディカルケアステーション(MCS)」とは?

    KDDIが健康分野の参入を表明し、ソーシャル医療介護連携プラットフォーム「メディカルケアステーション」を提供する日本エンブレースとの資本業務提携契約を締結しました。詳細は以下から。 ◆初の事業領域として「メディカルケアステーション(MCS)」に力を入れるKDDI 先ほど都内で行われた資本業務提携に関する記者説明会。 IT化が急速に進む医療介護現場に対し、KDDIは端末や通信インフラで貢献するだけでなく、医療介護プラットフォーム事業へ参入することを表明しています。 日本エンブレースが提供している非公開・無料のSNS「メディカルケアステーション」。服薬管理アプリで製薬会社から得た資金などを原資に、無料提供を実現しています。 KDDIはMCSの拡大を図るとともに、医療介護ITプラットフォームの創出・連携を担当。 多職種間でのチーム医療介護が必要なシーンでの新たなサービスの共同企画開発を測るほか、各種システムとの連携を図り、海外展開を目指すとしています。 現役医師がメディカルケアステーションのメリットを語る動画はこんな感じ。 ◆メディカルケアステーションを実際に試してみた どういうサービスなのかは分かったものの、実際にどのようなものなのかがピンとこない人はそれなりにいるはず。そこで実際にタッチアンドトライで体験してみました。 メディカルケアステーションがインストールされたiPad。こちらは患者側のアプリケーションです。 生活習慣病改善アプリの利用、次の来院予定、お薬を飲むタイミングの通知など、患者の生活をトータルでサポートしてくれます。 何か気になることがあれば、メッセージ機能で相談することもできます。 一方、こちらは医療関係者側のアプリケーション。先ほど患者側のアプリケーションから送った「低血糖みたいなんですが……」というメッセージが反映されています。 送られてきたメッセージに返信することも可能。誤送信による事故を防ぐため、「患者本人と共有中の画面に切り替わります。送信内容にご注意下さい」というアラートも表示してくれる仕組みです。 なお、患者のアクティビティや相談内容は…… 薬剤師、介護支援専門員なども閲覧可能。一元化された情報を元に各分野のスタッフが連携してケアに取り組めるため、効率良くより実情に沿った施策を進めることができます。 メディカルケアステーションがインストールされたiPadを並べてみるとこんな感じ。左が患者側のアプリケーション、右が医療関係、介護従事者向けのアプリケーションです。 なお、メディカルケアステーションは全国で800超ある医師会のうち、207で導入済み。医師を中心に約6万人の医療・介護従事者に利用されるプラットフォームに急成長しています。 ソーシャル医療介護連携プラットフォームを提供する日本エンブレースとの資本業務提携について | 2018年 | KDDI株式会社 【KDDIが医療介護ITプラットフォーム事業参入、多くの医師会が採用した無料の「メディカルケアステーション(MCS)」とは?】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「Qua Phone QZ」「Qua tab QZ8/QZ10」レビュー、性能が底上げされカラーリングも多様に

    auが2018年春モデルとして、オリジナルモデルの新シリーズ「Qua Phone/tab」の新機種を一挙に発表したので、レビューをお届けします。詳細は以下から。 ・Qua Phone QZ 5インチフルHD液晶にSnapdragon 430、3GB RAM/32GB ROM、1300万画素背面カメラ/500万画素前面カメラ、2600mAhバッテリーを備えたオーソドックスな性能のQua Phone QZ。前モデル「Qua Phone QX」までのさすがに貧弱な感のあった「2GB RAM/16GB ROM」から性能が底上げされました。 実際に触ってみたところ。 結構攻めた色合いとなったQua Phone QZ。 ・Qua Tab QZ8/10 【「Qua Phone QZ」「Qua tab QZ8/QZ10」レビュー、性能が底上げされカラーリングも多様に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • KDDIが2018年au春モデル発表、初のHuaweiスマホやQuaシリーズ刷新、BASIO3やmamorino4も

