Browsing Category

科学

  • 【研究報告】男性ホルモンの多い男はソフトロックやヘビーメタルがお好き

    Photo by Wikipedia 男臭い音楽が男臭い理由はホルモンに関係しているのかもしれません。詳細は以下から。 ライブハウスに行った時、もしくはフェスでとあるアーティストのステージを見ている時、フロアの男女比やクラウドの雰囲気が一種独特だと感じたことはありませんか?ある種のタイプの音楽がある種の人々を惹き付けている…という研究結果が報告されています。 長崎大学の土居裕和氏がジャーナル「Science Direct」に発表した研究によって初めて生物学的な傾向と音楽の好みに相関関係があることが示されました。 それによると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量の多い男性はソフトロックやヘビーメタルなどの「荒削りで雄々しい」タイプの音楽を好むとのこと。一方でテストステロンが少ない男性はクラシックやジャズのような「教養深く凝った」タイプの音楽をより好む傾向にあります。 こうしたことからテストステロンが情動反応の処理と記憶に大きな役割を持つ扁桃体に影響を与えている可能性があると考えられるということです。 実験では学生を主体とした37人の男性と39人の女性を被験者とし、様々なジャンルのあまり知られていない楽曲の一部を25曲分聴き、それぞれがどの程度好みかというレーティングを行います。同時に被験者から唾液を採取し、テストステロンの量を計測しました。 テストステロンは権勢欲や反抗心などと関係しているとされていますが、テストステロンの分泌量が多い男性は音楽に関してもソフトロックやヘビーメタルといった反抗的な傾向を持つ音楽をより好み、クラシックやジャズといった教養深く洗練されて社会的に崇高とされているタイプの音楽を好まない傾向が見られました。 一方、女性においてはテストステロンの分泌量と音楽の好みに関連性は見られませんでしたが、これは女性のテストステロンの分泌量が男性の5~10%程度と非常に低いレベルであるからではないかとされています。 ということで、フロアが男臭い男だらけの音楽ジャンルというものが存在することは以前から認知されていましたが、そうした傾向には男性ホルモンの分泌量による音楽の好みの違いというものが存在している事が明らかにされました。 ここで興味深いのは、ある音楽ジャンルが荒々しく反抗的であるかは音楽ジャンル自体の属性ではなく、社会的な位置づけによって変わるということ。例えばヘッセの「荒野のおおかみ」の中ではジャズは極めて野性的で荒々しい音楽として描かれ、高い精神性を持つモーツァルトを始めとしたクラシックと対置させられています。 そして60~70年代には不良が聴く音楽とされていたロックは今や反抗的なジャンルとは考えられず、ビートルズの楽曲は中学校教科書に掲載され、ボブ・ディランに至ってはノーベル文学賞まで受賞しています。 現在、日本ではそうした反抗・反逆の音楽を「レベル・ミュージック(Rebel Music)」と総称することがありますが、いったいどんな音楽が該当するのかは時代や社会の情勢と共に移ろいゆくものなのかもしれません。 Bob Marley – Rebel Music – YouTube Bryan Adams fans may have more testosterone _…

  • アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利

    囲碁やバク宙に続き、文章の読解力でもAIが人類を凌駕する時代となりました。詳細は以下から。 目覚ましすぎるAIの発展についてはBUZZAP!でも常に話題としてきましたが、囲碁では既に世界最強クラスの棋士でもまったく歯が立たなくなり、体操選手のようなバク宙を決めるロボットも登場したのが2017年の事。 その後もAIロボットがサウジアラビアで初となる市民権を得て「家族や子どもが欲しい」と発言した挙句、AIが作成した子AIが人間作のAIの性能を凌駕するという事態にまで発展しています。 それでも私たちが話す言葉だけは私たち人類が一番よく分かっているはず、機械になんて理解はできないはず、と信じていたものの、あっさりと読解力テストで抜き去られてしまいました。 中国のアリババが開発したAIが、世界中で使用されている読解力テストのStanford Question Answering Dataset (SQuAD)において人類の最高得点である82.305を越える82.44をマークしたことが分かりました。 アリババで自然言語処理を研究するLuo Si主任科学者「現在『なぜ雨が降るのか』といった客観的な質問に対してAIは極めて正確に回答できる」としており、今後各産業の多くの仕事が機械化されていくであろうと示唆しています。 Si氏によると「この得点をもたらした技術は徐々に多くの場所に適用されてゆくだろう。カスタマーサービスや美術館の解説員、オンラインでの問診サービスなど、人間による応対は前例のない形で減ってゆくだろう」とのこと。 なお、マイクロソフトも同様に自社が開発したAIが同テストで82.650をマークしたと発表。マイクロソフトはアリババが例示したよりももっと複雑な仕事もAIによって置き換えが可能であると考えており、判例を探して大量の法的文書を読み込んだり、膨大な医学論文を検索して治療法を調べることもできるとしています。 BUZZAP!でも2016年の時点でIBMの人工知能Watsonが2000万件の医学論文を読み込み、特殊な白血病を10分で見抜いて患者の命を救ったことを報じており、こうした話は夢物語どころか実際の業績です。 AIと人間の言語を使って会話をするという生活は既にSiriなどの登場によって当たり前となっていますが、多くの場面でプロフェッショナルの人間に取って代わるという事態もSF的な思い過ごしとは言えなくなりそうです。 そろそろAIに政治的な判断をさせようとする国が出てきてもおかしくないのかもしれません。 Robots Are Now Beating Us At Reading Comprehension Tests Too _ IFLScience 【アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 火星の地下1~2mに最大100mに及ぶ氷の層が発見される、火星探査の大きな後押しに

