Browsing Category

Anker

  • 【大人気】ポケモン好き必携の「Anker PowerCore 13400 Pokemon Limited Edition」レビュー、ニンテンドースイッチもスマホも急速充電できるUSB PD対応モバイルバッテリー

    「ポケットモンスター ソード・シールド」のヘビープレーヤーも、日夜ポケモンGOに明け暮れている人たちも、あるいはその両方であっても満足できる1台が人気を集めているのでレビューをお届けします。詳細は以下から。 これが2019年11月発売の「Anker PowerCore 13400 Pokemon Limited Edition ピカチュウ&イーブイモデル」。任天堂製品との適合性を保証する公式ライセンス商品です。 ニンテンドースイッチなら約1.7回、ニンテンドースイッチライトなら約2回フル充電できる13400mAhの大容量モデル。USB PD対応でスマホやタブレットも急速充電できます。 利用にあたっては付属ケーブルや機器の純正ケーブルなど推奨。これはUSB PDが大出力であるためです。 それではさっそく中身をチェック。 ピカチュウとイーブイのシルエットがあしらわれた「Anker PowerCore 13400 Pokemon Limited Edition」本体とイエローのトラベルポーチ、USB Type-C/Type-Cのケーブルも付属しています。 Anker PowerCore 13400 Pokemon Limited Edition本体。 裏面にはニンテンドースイッチのロゴがあしらわれています。 トラベルポーチと並べてみたところ。 USB PD入力(5V/3A、9V/2.5A、15V/1.4A、20V/1A)、USB PD出力(5V/3A、9V/2.5A、15V/1.5A)、USB出力(5V/1.5A)に対応。モバイルバッテリー自体をUSB…

  • 急速充電(USB PD)対応「Anker PowerCore 10000 PD Redux」など一斉レビュー、ポケモンGOやドラクエウォークに最適なモバイルバッテリーや充電器、ケーブルまとめ

    ポケモンGOに続き、ドラクエウォークが本格的に流行の兆しを見せている位置情報ゲーム。 戦闘時の3D描画や絶えず行われる位置情報取得によって恐ろしい勢いでバッテリーが減っていきますが、出先でもサッと充電できてすぐゲームに復帰できる、頼れるモバイルバッテリーがあります。詳細は以下から。 ◆用途に応じて選べるAnkerの急速充電モバイルバッテリー ・Anker PowerCore 10000 PD Redux まずは最もオススメしたい「Anker PowerCore 10000 PD Redux」から解説。 3000万人以上から愛されているAnker。18ヶ月の製品保証が付いているため安心です。 中にはAnker PowerCore 10000 PD Redux本体、USB Type-C/Type-Cケーブル、ポーチ、説明書。ケーブルが付属しているのはうれしいところです。 それではさっそく本体をチェックしてみましょう。Anker PowerCore 10000 PD Reduxは手のひらサイズに収まるコンパクトボディで、スマホを複数回充電できる10000mAhの大容量を実現。これを選んでおけば間違いない1台です。 急速充電規格「USB PD」対応のType-C端子と、機器に応じて出力を最適化し高速充電する「PowerIQ」対応のUSB端子を搭載。 Type-C端子は最大18W(5V/3A、9V/2A、15V/1.5A)の出入力に対応。iPhone XSならわずか30分で最大50%まで充電できるほか、大容量にもかかわらずモバイルバッテリー自体を約3.5時間で急速充電できてしまいます。 最新スマホ「Galaxy Note 10+」を充電してみたところ。「急速充電中」と表示されています。…

  • 【サイバーマンデー】USB PD対応で超極薄の「Anker PowerPort Atom III Slim」大幅値下がり、大出力(30W)でスマホやMacBookを急速充電

