Browsing Category

格安スマホ

  • 「ちゃんとAndroidアップデートを提供しているメーカー」が明らかに、格安スマホのデメリットも

    Androidスマホのアップデートに積極的なのは、どのメーカーなのでしょうか。詳細は以下から。 調査会社「Counterpoint」のレポートによると、2018年第3四半期~2019年第2四半期にスマホを販売したメーカーの中でAndroid 9アップデートを最も多く提供したのはNokiaで、実に96%を占めたそうです。 続いてSamsung(89%)、Xiaomi(84%)、Huawei(82%)とスマホ販売台数シェア上位のメーカーが続くものの、同じシェア上位のOPPOが35%、vivoはわずか18%、シェア縮小が進むLGも16%……とかなり低調。日本でシェア上位のソニーやシャープは「その他」扱いで見ることができません。 最新のAndroidアップデートが提供される速度もNokiaが最速。販売台数シェア1位のSamsungは思いのほかアップデートの提供が遅く、Xiaomi、Lenovo、Huaweiの後塵を拝しています。 なお、レポートでは格安スマホのアップデート状況についても言及。200ドル(約2万円)未満の格安スマホはライフサイクルが短く、長期的なアップデートを受けるのが難しいとされています。 コメントを見る 【「ちゃんとAndroidアップデートを提供しているメーカー」が明らかに、格安スマホのデメリットも】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • UQ mobileが無料でマックをもらえる「auスマートパスプレミアム」先行体験キャンペーンを開催

    「auスマートパスプレミアム」の特典を無料でお試しできるキャンペーンをUQ mobileが開催します。詳細は以下から。 UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、今冬提供予定の「auスマートパスプレミアム」を事前に試せる「auスマートパスプレミアム」先行体験キャンペーンを実施するそうです。 このキャンペーンは、UQ mobileユーザーが「au ID」を登録するだけで「ダブルチーズバーガー」「プレミアムローストコーヒー(S)」の引き換えクーポンが無料でもらえるというもの。auスマートパスプレミアム利用料は発生しません。 クーポンは第1弾が10月29日~11月15日、第2弾は11月16日~11月30日に発行される予定で、キャンペーンページは以下からアクセスできます。 UQプレゼントキャンペーン|auスマートパスプレミアム 利用手順はこんな感じ。 ちなみにUQ mobileではau IDを登録して「かけ放題(10分/回)」「通話パック(60分/月)」を申し込んだユーザーに毎月最大3GBのデータ容量を追加してくれる「新料金登場キャンペーン データ増量」を2019年11月28日までの期間限定で提供しています。 コメントを見る 【UQ mobileが無料でマックをもらえる「auスマートパスプレミアム」先行体験キャンペーンを開催】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 新型格安スマホ「HUAWEI nova lite 3」発売へ、2万円台でP20 liteより高性能&AI対応カメラ搭載のとんでもないコスパに

    昨年格安スマホ市場で猛威を振るった機種の最新モデルが発表されました。詳細は以下から。 ファーウェイ・ジャパンのプレスリリースによると、同社は「novaシリーズ」の最新モデルとして「HUAWEI nova lite 3」を2月1日(金)から発売するそうです。 カラーバリエーションはコーラルレッド、オーロラブルー、ミッドナイトブラックの3色で、市場想定価格は2万6880円。 HUAWEI nova lite 3はティアドロップ型ノッチを採用した約6.21インチ(2340×1080、19.5:9)のフルビューディスプレイを採用。 ゲーム時などに消費電力を抑えつつ処理能力を向上させる「GPU Turbo」やAI対応プロセッサ「Kirin 710」に3GB RAM/32GB ROMを備えることで、昨年売れに売れた「P20 lite」より性能が大きく底上げされています。 なお、背面にはPDAF(像面位相差オートフォーカス)およびコントラストAF対応の1300万画素+200万画素デュアルカメラ、前面には1600万画素カメラを搭載。AIがシーンを自動認識し、最適な画質に切り替えてくれます。 対応バンドは以下。au VoLTE対応でドコモ、au、ソフトバンクすべての回線で利用できるほか、キャリアアグリゲーション対応で通信を高速&安定化できるようになりました。 3G:W-CDMA B1/2/5/6/8/19 4G:FDD-LTE B1/2/3/8/17/18/19、TD-LTE B41 コメントを見る 【新型格安スマホ「HUAWEI nova lite 3」発売へ、2万円台でP20 liteより高性能&AI対応カメラ搭載のとんでもないコスパに】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 月額なんと302円、えげつないコスパの「Huawei P10 lite」処分セールをUQ mobileが継続中