    Photo by NASA 採掘可能な地表付近に大量の水の氷が発見されました。詳細は以下から。 火星にかつて大量の水が存在していたことは既に明らかにされており、2015年には火星表面に現在も液体の水が存在している可能性がNASAによって指摘されていました。 Photo by NASA しかし今回の発見は人類の火星探査の計画を根本的に変えてしまうほどインパクトのあるものです。なんと火星の中緯度地帯の地下1~2mという、採掘可能な地表付近に大量の氷が存在している事が示されました。しかも場所によってはその氷の層の厚さは100mにも及ぶとのこと。 この研究はアメリカ地質調査所のColin Dundas博士が主導したもので、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機、マーズ・リコネッサンス・オービターに搭載されたカメラHiRISEを使用。 火勢の中緯度帯の崩落の見られる崖や急斜面などの8箇所を調査しました。これらの地点では崩落によって地層が露出しており、氷の層を特定することが可能であった事から今回の発見に繋がりました。 この氷は将来的な有人火星探査が行われる際には極めて大きな意味を持ちます。地下1~2mという容易に採掘可能な深さに大量の氷があるということは、探査時にこれらを資源として活用できるということを意味します。 水はそのまま人間の飲み物になりますし、酸素と水素に分解することで呼吸のための空気にもなり、またメタンを生成することでロケットなどの燃料を作り出す事も可能。水、空気、燃料などが現地で調達できるとなればその分地球から運ぶべきリソースを減らすことができますし、現地で長期間生存する難易度が大きく下がります。 以前BUZZAP!ではキノコと苔類が火星と同じ環境下で18ヶ月生存したことを報じましたが、火星での食料の自給自足という大きな課題に対しても極めて大きな役割を果たすことは間違いありません。 Photo by eLKayPics / Lutz Koch イーロン・マスクのSpaceXの野望が夢物語ではなくなってきたと言えそうです。人類は果たして宇宙に進出し、コロニーを築くことができるのでしょうか? Huge Water Reserves Found All Over Mars (Photo by NASA,…

