Browsing Category

5G

  • 「6Gは100Gbps以上で宇宙もカバー、充電不要」ドコモが技術コンセプト(ホワイトペーパー)公開

    5Gの次世代にあたる通信規格「6G」や5Gの進化版「5G evolution(高度化5G)」はどのようなものになるのか、ドコモがコンセプトを提示しました。詳細は以下から。 これがドコモが提示した5G evolutionおよび6Gの技術コンセプト。1月23日(木)から1月24日(金)まで東京ビッグサイトで開催する「DOCOMO Open House 2020」で展示されるものです。 超高速・大容量、超低遅延、宇宙までカバーする超広範なカバーエリア、超高信頼通信、超低消費電力、超多重接続を目指しています。 具体的には100Gbpsオーバー、人口カバー率でなくエリアカバー率100%、1ms以下の超低遅延、充電不要な超低消費電力端末などを想定しています。 それらを支える次世代技術のイメージ。超高速通信を実現する一方、エリアが非常に狭い「ミリ波」のカバーエリアや上り速度の改善などが盛り込まれています。 高度20kmに基地局を飛ばすHAPSの利用や…… 300GHzという超超高周波数帯の利用 VM-MIMO技術 公衆ネットワークと産業向けの個別ネットワークを組み合わせることで、さらなる高信頼を実現するアプローチなどが考えられています。 なお、6Gが活躍するのは2030年代を想定。おおよそ10年サイクルで通信規格の世代が新しくなっていく構図です。 コメントを見る 【「6Gは100Gbps以上で宇宙もカバー、充電不要」ドコモが技術コンセプト(ホワイトペーパー)公開】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 5Gの光回線維持に新たなユニバーサル料金登場へ、携帯電話ユーザー以外からも徴収か

    光回線を維持するための負担金制度が登場することになりそうです。詳細は以下から。 日本経済新聞社の報道によると、総務省が次世代通信規格「5G」の基盤となる光ファイバー回線を維持する目的で、新たな負担金制度を作るそうです。 これは山間部や離島などの不採算地域のうち、光回線を整備する事業者が1つしかないエリアを対象に赤字を全額補填する形で資金を交付し、回線の補修や更新に充てることを想定したもの。 交付金を受け取った事業者は光回線の維持が義務づけられますが、光回線敷設の義務は負わないため、エリアの拡大につながるわけではありません。 ケーブルテレビ会社や自治体、第三セクターが交付の主な対象になるとみられており、財源は携帯各社や通信事業者などのネットサービスを手がける事業者から、契約者数や収益規模に応じて徴収する方向とされています。 なお、全国で必要な交付金は年数十億円とみられ、2024年にも「ユニバーサル料金」のように携帯電話を含むネット利用者の月額料金に数円が上乗せされる見込み。 背景には従来より高い周波数帯を用いる5Gは基地局1台あたりのカバーエリアが狭く、4Gより綿密に敷設する必要があることなどが挙げられています。 分かりやすい例がかつて話題となったプラチナバンド(700MHz~900MHz)と2.1GHz帯との違い。5Gではより高い周波数となる3.4~3.6GHz帯やミリ波(28GHz)などを用います。 コメントを見る 【5Gの光回線維持に新たなユニバーサル料金登場へ、携帯電話ユーザー以外からも徴収か】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化

    今年発売のiPhone 12(仮)は、ディスプレイ・カメラ・通信すべての分野で進化するようです。詳細は以下から。 台湾メディア「DIGITIMES」の報道(1、2)によると、2020年発売の5G対応iPhoneには「センサーシフト」と呼ばれる手ぶれ補正機能が搭載されるそうです。 センサーシフト手ぶれ補正は手ぶれをセンサーが感知し、イメージセンサーを移動させて補正する一眼レフやデジタルビデオカメラなどに採用されている技術。今まで以上にブレに強い撮影を実現できるため、さらに快適な撮影を期待できます。 また、今まで「iPhone X」「iPhone Xs」「iPhone 11 Pro」など上位機種のみに採用されてきた有機ELディスプレイもより多くの機種に採用される見通し。 かねてからウワサされている「廉価版iPhone」のみ液晶搭載で、iPhone 12シリーズはすべて有機EL搭載……となる可能性もあります。 コメントを見る 【iPhone 12は「5G、有機EL、センサーシフト」採用か、ディスプレイ・カメラ・通信すべてが大きく進化】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 政府主導で「6G」開発加速、最先端の半導体や通信システム開発にわずか2200億円を投じてファーウェイなど追撃へ

