Browsing Category

Amazon

  • 新婚初夜に処女のフリができるピル「i-virgin」がAmazonで販売されていた理由

    この商品を下ネタや不謹慎なギャグだと思いましたか?詳細は以下から。 ◆「処女のフリができるピル」とは? インドのAmazonが販売していたのは「i-virgin」という商品。小さなカプセルの中に人間の血液に似せたとされる「血のパウダー」が入ったものです。 使用方法は結婚初夜の床につく2時間ほど前にこのカプセルを女性器の中に挿れるだけで、事後にはまるで処女のように血が流れ出てくるというもの。販売者は「高品質の血液」のため体内に吸収されても健康には全く影響しないとしています。 Amazon Indiaはこの商品を3600ルピー(約5500円)で販売していましたが批判を浴び、現在は販売を中止した模様です。 ◆このピルがなぜ販売され、批判されたのか いったいなぜ批判されて販売中止に追い込まれたのかというと、それはインドに残る強いタブーのせい。インドでは多くの場合花嫁の純血が重要視され、新婚初夜の後に新郎の家族や親族がベッドを確認して処女であったかどうかを調べるケースもあります。 その確認で処女と認定されなかった場合には花嫁の実家がペナルティを支払わされたり、場合によっては炭火の上を歩かされたり水責めにあったりという極めて胸糞の悪い因習が残っています。 もちろん本当に処女であったとしても、分かりやすく血が出ない場合もある事は周知の通り。つまりこの処女ピルは女性が自らを守るための緊急避難措置のためのものですが、調べる新郎側としては都合の悪いものであることがお分かりいただけるでしょうか? インドに限らず、宗教や文化によっては女性が結婚に際して処女である事が強く求められてきました。 21世紀になった現代でもパキスタン、トルコやイランなどの国々では、駆け落ちや自由恋愛をしたり、婚前交渉を持ったとされたり、場合によっては強姦された家族の女性を「家族の名誉を汚す」として殺害する「名誉の殺人」というおぞましい因習が未だに残っています。 処女性を偽る事を批判する人もいるかもしれませんが、その処女性の名の下に殺害される女性が世界中に存在している以上、まず無くさなくてはならないのはこのピルなどではなく、それらの因習であることは間違いありません。 【新婚初夜に処女のフリができるピル「i-virgin」がAmazonで販売されていた理由】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も

    1000円値上げとなりましたが、「今までが安すぎたしこれでも十分に安い」という反応が大半のようです。詳細は以下から。 Amazon Japanが4月12日、会員制プログラム「Amazonプライム」の年会費を2007年のサービス開始以来初めて値上げすることを明らかにしました。 同日付で年会費を3900円から4900円に1000円値上げ、月会費では400円から500円に100円値上げしました。既に会員になっている人の会費は5月17日以降の更新時から適用されるとのこと。 2007年のサービス開始時には「お急ぎ便」などの配送特典のみでしたが、その後動画見放題の「Prime Video」や音楽聴き放題の「Prime Music」が2015年に導入されました。 また2016年には無制限フォトストレージの「Amazon Photo」、2017年には食品配達の「Amazon フレッシュ」や電子書籍読み放題の「Prime Reading」といった多才なサービスを提供するようになっています。 値上げ後の4900円という値段についても、アメリカ合衆国でのAmazonプライムの現在の価格119ドル(約1万3000円)の半額以下ということから、今回の値上げについては概ね容認ムードとなっています。 むしろサービス開始から12年間、多くの特典が増えたにも関わらず年会費を据え置いていたことへの驚きの声も出ており、タイミングとしては正解だったということになりそうです。 ただし会員に対する事前の告知や連絡がなく、多くの人がネットニュースなどで値上げの事実を知ることとなっており(編集部注:現時点でも通知メールなどはありません)、その部分に関しては不満の声も聞かれます。 今後も告知無しでの値上げやサービス変更などが続くようであれば、ユーザーの不信を買う可能性もありそうです。 【Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • モバイルバッテリーやスピーカー、ロボット掃除機、ドラレコなどが最大50%OFFとなるAnkerの「春の新生活応援セール」が「Amazonタイムセール祭り」にて開催

    モバイル向け充電機器などでおなじみのAnkerが「Amazonタイムセール祭り」に出陣。2日間限の特別セールを開催します。対象製品と価格は以下から。 ◆3月24日(土) 土曜日の目玉商品はこちら。「Amazonランキング大賞2017」のオーディオ・情報家電 ポータブルスピーカー部門で1位に輝いた24時間連続再生が可能なBluetooth4.2スピーカー「Anker SoundCore」。 デュアルドライバーと特許取得の螺旋状バスポートによる高音質ステレオで音のゆがみを1パーセント未満に抑え、その場で演奏されたような透き通った音を楽しむことができます。こちらが通常価格3999円のところ25%OFFの2999円に。 Amazon _ Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー _ ワイヤレススピーカー _ 内蔵マイク搭載】(ブラック) _ Anker _ デジタルオーディオ用スピーカー 限定版のピカチュウVerも4980円から30%オフの3480円となっています。 Amazon _ Anker SoundCore ピカチュウ ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー 24時間連続再生可能【デュアルドライバー…

