Browsing Category

社会

  • スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開

    最悪の事態は免れそうですが、果たしてどのように落ち着くのかまだ予断を許しません。詳細は以下から。 ◆ダウンロード違法化法案とは? 2019年の通常国会に提出されるはずだった海賊版対策のダウンロード違法化を盛り込んだ著作権法改正案。 海賊版の漫画を多数掲載していた「漫画村」のようなサイトを規制するための法案のはずがスクショはNGだけど「漫画村」はOKとなってしまうという致命的な欠陥が発覚。 自民党知財戦略調査会長の甘利明元経済財政担当が「政治論としての判断」などと主張して強固に法改正を推進していましたが、漫画家をはじめとした表現者や多くのファンらの大反対により頓挫していました。 問題となっていたのは対象が違法DLサイトだけではなく、全ネットユーザーだったこと。個人ブログやツイッターの画面でも、権利者の許可のないアニメの絵やイラスト、写真などのコンテンツが含まれていればダウンロードは違法となります。 ブログやツイートに載せられた歌の歌詞や小説の一節などを端末内でコピーして張り付ける「コピー&ペースト」も禁止となり、「スクリーンショット」も撮影対象が著作権を侵害していれば違法ダウンロードとなります。 一方で「ストリーミング型(オンラインリーディング型)の海賊版サイトの視聴・閲覧が違法にならない」ため、漫画村タイプの海賊版サイトを規制できないという本末転倒の極みとなっていました。 その法案が今回再び息を吹き返しています。どうなっているのでしょうか。 ◆スクショや作品の一部DLはOKに 11月27日に開かれた文化庁の有識者会議では、これまでの権利者の許可無くネットに上げられた漫画や写真、文章といったコンテンツ著作権侵害物だと知りながらダウンロードする行為全般を違法化する方針を転換。 文化庁は著作権侵害物が付随的に含まれるスクリーンショットや、漫画作品のうち数コマのように分量の少ないダウンロードを違法としない案を議論のたたき台として示しました。 これにより、著作権侵害物などが映り込んだSNSやブログの投稿をスクリーンショットをしても違法とはならないことに。また数コマ程度の違法アップロードされた漫画のダウンロードも合法となります。 ただし、もともと無償で提供されているコンテンツのDLは違法のまま。また常習性のない単発のダウンロードも違法との位置づけです。 もちろんこれは有識者会議に向けた叩き台に過ぎず、今後どこまでが違法と線引きされるかは現時点では確定していません。 【スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【動画】牡蠣の海を浄化する凄まじい力、1匹で1時間に7.5リットルも

    東京湾の牡蠣を食べるのがダメ・ゼッタイな理由が一瞬で分かります。詳細は以下から。 牡蠣は海を浄化する生き物と呼ばれています。それは他の生物に比べて極めて大量の海水を自らの身体で濾過していくため。 成体の牡蠣は1対で1時間当たりなんと7.5リットルもの海水を濾過することが可能。アメリカ合衆国メリーランド州のNPO、The Chesapeake Bay Foundationがその様子をタイムラプス映像を撮影しています。 元々の海水と牡蠣を入れて浄化した海水の差はここまで明確です。 当サイトでは以前東京オリンピックに関して東京湾うんこまみれ問題を詳細に報じました。その際に東京湾を浄化するために牡蠣が大量に投入されたものの、その多くが死滅していたことをお伝えしました。 これだけの浄化能力を持つ牡蠣が死滅するレベルの汚染が東京湾で発生していることが実感して頂けるでしょうか。 なお現在も東京湾の牡蠣は全滅したわけではなく、2年前には千葉県市川市の江戸川放水路の河川敷に生息する牡蠣を中国人が大量に捕獲し、殻を捨てていくことが問題になっていました。 当然ながらこれらの牡蠣は汚染されている可能性が強く、何らかの形で食材として利用されているのであれば非常に危険ということになります。 【【動画】牡蠣の海を浄化する凄まじい力、1匹で1時間に7.5リットルも】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 内閣府が通告前の調査段階で蓮舫議員の個人情報を当事者に漏洩、「桜を見る会」追求に絡み

