Browsing Category

軍事

  • アームで「ドアを開けて部屋に侵入」することが可能な犬型ロボットをボストンダイナミクス社が開発

    人類の逃げ場がどんどんなくなっていきそうです。詳細は以下から。 2017年11月、新型aiboに対抗するかのように発表されたボストンダイナミクス社の犬型ロボット「SpotMini」の新モデル。 The New SpotMini – YouTube ボストンダイナミクス社はアメリカ国防総省の軍隊使用のための新技術開発および研究を行う機関、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)からの資金援助を受け、軍事用として極めて優秀なロボットを作り続けてきた会社で、2013年にGoogleが買収した後、2017年になってソフトバンクが買収していました。 2016年に発表された旧モデルでは首長竜を思わせるロボットアームが取り付けられており、コップを片付けたり空き缶を捨てるといった動作が話題となっていましたが、新モデルではこのアームが削除されていました。 Introducing SpotMini – YouTube しかし公開されたばかりの最新の動画では再びアームが取り付けられたモデルが登場しており、このアームを器用に使って建物のドアを開け、仲間のアームのない「SpotMini」を部屋の中に招き入れる様子が映されています。 Hey Buddy, Can You Give Me a Hand_ – YouTube ドアはものによって開け方が違う上に、取っ手の形状も千差万別ですが、「SpotMini」は苦もなく取っ手を掴んでドアを開け、足でドアを支えながらアームを用いてドアを十分な広さまで開けて押さえているのが分かります。 これによって2体の「SpotMini」は無事に室内に侵入することができました。なお、この時点ではどれほど多様なドアを開けられるかは不明ですが、流れるような動きに目を見張らされます。 もちろんこれが災害救助用のロボットであれば、火災現場や有毒ガスなどの発生した場所などで安全に有効な活動ができる事になります。しかしもちろん軍事目的に使われれば人間の逃げ場はこれまで以上に限られてくることになるでしょう。 いつかこうしたロボットに解錠機能なども搭載されるようなことになるのでしょうか?…

  • 世界終末時計が最短の「残り2分」に、1953年の米ソ水爆実験成功以来65年ぶり2度目

    かつての米ソの核開発競争時と同レベルの人類存亡の危機にある事が示されました。詳細は以下から。 アメリカの科学誌「原子力科学者会報(Bulletin of the Atomic Scientists)」の表紙絵として第二次世界大戦直後、冷戦初期の1947年に生み出された世界終末時計(The Doomsday clock)。 この世界終末時計の針が誕生以来最短となる「残り2分」にまで進められました。この数値は誕生から6年後、米ソの双方が水爆実験に成功(米は1952年11月1日に初実験、ソは1953年8月8日に保有を公表)した事が明らかになった1953年以来2度目のこと。 理由としては北朝鮮のICBMを含む核開発が目覚ましく進展したことと、トランプ大統領がステートメントやツイッター上などで北朝鮮に対して挑発的な行動を取り続けたことが共に挙げられています。 なお、この世界終末時計は昨年1月には「トランプ氏は核兵器の使用や拡散について不穏な発言をし、気候変動についての科学的な合意を信じないと表明した」との理由で「残り2分半」にまで進められていました。 これに次ぐ「残り3分」になったのは過去3回で、1949年のソ連の核実験成功、1984年のレーガン大統領の「スターウォーズ計画」を含む米ソ軍拡競争の激化、そして2015年の気候変動や核軍備競争を理由としたもの。 現在の核の脅威に対しては北朝鮮を非難するのが大方の論調ですが、それ以前に「何があっても絶対に核戦争は起こしてはいけない」という大前提があります。1発の核兵器が数十万人の民間人の命を奪う非人道的な兵器である事は日本人なら全員が熟知しているとおり。 優先事項のトップに置かれるのが核戦争の回避であることは自明の理であり、無節操な挑発行為や圧力によって危険を招くことが多くの日本人の生命にも直結する事はしっかりと理解しておかなければなりません。 「終末時計」残り2分、過去最短に 昨年から30秒短縮 (写真=ロイター) :日本経済新聞 【世界終末時計が最短の「残り2分」に、1953年の米ソ水爆実験成功以来65年ぶり2度目】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「奇跡の物質」グラフェンを2層構造にした途端、ダイヤモンドより硬くなり銃弾すら防げることが判明