  • 【アレクサのいる生活 その4】「音楽の聴き方」が全く別物に変わる

    アレクサがなによりも大きく変えたのは音楽の聴き方という意外なものでした。詳細は以下から。 前回から少し時間が経ってしまいましたが、アレクサのもたらした音楽との新しい付き合い方についてのお話です。 ◆主用途としての「音楽再生」 昨年時点のスマートスピーカー用途に関するロボスタの「Amazon Echoは何に使われてるの? 米国でのスマートスピーカーの利用方法、調査結果まとめ」という記事の中では、2016年5月の調査で「繰り返し使うスキル」で音楽再生がトップとなっています。 他の調査でも音楽再生は常に主要なスキルのひとつとして考えられていますが、実際にアレクサであればAmazon Music Unlimited、Google homeならSpotify、AppleのHome PodはもちろんApple Musicと、それぞれに4000万曲クラスの巨大な音楽サービスとリンクしています。 これがウォークマンからiPodへ、そしてストリーミングへと移行していった私たちと音楽の付き合い方を大きく変えることになります。 かつてiPodが登場した時、ウォークマン世代は自分のCD棚全てをポケットに入れて持ち歩けることに驚愕しました。しかしそれは単なる通過点に過ぎませんでした。 いつの間にか私たちはYouTubeを筆頭としたネット上にアップされた音楽をスマホ聴くようになり、ネットラジオやストリーミングサービスは当たり前の身近なものとなりました。 こうした変化をさらにスマートスピーカーが推し進めることになります。 ◆アレクサの変えた「音楽の聴き方」 アレクサに音楽を再生させるには、単に「アレクサ、音楽をかけて」と話しかければいいだけです。アレクサはAmazonプライムのプレイリストから適当なものを選び、再生してくれます。 その「音楽」を「楽しい音楽」「テクノ」「モーツァルト」「島唄」など、音楽の雰囲気やジャンル、アーティストや楽曲名を指定すればその音楽が再生されます。現状筆者が使っているのはAmazonプライムだけですが、Amazon Music Unlimitedに加入すれば4000万曲から選べるので選択肢は大きく広がります。 前記事でもハンズフリーの音声入力だけで使えることがアレクサの大きな強みであると述べましたが、ここではその手軽さが最大限に活かされます。自分でPCなりスマホを操作することなく、声だけで求める音楽に辿りついて再生できるという快適さは予想以上のものです。 そして、この快適さは自分が明確に「オマリーの六甲下ろしが聴きたい」などと判明している場合ではなく、曖昧に「〇〇な感じの音があったらいいな」というタイミングで最も大きなものになります。 そこで流れるプレイリストは現時点ではまだ充実の極みとは言えず、ある種ベタな楽曲が多い状態ではあります。ですが、自分の望む雰囲気を伝えるだけである程度の方向性で固められたプレイリストの楽曲がシャッフル再生されるというのはこれまでにない「音楽の聴き方」です。 期待を持たせすぎてはいけないので釘を刺しておくと、アレクサのAmazonプライムでのプレイリストは残念ながらショボいものが多く、「〇〇な感じの音楽」と言っても望みの雰囲気でなかったり、「よく分かりません」と返事されることも多々あります。 ですが、これは方向性としては広がりと深みを展望させてくれるもので、例えばアレクサのユーザーが各自でプレイリストを自由に作成し、雰囲気やジャンルなどのハッシュタグなどを付けて公開できるようになれば、聴く側の自由度とチョイスは格段に増し、音楽体験もより充実したものとなるでしょう。 ◆「TuneIn」などのスキルとの連携 アレクサに最初から入っているスキルの中に「TuneIn」というラジオアプリがあります。音楽好きの間では以前からPC版やスマホアプリとしても有名で、ワールドワイドに好みの雰囲気やジャンルの音楽、さらにトークやニュースなどを楽しむことができます。 現時点ではアレクサの「TuneIn」はまだまだ使い勝手が悪く、ラジオのチャンネルをしっかり伝えてもうまく再生されなかったり、ジャンルを言って適当なチャンネルをかけてもらうというようなフレキシブルな使い方はできません。 しかし、アレクサを使ってこれらの世界中の音楽チャンネルに直感的にアクセスできるようになれば、私たちの音楽体験はより自由になります。 また、現時点ではアレクサとは連携されていませんが、Sound CloudやMix…