    コスパの良さで昨年SIMフリースマホ人気1位を獲得した「Huawei P10 lite」。 まもなく「Huawei P20 lite」が発売されることを受け、ものすごい処分価格で販売されていますが、月が変わった今月も引き続きお安く買えるようです。詳細は以下から。 ◆処分価格のHuawei P10 lite UQスポットやUQ mobile取り扱い各店のツイッターによると、6月2日(土)現在、各店舗でHuawei P10 liteが処分価格で販売中。中には一括0円の店舗もあり、「最低月額302円から使える」という案内も出されています。 お店によって契約条件が異なるため、事前にチェックが必要です。 ◆キャリア品質の回線速度で保証も割安、UQ版は結構お得 ちなみにUQ mobileでHuawei P10 liteを契約するメリットは、ひとえに回線速度。Huawei P10 liteは複数の回線を束ねて通信速度を高速・安定化させる「キャリアアグリゲーション(CA)」をサポートしていますが、CA非対応のiPhone SEですらこれだけの速度を出せます。 格安スマホが極端に遅くなるお昼でも快適に通信できるだけでなく、通信量カウントなしで300kbpsの回線を利用できる「節約モード」はライバルのワイモバイルにない魅力。LINEやTwitterはもちろん、ポケモンGOなどもプレイできます。 さらに万が一の時のための端末保証サービスの月額料金が圧倒的に違う(UQ mobileの端末補償サービスは月額380円、ワイモバイルの故障安心パックプラスは月額690円)上、UQは交換機が翌日届くなど、サービス内容も大きく異なるため、十分選択肢になります。 【月額なんと302円、えげつないコスパの「Huawei P10 lite」処分セールをUQ mobileが継続中】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • AQUOS senseと同性能で6800円の「g08」速攻レビュー、フルディスプレイやデュアルカメラも

    人気格安スマホ「gooのスマホ」シリーズ最新モデル「g08」が発表されたので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。 本日発売の「g08」の外箱。なかなかオシャレなデザインです。 開発元はフランスで設立された「Wiko」。しかしパッケージングを見ていると、中華メーカーにほど近いテイストを感じます。 驚かされたのが中身の充実っぷり。g08本体、クリアケース、保護フィルム、充電器、イヤホンマイクまでフルセットでパッケージングされており、必要なものが一式揃ったスターターパックとなっています。 充電器の出力は5V/1A イヤホンマイクは一般的な3.5mmジャックを採用したものです。 それではさっそくg08本体をチェック。 画面サイズは5.7インチHD+(1440×720)、新たなトレンドとなった18:9のフルディスプレイを採用しています。 前面カメラは2000万画素+800万画素デュアルカメラ仕様。超広角を生かしたグループショットも撮影できます。 左側面。 nanoSIMスロット×2、microSDカードスロットを採用。DSDSスマホにありがちな「DSDSを使おうとするとmicroSDが挿せない」という欠点を解決しました。 左には電源ボタンと音量ボタン 底面にはスピーカーおよびmicroUSB端子があります。 天面にはイヤホン端子 背面には指紋認証センサーと1600万画素カメラ。バッテリー容量は一般的な3000mAhです。 電源を入れてみたところ。「グーのスマホ」「g08」が表示されて、さっそく起動。 エントリースマホにありがちな2GB RAM/16GB ROMとは一線を画す4GB RAM/64GB ROMを搭載しています。 g08はAQUOS senseなどと同じエントリースマホ向けのプロセッサ「Snapdragon 430」を搭載しており、AnTuTuベンチマークのスコアは57736。ベースモデルは海外で発売された「Wiko View Prime」のようです。 レスポンスはSnapdragon 430スマホなだけあって、可もなく不可もなしといったところです。 g08の目玉であるDSDSをチェックするため、SIMを挿してみたところ。最初からau以外にも「UQ mobile」「mineo(auプラン)」「IIJmio(タイプA)」などのAPNがプリインされているため、面倒な設定は不要です。 手持ちのSIMがauのものしかなかったため、試しに2枚ともauのSIMを挿してみましたが、g08は4G+3G(W-CDMA)のDSDSに対応したモデルのため、3G側ではauのSIMは使えませんでした。「ドコモ回線の通話SIMと速度に定評あるUQ mobileのデータSIM」といった組み合わせなどが一番無難かもしれません。…

