Browsing Category

Anker

  • 売り上げ1位の大人気モデルが正統進化した「Anker PowerCore II 10000/20000」レビュー、PowerIQ 2.0でスマホも本体も急速充電可能に

    「Anker 3.0」として9月からロゴを刷新し、スマートオーディオブランド「Zolo」を立ち上げるなど、新たなステージに踏み出したAnker。 そんな同社が2017年上半期にAmazon.co.jpで最も売り上げた人気モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」の性能をさらに進化させた「Anker PowerCore II 10000」などを発売したため、早速レビューをお届けします。詳細は以下から。 これが「Anker PowerCore II 20000」「Anker PowerCore II 10000」の外箱。 今までの外箱(左)とデザインが変わり、よりシンプルかつ洗練されたものになりました。 まずはAnker PowerCore II 10000から解説。 アメリカでモバイル充電機器ブランドのリーディングカンパニーの座を獲得しているAnker。利用者は実に2000万人を超えており、最近では日本の大手家電量販店、蔦屋家電などでの取り扱いも増えています。 開けてみたところ。本体、ポーチ、microUSBケーブル、保証書、ユーザーガイド……と、内容物はAnker PowerCore 10000のころと変わりませんが、内箱がより凝ったつくりになりました。 Anker PowerCore II 10000本体。滑りにくく手になじみやすいストライプメッシュ加工を表面に施すことで、持ちやすさが向上しました。 さらに充電残量を示すLEDが4→8段階に。今までは残量2の場合「1寄りの2なのか、それとも3寄りの2なのか」で悩まされることがありましたが、表示がより細かくなったことで、よりマネジメントしやすくなっています。 旧モデル「Anker PowerCore 10000」と並べるとこんな感じ。Anker…