Browsing Category

社会

  • 養育費不払いは国が立て替えへ、離婚相手の財産差し押さえも

    離婚に伴う養育費不払い問題が大きく前進することになります。詳細は以下から。 離婚したのに子供の養育費を受け取れず、困窮するひとり親家庭の問題は以前からずっと指摘されてきました。育児が大きな社会問題となる中、国が養育費を立て替える方針が固まり、法改正や法整備の検討に入りました。 1月23日、森法相は養育費不払い問題に関し、国が立て替える制度を創設するため、有識者による勉強会を27日に設置する方針を固めました。 不払い養育費の請求には離婚相手の対象財産を特定する必要があるものの、費用や時間などがひとり親家庭の大きな負担となります。またそうした知識や制度へのアクセスが難しいケースもあり、実際に養育費を受け取れているのは母子家庭全体の24%にとどまっていました。 今回の方針は2020年4月に施行される改正民事執行の養育費不払い問題に大きく関係したもの。 改正により、裁判所が自治体や金融機関に養育費を支払わない離婚相手の勤務先や預金口座の情報提供を命じられるようになるため、財産を差し押さえやすくなります。 このための費用は1件2000円ですが、強制執行までに一定の時間を要することなどから、今回の国が養育費を立て替える制度の創設という方向性になりました。 これまでは「逃げ得」状態だった養育費不払い問題ですが、バックレた離婚相手は今後司法からも行政からもしっかり追い込みをかけられることになります。 【養育費不払いは国が立て替えへ、離婚相手の財産差し押さえも】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「恵方巻は客に声掛けしまくって売り尽くす」セブンイレブンのフードロス対策が押し売り過ぎる

    確かに客に全部買わせればフードロスは出ませんが…。詳細は以下から。 セブン‐イレブン・ジャパンが1月17日に「エシカルプロジェクト」を全国展開すること、また大量廃棄が問題視される恵方巻などのフードロス削減対策も拡充させることを発表しました。 エシカルプロジェクトとは、販売期限間近な商品にシールを貼り、nanacoで購入した顧客に税抜価格の5%分のボーナスポイントを付与するシステムのこと。 他のコンビニでは既に廃棄前の値引きが行われていますが、セブンもこれに追随した形。現在テストエリアを拡充しつつありますが、2020年春全国へ拡大するということです。 ここまではよいのですが、問題は恵方巻などの予約商品への対応です。セブンは農林水産省のPR資材を活用し、官民一体で恵方巻のフードロス削減を目指すとしています。 その具体策として、各店舗による事前の予約促進、当日の販売促進に向けて、顧客への積極的な声掛けを実施するとしています。 実際の対応としては、節分前から当日に掛けてセブンで買い物をする際にレジで「恵方巻も合わせていかがでしょうか?」と声掛けされることになりそう。もちろんこの努力は各店舗の店長や従業員が負担することになります。 コンビニではこうした声掛けの営業は基本的に行われておらず、一言も発しなくても買い物ができる気軽さが支持されてきたはず。ちょっと買い物に行くたびに恵方巻の営業を掛けられては足が遠のく人も少なくなさそうです。 ネット上では既に「それはウザすぎる」「それやったセブンには二度と行かない」などの声も上がっており、フードロス的にも売り上げ的にも逆効果になる可能性も。また予約商品としてはおせちやクリスマスケーキなども存在しており、この時期に留まらず年間通して「地雷店」扱いされるケースも十分に考えられます。 ファミリーマートがおせちと大型クリスマスケーキを完全予約制にして大きく評価されましたが、恵方巻も目指す路線はこちらのはず。大量に作った恵方巻を怒濤の営業で「押し売り」する作戦が効を奏すのか、疑問符がつきそうです。 【「恵方巻は客に声掛けしまくって売り尽くす」セブンイレブンのフードロス対策が押し売り過ぎる】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「保守速報」管理人・栗田香の名前を大阪市が公表、ヘイトスピーチと正式認定

