Browsing Category

科学

  • 苦しく悲しい恋の終わりを乗り越えるための「科学的方法」とは?

    耐えきれないほどに辛い恋人との別れ、科学的に乗り越える方法を科学者たちが研究しています。詳細は以下から。 歓びに満ちた恋は人生を華々しく彩ってくれますが、そんな熱い恋にも終わりが訪れることがあることは誰もが知っているとおり。 そんな恋の終わりというものはいつだって立ち去る者だけが美しくて、残された者は戸惑いながら追いかけ、焦がれて泣き狂うのが世の常です。 科学がそんな身を焦がすような失恋の悲しみに対してどんな役に立つというのでしょうか?そう思ってしまいますが、ミズーリ大学セントルイス校のSandra Langeslag教授らはそんな悲しみをどうすればよいのかを真面目に研究しました。 研究者らは平均して30ヶ月間続いた恋愛関係が破綻した20歳から37歳の24人を被験者とし、3つの「悲しみを乗り越えるための方法」をテストしました。被験者らはそれぞれの方法と対照実験の4つのグループに分けられます。 最初のグループは元恋人のことをネガティブに考えるように支持されます。ふたつめのグループは起ったことを受け入れ、自らが相手に感じた愛は成り行きの中で自然なものだったと認めるように促されます。 そしてみっつめのグループは元恋人とは関係のない事に心を集中するように求められます。対照実験のグループは特に指示を出されません。 その後被験者らはアンケートに回答し、それぞれのグループの元恋人への思い入れを計測しました。その後被験者らは元恋人の写真を見せられながら脳波を計測されます。 その結果3つの全ての方法で、元恋人への短期的な情緒反応が減少したことが分かりました。ですが、これには注意点があります。 最初のグループは元恋人への愛情が減少しましたが、最終的な気分は悪化しました。ふたつめのグループは気分が良くなることも、元恋人への愛情が変化することもありませんでした。みっつめのグループは全体的に気分はより幸せになったものの、元恋人への愛情に変化は見られませんでした。 つまりどの方法でもそれなりに気分をコントロールすることは可能で、特に自分が失恋の喪失感に苛まれている時には有効です。ですがどれも長期的な解決には結びつきませんでした。恋の別れの痛手は一朝一夕で癒えるものではないというのが科学の出した結論です。 「そんなん分かってるわ!」という声が四方八方から聞えてきそうですが、科学的手法で調べてみても人類の積み重ねてきた体感は間違っていなかったということが証明された形になりました。 「失恋の最高の特効薬は次の恋」とはよく言ったものですが、なかなかそう簡単に「ダメだこりゃ!」から「次いってみよう!」となれないのも人間です。できるのは時間が癒やしてくれるのを待ちつつ、気持ちをオープンにしておく…くらいでしょうか? 【苦しく悲しい恋の終わりを乗り越えるための「科学的方法」とは?】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 金持ちは貧しい人より「気前が悪い」ことが科学的に判明

