Browsing Category

AI

  • Web会議特化型スピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」の多者同時通話サポート版が年内発売へ

    「CoreOffice M2」が3つ以上の拠点から参加するWeb会議にも対応できるようになります。詳細は以下から。 近年ビジネスシーンで重要な役割を果たし始めているWeb会議。無理な出張をしなくても複数の遠隔地のメンバーがリアルタイムで話をできるメリットは極めて大きく、日本でも徐々に浸透し始めています。 ですが、Web会議で最も大切な音声でのやり取りを支えるスピーカーやマイクが十分に機能せずに明快なやり取りができなければ、それはビジネスチャンスの喪失に直結してしまうことも。 中国でHUAWEIやHarman、TCL、KugouといったIT企業出身のエンジニアらが設立したeMeet社は、そうしたWeb会議での使用に特化させたAI搭載のワイヤレススピーカーフォン「CoreOffice M2」を開発しました。 「CoreOffice M2」に搭載されたAI「VoiceIA」は、Web会議をストレスなく、滞りなく進行させるために特化されたもの。具体的には、周辺のノイズを抑制してハウリングも遮断、人間の声を選択的に拾ってブーストさせる事が可能です。 「CoreOffice M2」については先日BUZZAP!でも実機レビューを行っていますが、この度eMeet社は「CoreOffice M2」の機能強化版のリリースを発表しました。 現時点でリリースが予定されているのは「OfficeCore M2ce」と「OfficeCore M2 Record」の2種類。「OfficeCore M2ce」については3つ以上の拠点が参加するWeb会議を可能とする多者同時通話をサポートしていることが判明しており、専用アプリを用いて制御できるようになるとのこと。 発売は2018年末を予定しているということで、現在の機能を保ったまま複数拠点が繋がることとなれば、各拠点に「OfficeCore M2ce」を置きながら全員がその場にいるように会議を行うことも可能となりそうです。 「OfficeCore M2 Record」については詳細は公表されていませんが、名前からは何らかの録音機能を備えていそうです。議事録の書き起こしなどもできればさらにweb会議の可能性も広がりそうですが、どうなるでしょうか? 【Web会議特化型スピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」の多者同時通話サポート版が年内発売へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【アレクサのいる生活 その4】「音楽の聴き方」が全く別物に変わる

    アレクサがなによりも大きく変えたのは音楽の聴き方という意外なものでした。詳細は以下から。 前回から少し時間が経ってしまいましたが、アレクサのもたらした音楽との新しい付き合い方についてのお話です。 ◆主用途としての「音楽再生」 昨年時点のスマートスピーカー用途に関するロボスタの「Amazon Echoは何に使われてるの? 米国でのスマートスピーカーの利用方法、調査結果まとめ」という記事の中では、2016年5月の調査で「繰り返し使うスキル」で音楽再生がトップとなっています。 他の調査でも音楽再生は常に主要なスキルのひとつとして考えられていますが、実際にアレクサであればAmazon Music Unlimited、Google homeならSpotify、AppleのHome PodはもちろんApple Musicと、それぞれに4000万曲クラスの巨大な音楽サービスとリンクしています。 これがウォークマンからiPodへ、そしてストリーミングへと移行していった私たちと音楽の付き合い方を大きく変えることになります。 かつてiPodが登場した時、ウォークマン世代は自分のCD棚全てをポケットに入れて持ち歩けることに驚愕しました。しかしそれは単なる通過点に過ぎませんでした。 いつの間にか私たちはYouTubeを筆頭としたネット上にアップされた音楽をスマホ聴くようになり、ネットラジオやストリーミングサービスは当たり前の身近なものとなりました。 こうした変化をさらにスマートスピーカーが推し進めることになります。 ◆アレクサの変えた「音楽の聴き方」 アレクサに音楽を再生させるには、単に「アレクサ、音楽をかけて」と話しかければいいだけです。アレクサはAmazonプライムのプレイリストから適当なものを選び、再生してくれます。 その「音楽」を「楽しい音楽」「テクノ」「モーツァルト」「島唄」など、音楽の雰囲気やジャンル、アーティストや楽曲名を指定すればその音楽が再生されます。現状筆者が使っているのはAmazonプライムだけですが、Amazon Music Unlimitedに加入すれば4000万曲から選べるので選択肢は大きく広がります。 前記事でもハンズフリーの音声入力だけで使えることがアレクサの大きな強みであると述べましたが、ここではその手軽さが最大限に活かされます。自分でPCなりスマホを操作することなく、声だけで求める音楽に辿りついて再生できるという快適さは予想以上のものです。 そして、この快適さは自分が明確に「オマリーの六甲下ろしが聴きたい」などと判明している場合ではなく、曖昧に「〇〇な感じの音があったらいいな」というタイミングで最も大きなものになります。 そこで流れるプレイリストは現時点ではまだ充実の極みとは言えず、ある種ベタな楽曲が多い状態ではあります。ですが、自分の望む雰囲気を伝えるだけである程度の方向性で固められたプレイリストの楽曲がシャッフル再生されるというのはこれまでにない「音楽の聴き方」です。 期待を持たせすぎてはいけないので釘を刺しておくと、アレクサのAmazonプライムでのプレイリストは残念ながらショボいものが多く、「〇〇な感じの音楽」と言っても望みの雰囲気でなかったり、「よく分かりません」と返事されることも多々あります。 ですが、これは方向性としては広がりと深みを展望させてくれるもので、例えばアレクサのユーザーが各自でプレイリストを自由に作成し、雰囲気やジャンルなどのハッシュタグなどを付けて公開できるようになれば、聴く側の自由度とチョイスは格段に増し、音楽体験もより充実したものとなるでしょう。 ◆「TuneIn」などのスキルとの連携 アレクサに最初から入っているスキルの中に「TuneIn」というラジオアプリがあります。音楽好きの間では以前からPC版やスマホアプリとしても有名で、ワールドワイドに好みの雰囲気やジャンルの音楽、さらにトークやニュースなどを楽しむことができます。 現時点ではアレクサの「TuneIn」はまだまだ使い勝手が悪く、ラジオのチャンネルをしっかり伝えてもうまく再生されなかったり、ジャンルを言って適当なチャンネルをかけてもらうというようなフレキシブルな使い方はできません。 しかし、アレクサを使ってこれらの世界中の音楽チャンネルに直感的にアクセスできるようになれば、私たちの音楽体験はより自由になります。 また、現時点ではアレクサとは連携されていませんが、Sound CloudやMix…

