Browsing Category

Android

  • 【修正版公開】ツイッターAndroid最新版アップデートでクラッシュする不具合、公式が更新しないよう呼びかけ

    Androidのツイッターユーザーはまずは更新しないことが大切。してしまった場合の対策も掲載します。詳細は以下から。 ツイッタージャパン公式アカウントによると、「Twitter for Android」の最新版で不具合が発生しています。 Androidをご利用の皆さん:現在Twitter for Androidの最新バージョンではアプリがクラッシュする不具合が見つかり、修復したら改めてお知らせいたします。それまでは、アプリを更新しないようお願いします。 https://t.co/c140DmUb48 — Twitter Japan (@TwitterJP) January 22, 2020 これはツイッター公式アプリを最新版にアップデートすると生じるもので、起動すると即刻強制終了となって閲覧することができなくなります。 対策はユーザーらによってすでに広まっており、Androidスマホの「設定」から「アプリ」を選び、「Twitter」を選択。「ストレージ」から「データ消去」を選べばアカウントなどはそのままで復活できます(BUZZAP!編集部にて検証済)。 またアンインストールした後に再インストールしても復活できるとのことですが、通信量を考えればデータ削除の方が無難かもしれません。 いずれにせよ、まだ不具合修正を公式が発表しておらず、目に見えない不具合が存在する可能性もあるため、アップデートしていないAndroidのツイッターユーザーは自動更新をオフにしておいた方がよさそうです。 【1/23 9:15更新】 ツイッター公式から不具合修正バージョンの公開が案内されました。 復旧:Twitter for Androidの最新バージョンではアプリがクラッシュする不具合を修正した最新バージョン8 .28.2を公開しました。お待ちいただきありがとうございました。 — Twitter Japan (@TwitterJP) January 22,…

  • 「ちゃんとAndroidアップデートを提供しているメーカー」が明らかに、格安スマホのデメリットも

    Androidスマホのアップデートに積極的なのは、どのメーカーなのでしょうか。詳細は以下から。 調査会社「Counterpoint」のレポートによると、2018年第3四半期~2019年第2四半期にスマホを販売したメーカーの中でAndroid 9アップデートを最も多く提供したのはNokiaで、実に96%を占めたそうです。 続いてSamsung(89%)、Xiaomi(84%)、Huawei(82%)とスマホ販売台数シェア上位のメーカーが続くものの、同じシェア上位のOPPOが35%、vivoはわずか18%、シェア縮小が進むLGも16%……とかなり低調。日本でシェア上位のソニーやシャープは「その他」扱いで見ることができません。 最新のAndroidアップデートが提供される速度もNokiaが最速。販売台数シェア1位のSamsungは思いのほかアップデートの提供が遅く、Xiaomi、Lenovo、Huaweiの後塵を拝しています。 なお、レポートでは格安スマホのアップデート状況についても言及。200ドル(約2万円)未満の格安スマホはライフサイクルが短く、長期的なアップデートを受けるのが難しいとされています。 コメントを見る 【「ちゃんとAndroidアップデートを提供しているメーカー」が明らかに、格安スマホのデメリットも】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…