  • エジプトで発見された隕石「ヒュパティア」、太陽系内に存在しない化学組成だった

    あり得ない石が発見されてしまいました。どこから来たのでしょうか? エジプト南部で1996年に発掘された隕石に関する最新の研究結果が公表されているのですが、この隕石、地球外から来たことは明らかなのですが、なんとこれまで人類が発見してきた隕石や小惑星のどれとも組成が大きく異なっていることが明らかになりました。 通常の隕石の多くは大部分が珪素で多少の炭素を含むという、地球の組成に似た組成を持っているのですが、「ヒュパティア」と名付けられたこの隕石はまったく真逆でした。 ヒュパティアは極めて多くの炭素化合物を含んでおり、それらのほぼ全てがミクロサイズのダイヤモンドでした。また、炭素化合物の一部は多環芳香族炭化水素という宇宙塵の主成分が含まれており、純粋なアルミニウムまで含まれていたのです。 研究の主筆者であるヨハネスブルク大学のGeorgy Belyanin博士は「化合物ではなく純粋な金属の形でアルミニウムが含まれてた。これまでに金がこのような形で隕石から発見されたことはあるが、アルミニウムは一度もなかった。人類の科学が知る限り、これは地上でも太陽系内でも極めて起こりえないことだ」としています。 これに加えて隕石にしか見られないモアッサン石が予期せぬ形状で発見され、微量の鉄が結びついたニッケルリンというこれまで地球上で見つかったことのない物質も発見されています。 これらの事からヒュパティアは私たちの住む太陽系の構成物とは考えにくく、太陽系の起源を知るための大きな手がかりとなるとも考えられています。 研究を主導するJan Kramers教授によると「ヒュパティアは-196度以下の極低温下で生成されたと考えられる」とのこと。教授は「私たちは太陽系を離れた外宇宙の物質の化学組成についてはほとんど知らない。今後の研究はヒュパティアがどこから来たのかを探ることだ」としています。 去年は太陽系外からの天体オウムアムアが人類史上初めて観測されたことが大きな話題となりましたが、もしかするとこのヒュパティアもそうした外宇宙からの訪問者なのかもしれません。だとすれば人類史上に残る大発見ということになります。 ちなみにこの隕石の名前の由来となったヒュパティアは3~4世紀にエジプトのアレクサンドリアで哲学者、数学者、天文学者として活躍した女性の名前。 彼女はアレクサンドリアの新プラトン主義哲学校の校長となった人物なのですが、415年にローマ皇帝テオドシウス1世の異教徒・異端派の迫害方針の下、アレクサンドリア総司教キュリロスの部下の修道士らの手によって学園に向かう馬車から引きずり下ろされて裸にされ、生きたまま牡蠣の貝殻で肉を骨から削ぎ落とされて惨殺された後に焼却されました。 【エジプトで発見された隕石「ヒュパティア」、太陽系内に存在しない化学組成だった】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ

    セクサロイドは女性型だけではないのです。詳細は以下から。 BUZZAP!では昨年、性欲をもてあます男たちがエレクトロニクス系見本市という公共の場で女性型セクサロイドを弄りすぎて破壊するという愚かしい事件について報じましたが、男性用セクサロイドも登場し、「ロボットとのセックス」はより私たちの生活に近づいてきました。 Realbotix社のCEOであるMatt McMullen氏は年内にも同社が男性型セクサロイドを発売することを明らかにしました。McMullen氏は日本でも知名度の高いリアルドール社で20年に渡ってシリコン製のラブドールを開発してきており、昨年には女性型セクサロイドのコンセプトモデルであるHarmonyを公開しています。 HarmonyはAIを搭載し、複数の表情を表現し、瞬きをしたり頷くなどの反応が可能。喋ること場に合わせて口を動かすなどのきめ細かな動きを行う事も可能です。プレセールスでの値段はカスタマイズ次第ですがおよそ15000ドル(約170万円)とのこと。 Harmony, The First AI Sex Robot _ San Diego Union-Tribune – YouTube My conversation with an AI sexbot – YouTube 現在男性型セクサロイドには名前は付けられていませんが、基本的な会話や反応といった機能を持ちつつ男性的な筐体と男性的な声、そして人工ペニスを搭載することになります。なお、皮膚や目の色、髪型などに加えて人工ペニスのサイズもお好みどおりにカスタマイズ可能です。 現時点では人工ペニスが振動したりうねったりするのかは不明。正常位などでのピストン運動の可否についても明確にはされていません。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、使用者が満足する前に勝手に終了してしまうという事態が発生しない事に関しては人間の男性に勝ると言えそうです。 同社はHarmonyを作った時は「女性をモノとして扱っている(objectifying women)」という批判も受けたとのことですが、McMullen氏は「私たちは男性型と女性型の双方に等しく関心を持っている」「人々は我々が女性型だけ作っていると思い込みがちだから男女双方に提供することは大切だ」と取材に答えています。 実際にAI搭載で会話のできる男性型セクサロイドに興味をもって購入を考えている女性客も多いとのこと。またMcMullen氏は同社の製品を顧客らが単に性的な目的のためだけに使っているわけではないとし、「単なる性的玩具を超えたものだ」と述べています。 森見登美彦の「四畳半神話大系」でもラブドールを愛する人物が登場しましたが、既にAIが家族や子どもを欲し、女性の権利を主張し、自ら子どもを作ってしまう時代が来ている以上、「人ならざる存在への愛情」という問題も「ロボットとのセックス」以上に身近なものになってくるのかもしれません。 Male…