    体感として分かっていたことに科学がお墨付きを与えた格好です。詳細は以下から。 ◆金持ちは気前がいいわけではない マザーテレサはかつて「貧しい人たちは、私たちが彼らに与えるよりはるかに多くを、私たちに与えてくれます」と述べましたが、そうした傾向が科学的にも明らかになりました。 ロンドン大学クイーン・メアリーの研究者らがジャーナル「Basic and Applied Social Psychology」に発表した新しい研究によると、金を稼いでいる人ほどその儲けを他人と分かち合うことが少ないことが分かりました。 研究者らは社会実験として本物のお金を用いるゲームを実施しました。被験者らは「上級」「下級」に分けられ、最初に割り当てられる資産が決まります。 このゲームの中では、被験者らは自分が手元にキープする資産と全員で共有する共同積立金に寄付する金額を決定できます。なお、被験者の資産は時に運によって、また時には努力によって決定されます。 このゲームの結果、「下級」グループは「上級」グループに比べてより共同積立金に資産を投じました。一方「上級」グループは例え運によって資産を得た時でも共同積立金に寄付する事は「下級」グループよりも少なかったのです。 また、「上級」グループは努力によって資産を得た場合は運によって得た時よりもより寄付を行わないことが分かりました。 研究を主導したMagda Osman教授は「『上級』グループに属する人は、自らの資産が運によって得られたものか、努力によって得られたものかが協力のレベルを決める鍵だということが分かりました。これは『下級』グループの人には見られない傾向でした」と指摘します。 ◆貧者が利他主義というわけでもない またMagda Osman教授によると「自分が限られた資産しか持っていない場合、その資産を増やす明白な戦略は他者との協力です。誰かが協調的に動いたとしても、その理由は純粋な利他主義というわけでもないのです」とのこと。 つまり自分がするのと同じように他者も同じように共同積立金に貢献してくれれば、最終的には自分もそこから利益を得られるということ。 ただしもちろんゲームに参加する誰もが同じように振る舞うという保証はありません。別の言い方をすれば、「下級」グループの人は他の参加者が報いてくれる保証のないまま、より大きなリスクを取っていることになります。 Magda Osman教授は「もうひとつ驚くべき発見は、向社会的行動が(この場合では共同積立金への寄付)が思いやりとは関係ないところで行われていたということです」と指摘します。 「思いやりや共感が人々を社会的な行動に駆り立ててきたとこれまで多く主張されてきましたが、お金に関してはほぼ関係がなかったのです」とのこと。 ◆つまり、どういうことなのか この研究結果はマザーテレサの言葉の否定のようにも見えますが、日本の「情けは人のためならず」ということわざを考えてみればむしろ納得のいくものとも言えそうです。 個として所有するリソースが少ない人々が、それらのリソースを共有することで社会的な存在としてまとまるということは、社会的動物としての人類が村落などの共同体を作って暮らし始めたことにまで遡れます。 BUZZAP!では以前インドのストリートチルドレンが自分たちの起業や学業のために自分たちのための銀行を設立して運営してることを取り上げましたが、こうした事例はシェアリングが感情的な自己満足のためだけに行われているわけではないことを示しています。 逆に自らが既に成功している場合は、敢えて誰かと資産をシェアしなくても自らの生活や富を維持できるわけですから、そのような「お金持ち」には共同体などとシェアをしなくてもやっていけるため、動機づけが薄弱になると言えそうです。 だからこそ「ノブレス・オブリージュ」といった社会的責任が語られるようになるわけですが、今のところは個々の良心に任されているといった段階でしかありません。 なお、どれだけ儲けようと、さらに儲けて自分の資産を増やそうという人は少なからず存在していますが、そうした執着の理由まではこの研究では手が届いていません。 【金持ちは貧しい人より「気前が悪い」ことが科学的に判明】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • アームで「ドアを開けて部屋に侵入」することが可能な犬型ロボットをボストンダイナミクス社が開発

    人類の逃げ場がどんどんなくなっていきそうです。詳細は以下から。 2017年11月、新型aiboに対抗するかのように発表されたボストンダイナミクス社の犬型ロボット「SpotMini」の新モデル。 The New SpotMini – YouTube ボストンダイナミクス社はアメリカ国防総省の軍隊使用のための新技術開発および研究を行う機関、国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency:DARPA)からの資金援助を受け、軍事用として極めて優秀なロボットを作り続けてきた会社で、2013年にGoogleが買収した後、2017年になってソフトバンクが買収していました。 2016年に発表された旧モデルでは首長竜を思わせるロボットアームが取り付けられており、コップを片付けたり空き缶を捨てるといった動作が話題となっていましたが、新モデルではこのアームが削除されていました。 Introducing SpotMini – YouTube しかし公開されたばかりの最新の動画では再びアームが取り付けられたモデルが登場しており、このアームを器用に使って建物のドアを開け、仲間のアームのない「SpotMini」を部屋の中に招き入れる様子が映されています。 Hey Buddy, Can You Give Me a Hand_ – YouTube ドアはものによって開け方が違う上に、取っ手の形状も千差万別ですが、「SpotMini」は苦もなく取っ手を掴んでドアを開け、足でドアを支えながらアームを用いてドアを十分な広さまで開けて押さえているのが分かります。 これによって2体の「SpotMini」は無事に室内に侵入することができました。なお、この時点ではどれほど多様なドアを開けられるかは不明ですが、流れるような動きに目を見張らされます。 もちろんこれが災害救助用のロボットであれば、火災現場や有毒ガスなどの発生した場所などで安全に有効な活動ができる事になります。しかしもちろん軍事目的に使われれば人間の逃げ場はこれまで以上に限られてくることになるでしょう。 いつかこうしたロボットに解錠機能なども搭載されるようなことになるのでしょうか?…

