Browsing Category

Huawei Honor 10

  • 【スマホ発熱テスト】Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5Zのうちゲーマーにオススメできるのは?

    先日お届けしたカメラ比較記事(第1弾、第2弾、第3弾)、そしてベンチマーク比較記事に続いて、2018年夏スマホの発熱テストをお届けします。 対象機種はXperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5/5Z、Huawei honor 10、Huawei P20 liteですが、カメラ比較やAnTuTuベンチマーク比較ともまた違った結果となりました。詳細は以下から。 ◆2018年夏モデルスマホの3D表示性能を比較してみた ・思わぬ形で脱落する機種が 今回比較に使ったのは「3D MARK Sling Shot Extreme」。スマホの3D表示能力を測定するゲーマー向けのベンチマークアプリで、処理が重すぎて各機種ともベンチマーク測定時の発熱が高すぎたため、今回は3回連続で測定しました。 しかしそんな測定のさなか、異変が発生。 2回目の測定以降、Huawei P20 Proが発熱しすぎてアプリが強制終了する事態に見舞われてしまいました。 もちろん他のスマホではそのようなことは起きません。しかしHuawei Honor 10が持つ熱もかなりのものでした。 ◆ハイエンドモデルで分かれた測定結果 測定結果を並べるとこんな感じ。トップスコアを叩き出したのはZenFone 5Zで、パフォーマンスを維持できたのはZenFone 5Z、Galaxy…

  • 【スマホカメラ比較】Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5Z、honor 10、P20 liteで夜景を撮影してみた その1

    すでに発売済みの「Huawei P20 Pro」「Galaxy S9+」や8月発売予定の「Xperia XZ2 Premium」など、2眼カメラを生かした話題のスマホの相次ぐ登場でにぎわいを見せる2018年夏スマホ。 先日、世界最高画質スマホ「U11」の後継にあたる「HTC U12+」国内版が正式発表されたことで役者が揃ったため、一斉比較をお届けします。詳細は以下から。 ◆比較に用いた機種は9機種 Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、iPhone X、ZenFone 5Z、Huawei honor 10、Huawei P20 liteの9機種でカメラのざっくりとした説明は以下。機種名をクリックするとレビュー記事に飛びます。 Xperia XZ2 Premium:ソニー初の2眼スマホ(モノクロ+RGB)、最大ISO感度51200(静止画)・12800(動画) Huawei P20 Pro:世界初のAI採用3眼スマホ(モノクロ+RGB+光学3倍)で最大ISO感度は102400 Galaxy S9+:F1.5とF2.4可変式、標準+光学2倍ズームスマホ AQUOS…

  • えげつないコスパの格安スマホ「Huawei Honor 10」再び限定値下がり、入荷即完売相次ぐ人気機種に

    Huawei P20と変わらないスペック、なのにP20 liteと大差ない価格。 そんなリーズナブルさから「本当の高コスパスマホとは何なのか」を教えてくれる1台となった「Huawei Honor 10」が再び限定値下がりしています。詳細は以下から。 「Huawei Honor 10」本体。5.84インチフルHD+液晶にAI対応プロセッサ「Kirin 970」、4GB RAM/128GB ROM、3400mAhバッテリーを搭載。P20が画面解像度2240×1080(18.7:9)なのに対し、Honor 10は2280×1080(19:9)と、微妙に違うものの、Huawei P20とほぼ同じスペックです。 もちろんノッチ部分は隠せます。 画面下部には超音波式の指紋認証センサー 側面などはこんな感じ。底面にはイヤホンジャックもあります。 Honor 10の特徴はこの背面。このカラーは「ファントムブルー」ですが、オーロラグラスデザインを採用したことにより…… 角度を変えると青から紫へと微妙に色味が変わります。 Honor 10最大の目玉がこの背面カメラ。レンズこそライカ製ではないものの、2400万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー(いずれもF1.8)を搭載。画素数で言えばP20のカメラ(2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー、F1.8とF1.6)よりも上です。 もちろんHuawei P20などと同じく、AIを用いた被写体識別撮影や多彩な撮影モードも利用可能。ちなみにP20と同じF2.0、2400万画素フロントカメラを備えているため、驚くほどきれいな自分撮りも楽しめます。 実際に触ってみたところはこんな感じ。「Mate 10 Pro」や「P20 Pro」などのハイエンドモデルと同じプロセッサを備えたことで、被写体を識別するだけでなく、ユーザーの使い方を自動学習して最適化し、使いやすさを維持し続けられます。 画面の色味を調整できたり、1つのアプリに対して同時に2つの異なるアカウントでログインできる「ツインアプリ」、簡単に操作できるようになる「簡易モード」など、Huaweiスマホならではの便利機能も軒並み搭載。 技適マークの問題はあるものの、3G(W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19)および4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20、TD-LTE:B38/B40/B41)をサポートしており、ドコモ・ソフトバンクのプラチナバンド3G、4Gを利用できます。 同梱されているのはSIMニードル、クリアケース、説明書、保証書、ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、イヤホン。オールインワンパッケージ仕様になっています。…