    auが2018年春モデルを発表しました。独自ブランドの「Qua」シリーズやシニア向け、ジュニア向け端末などがラインナップされる中、初のHuawei製スマホがお目見えしています。詳細は以下から。 ◆発売されるのは7機種 ・Huawei nova 2 HWV31(1月下旬発売) 5インチフルHD液晶に4GB RAM/64GB ROM、1200万画素+800万画素デュアルカメラ、2000万画素フロントカメラ搭載。 ・Qua Phone QZ(2月下旬発売) お気に入りの手帳やステーショナリー感覚で使えるデザイン。Dragontrail Xとアクリルスクリーンを組み合わせた割れにくいディスプレイ搭載の高耐久スマホ。 ・Qua tab QZ8(1月下旬発売) PDAF(像面位相差オートフォーカス)採用の1300万画素カメラ搭載、タブレットでありながら高速ピント合わせ、高画質撮影可能。充電中に置き時計やフォトフレームとして使える「Info Clock」や料理をサポートする「クックプラス」も。 ・Qua tab QZ10(2月下旬発売) ワンセグ、フルセグ対応。充電中に置き時計やフォトフレームとして使える「Info Clock」や料理をサポートする「クックプラス」も。 ・BASIO3(1月下旬発売) スライドカバーを開くだけですぐに撮影できるデジカメライクな操作形態。「いつもどおり使えない」を解決するカードが同梱されるほか、スマホの活用方法を実演販売士が分かりやすく紹介する動画もプリインストール。 ・mamorino4(2月上旬発売) 保護者も子どもも使いやすい本体サイズ。音声操作で電話やSMSを利用可能。 ・Speed Wi-Fi NEXT W05(1月下旬発売)…

  • au初のHuaweiスマホ「Nova 2 HWV31」レビュー、2000万画素フロントカメラ+デュアルカメラの高コスパモデルに

    auが2018年春モデルとして、同社初となるHuawei製スマホ「Nova 2」を発表したのでレビューをお届けします。 もともとコスパの高さに強みがあるHuawei製スマホが、デュアルカメラや高画質フロントカメラを引っさげて学割商戦に参入です。詳細は以下から。 これが「Huawei Nova 2」。5.0インチフルHD液晶にHuawei Mate 10 Liteなどと同じKirin 659、4GB RAM/64GB ROMを備えたモデルで、本体価格は3万円台を想定。 背面には2950mAhバッテリーと光学2倍ズームが可能な1200万画素+800万画素のデュアルカメラ搭載。本体価格の安さと相まって、端末の割引を無くす代わりに料金を安くした「auピタットプラン」「auフラットプラン」で活躍してくれる機種に。さながら「docomo with」対応機種のau版といったところでしょうか。 【au初のHuaweiスマホ「Nova 2 HWV31」レビュー、2000万画素フロントカメラ+デュアルカメラの高コスパモデルに】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 格安iPhoneに異変、ワイモバイル版「iPhone 6s」よりauの「iPhone 8」が安くなる異例の事態に

    ワイモバイルが「iPhone 5s」を取り扱い始めたことに端を発する、携帯各社のサブブランドによる”格安iPhone”への参戦。 昼間に極端に通信速度が落ちるようなこともない、準キャリア品質の回線を格安で使えるのも好評で、ついに本日第3弾となるiPhone 6sが発売されたわけですが、にわかには信じがたい事態が起きています。詳細は以下から。 ◆ワイモバイル版iPhone 6s、au版iPhone 8の最安料金を比較してみた まず見てもらいたいのが、本日発売のワイモバイル版iPhone 6s(32GB)を最安の「スマホプランS」で新規契約、MNPした場合の月額料金。ワイモバイルオンラインショップで確認したもので、頭金(540円)も込み。なお、プランS契約の場合、本体代金が500円上がります。 ・ワイモバイル版iPhone 6s(32GB、スマホプランS契約) 端末代金(月額1944円)+通信料金(月額2138円)=月額4082円(ワンキュッパ割適用後)、2年間で11万1468円 そしてauのiPhone 8(64GB)を新プラン「auピタットプラン」と2年経過後に機種変更すると48回払いの残債がゼロになる「アップグレードプログラムEX(a)」で契約した場合の月額最低料金。1年間1000円割り引かれる「ビッグニュースキャンペーン」「ワンキュッパ割」をそれぞれ加味しても、2年間の利用料金はワイモバイルのiPhone 6sを下回ります。 ・au iPhone 8(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1905円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額4433円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で10万9352円 もちろん最安料金でワイモバイルは月間2GB使えるのに対しauは月間1GB、さらに10分通話定額が付くなどの点でワイモバイルにアドバンテージはあります。 一方でauの新料金プランにも「データ利用量に合わせて料金が変動し、旅行や出張などで使いすぎる月があっても料金が青天井にならない」という強みがあります。 ◆実は今一番安いのはau版iPhone 7 さらに興味深いのが実はau版iPhone 7はもっと安いという点。なんと2年間の維持費でワイモバイル版iPhone 6sと1万6000円ほどの差が付きます。 ・au iPhone 7(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1350円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額3878円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で9万6032円…