    ヘイトスピーチ(差別扇動表現)抑止条例により、大手ヘイトまとめブログ「保守速報」管理人の名前が公表されました。名実ともに差別主義者と認定されたことになります。詳細は以下から。 2016年1月15日に大阪市で成立した全国初のヘイトスピーチ抑止条例。有識者でつくる審査会と市がヘイトスピーチと認定した場合に行った個人や団体の名前を公表されることになっていましたが、あの「保守速報」管理人・栗田香の名前が公表されました。 大阪市は12月27日、松井一郎市長の名前で「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例に基づくヘイトスピーチの公表(案件番号「平 28-6」)」を公開しました。 ここでは、保守速報が2ちゃんねる(編集部注:現「5ちゃんねる」)に投稿された文章を編集したまとめ記事を掲載し、投稿されたコメントとともに不特定多数の者が閲覧できる状態にしていた事を同条例の第2条第1項に規定するヘイトスピーチに該当すると認定しています。 ヘイトスピーチを定義する条例の該当部分は以下のとおりです。 第2条 この条例において「ヘイトスピーチ」とは、次に掲げる要件のいずれにも該当する表現活動をいう。 (1) 次のいずれかを目的として行われるものであること(ウについては、当該目的が明らかに 認められるものであること) ア 人種若しくは民族に係る特定の属性を有する個人又は当該個人により構成される集団(以下「特定人等」という。)を社会から排除すること イ 特定人等の権利又は自由を制限すること ウ 特定人等に対する憎悪若しくは差別の意識又は暴力をあおること (2) 表現の内容又は表現活動の態様が次のいずれかに該当すること ア 特定人等を相当程度侮蔑し又は誹謗中傷するものであること イ 特定人等(当該特定人等が集団であるときは、当該集団に属する個人の相当数)に脅威を感じさせるものであること (3) 不特定多数の者が表現の内容を知り得る状態に置くような場所又は方法で行われるものであること (大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例より引用) 条例違反に対しては、すでに該当するページが削除されていることから「特段の措置はとらない」としており、ヘイトスピーチを行ったものの氏名として 栗田 香(保守速報 サイト運営者) という実名が晒されるに留まっています。同文書には保守速報に掲載された在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチの実例として極めて醜悪な文言が列挙されているため、閲覧の際には十分注意してください。 なお、同時に差別主義団体の在日特権を許さない市民の会(在特会)前副会長の川東大了も同条例によって氏名を公表されています。…