    通告された質問が漏れて政府が謝罪に追い込まれた事案が以前問題になりましたが、今回は調査段階にもかかわらず当事者にまでダダ漏れになっていました。 立憲民主党の蓮舫議員が11月22日午後に自身の公式ツイッターで、政治資金規正法違反の疑いも含めて紛糾している「桜を見る会」に絡み、この会に飲食物を提供したケータリング会社の「面識のない」CEOから「番号を伝えていない携帯電話宛に」突然連絡があったことを明かしました。 知らない番号で私の携帯に着信。一昨日の夕方。 「蓮舫さんの携帯ですか?」で始まる留守電には、その方の名前と会社名と肩書に続いて「お話したいことがあります」とありました。 「桜を見る会」に飲食物を提供する業務を担う会社CEOから、でした。 私はこの方を存じません。携帯も伝えてません。 — 蓮舫・立憲民主党(りっけん) (@renho_sha) November 22, 2019 蓮舫議員は桜を見る会を追求する動きの一環として、ケータリングについて内閣府と内閣官房の数人の職員と打ち合わせをしたものの、実際の調査はこれからというタイミングだったということです。 予算委員会理事懇の協議事項の一環として、桜を見る会の飲食物提供業者について2回、内閣府、内閣官房の数人の職員と打ち合わせでケータリングについて話しました。いただいた資料はこれだけ。まだ調査もしていない段階なのに、なぜ当事者のCEOから私の携帯に連絡がくるのでしょうか。 https://t.co/YOIF1paqCW pic.twitter.com/09UdkImJTf — 蓮舫・立憲民主党(りっけん) (@renho_sha) November 22, 2019 蓮舫議員が事務所を通じてこの番号に連絡したところ、「内閣の方から妻に連絡が」「蓮舫さんが調べてる、と」「妻や弟は総理夫人と学生時代から懇意だが」「仕事について説明したい」といった言質を得られたとのこと。 2015年、2019年の桜を見る会で提供された飲食物の違い、予算規模の違いを見始めたところでした。 事務所を通じてこの方に連絡したところ。「内閣の方から妻に連絡が」「蓮舫さんが調べてる、と」「妻や弟は総理夫人と学生時代から懇意だが」「仕事について説明したい」とのことでした。 https://t.co/wL4GnkvJuO pic.twitter.com/YPkXzW2snj — 蓮舫・立憲民主党(りっけん) (@renho_sha) November 22,…

  • 東京五輪暑さ対策は予算2.5倍の100億円超へ、「1300トンの氷で冷やす」「アイスクリーム配布」「乾杯コール」など斬新なアイディアも満載

    100億円を掛けても真夏の東京の暑さを押さえ込むことはできなそうです。詳細は以下から。 ◆予算100億円の暑さ対策の数々をご覧下さい 灼熱の猛暑が見込まれる東京オリンピックに対して大会組織委員会と東京都がまとめた新たな暑さ対策案が当初予算の40億円から2.5倍増となる100億円を超える見通しである事が明らかになりました。 東京オリンピックに関しては、これまで大会組織委員会、東京都、政府らが首に濡れタオル、打ち水、かぶる笠、朝顔、氷風呂、人工雪、遮熱性舗装などユニークな暑さ対策を多数打ち出してきましたが、いずれも有効な打開策とはなっていませんでした。 そんな中でマラソン・競歩の札幌開催という最善の暑さ対策が行われたものの、トライアスロンを含む他の競技は現時点でも東京開催のままです。 新たに提案された暑さ対策としては選手には「体を冷やす氷風呂のために数億円かけて1300トン以上の氷を用意する」「そのために冷凍庫や冷凍車も増設する」となっています。 またボランティアら大会スタッフには「アイスクリームや塩分補給の錠剤、汗ふきシート、瞬間冷却剤を配布」「1人あたり屋外会場では4本、屋内会場では2本のペットボトル飲料も配る」といった対策が提示されました。 加えて組織委は学生や社会人ら約50人に新しい知恵を出してもらう「アイデアソン」を実施。そこでは「水分補給を促す『乾杯コール』などで盛り上げる」「国旗をデザインした冷却ジェルシートの商品化」などが提案され、具体化が進んでいる模様です。 ◆100億円使っても安全は確保できない ただしここまでやっても十分ではありません。特に関係者らは複数の会場で屋根のない観客席が存在することが大きな課題としており、人工雪や仮説屋根などでも対策しきれない可能性を指摘。 組織委の幹部は「どこまで準備をしても、十分とは言えない。大会本番に向けて、やれることは今後もやっていきたい」としていますが、その結果として熱中症で倒れたり亡くなる人が出ればいかなる言い訳もできません。 選手やスタッフ、観客の生命の安全が守られないオリンピックを果たして開催してもいいものか、冷静な議論と決断が必要です。 【東京五輪暑さ対策は予算2.5倍の100億円超へ、「1300トンの氷で冷やす」「アイスクリーム配布」「乾杯コール」など斬新なアイディアも満載】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • ファミマの24時間営業体制が終焉へ、全店舗で時短営業許可