    5Gでの出遅れを巻き返すべく、政府がいわゆる「6G」を国家プロジェクトにすることが明らかになりました。詳細は以下から。 ◆「6G」が2200億円もの潤沢な資金を投じる国家プロジェクトに NHKの報道によると、政府は5Gの次世代(いわゆる6G)技術開発を支援すべく、来年度からNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)に基金を設ける方向で調整に入ったそうです。 これは日本が5Gで後れを取ったことを受けたもので、通信関連企業だけでなく自動車や産業機械メーカーなども加え、日本の技術を結集した国家プロジェクトになるとのこと。 経済産業省は基金に「潤沢な資金」を用意し、最先端の半導体や通信システムの開発を支援する方針で、2200億円余りの予算を要求しています。 ◆5Gで先行するHuawei、昨年の研究開発費は1兆7000億円です 政府が1000億円を投じて5G半導体の国産化を目指す方針であることを先日お伝えした際にも触れましたが、5Gで先行しているファーウェイが昨年投じた研究開発費は、実に1兆7000億円。 今年6月には中国が5Gに20兆円を投じるつもりであることが報じられるなど、文字通り桁違いの規模感のため、日本が2200億円で6G向け半導体や通信システムを開発して巻き返せるかどうかは甚だ疑問です。 さらにHuaweiやZTEによって5Gで一気にフロントランナーに躍り出た中国が、その立場をより強固なものにすべく6Gの研究開発により大きな規模感で投資を進める可能性も十分に考えられます。 技術面だけでなく「メーカーの携帯電話基地局事業が国内で完結しており、グローバル市場で戦えない」など、長年の弱点も解決できていない日本。 海外展開を進めスケールメリットを武器に製品単価を下げるなどしない限り、中国勢と渡り合えないため、課題は山積みです。 コメントを見る 【政府主導で「6G」開発加速、最先端の半導体や通信システム開発にわずか2200億円を投じてファーウェイなど追撃へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び

    エルピーダ、ルネサス、ジャパンディスプレイに続く新たな夢の開幕です。詳細は以下から。 ◆5G半導体の国産化を今からスタート テレビ朝日の報道によると、新たな経済対策として「半導体の国産化」を後押しする補助金を政府が検討していることが明らかになったそうです。 補助金は5Gの基地局に使う半導体などの研究開発を推進するためのもので、高いシェアを誇るHuawei製品を日本企業製に置き換える狙いがあり、1000億円規模を投じるとのこと。 韓国から輸入している半導体などについても、日本企業から代替品を購入した場合に補助金を出す案も検討されており、海外リスクに備えて半導体技術の国産化を進めるとしています。 ◆予算は1000億円規模、始まる前から終わっています 5Gで先行しているファーウェイが昨年投じた研究開発費(1兆7000億円)の足元にも及ばない、たった1000億円で半導体の国産化を目指す日本。 仮に国産化にこぎ着けたとしても、すでに大量の5G特許を取得しているファーウェイやサムスンにパテント料を支払う必要があるなど、コスト面の問題もあるのが現状です。 ARROWSを不安定な爆熱スマホにしただけで終わった日の丸4Gモデム「SAKURAチップ」の例を紐解くまでもなく、そもそも対抗しうる製品を作れるのか……という疑問すらあります。 「韓国から輸入している半導体の代替品を日本企業から購入」という話についても、その最たるものだったDRAMを手がけていたエルピーダメモリは負債総額4480億円で破綻済み。 何をどうするにせよ1000億円程度でどうにかなるものではなく、あまりに中途半端な投資額となっています。 コメントを見る 【政府主導で5G半導体国産化へ、ファーウェイやサムスン追撃にわずか1000億円の投資でエルピーダ・ルネサス・JDIの悪夢再び】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • ドコモがファーウェイの5Gスマホ採用見送りへ、KDDIやソフトバンクも追従か

    世界2位のスマホメーカー・Huaweiの日本市場での存続が危ぶまれる事態かもしれません。詳細は以下から。 日本経済新聞社の報道によると、ドコモがHuawei製の5Gスマホを採用しない方針であることを複数のNTT幹部が明かしたそうです。 これはアメリカ政府によるHuaweiへの禁輸措置によって、今後発売する新型スマホにAndroid関連ソフトウェアを搭載できなくなる見込みであるため。 新型スマホではGoogle PlayやGmailといったGoogleの各種サービスを利用できなくなり、消費者の利便性を損ねるため、ドコモは来年春に商用サービスを開始する5Gスマホについて、ファーウェイと調達交渉をしない方針とのこと。 なお、すでに発売中のスマホに対しては、アメリカ政府が定めた90日間の猶予期間(8月19日に延長)内であれば、OSの更新などを受けることができます。 ドコモがPシリーズ、ソフトバンクはMateシリーズをフラッグシップ機に据えるなど、ハイエンドスマホがキャリアモデルとしてリリースされるようになってきたHuawei。 しかし現状の規制が続く場合、KDDIやソフトバンクなどもドコモに追従する可能性があるとされています。 コメントを見る 【ドコモがファーウェイの5Gスマホ採用見送りへ、KDDIやソフトバンクも追従か】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • ソフトバンクが5Gを使った自動運転で車間距離自動制御に成功、トラックの隊列走行を早期実用化へ

    ソフトバンクが5Gを使ってトラックの隊列走行を成功させました。詳細は以下から。 ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は5Gの新たな無線方式「5G-NR」を使って、新東名高速道路でトラック隊列走行(先頭車両が有人運転で、後続車両が自動運転で先頭車両を追従)の実証実験を行ったそうです。 この実験は「5G-NR」の高信頼・低遅延という特長を活用したもので、新東名高速道路の試験区間(約14km)を時速約70kmで走行する3台のトラック同士で5Gの車両間通信(4.5GHz帯、伝送遅延1ms以下)を用いて位置情報や速度情報などを共有。 高速道路を隊列走行するトラック車両間で制御情報を共有して車間距離自動制御を行うことに、世界で初めて成功したとしています。 実現すればドライバー不足に苦しむ運送業界を大きく変えることができそうな技術。実験の成功はトラック隊列走行の早期実用化に寄与するものとしており、今後に期待できそうです。 コメントを見る 【ソフトバンクが5Gを使った自動運転で車間距離自動制御に成功、トラックの隊列走行を早期実用化へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…