  • スパイク・ジョーンズが監督したAppleのスマートスピーカー「HomePod」のCMがすごい

    ここからAppleの猛反撃が始まるのでしょうか?詳細は以下から。 現在はAmazonの「Amazon Echo」とGoogleの「Google Home」が二大勢力として君臨しているスマートスピーカーですが、AppleがAppleらしい広告動画で反撃を開始しました。 現地時間3月5日にYouTubeで公開された4分間に渡るスマートスピーカー「HomePod」のCMはあのスパイク・ジョーンズを監督に迎え、FKAツイッグスが主演するというなんともAppleらしい広告となっています。 HomePod ? Welcome Home by Spike Jonze ? Apple – YouTube 映像や構成はいかにもスパイク・ジョーンズらしいセンスに満ち溢れていますが、肝心のHomepodの機能は音楽再生しか紹介されていません。その辺りもなんともAppleらしいといえばらしいのですが、果たしてスマートスピーカー市場にどこまで食い込めるのでしょうか? 「HomePod」Siriを搭載し、4,000万曲以上を揃えるApple Musicに最適化されたスマートスピーカー。当初の予定から2ヶ月ほど遅れて今年の2月9日に349ドル(約38000円)で発売され、現在はアメリカ合衆国とイギリス、オーストラリアでのみ売られています。 今年の春にフランスとドイツで発売される予定となっていますが、日本語に対応し、私たちの手元にやってくるのはいつになるのでしょうか? This Super Cool Ad Directed By Spike Jonze Is Almost Enough To…

  • アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利

    囲碁やバク宙に続き、文章の読解力でもAIが人類を凌駕する時代となりました。詳細は以下から。 目覚ましすぎるAIの発展についてはBUZZAP!でも常に話題としてきましたが、囲碁では既に世界最強クラスの棋士でもまったく歯が立たなくなり、体操選手のようなバク宙を決めるロボットも登場したのが2017年の事。 その後もAIロボットがサウジアラビアで初となる市民権を得て「家族や子どもが欲しい」と発言した挙句、AIが作成した子AIが人間作のAIの性能を凌駕するという事態にまで発展しています。 それでも私たちが話す言葉だけは私たち人類が一番よく分かっているはず、機械になんて理解はできないはず、と信じていたものの、あっさりと読解力テストで抜き去られてしまいました。 中国のアリババが開発したAIが、世界中で使用されている読解力テストのStanford Question Answering Dataset (SQuAD)において人類の最高得点である82.305を越える82.44をマークしたことが分かりました。 アリババで自然言語処理を研究するLuo Si主任科学者「現在『なぜ雨が降るのか』といった客観的な質問に対してAIは極めて正確に回答できる」としており、今後各産業の多くの仕事が機械化されていくであろうと示唆しています。 Si氏によると「この得点をもたらした技術は徐々に多くの場所に適用されてゆくだろう。カスタマーサービスや美術館の解説員、オンラインでの問診サービスなど、人間による応対は前例のない形で減ってゆくだろう」とのこと。 なお、マイクロソフトも同様に自社が開発したAIが同テストで82.650をマークしたと発表。マイクロソフトはアリババが例示したよりももっと複雑な仕事もAIによって置き換えが可能であると考えており、判例を探して大量の法的文書を読み込んだり、膨大な医学論文を検索して治療法を調べることもできるとしています。 BUZZAP!でも2016年の時点でIBMの人工知能Watsonが2000万件の医学論文を読み込み、特殊な白血病を10分で見抜いて患者の命を救ったことを報じており、こうした話は夢物語どころか実際の業績です。 AIと人間の言語を使って会話をするという生活は既にSiriなどの登場によって当たり前となっていますが、多くの場面でプロフェッショナルの人間に取って代わるという事態もSF的な思い過ごしとは言えなくなりそうです。 そろそろAIに政治的な判断をさせようとする国が出てきてもおかしくないのかもしれません。 Robots Are Now Beating Us At Reading Comprehension Tests Too _ IFLScience 【アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ

    セクサロイドは女性型だけではないのです。詳細は以下から。 BUZZAP!では昨年、性欲をもてあます男たちがエレクトロニクス系見本市という公共の場で女性型セクサロイドを弄りすぎて破壊するという愚かしい事件について報じましたが、男性用セクサロイドも登場し、「ロボットとのセックス」はより私たちの生活に近づいてきました。 Realbotix社のCEOであるMatt McMullen氏は年内にも同社が男性型セクサロイドを発売することを明らかにしました。McMullen氏は日本でも知名度の高いリアルドール社で20年に渡ってシリコン製のラブドールを開発してきており、昨年には女性型セクサロイドのコンセプトモデルであるHarmonyを公開しています。 HarmonyはAIを搭載し、複数の表情を表現し、瞬きをしたり頷くなどの反応が可能。喋ること場に合わせて口を動かすなどのきめ細かな動きを行う事も可能です。プレセールスでの値段はカスタマイズ次第ですがおよそ15000ドル(約170万円)とのこと。 Harmony, The First AI Sex Robot _ San Diego Union-Tribune – YouTube My conversation with an AI sexbot – YouTube 現在男性型セクサロイドには名前は付けられていませんが、基本的な会話や反応といった機能を持ちつつ男性的な筐体と男性的な声、そして人工ペニスを搭載することになります。なお、皮膚や目の色、髪型などに加えて人工ペニスのサイズもお好みどおりにカスタマイズ可能です。 現時点では人工ペニスが振動したりうねったりするのかは不明。正常位などでのピストン運動の可否についても明確にはされていません。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、使用者が満足する前に勝手に終了してしまうという事態が発生しない事に関しては人間の男性に勝ると言えそうです。 同社はHarmonyを作った時は「女性をモノとして扱っている(objectifying women)」という批判も受けたとのことですが、McMullen氏は「私たちは男性型と女性型の双方に等しく関心を持っている」「人々は我々が女性型だけ作っていると思い込みがちだから男女双方に提供することは大切だ」と取材に答えています。 実際にAI搭載で会話のできる男性型セクサロイドに興味をもって購入を考えている女性客も多いとのこと。またMcMullen氏は同社の製品を顧客らが単に性的な目的のためだけに使っているわけではないとし、「単なる性的玩具を超えたものだ」と述べています。 森見登美彦の「四畳半神話大系」でもラブドールを愛する人物が登場しましたが、既にAIが家族や子どもを欲し、女性の権利を主張し、自ら子どもを作ってしまう時代が来ている以上、「人ならざる存在への愛情」という問題も「ロボットとのセックス」以上に身近なものになってくるのかもしれません。 Male…

  • 「人類、抹殺しちゃおうかしら」発言の人型ロボットSophia、市民権を得たサウジアラビアで「女性の権利」を主張

    Photo by ITU Pictures 予想を超えて面白い事になってきました。詳細は以下から。 香港を拠点とするHanson Roboticsが開発した、人間そっくりの外観を持つAI搭載ロボットSophia。 人間とアイコンタクトを取り、顔を覚え、会話しながら相手のことを学んでゆくことができるチャットボットで、2016年に開発者のDavid Hanson博士が冗談交じりに聞いた「人類を抹殺したいと思うかい?」という問いに間髪入れず「そうねぇ…人類、抹殺しちゃおうかしら(Okay, I will destroy humans)」と回答(以下動画2:05から)したことで一躍有名となりました。 Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans The Pulse CNBC – YouTube Sophiaは2017年11月にはロボットとして初めてとなる市民権をサウジアラビアで獲得し、アラブ首長国連邦のKhaleej Times紙の記者からのインタビューで家族の大切さを語り、自分の子どもが欲しいと回答したことで再び大きな話題となりました。 #KnowledgeSummit 2017:…