    次世代パワー半導体素材「GaN」を採用したことで極薄・軽量・超小型化を実現したにもかかわらず、30Wもの大出力が可能な超極薄充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」がサイバーマンデーセールで大幅値下がりしています。詳細は以下から。 これが「Anker PowerPort Atom III Slim」の外箱。 箱自体の薄さに驚かされます。 開けてみたところ。Anker PowerPort Atom III Slim本体とユーザーマニュアル、サポートダイヤルが掲載された紙が入っていました。 Anker PowerPort Atom III Slim本体。次世代素材「GaN(窒化ガリウム)」によって57グラムの超小型軽量ボディを実現した急速充電器です。 薄さはわずか16mm。USB PDやQualcomm Quick Chargeと互換性がある「PowerIQ 3.0」を採用し、5V/2.4A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5Aの大出力が可能。 かなりコンパクトなため、ちょっとしたポーチなどのポケットにも収まってしまいます。 コンパクトにもかかわらず、性能は折り紙付き。iPhone 11やGalaxyなどのスマホはもちろん、MaxBookすら急速充電できます。 USB PDでスマホなどを急速充電できるだけでなく、本体も急速充電できるため「Anker PowerCore…

  • モバイルバッテリーやスピーカー、ロボット掃除機、ドラレコなどが最大50%OFFとなるAnkerの「春の新生活応援セール」が「Amazonタイムセール祭り」にて開催

    モバイル向け充電機器などでおなじみのAnkerが「Amazonタイムセール祭り」に出陣。2日間限の特別セールを開催します。対象製品と価格は以下から。 ◆3月24日(土) 土曜日の目玉商品はこちら。「Amazonランキング大賞2017」のオーディオ・情報家電 ポータブルスピーカー部門で1位に輝いた24時間連続再生が可能なBluetooth4.2スピーカー「Anker SoundCore」。 デュアルドライバーと特許取得の螺旋状バスポートによる高音質ステレオで音のゆがみを1パーセント未満に抑え、その場で演奏されたような透き通った音を楽しむことができます。こちらが通常価格3999円のところ25%OFFの2999円に。 Amazon _ Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー _ ワイヤレススピーカー _ 内蔵マイク搭載】(ブラック) _ Anker _ デジタルオーディオ用スピーカー 限定版のピカチュウVerも4980円から30%オフの3480円となっています。 Amazon _ Anker SoundCore ピカチュウ ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー…

  • iPhone X/8ユーザー必見の「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」速攻レビュー、安価でコンパクトな新型ワイヤレス充電器に

    先日お伝えしたAnkerの新型ワイヤレス充電器「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」のレビューをお届けします。 iPhone 8やiPhone Xなどが採用したことでにわかに盛り上がりを見せているワイヤレス充電ですが、「充電機能は搭載されているけど使ったことがない」という人もそれなりにいるはず。そんな人でも手が出しやすい1台となっています。詳細は以下から。 これが昨日発売された「Anker PowerPort Wireless 5 Pad(税込2299円)」の外箱。昨年9月にブランドロゴを刷新して以来、Anker製品の外箱は型押し紙を使ったシンプルかつオシャレ感あるものへと変わっています。 北米でUSB充電器のリーディングカンパニーとなったAnker。今度はワイヤレス充電器で存在感を発揮します。 中身はとてもシンプル。 スマホとワイヤレス充電器の間に金属や磁力のあるものを置かないよう、注意喚起が行われています。 「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」本体。 使い方はmicroUSBケーブルでスマホ充電器などと接続し、スマホを置くだけです。 実際に手に持ってみたところ。手のひらサイズのコンパクトボディです。 裏面も至ってシンプル。 microUSB端子。本体の厚みはそれほどありません。 今回はあえてAnkerのモバイルバッテリーを接続して充電を試してみることにしました。 Anker PowerPort Wireless 5 Padはワイヤレス充電対応機種を載せると、LEDが青色に光って充電中であることを知らせる仕組みを採用。充電中であることを知らせるLEDランプなどを搭載していないスマホを充電する場合、非常に役に立ちます。 スマホの画面をオンにしたところ。ワイヤレス充電中であることが表示されています。なお、Anker…