    Photo by Wikipedia 1層でも3層以上でもこの特性は表れないとのこと。詳細は以下から。 グラフェン (graphene) という物質は、炭素原子が蜂の巣のような六角形格子構造をとった1原子の厚さのシート上の物質です。馴染みのない物質のようにも感じますが、このグラフェンを多数積み重なった構造のグラファイト(黒鉛)は私たちが子どもの頃から慣れ親しんでいる鉛筆の芯に使われているもの。 2004年にこのグラファイトから1原子分のグラフェンのシートを取り出すことが可能となってから、グラフェンの研究は急速に進み、多くの分野で画期的な成果を挙げています。グラフェンは物理的に強いだけでなく世界で最も引っ張りに強く、熱伝導や電気の伝導も極めてよいなど、「奇跡の物質」と呼ばれることもあります。 このグラフェンを2層重ねると、途端にダイヤモンド以上の硬度を持つ事がニューヨーク市立大学の先端基礎研究センターのElisa Riedo教授らの研究チームによって明らかにされました。Riedo教授はステートメントで これまでグラフェンやグラファイトの実験を行った時、圧力を掛けるととても柔らかい膜のように感じた。しかし正確に2層にした時、突然この物質は圧力に対してダイヤモンド以上に極度に硬くなる。 と述べてこの物質を「Diamene(ダイアメン)」と名付けました。Diameneは圧力が加えられるまでは柔らかくてしなやかのですが、一度圧力が加えられると弾丸すら防ぐことが可能となります。 つまりは、炭素原子2つ分の厚さの極めて軽くて薄い防弾チョッキが製造可能になるということ。もちろんそれ以外にもこの薄く軽く柔軟ながら圧力に極めて強いという特性は多くの分野で応用可能となります。 あくまで平和利用されればよいのですが、銃で撃ってもこの装備のせいで兵士が死なないようになった時、人類は戦争をやめるでしょうか?それともレーザーやミサイルで殺そうとするでしょうか?技術を使う私たち自身のあり方が試されているのかもしれません。 Two Layers of Graphene Make Diamond-Hard Armor That Can Stop a Bullet (Photo by Wikipedia) 【「奇跡の物質」グラフェンを2層構造にした途端、ダイヤモンドより硬くなり銃弾すら防げることが判明】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • トランプ大統領「米の雇用増やすために兵器の爆買いよろしく」安倍首相「はいっ!」→財源は?

    教育無償化、社会保障の充実、少子高齢化対策と問題が山積みの中いったいそんな財源がどこにあるのでしょうか?詳細は以下から。 アジア歴訪中のトランプ大統領は11月6日、日本で安倍首相と首脳会談を行い、その後共同会見を行いました。その席で日本にアメリカ合衆国の雇用のためにと明言しながら兵器の爆買いを求めています。 ◆トランプ大統領「ミサイル迎撃すべきだった」発言の真意 問題の発言は質疑応答の際に、トランプ大統領が東南アジア首脳らに対して「日本は北朝鮮のミサイルを迎撃するべきだった」「武士の国なのに理解できない」などと発言したことに触れた記者の質問に答えたもの。 トランプ大統領はその真意を「首相はさまざまな防衛装備を米国から購入することになるでしょう。そうすれば上空でミサイルを撃ち落とすことができるようになると思います」と回答。 有り体に言えば「北朝鮮のミサイルだって撃ち落とせちゃう。そう米国製の兵器ならね」という完全なるセールストークが日米首脳会談の共同会見で飛び出したということ。 Photo by Sarah さらにトランプ大統領は「非常に重要なのは、日本が膨大な兵器を追加で買うことだ」と米国製の兵器の爆買いを要求。アメリカ合衆国に「多くの雇用が生まれる」と、極めてあけすけな話を恥ずかしげもなく開帳します。 金正恩氏を「ロケットマン」と揶揄して北朝鮮に対して挑発的な言動を繰り返し、日本に対しても「ミサイルを迎撃すべきだった」と強硬な対応を煽り兵器の爆買いを求めるトランプ大統領の真意はどこにあるのでしょうか? 「米国は世界最高の軍事装備を持っています」と胸を張る軍需産業での雇用創出と輸出の拡大が米国経済に大きな利益をもたらすことは、かつて朝鮮戦争の際に「朝鮮特需」に沸いた日本国民からすれば自明の理。 もちろん過去70年で最低の支持率を誇るトランプ大統領が、「外敵」との緊張感の演出で低支持率から目を背けさせ、「強いアメリカ」を示すことで支持率回復を狙うという、古今東西の為政者の常套手段を用いていることは言うまでもありませんが、そこにビジネスをしたたかに組み込む辺りは不動産王の億万長者ならではといったところなのかもしれません。 そして我が国の安倍首相はこのトランプ大統領の発言を受けて「米国からさらに購入していくことになると思っています」と明言。さらにはミサイルの迎撃要請に対しても「われわれは迎撃の必要があるものについては迎撃していくといううことです」と明確に回答しています。 なお、トランプ大統領は11月7日朝に以下のようにツイート。「私の訪日と安倍首相との友情は我らが偉大なるアメリカに大いなる利益をもたらすだろう。軍事とエネルギーで莫大な注文が来るぞ!」とビジネスの成功にご満悦の様子で次の訪問国である韓国へと飛び去ってゆきました。 My visit to Japan and friendship with PM Abe will yield many benefits, for our great Country.…