Browsing Category

Anker

  • iPhone X/8ユーザー必見の「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」速攻レビュー、安価でコンパクトな新型ワイヤレス充電器に

    先日お伝えしたAnkerの新型ワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」のレビューをお届けします。 iPhone 8やiPhone Xなどが採用したことでにわかに盛り上がりを見せているワイヤレス充電ですが、「充電機能は搭載されているけど使ったことがない」という人もそれなりにいるはず。そんな人でも手が出しやすい1台となっています。詳細は以下から。 これが昨日発売された「Anker PowerPort Wireless 5 Pad(税込2299円)」の外箱。昨年9月にブランドロゴを刷新して以来、Anker製品の外箱は型押し紙を使ったシンプルかつオシャレ感あるものへと変わっています。 北米でUSB充電器のリーディングカンパニーとなったAnker。今度はワイヤレス充電器で存在感を発揮します。 中身はとてもシンプル。 スマホとワイヤレス充電器の間に金属や磁力のあるものを置かないよう、注意喚起が行われています。 「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」本体。 使い方はmicroUSBケーブルでスマホ充電器などと接続し、スマホを置くだけです。 実際に手に持ってみたところ。手のひらサイズのコンパクトボディです。 裏面も至ってシンプル。 microUSB端子。本体の厚みはそれほどありません。 今回はあえてAnkerのモバイルバッテリーを接続して充電を試してみることにしました。 Anker PowerPort Wireless 5 Padはワイヤレス充電対応機種を載せると、LEDが青色に光って充電中であることを知らせる仕組みを採用。充電中であることを知らせるLEDランプなどを搭載していないスマホを充電する場合、非常に役に立ちます。 スマホの画面をオンにしたところ。ワイヤレス充電中であることが表示されています。なお、Anker…

  • Ankerが安価で安全なQi対応ワイヤレス充電器「PowerPort Wireless 5 Pad/Stand」発売、かなり便利なスタンドタイプも

    かねてから「おくだけ充電」などの名称で普及を目指してきたものの奮わず、iPhone 8やiPhone X発売で一気に普及の波が押し寄せた感のあるワイヤレス充電。 しかしApple公式通販サイトで紹介されているモデルが6980円だったりと、ワイヤレス充電器はお世辞にもリーズナブルとは言いづらいわけですが、モバイル充電機器でおなじみのAnkerが早速お手ごろ価格のモデルを発売しました。利用スタイルに応じて2機種から選ぶことができます。詳細は以下から。 ◆Anker PowerPort Wireless 5 Pad まずはごくごく一般的な置き型モデル「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」。本体価格2299円とお手ごろで、パッドの表面には柔らかくクッション性のあるラバーを採用しています。 厚さ5mmまでのケースであれば、着けたまま充電可能。ただしケースに金属や磁気が採用されている場合、クレジットカードを挟み込んでいる場合などは取り外す必要があります。 過電圧保護や温度管理、異物探知などの機能を搭載し、ワイヤレス充電に生じるおそれのある放熱や発熱を最大限抑える設計に。5W(5V/1A)充電対応モデルですが、従来の同出力モデルより10%充電スピードが速くなっています。 ◆Anker PowerPort Wireless 5 Stand そして面白いのがこの「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」。本体価格2999円と少し値上がりするものの…… Anker初となるスタンド型モデルで、充電しながら動画を視聴したりハンズフリー通話しやすいのが特徴。有線で充電した場合、スタンドを組み合わせると縦置き時にケーブルが干渉するなどの不都合が起きてしまうわけですが、充電しながら縦置き、横置きできるというのは素直に便利です。 出力やケース装着時の注意点などはすべてAnker PowerPort Wireless 5 Padと同じ。Amazon.co.jpだけでなく、家電量販店などでも販売されます。…

  • 売り上げ1位の大人気モデルが正統進化した「Anker PowerCore II 10000/20000」レビュー、PowerIQ 2.0でスマホも本体も急速充電可能に

    「Anker 3.0」として9月からロゴを刷新し、スマートオーディオブランド「Zolo」を立ち上げるなど、新たなステージに踏み出したAnker。 そんな同社が2017年上半期にAmazon.co.jpで最も売り上げた人気モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」の性能をさらに進化させた「Anker PowerCore II 10000」などを発売したため、早速レビューをお届けします。詳細は以下から。 これが「Anker PowerCore II 20000」「Anker PowerCore II 10000」の外箱。 今までの外箱(左)とデザインが変わり、よりシンプルかつ洗練されたものになりました。 まずはAnker PowerCore II 10000から解説。 アメリカでモバイル充電機器ブランドのリーディングカンパニーの座を獲得しているAnker。利用者は実に2000万人を超えており、最近では日本の大手家電量販店、蔦屋家電などでの取り扱いも増えています。 開けてみたところ。本体、ポーチ、microUSBケーブル、保証書、ユーザーガイド……と、内容物はAnker PowerCore 10000のころと変わりませんが、内箱がより凝ったつくりになりました。 Anker PowerCore II 10000本体。滑りにくく手になじみやすいストライプメッシュ加工を表面に施すことで、持ちやすさが向上しました。 さらに充電残量を示すLEDが4→8段階に。今までは残量2の場合「1寄りの2なのか、それとも3寄りの2なのか」で悩まされることがありましたが、表示がより細かくなったことで、よりマネジメントしやすくなっています。 旧モデル「Anker PowerCore 10000」と並べるとこんな感じ。Anker…