  • Ankerが安価で安全なQi対応ワイヤレス充電器「PowerPort Wireless 5 Pad/Stand」発売、かなり便利なスタンドタイプも

    かねてから「おくだけ充電」などの名称で普及を目指してきたものの奮わず、iPhone 8やiPhone X発売で一気に普及の波が押し寄せた感のあるワイヤレス充電。 しかしApple公式通販サイトで紹介されているモデルが6980円だったりと、ワイヤレス充電器はお世辞にもリーズナブルとは言いづらいわけですが、モバイル充電機器でおなじみのAnkerが早速お手ごろ価格のモデルを発売しました。利用スタイルに応じて2機種から選ぶことができます。詳細は以下から。 ◆Anker PowerPort Wireless 5 Pad まずはごくごく一般的な置き型モデル「Anker PowerPort Wireless 5 Pad」。本体価格2299円とお手ごろで、パッドの表面には柔らかくクッション性のあるラバーを採用しています。 厚さ5mmまでのケースであれば、着けたまま充電可能。ただしケースに金属や磁気が採用されている場合、クレジットカードを挟み込んでいる場合などは取り外す必要があります。 過電圧保護や温度管理、異物探知などの機能を搭載し、ワイヤレス充電に生じるおそれのある放熱や発熱を最大限抑える設計に。5W(5V/1A)充電対応モデルですが、従来の同出力モデルより10%充電スピードが速くなっています。 ◆Anker PowerPort Wireless 5 Stand そして面白いのがこの「Anker PowerPort Wireless 5 Stand」。本体価格2999円と少し値上がりするものの…… Anker初となるスタンド型モデルで、充電しながら動画を視聴したりハンズフリー通話しやすいのが特徴。有線で充電した場合、スタンドを組み合わせると縦置き時にケーブルが干渉するなどの不都合が起きてしまうわけですが、充電しながら縦置き、横置きできるというのは素直に便利です。 出力やケース装着時の注意点などはすべてAnker PowerPort Wireless 5 Padと同じ。Amazon.co.jpだけでなく、家電量販店などでも販売されます。…

  • 売り上げ1位の大人気モデルが正統進化した「Anker PowerCore II 10000/20000」レビュー、PowerIQ 2.0でスマホも本体も急速充電可能に

    「Anker 3.0」として9月からロゴを刷新し、スマートオーディオブランド「Zolo」を立ち上げるなど、新たなステージに踏み出したAnker。 そんな同社が2017年上半期にAmazon.co.jpで最も売り上げた人気モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」の性能をさらに進化させた「Anker PowerCore II 10000」などを発売したため、早速レビューをお届けします。詳細は以下から。 これが「Anker PowerCore II 20000」「Anker PowerCore II 10000」の外箱。 今までの外箱(左)とデザインが変わり、よりシンプルかつ洗練されたものになりました。 まずはAnker PowerCore II 10000から解説。 アメリカでモバイル充電機器ブランドのリーディングカンパニーの座を獲得しているAnker。利用者は実に2000万人を超えており、最近では日本の大手家電量販店、蔦屋家電などでの取り扱いも増えています。 開けてみたところ。本体、ポーチ、microUSBケーブル、保証書、ユーザーガイド……と、内容物はAnker PowerCore 10000のころと変わりませんが、内箱がより凝ったつくりになりました。 Anker PowerCore II 10000本体。滑りにくく手になじみやすいストライプメッシュ加工を表面に施すことで、持ちやすさが向上しました。 さらに充電残量を示すLEDが4→8段階に。今までは残量2の場合「1寄りの2なのか、それとも3寄りの2なのか」で悩まされることがありましたが、表示がより細かくなったことで、よりマネジメントしやすくなっています。 旧モデル「Anker PowerCore 10000」と並べるとこんな感じ。Anker…