  • AQUOS senseと同性能で6800円の「g08」速攻レビュー、フルディスプレイやデュアルカメラも

    人気格安スマホ「gooのスマホ」シリーズ最新モデル「g08」が発表されたので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。 本日発売の「g08」の外箱。なかなかオシャレなデザインです。 開発元はフランスで設立された「Wiko」。しかしパッケージングを見ていると、中華メーカーにほど近いテイストを感じます。 驚かされたのが中身の充実っぷり。g08本体、クリアケース、保護フィルム、充電器、イヤホンマイクまでフルセットでパッケージングされており、必要なものが一式揃ったスターターパックとなっています。 充電器の出力は5V/1A イヤホンマイクは一般的な3.5mmジャックを採用したものです。 それではさっそくg08本体をチェック。 画面サイズは5.7インチHD+(1440×720)、新たなトレンドとなった18:9のフルディスプレイを採用しています。 前面カメラは2000万画素+800万画素デュアルカメラ仕様。超広角を生かしたグループショットも撮影できます。 左側面。 nanoSIMスロット×2、microSDカードスロットを採用。DSDSスマホにありがちな「DSDSを使おうとするとmicroSDが挿せない」という欠点を解決しました。 左には電源ボタンと音量ボタン 底面にはスピーカーおよびmicroUSB端子があります。 天面にはイヤホン端子 背面には指紋認証センサーと1600万画素カメラ。バッテリー容量は一般的な3000mAhです。 電源を入れてみたところ。「グーのスマホ」「g08」が表示されて、さっそく起動。 エントリースマホにありがちな2GB RAM/16GB ROMとは一線を画す4GB RAM/64GB ROMを搭載しています。 g08はAQUOS senseなどと同じエントリースマホ向けのプロセッサ「Snapdragon 430」を搭載しており、AnTuTuベンチマークのスコアは57736。ベースモデルは海外で発売された「Wiko View Prime」のようです。 レスポンスはSnapdragon 430スマホなだけあって、可もなく不可もなしといったところです。 g08の目玉であるDSDSをチェックするため、SIMを挿してみたところ。最初からau以外にも「UQ mobile」「mineo(auプラン)」「IIJmio(タイプA)」などのAPNがプリインされているため、面倒な設定は不要です。 手持ちのSIMがauのものしかなかったため、試しに2枚ともauのSIMを挿してみましたが、g08は4G+3G(W-CDMA)のDSDSに対応したモデルのため、3G側ではauのSIMは使えませんでした。「ドコモ回線の通話SIMと速度に定評あるUQ mobileのデータSIM」といった組み合わせなどが一番無難かもしれません。…

  • 格安スマホ界に激震必至、Snapdragon 835搭載の「Xiaomi Mi6」がついに3万円台に

    昨年発売された世界初のSnapdragon 835搭載スマホ「Xiaomi Mi6」が、ついに3万円台にまで値下がりしてしまいました。 格安スマホ界のバランスを崩しかねない価格破壊っぷりです。詳細は以下から。 まずは「Xiaomi Mi6」を振り返り。ガラスの下に指紋認証センサーが配置された上、iPhoneと違ってカメラが出っ張らないなど、ボディの完成度はピカイチです。 SIMカードスロット、音量ボタンの高さを揃えるなど、とにかくデザインにこだわった一台。 カーブしたガラスを四隅に採用し、フレームはステンレス。高い性能だけでなく、高級感を実現したのがXiaomi Mi6です。 そしてここからいよいよスペックの解説。Xiaomi Mi6は2017年夏~冬にかけて発売された「Galaxy S8」「Xperia XZ1」「AQUOS R」「HTC U11」「isai V30+」などと同じ「Snapdragon 835」を搭載した、正真正銘のフラッグシップスマホです。 5.15インチフルHD(1920×1080)ディスプレイには、600nit~1nitまでの明るさを4096段階で調節できる、目に優しいスマートバックライトを採用しています。 デュアルスピーカー採用でステレオ音声を再生可能。 シリーズ初の防滴仕様を実現しています。 背面には光学4軸手ブレ補正、PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応の1200万画素デュアルカメラを搭載。バッテリー容量は3350mAhです。 標準レンズでの撮影に加えて、光学2倍ズームでの撮影を楽しめるのが特徴です。 Xiaomi Mi6の特徴をまとめるとこんな感じになります。 技適マークの問題があるものの、Xiaomi Mi6は以下のネットワークに対応。より高速かつ安定した通信を実現する「3波キャリアアグリゲーション」をサポートしています。 3G(W-CDMA:B1/B2/B5/B8、CDMA1X/EVDO:BC0) 4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8、TD-LTE:B38/B39/B40/B41) 以下の通販サイト「Banggood.com」でのXiaomi Mi6(4GB RAM/64GB ROMモデル)の本体価格は3万9436円。携帯各社から8~10万円程度で販売されているフラッグシップスマホと同じ性能なのに半額以下という、恐ろしいほどのコストパフォーマンスを実現しています。…