Browsing Category

HTC U11

  • HTC U11の性能を最大限引き出す付属の「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン(MAX320)」は壊れても買い直せません

    3月上旬に待望のソーラーレッドがSIMフリースマホとして発売される「HTC U11」。 美しいデザインに高いカメラ性能などを実現しているハイエンドスマホですが、以前指摘した改善して欲しいと感じた部分に加えて、もう1つ厄介なポイントがありました。詳細は以下から。 ◆HTC U11の性能を最大限に生かせる「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン」 まず見てもらいたいのが、HTC U11に付属している「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン」。USB Type-C接続タイプのイヤホンで、基本的にHTC U11以外のType-C端子搭載スマホでの使い回しはできません。 音の反響からユーザーの耳の構造を解析し、個々人の耳の中の形に合わせて音域と音量を最適化できるため、誰でも手軽に高い音質を楽しめます。 さらに周囲の雑音のレベルを継続的に把握、周囲の状況に合わせて瞬時に音を調整する「アクティブ・ノイズキャンセレーション」によって、電車などで移動している時でも高音質に音楽やゲーム、映像コンテンツを楽しむことが可能。使ってみるとその便利さに驚かされます。 ◆一度壊したら買い直すことができない しかし一方で問題となるのが、「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホンは一度壊したら買い直すことができない」という点。 HTC公式サイトからリンクされているauのオンラインショップでは、そもそもHTC U11本体の在庫すらなく、オプション品にもHTC Uソニック・ハイレゾイヤホンはありません。 HTC U11 HTV33 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報 ソフトバンクのオンラインショップにいたっては、HTC U11用のアクセサリーがそもそもありません。 スマートフォン通販|ソフトバンクセレクション ソーラーレッドをはじめとしたSIMフリーモデルや各機種のオプション品を販売している「HTC…

  • 「HTC U11」を発売日から使ってきて、どうしても改善して欲しいと思った不満点いろいろ

    2017年夏モデルとしてauおよびソフトバンクから発売された「HTC U11」。 世界最高画質のカメラや本体を握ることで操作できるインターフェース「エッジセンス」を備えるなど意欲的なモデルでしたが、日常遣いを重ねてきた中で出てきた、どうしても改善して欲しいと思った不満点をまとめてみました。 ※あくまで個人の感想です。詳細は以下から。 ◆HTC U11とは? まずは「HTC U11」を振り返り。ゴリラガラス5の3Dガラススクリーンに覆われた5.5インチWQHD(2560×1440)Super LCD 5液晶にSnapdragon 835、4GB RAM/64GB ROM採用のフルスペックモデルです。 屈折率の高い希少素材を幾重にも重ねることで、角度ごとに色味が違って見える「リキッド・サーフェイス」ガラスを背面に採用。HTC J butterflyシリーズ以来、久しぶりに防水対応したところも大きなアドバンテージです。 5軸制御光学手振れ補正、F値1.7レンズ、1.4μmピクセルの1200万画素裏面照射型 (BSI) センサー採用の背面カメラはグローバルなカメラ評価機関「DxOMark」で、当時世界最高となるスコア90を叩き出しました。 4つの360°全方位マイクと音声フォーカス技術によって、あらゆる方向から最高の臨場感を楽しめる3Dオーディオ録音や、動画撮影時はズームアップに合わせて特定の方向の音をズームする仕組みも実現しました。 本体を握るだけで操作できるインターフェース「エッジセンス」を使えば、スリープ時からそのままカメラ起動、特定アプリの呼び出しなどもできます。 ◆HTC U11は何が使いづらいのか 上記の内容だけを見ると、「カメラだけでなく使い勝手にまで気を配った良いスマホ」なのですが、それらを台無しにしていると感じたいくつかのポイントを挙げていきます。 ・スクリーンショット撮影時のシャッター音がうるさい 購入してすぐに使いづらさを感じたのがこの点。電源ボタン+音量下ボタン同時押しでスクリーンショットを撮ることができますが、走行中の電車でも周りに聞こえるレベルのシャッター音が鳴ります。 決め手になるサードパーティー製アプリも少ない中、スクショを快適に撮るための機能が別途用意されているようにも見えず、Android 6.0未満のauスマホで提供されていた簡単&無音&選択したエリアだけを残せる「スクリーンショットシェア」が恋しく思えてくるほど。 スマホを握るだけでスクリーンショットを撮れるよう、エッジセンスを設定することもできますが、シャッター音が鳴る限りは使う気になれません。iPhoneすら無音でスクリーンショットを撮れるようになった今、派手に音を鳴らす意味はあるのでしょうか。 ・カメラの自由度が低い 最大32秒の長時間露光やRAW形式に対応したプロモードも備えたHTC U11ですが、カメラの設定項目が少なく、特に「16:9(9MP)」「4:3(12MP)」「1:1(9MP)」しか保存サイズの選択肢がないのには困らされました。…

  • 【カメラ比較】Xperia XZ1、Mate 10 Pro、Galaxy Note 8、isai(LG)V30+、iPhone 8/Xなど2017冬スマホ、結局オススメなのは?

    かなり厳しい暗所での撮影を行った第1弾、明暗激しいネオン街での比較を行った第2弾に続いて、2017年冬モデルスマホのカメラ比較をお届けします。 いろいろ試してみましたが、結局各カメラの傾向はどうなのか。一体どの機種を買えばいいのかの参考にしてもらえると有難いです。詳細は以下から。 ◆マツコにディスられることでおなじみ、二子玉川を撮影してみた 今回撮影してみたのは、東急が「世田谷区と川崎市の境目」という、川一本挟んでさまざまなものが変わってくるエリアに築いたハイソサエティタウン・二子玉川(ニコタマ)。某番組で「リッチピープル」という単語を生み出したいわく付きの街です。 今回比較に用いたスマホは「Xperia XZ1」「Mate 10 Pro」「Galaxy Note 8」「isai V30+」「iPhone 8 Plus」「iPhone X」の6機種とハイミドルモデルのau版「AQUOS R Compact」。isai V30+およびAQUOS R Compactは発売前の開発版のため、製品版と仕様が異なる可能性があります。 ・二子玉川駅入口 Xperia XZ1、Mate 10 Pro Galaxy Note 8 isai V30+ iPhone 8 Plus、iPhone…