Browsing Category

著作権

  • スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開

    最悪の事態は免れそうですが、果たしてどのように落ち着くのかまだ予断を許しません。詳細は以下から。 ◆ダウンロード違法化法案とは? 2019年の通常国会に提出されるはずだった海賊版対策のダウンロード違法化を盛り込んだ著作権法改正案。 海賊版の漫画を多数掲載していた「漫画村」のようなサイトを規制するための法案のはずがスクショはNGだけど「漫画村」はOKとなってしまうという致命的な欠陥が発覚。 自民党知財戦略調査会長の甘利明元経済財政担当が「政治論としての判断」などと主張して強固に法改正を推進していましたが、漫画家をはじめとした表現者や多くのファンらの大反対により頓挫していました。 問題となっていたのは対象が違法DLサイトだけではなく、全ネットユーザーだったこと。個人ブログやツイッターの画面でも、権利者の許可のないアニメの絵やイラスト、写真などのコンテンツが含まれていればダウンロードは違法となります。 ブログやツイートに載せられた歌の歌詞や小説の一節などを端末内でコピーして張り付ける「コピー&ペースト」も禁止となり、「スクリーンショット」も撮影対象が著作権を侵害していれば違法ダウンロードとなります。 一方で「ストリーミング型(オンラインリーディング型)の海賊版サイトの視聴・閲覧が違法にならない」ため、漫画村タイプの海賊版サイトを規制できないという本末転倒の極みとなっていました。 その法案が今回再び息を吹き返しています。どうなっているのでしょうか。 ◆スクショや作品の一部DLはOKに 11月27日に開かれた文化庁の有識者会議では、これまでの権利者の許可無くネットに上げられた漫画や写真、文章といったコンテンツ著作権侵害物だと知りながらダウンロードする行為全般を違法化する方針を転換。 文化庁は著作権侵害物が付随的に含まれるスクリーンショットや、漫画作品のうち数コマのように分量の少ないダウンロードを違法としない案を議論のたたき台として示しました。 これにより、著作権侵害物などが映り込んだSNSやブログの投稿をスクリーンショットをしても違法とはならないことに。また数コマ程度の違法アップロードされた漫画のダウンロードも合法となります。 ただし、もともと無償で提供されているコンテンツのDLは違法のまま。また常習性のない単発のダウンロードも違法との位置づけです。 もちろんこれは有識者会議に向けた叩き台に過ぎず、今後どこまでが違法と線引きされるかは現時点では確定していません。 【スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…