  • 全方向性の極めて俊敏で精密なドローン「Omnicopter」が開発、キャッチボールまで可能

    投げたボールも簡単にキャッチできる驚きのドローンが開発されています。詳細は以下から。 ドローンの性能の進化についてはBUZZAP!で何度も報じてきていますが、これまでのドローンの常識すら覆す機能を実装した新型が開発されています。 この全方向性ドローンはスイスのエンジニアDario Brescianiniさんとチューリッヒ工科大学のRaffaello D’Andrea教授が共同で開発したもの。全方向性(omni-directional)であることから「Omnicopter」と名付けられました。 Omnicopterは8つのプロペラと立方体の骨組みからできており、3次元空間のX軸、Y軸、Z軸全ての方向に対して極めて俊敏かつ精密に飛行が可能。 動画での解説はこちらから。 The Omnicopter – YouTube さらには軌道計算機能を実装しているため、投げたボールを取り付けられた自動的に網で捕獲するという離れ業も披露してくれます。この軌道計算機能は秒間50万通りの軌道計算を行えるとのことで半端な能力ではありません。 キャッチボールの動画は以下から。 Fetching Omnicopter – YouTube 人間の能力を遙かに超える計算を行いながら俊敏かつ精密な動きを実現しており、応用の幅は限りないものとなりそうです。 The Omnicopter, A Super Agile Omni-Directional Drone That Can Play Catch With a Ball…

  • 【要注意】2018年のトレンドはシリコンバレーが夢中になる「ローウォーター」でキマり!?

    日本人にとっては当たり前の様に飲んできた水が最新トレンドになっていますが、要注意案件です。詳細は以下から。 ◆1リットル400円超えの高価なトレンド…しかし品質は? 綺麗な湧き水や井戸水、登山やキャンプの際に山を流れるせせらぎから直接飲む天然水、どれも日本人にとっては昔から当たり前に存在していた飲み水でした。しかしそれは日本の地形や気候によってもたらされた豊かな水資源であり、海外ではまた事情が違います。 3年ほど前からアメリカ国内では、ペットボトルの水でもフィルターを付けて濾過した水でもない汲んだままの水が「ローウォーター」なる名前で商品化され、今やシリコンバレーの企業家らを中心に巨大なムーブメントになろうとしているのです。 値段は、例えばローウォーター草分けであるLive Water社の製品では2.5ガロン(10リットル)で36.99ドル(約4200円)という極めて高価なもの。24リットル分のペットボトルの水がAmazonで1166円で買える事を考えると約8.5倍の値段です。リフィルも可能ですがこちらも14.99ドル(約1700円)。 日本で飲まれる水道水以外の天然水は環境省などが「名水百選」「平成の名水百選」などを選定し、個人所有の井戸水についても飲用井戸として厚生労働省が検査や衛生対策を義務づけています。こうした中で名水がペットボトルで販売されるケースもありますが、あくまで厳しい基準をパスした良好な水質が保証されています。 しかしローウォーターはそのような厳格な基準をクリアしたわけでもなく、フィルタリングすらせずに採取された水をそのまま飲むという危険なものです。 ◆首謀者はガチガチの陰謀論者でした ローウォーターの生産者らはフィルターを使う事によって有用なミネラルが除去されてしまうと主張。さらにはこれまでのペットボトルのミネラルウォーターも藻類を除去するための紫外線やオゾンガスによる殺菌のせいで善玉菌が死滅してしまうとします。 Live Waterの創始者であるMukhande Singhさんは本当の水が新鮮であり続ける「消費期限」は月の巡るサイクルである1ヶ月だと言います。「時間が経ちすぎると本当の水は緑色に変色する。でも人々の飲む水は死んでいるから緑色に変わることすら知らないんだ」とのこと。頭を抱えるしかありません。 さらに水道水については「水道水なんてものは産児制限薬を投入された便所の水だ。クロラミンにフッ化物、私を陰謀論者だと言えばいい。でもフッ化物はマインドコントロール薬で歯の健康になど関係ないんだ」という意味不明な高説を垂れています。 お分かり頂けたでしょうか?つまりは極端な健康原理主義者が陰謀論やスピリチュアリズムと結びつきつつシリコンバレーの富裕層の移り気な注意を惹き付けた事で発生したムーブメントというわけです。 さすがに水については人一倍こだわりを持つ日本でこうした付け焼き刃のムーブメントがトレンドとなる事は考えにくいですが、ゆめゆめ宣伝文句に踊らされることのないよう注意したいものです。 Unfiltered Fervor_ The Rush to Get Off the Water Grid – The New York Times The…