Browsing Category

歴史

  • 100年前、目覚まし時計に奪われた優しい仕事「ノッカー・アップ」

    多くの仕事が機械に奪われていく、そんな時代の職業のひとつでした。詳細は以下から。 毎朝あなたはどうやって目を覚ましていますか?自然と起きられる人もいますが、携帯やスマホでアラームを掛ける人、それとは別に目覚まし時計も必須という人も多いのではないでしょうか。 ですが、そうしたアラームをセットできない時代に人々が遅刻しないように起こして回る職業が存在していました。 時は産業革命のイギリス。農村部から都市に集まり、工場で働くライフスタイルが広まっていく中で、発生する問題が今もみんなの悩みのタネである「遅刻」です。 工場で働く労働者達は始業時間までに工場に到着するために、朝の決まった時間までには起きなければなりません。しかしこの頃はまだ目覚まし時計という文明の利器は庶民には行き渡っていませんでした。 そこで登場したのが「ノッカー・アップ(knocker-up)」という職業。杖や棒でドアをノックしたり、木や竹でできた長いスティックで窓をノックして人々の目を覚まさせるのです。 ノッカー・アップは依頼主が起きるのを確認するまでその家の前を動かず、週に数ペンスを稼いでいたということ(編集部注:当時の貨幣価値についてはこちらのブログポストでシャーロック・ホームズ作品を題材に面白く紹介されています)。 このノッカー・アップは当時多くの人がプロとして従事した職業で、マンチェスターのような工業都市で特に多かったとされています。特に朝の速い高齢の男女が従事する割合が高かった他、早朝パトロールの警官がバイトとしてやっていた例もあるとのこと。 このおばあちゃんは豆鉄砲を使って起こしていたようです。 19世紀末頃から目覚まし時計が徐々に普及し、このノッカー・アップという職業は遅くとも1920年頃には消滅してしまいました。 今もホテルのモーニングコールなどにうっすらと名残を残す「人を起こす仕事」ですが、機械が人間の仕事を奪っていった初期の例のひとつと言えそうです。便利さが極まってゆく中で、別の付加価値を求めてこうした仕事が復活することはあるのでしょうか? 【100年前、目覚まし時計に奪われた優しい仕事「ノッカー・アップ」】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 懐かしさが込み上げてくる、20世紀のテレビゲームを巡る風景の数々

    まだまだテレビゲームがスペシャルな存在だった時代でした。詳細は以下から。 2017年はNintendo Switchが発売されて大きなヒットとなりました。今やゲームは据え置き型に携帯型、スマホやタブレットでも気軽に楽しめる存在となっており、「テレビゲーム」という呼び方も少々古びて感じる時代になりました。 ですが2016年11月には1983年に発売されたファミコンの30タイトルを収録した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が大ヒット。今年の10月にも1990年発売のスーファミの21タイトル収録の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が大きな話題となりました。 20~30年前のゲームが今も古典的名作として振り返られるのは当時を知る世代には嬉しいことかもしれませんが、それでもやはり20世紀のテレビゲームをめぐる雰囲気は今とは違っていました。 誕生日やクリスマスのプレゼントでもらったゲームの中に広がる世界。それは今よりも遙かに粗いドット絵だったかもしれませんが、決して当たり前にありふれた存在ではなく、魔法のような魅力を放っていたのです。 プレゼントを猛然と明けて大喜びの様子。人種も民族も関係ありません。 手に入れたら後は夢中でプレイするだけ!懐かしいゲームの画面が見えます。 もちろんゲームに夢中になるのが子どもだけとは限りません。大人だって一心不乱にゲームに打ち込んでしまうのは今の時代の人ならみんな知っているとおりです。 クリスマスが過ぎ、歳末商戦が終わり、初売りが始まったわけですが、新しいゲーム機を手に入れたあなたはどんな気持ちでその世界に没入していくのでしょうか? Videogame Consoles of the ’80s_ This Is What Old School Gaming Looked Like _ vintage everyday 【懐かしさが込み上げてくる、20世紀のテレビゲームを巡る風景の数々】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった

    大阪市が「姉妹都市解消」を決定するなど、揺れに揺れるサンフランシスコの「慰安婦像」。 そもそも一体どうして建てられることになったのかを突き詰めていくと、そこには日本の保守を名乗る人々がせっせと掘った墓穴がありました。詳細は以下から。 ◆サンフランシスコ市と大阪市が姉妹都市解消へ 今年60年目を迎えたアメリカ合衆国のサンフランシスコと大阪市の姉妹都市関係。その解消を11月24日に大阪市の吉村洋文市長が正式に表明しました。一部メディアを中心に安倍首相とトランプ大統領の極めて友好な関係が強調される中、いったいなぜこのような事態に至ったのでしょうか。 姉妹都市解消の理由として吉村市長が挙げているのは、在米中国系民間団体が設置した慰安婦像と碑文をサンフランシスコ市が公共物化したこと。 サンフランシスコの市議会は慰安婦問題の市への寄贈を受け入れる決議案を11月14日の時点で全会一致で可決しており、エドウィン・リー市長は10日以内に拒否権を行使することが可能でしたが、自動執行を待つことなく、11月22日に決議案への署名を行っています。 慰安婦像について吉村市長がリー市長との会談を求めた書簡に対して、サンフランシスコ市側はメールで「会談は可能だが、慰安婦像について交渉の余地はない」と返信。 さらに安倍首相が「我が国政府の立場と相いれず極めて遺憾」と述べ、リー市長に対し拒否権を行使して像を受け入れないよう政府として申し入れていましたが、こちらも実を結びませんでした。 ではいったいなぜ慰安婦像の寄贈の受入を市議会が全会一致で可決し、市長も積極的に署名を行ったのでしょうか。そこには日本の自称保守界隈の「歴史戦」によって掘られた深い墓穴がありました。 ◆問題の慰安婦像はどのようなものなのか? まずは今回問題になっている慰安婦像がどのようなものかをざっとおさらいしておきましょう。 この像は、朝鮮半島と中国とフィリピン出身の若い女性3人が手をつなぎ円を描く様子を描いたブロンズ像。作者はイギリス生まれの彫刻家Steven Whyteさんです。 像の資料によると、この像が象徴するのは多様性、連帯、勇気、さらには記憶、回復力、正義とされています。 この像について吉村市長が問題視したのは碑文の記述です。吉村市長は碑文に対して「『日本軍が強制連行し、数十万人の女性を性奴隷にし、そのほとんどが捕虜のうちに亡くなった』というのは、一方的な主張だ。確実に歴史的事実でないものは日本バッシングになる。違うものは違うと明確に意思表示すべきだ」と主張しています。 少し長くなりますが、実際の碑文を掲示します。 “Our worst fear is that our painful history during World War II will be forgotten” —…