  • 「ToDoリスト」を寝る前に書くと、寝付きが良くなります

    ベッドに入ってもなかなか眠れない…という人は試してみるとよいかもしれません。詳細は以下から。 早く眠りにつくための方法は睡眠薬から運動まで数限りなく提示されてきています。ですが、この方法だとほんの5分ほど手を動かすだけで効果が発揮されるとのこと。それは勉強や仕事の時に用いる「ToDoリスト」という意外なものでした。 アメリカ合衆国テキサス州のベイラー大学が主導した研究によると、寝る前に5分間ほど掛けて「これからやろうとしていること」について記述した人は平均で9分ほど早く寝入っていたことが明らかになりました。 せっかく寝る時に翌日の仕事や勉強のことを考えたら眠れるものも眠れなくなりそうな気がしますが、研究者らにしても理由はよく分からないとのこと。 実験は18歳から30歳の57人の健康な大学生を被験者として行われました。被験者らは2つのグループに分けられ、ひとつのグループはいわゆる「Tooリスト」に当たる未来の予定を、もうひとつのグループは「日記」のようなここ数日にやったことのリストをそれぞれ眠る前に書き記しました。 同時に被験者らからは睡眠ポリグラフによって脳波や血中の酸素レベルといった生理学的なデータも採取しています。これらのデータから、「ToDoリスト」グループは「日記」グループよりも平均で9分間早く寝付くことができていたことが判明。 しかも、より詳細な「ToDoリスト」を書いた人ほど早く眠りについていたことが分かりました。一方詳細な「日記」を書いた人ほど寝付くのが遅くなっていたとのこと。 心の中だけにしなければならないことを溜めておくよりも、リストにして吐き出した方が気が楽になる…ということなのでしょうか? もちろんこれは健康な若者を対象とした実験で、中高年層や既に睡眠障害を煩っている人は対象となっていないため、誰にでも適用できるとまで言うことはできません。 ですが、ちょっと寝付けないと思っている人は備忘録だと思って一度試してみてもいいかもしれません。 Writing A To-Do List Before Bed May Help You Fall Asleep Quicker _ IFLScience 【「ToDoリスト」を寝る前に書くと、寝付きが良くなります】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【研究報告】男性ホルモンの多い男はソフトロックやヘビーメタルがお好き

    Photo by Wikipedia 男臭い音楽が男臭い理由はホルモンに関係しているのかもしれません。詳細は以下から。 ライブハウスに行った時、もしくはフェスでとあるアーティストのステージを見ている時、フロアの男女比やクラウドの雰囲気が一種独特だと感じたことはありませんか?ある種のタイプの音楽がある種の人々を惹き付けている…という研究結果が報告されています。 長崎大学の土居裕和氏がジャーナル「Science Direct」に発表した研究によって初めて生物学的な傾向と音楽の好みに相関関係があることが示されました。 それによると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量の多い男性はソフトロックやヘビーメタルなどの「荒削りで雄々しい」タイプの音楽を好むとのこと。一方でテストステロンが少ない男性はクラシックやジャズのような「教養深く凝った」タイプの音楽をより好む傾向にあります。 こうしたことからテストステロンが情動反応の処理と記憶に大きな役割を持つ扁桃体に影響を与えている可能性があると考えられるということです。 実験では学生を主体とした37人の男性と39人の女性を被験者とし、様々なジャンルのあまり知られていない楽曲の一部を25曲分聴き、それぞれがどの程度好みかというレーティングを行います。同時に被験者から唾液を採取し、テストステロンの量を計測しました。 テストステロンは権勢欲や反抗心などと関係しているとされていますが、テストステロンの分泌量が多い男性は音楽に関してもソフトロックやヘビーメタルといった反抗的な傾向を持つ音楽をより好み、クラシックやジャズといった教養深く洗練されて社会的に崇高とされているタイプの音楽を好まない傾向が見られました。 一方、女性においてはテストステロンの分泌量と音楽の好みに関連性は見られませんでしたが、これは女性のテストステロンの分泌量が男性の5~10%程度と非常に低いレベルであるからではないかとされています。 ということで、フロアが男臭い男だらけの音楽ジャンルというものが存在することは以前から認知されていましたが、そうした傾向には男性ホルモンの分泌量による音楽の好みの違いというものが存在している事が明らかにされました。 ここで興味深いのは、ある音楽ジャンルが荒々しく反抗的であるかは音楽ジャンル自体の属性ではなく、社会的な位置づけによって変わるということ。例えばヘッセの「荒野のおおかみ」の中ではジャズは極めて野性的で荒々しい音楽として描かれ、高い精神性を持つモーツァルトを始めとしたクラシックと対置させられています。 そして60~70年代には不良が聴く音楽とされていたロックは今や反抗的なジャンルとは考えられず、ビートルズの楽曲は中学校教科書に掲載され、ボブ・ディランに至ってはノーベル文学賞まで受賞しています。 現在、日本ではそうした反抗・反逆の音楽を「レベル・ミュージック(Rebel Music)」と総称することがありますが、いったいどんな音楽が該当するのかは時代や社会の情勢と共に移ろいゆくものなのかもしれません。 Bob Marley – Rebel Music – YouTube Bryan Adams fans may have more testosterone _…

  • アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利

    囲碁やバク宙に続き、文章の読解力でもAIが人類を凌駕する時代となりました。詳細は以下から。 目覚ましすぎるAIの発展についてはBUZZAP!でも常に話題としてきましたが、囲碁では既に世界最強クラスの棋士でもまったく歯が立たなくなり、体操選手のようなバク宙を決めるロボットも登場したのが2017年の事。 その後もAIロボットがサウジアラビアで初となる市民権を得て「家族や子どもが欲しい」と発言した挙句、AIが作成した子AIが人間作のAIの性能を凌駕するという事態にまで発展しています。 それでも私たちが話す言葉だけは私たち人類が一番よく分かっているはず、機械になんて理解はできないはず、と信じていたものの、あっさりと読解力テストで抜き去られてしまいました。 中国のアリババが開発したAIが、世界中で使用されている読解力テストのStanford Question Answering Dataset (SQuAD)において人類の最高得点である82.305を越える82.44をマークしたことが分かりました。 アリババで自然言語処理を研究するLuo Si主任科学者「現在『なぜ雨が降るのか』といった客観的な質問に対してAIは極めて正確に回答できる」としており、今後各産業の多くの仕事が機械化されていくであろうと示唆しています。 Si氏によると「この得点をもたらした技術は徐々に多くの場所に適用されてゆくだろう。カスタマーサービスや美術館の解説員、オンラインでの問診サービスなど、人間による応対は前例のない形で減ってゆくだろう」とのこと。 なお、マイクロソフトも同様に自社が開発したAIが同テストで82.650をマークしたと発表。マイクロソフトはアリババが例示したよりももっと複雑な仕事もAIによって置き換えが可能であると考えており、判例を探して大量の法的文書を読み込んだり、膨大な医学論文を検索して治療法を調べることもできるとしています。 BUZZAP!でも2016年の時点でIBMの人工知能Watsonが2000万件の医学論文を読み込み、特殊な白血病を10分で見抜いて患者の命を救ったことを報じており、こうした話は夢物語どころか実際の業績です。 AIと人間の言語を使って会話をするという生活は既にSiriなどの登場によって当たり前となっていますが、多くの場面でプロフェッショナルの人間に取って代わるという事態もSF的な思い過ごしとは言えなくなりそうです。 そろそろAIに政治的な判断をさせようとする国が出てきてもおかしくないのかもしれません。 Robots Are Now Beating Us At Reading Comprehension Tests Too _ IFLScience 【アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 火星の地下1~2mに最大100mに及ぶ氷の層が発見される、火星探査の大きな後押しに

    Photo by NASA 採掘可能な地表付近に大量の水の氷が発見されました。詳細は以下から。 火星にかつて大量の水が存在していたことは既に明らかにされており、2015年には火星表面に現在も液体の水が存在している可能性がNASAによって指摘されていました。 Photo by NASA しかし今回の発見は人類の火星探査の計画を根本的に変えてしまうほどインパクトのあるものです。なんと火星の中緯度地帯の地下1~2mという、採掘可能な地表付近に大量の氷が存在している事が示されました。しかも場所によってはその氷の層の厚さは100mにも及ぶとのこと。 この研究はアメリカ地質調査所のColin Dundas博士が主導したもので、火星の周回軌道から火星を調査・探索する多目的探査機、マーズ・リコネッサンス・オービターに搭載されたカメラHiRISEを使用。 火勢の中緯度帯の崩落の見られる崖や急斜面などの8箇所を調査しました。これらの地点では崩落によって地層が露出しており、氷の層を特定することが可能であった事から今回の発見に繋がりました。 この氷は将来的な有人火星探査が行われる際には極めて大きな意味を持ちます。地下1~2mという容易に採掘可能な深さに大量の氷があるということは、探査時にこれらを資源として活用できるということを意味します。 水はそのまま人間の飲み物になりますし、酸素と水素に分解することで呼吸のための空気にもなり、またメタンを生成することでロケットなどの燃料を作り出す事も可能。水、空気、燃料などが現地で調達できるとなればその分地球から運ぶべきリソースを減らすことができますし、現地で長期間生存する難易度が大きく下がります。 以前BUZZAP!ではキノコと苔類が火星と同じ環境下で18ヶ月生存したことを報じましたが、火星での食料の自給自足という大きな課題に対しても極めて大きな役割を果たすことは間違いありません。 Photo by eLKayPics / Lutz Koch イーロン・マスクのSpaceXの野望が夢物語ではなくなってきたと言えそうです。人類は果たして宇宙に進出し、コロニーを築くことができるのでしょうか? Huge Water Reserves Found All Over Mars (Photo by NASA,…