  • 年末年始に「他行ATMでの引き出し」等がNGに、全国一斉メンテで起こる事と対策まとめ

    忙しい年末年始、銀行ATMでの現金の出し入れが大幅に制限されることになります。いったい何ができて何ができなくなるのか、まとめました。 一般社団法人全国銀行協会の発表によると、2019年12月31日(火)23時52分から2020年1月4日(土)3時50分の間に金融機関をつなぐATMネットワークシステムのメンテナンスが実施されます。 これに伴って「取引金融機関以外でのATMの利用」と「他行あて振込みの利用」に制限が課せられることになっています。実際に何が起こるのか見ていきましょう。 ◆取引金融機関以外のATMの利用が制限される ■メンテ中にできなくなること ・取引金融機関以外のATMでの現金の引出しや預入れ ・ゆうちょ銀行やコンビニ等ATMで提携している金融機関発行以外のキャッシュカードでの現金の引出しや預入れ ■メンテ中でもできること ・取引金融機関のATMでの現金の引出しや預入れ ・ゆうちょ銀行やコンビニ等のATMで提携している金融機関発行のキャッシュカードでの現金の引出しや預入れ 例えばA銀行のキャッシュカードを持っている場合、A銀行のATMは利用可能ですがB銀行やC銀行など他行のATMは利用できなくなります。 またゆうちょ銀行やコンビニ等のATMは、A銀行が提携していれば利用できますが、提携していなければ利用できません。大手3行以外の地方銀行などの場合は事前に要チェックです。 ■コンビニATMの取扱時間は? 現実問題として初詣などでの外出に伴いコンビニでの引出しが多くなると思われるため、各コンビニATMの利用可能時間を見てみましょう。ローソン銀行とE-netで元旦の夜にシステムメンテナンスが実施されます。 また繰り返しになりますが、手持ちのキャッシュカードが提携していなければ使えないので注意してください。 ・セブン銀行(セブンイレブン等) 全日24時間利用可能となっています。公式サイトには同期間に利用停止となる金融機関一欄が公開されています。 ・ローソン銀行(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100等) システムメンテナンスのため2020年1月1日(水・祝)21:00から1月2日(木)7:00の時間は全ATMが休止します。この時間帯はいずれのキャッシュカードも使用できないため注意が必要です。 ・E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、コミュニティストア等) システムメンテナンスのため2020年1月1日(水・祝)21:00から1月2日(木)7:00の時間は全ATMが休止します。この時間帯はいずれのキャッシュカードも使用できないため注意が必要です。同期間の各金融機関の取り扱い日時などの詳細が公開されています。 ・ゆうちょ銀行(ファミリーマートの一部) 12月31日~1月4日まで全日0:05~23:55利用可能。 コンビニ側が人手不足といった理由により元日休業などが発生している場合もありますので、別途そちらの確認も必要となります。 ◆他行あて振込で「受取人口座名義」が必要に こちらは「三ヶ日に誰かにお金を振り込む」際の注意となります。この期間中に緊急で振り込む必要がある人がどこまで多いかは微妙ですが、見ていきましょう。 通常であれば振込先の「銀行名」「支店名」「口座番号」を入力した時点で「受取人口座名義」が表示されるため、それを確認して振り込みます。 ですが、この期間中は他行宛の振込では「受取人口座名義」が表示されず、自分で手入力しなくてはなりません。入力した「受取人口座名義」と実際の「受取人口座名義」が違っていた場合は振込ができない場合があるとのこと。 現在は振込に関する情報として、一字一句まで正確な「受取人口座名義」はなかなか共有されていないもの。そのため、この期間に他行宛の振込を行う事は可能な限り避けて前後に振り込んだ方が無難と思われます。 なお、自分の使う金融機関と振込先の金融機関が同じ場合には通常と同様に「受取人口座名義」は表示されます。 ◆実際にはどう対応したらいいの? 現在はわざわざ銀行まで行かずにコンビニなどでATMを利用する人が多いため、大手3行を使っている場合はそこまで気にする必要はなさそうです。地方銀行などを使っている場合は自分がよく利用するコンビニのATMが提携しているかをチェックしておいた方がよさそう。…

  • 【朗報】封じ込め失敗の「豚コレラ」が消滅、「豚熱(ぶたねつ)」に名称変更を与党促す

    現在も日本国内で猛威を振るい続けている豚コレラが消滅することが明らかになりました。詳細は以下から。 ◆依然終息の目処が立たない豚コレラ 2018年9月9日に最初の患畜が確認され、民主党政権での口蹄疫をはるかに超える1年3ヶ月にも渡り猛威を振るい続ける豚コレラ。 養豚場の豚へのワクチンの投与を農水省が拒否していたことから感染が拡大し、既に10万頭以上の豚が殺処分され、今年9月には関東圏にまで広がっていました。 ようやくワクチン接種は各地で始まったものの、その対応は遅きに失したと言わざるを得ない状況になっています。そんな中で突然豚コレラが「消滅」する事になりました。 ◆豚コレラあらため「豚熱(ぶたねつ)」へ 12月24日、農林水産省が家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」の法律上の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更する事を発表しました。 この変更は与党から、豚コレラという名前では「経口感染症『コレラ』のイメージが強い」との指摘を受け、農水省が日本獣医学会に新名称の検討を要請したもの。 日本獣医学会が高熱が出る症状などから「豚熱」が適当と判断したため、来年の通常国会に提出する予定の家畜伝染病予防法改正案から新しい名称に切り替えられます。 またこれに合わせてアジアで猛威を振るう「アフリカ豚コレラ(ASF)」も法律上、「アフリカ豚熱」と改称されることになります。  もちろん、名称が変わっても豚コレラ改め豚熱が収束した事にはならないので注意が必要です。 【【朗報】封じ込め失敗の「豚コレラ」が消滅、「豚熱(ぶたねつ)」に名称変更を与党促す】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開