    コンビニは24時間営業という「常識」が最早常識ではなくなります。詳細は以下から。 ファミリーマートが加盟店に深夜休業を認める方針に転換したことが判明しました。 人手不足やドミナント出店などの要因によるコンビニ店長らの過酷な重労働が今年に入って大きくクローズアップされてきましたが、この方針転換で24時間365日営業を基本としてきたコンビニのあり方が大きく変わる事になります。 ファミリーマートでは2020年3月にも契約を改定し、ほぼ全ての加盟店が自らの判断で時短営業を実施できるようにするとのことです。 コンビニが多くの日本人のライフスタイルに密着した存在になっている事を考えると、私たちの日々の生活も大きく変わる事になりそうです。 【ファミマの24時間営業体制が終焉へ、全店舗で時短営業許可】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 東京五輪最大の暑さ対策「マラソン・競歩札幌開催」が決定、なおパラリンピックのマラソンは東京開催へ

    東京オリンピック最大の暑さ対策が決定したようです。詳細は以下から。 ◆東京オリンピックのマラソン・競歩は札幌開催決定 11月1日、国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会、東京都、政府によるトップ級協議が行われ、暑さ対策として2020年の東京オリンピックのマラソンと競歩が札幌で開催される事が決定しました。 都の小池百合子知事は「同意できないが、IOCの決定を妨げることはしない。合意なき決定だ」と事実上合意し、変更を受け入れています。 東京オリンピックに関しては、これまで大会組織委員会、東京都、政府らが首に濡れタオル、打ち水、かぶる笠、朝顔、氷風呂、人工雪、遮熱性舗装などユニークな暑さ対策を多数打ち出し、その度に話題になってきましたが、考え得る限り最も効果的な暑さ対策が実施されることになります。 一方IOCのコーツ副会長はトップ会談の合意点のひとつとして「マラソン、競歩以外は都外に移転させない」ことを確認しており、トライアスロンなど他の競技はあの猛暑の中で行われる事になりそうです。 ◆パラリンピックは東京開催 なお、2020年8月25日から9月6日まで東京で開催予定の東京パラリンピックに関しては、開催時期が1ヶ月程度ずれることからマラソンを東京都内で開催する予定。 大会組織委員会の武藤敏郎事務総長は東京開催について「これまでに議論を積み重ねスタート時間を朝6時半に早めているし、オリンピックの時期とは気温も違う。パラリンピックの関係者は現時点では満足していると理解している。特段に大きな問題になっているとは思っていない」と述べています。 2019年8月8日の東京の最高気温が35.5度で最低気温が26度。同年9月5日の最高気温が29.6度で最低気温が23度だったことを考えれば、1ヶ月で多少涼しくなる可能性はあるものの、スタートする早朝の気温が3度しか変わらないため不安も残りそうです。 ◆移転費用は誰が払うのか? また、合意点には「札幌移転の追加経費は都に負担させない」「既に都、組織委が支出したマラソン、競歩に関する経費で今後、都が活用できないものは都に負担させない」とされています。 ではその経費は誰が負担することになるのかについては明確な答えは出されていない模様ですが、日本人の税金がさらに投入されることになるのでしょうか? 【東京五輪最大の暑さ対策「マラソン・競歩札幌開催」が決定、なおパラリンピックのマラソンは東京開催へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【速報】「英語民間試験」導入延期へ、”身の丈”発言炎上や各種不備を受けて

    受験生にとっては大きな朗報となります。詳細は以下から。 萩生田文科相の「身の丈に合わせて」発言で大炎上していた2020年度に始まる大学入学共通テストの英語民間試験導入を文部科学省が見送る方針を固めたことが分かりました。 英語民間試験の受験期間開始まで半年を切っており、11月1日から受験に必要な共通IDの手続きが始まるため、50万人に上る受験生への影響を考慮したと見られます。 なお、現時点では2021年度には導入されるかについては不明です。 コメントを見る 【【速報】「英語民間試験」導入延期へ、”身の丈”発言炎上や各種不備を受けて】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…