    最悪の事態は免れそうですが、果たしてどのように落ち着くのかまだ予断を許しません。詳細は以下から。 ◆ダウンロード違法化法案とは? 2019年の通常国会に提出されるはずだった海賊版対策のダウンロード違法化を盛り込んだ著作権法改正案。 海賊版の漫画を多数掲載していた「漫画村」のようなサイトを規制するための法案のはずがスクショはNGだけど「漫画村」はOKとなってしまうという致命的な欠陥が発覚。 自民党知財戦略調査会長の甘利明元経済財政担当が「政治論としての判断」などと主張して強固に法改正を推進していましたが、漫画家をはじめとした表現者や多くのファンらの大反対により頓挫していました。 問題となっていたのは対象が違法DLサイトだけではなく、全ネットユーザーだったこと。個人ブログやツイッターの画面でも、権利者の許可のないアニメの絵やイラスト、写真などのコンテンツが含まれていればダウンロードは違法となります。 ブログやツイートに載せられた歌の歌詞や小説の一節などを端末内でコピーして張り付ける「コピー&ペースト」も禁止となり、「スクリーンショット」も撮影対象が著作権を侵害していれば違法ダウンロードとなります。 一方で「ストリーミング型(オンラインリーディング型)の海賊版サイトの視聴・閲覧が違法にならない」ため、漫画村タイプの海賊版サイトを規制できないという本末転倒の極みとなっていました。 その法案が今回再び息を吹き返しています。どうなっているのでしょうか。 ◆スクショや作品の一部DLはOKに 11月27日に開かれた文化庁の有識者会議では、これまでの権利者の許可無くネットに上げられた漫画や写真、文章といったコンテンツ著作権侵害物だと知りながらダウンロードする行為全般を違法化する方針を転換。 文化庁は著作権侵害物が付随的に含まれるスクリーンショットや、漫画作品のうち数コマのように分量の少ないダウンロードを違法としない案を議論のたたき台として示しました。 これにより、著作権侵害物などが映り込んだSNSやブログの投稿をスクリーンショットをしても違法とはならないことに。また数コマ程度の違法アップロードされた漫画のダウンロードも合法となります。 ただし、もともと無償で提供されているコンテンツのDLは違法のまま。また常習性のない単発のダウンロードも違法との位置づけです。 もちろんこれは有識者会議に向けた叩き台に過ぎず、今後どこまでが違法と線引きされるかは現時点では確定していません。 【スクショや作品部分DLは合法へ、「ダウンロード違法化法案」議論が再開】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【動画】牡蠣の海を浄化する凄まじい力、1匹で1時間に7.5リットルも

    東京湾の牡蠣を食べるのがダメ・ゼッタイな理由が一瞬で分かります。詳細は以下から。 牡蠣は海を浄化する生き物と呼ばれています。それは他の生物に比べて極めて大量の海水を自らの身体で濾過していくため。 成体の牡蠣は1対で1時間当たりなんと7.5リットルもの海水を濾過することが可能。アメリカ合衆国メリーランド州のNPO、The Chesapeake Bay Foundationがその様子をタイムラプス映像を撮影しています。 元々の海水と牡蠣を入れて浄化した海水の差はここまで明確です。 当サイトでは以前東京オリンピックに関して東京湾うんこまみれ問題を詳細に報じました。その際に東京湾を浄化するために牡蠣が大量に投入されたものの、その多くが死滅していたことをお伝えしました。 これだけの浄化能力を持つ牡蠣が死滅するレベルの汚染が東京湾で発生していることが実感して頂けるでしょうか。 なお現在も東京湾の牡蠣は全滅したわけではなく、2年前には千葉県市川市の江戸川放水路の河川敷に生息する牡蠣を中国人が大量に捕獲し、殻を捨てていくことが問題になっていました。 当然ながらこれらの牡蠣は汚染されている可能性が強く、何らかの形で食材として利用されているのであれば非常に危険ということになります。 【【動画】牡蠣の海を浄化する凄まじい力、1匹で1時間に7.5リットルも】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…