Browsing Category

杉田水脈

  • 「倒錯的で異常」など類を見ないLGBT叩きに舵を切った「新潮45」、販売部数激減で休刊の危機が背景に

    今年に入って朝日新聞を始めとする「リベラル的なもの」への攻撃を強め、ついにはLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、嗜好はフェチズムなどを指す)」「生産性がなく支援不要」と断じる杉田水脈議員の寄稿文まで掲載した「新潮45」。 なぜそこまで極端な誌面へとシフトしたのか、そこには悲しい理由がありました。詳細は以下から。 ◆LGBT叩きを加速させる「新潮45」、類を見ない規模に まず見てもらいたいのが先ごろ発売された新潮45の10月号。「【特集】「野党」百害」と題し、野党をけなす見出しが躍ります。 注目すべきは「【特別企画】そんなにおかしいか「杉田水脈」論文」という企画。杉田議員は悪くないという切り口の特集が組まれています。 なお、見出しの中に「特権」という言葉がありますが、LGBTが求めている同性パートナーシップ制度はあくまで異性愛者のカップルと同じ権利を認める制度。 異性愛者に先んじるものでも、ましてや優遇するものでもなく、老後になって相続や手術の同意書へのサインなどで困るLGBTカップルが数多く生まれていることを踏まえたものです。 そんな特集の内容は案の定、杉田議員の意見に賛同するどころか、LGBTに対する嫌悪感を剥き出しにした上で容赦なく罵倒するもの。 「東京レインボープライド」が年々参加者を集め、ようやくLGBTの存在が認められつつある中、「美しい日本」をうたう人々が大手商業誌で類を見ない規模のLGBT叩きを見せつけています。 ここまで大々的に露骨な悪意がLGBTに向けられることは今までになく、杉田水脈議員の寄稿文が掲載された号と合わせて、LGBTへのバックラッシュの歴史的資料として名を残すことになりそうな新潮45。同誌には明らかに転換を迎えた時期がありました。 ◆2018年に入ってから大きくシフトした「新潮45」 新潮45の掲載内容の変遷は、2017年末からの推移を見れば顕著。2017年11月・12月時点では、与野党問わず政治家のダメ出し的な記事が載るなどしていました。 しかし2018年1月号からは現加計学園客員教授ケント・ギルバート氏などによる「不戦主義では平和を守れない」などの記事が載り始め…… 2月号では「【特集】「反安倍」病につける薬」として、WILLやHANADA、正論もかくやといった執筆陣による野党・リベラル的なものをひたすら叩く記事が載るようになりました。 4月号では自称保守界隈が愛してやまない人気コンテンツ・朝日新聞叩きを「【特集】「朝日新聞」という病」という形で掲載しています。 ◆「新潮45」の部数は危険水準に 「一般社団法人 日本雑誌協会」が保有している発行部数データによると、今から10年前の2008年当時では、新潮45は月間4万3000部弱を発行していました。 しかし2012年には2万5000部にまで減少。 2017年初頭には2万部を割り込んでいますが、それでも下げ止まらず、2017年末には1万7000部になっています。 なお、上記の数字はあくまで発行部数であり、実売部数ではありません。つまり新潮45の売り上げは間違いなく休刊・廃刊が見える危機的水準に到達していると考えていいわけです。 上記の事情を鑑みると、2018年に入って急に特定の方向にシフトした理由が分かりますが、その甲斐あってか部数の下落ペースが縮小。しかしジリ貧なことに変わりはありません。 リベラル的な存在やLGBTに唾(つばき)して、汚名を一身に受けながらも生き残ることを選んだ新潮45。 しかし、プライドも矜持も捨ててしまったようにしか見えず、もはや言論媒体として終焉を迎えた気がしてなりません。 【「倒錯的で異常」など類を見ないLGBT叩きに舵を切った「新潮45」、販売部数激減で休刊の危機が背景に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 安倍首相「杉田水脈議員(51)は若いから『LGBTは生産性がなく支援不要』発言は不処分」

    若さは関係ありませんし、そもそも若いとは言えそうにありませんが…?詳細は以下から。 ◆安倍首相が杉田水脈を「不処分」と明言 安倍首相が9月17日のTBSの番組で、自民党の杉田水脈衆院議員がLGBTのカップルは「生産性がない」などと月刊誌に寄稿して国際的な問題となったことに関して「まだ若いから、注意をしながら仕事をしていってもらいたい」と述べ、処分は不要との考えを明らかにしました。 安倍首相は同時に自身が子宝に恵まれなかったことに触れて「生産性がないと言われると、大変つらい思いに私も妻もなる」と語り、「政治家は自分の言葉によって人がどのように傷ついているか、十分に考えながら発言をすべきだ」とも指摘しました。 これは極めて奇妙な対応で、杉田議員は安倍首相が「杉田さんは素晴らしい」と一本釣りの形で比例代表のトップに吸えた「秘蔵っ子」の議員である事は櫻井よしこが明言しているとおり。 【自民党からの出馬が決まりました】facebookやツィッターを停止しており、皆様には大変ご心配をおかけいたしました。急な解散に伴い、複数の政党より出馬の要請を受けておりました。が、この度、自民党からの出馬が決定いたしました。最後に背中を押していただいたのは櫻井よしこ先生です。 https://t.co/vwPmxBlfHR — 杉田 水脈 (@miosugita) 2017年9月29日 安倍首相に杉田水脈を登用した責任があることは明確で、この問題はGuardian、Indipendent、CNNらが報じた事で既に国際的な問題にも発展しています。 安倍首相は自らに子供がないことを引き合いに出しましたが、その上での不処分の決定は「発言に重大な問題があることを理解しながらも処分しない」という是認の姿勢を世界に向けて公式に打ち出したことになります。 安倍夫妻の例を出すまでもなく、これまで多くの批判があったようにこの発言は決してLGBTに留まる問題ではありません。子供ができなかったり作らない判断をした夫婦や障害者、病気や老衰で働けない人など、「生産性がない」と判断された全ての人への攻撃であり、安倍政権はこれを容認したということになります。 その不処分の理由が51歳の衆議院議員に対して「まだ若いから」というのはお笑いぐさにもなりません。中学生であったとしても親を呼んでみっちりと説教しなければならないレベルの発言ですが、これで理解を得られると考えているのでしょうか? ◆「生産性」発言とはどんな問題だったのか? この問題の発端は「新潮45」の記事を自らもセクシャルマイノリティであることをカミングアウトしている立憲民主党の尾辻かな子議員が指摘したもの。 杉田水脈自民党衆議院議員の雑誌「新潮45」への記事。LGBTのカップルは生産性がないので税金を投入することの是非があると。LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある。 pic.twitter.com/5EbCaMpU9D — 尾辻かな子 (@otsujikanako) 2018年7月18日 「LGBT支援の度が過ぎる」と題された文章の中で杉田議員は以下のようにLGBTカップルには「生産性がない」と断じ、税金を使うことを以下のように批判しました。 例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のために税金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。 彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。 これが大炎上となり、各所から徹底的な批判が行われ、上述したようにGuardian、Indipendent、CNNらも報じることで国際的な批判を浴びることになりました。 ◆杉田議員は確信犯であり自民党も同罪 寄稿の内容は絶句する内容ですが、杉田議員は2015年の時点で「生産性がないLGBTに支援が不要」という考え方を披露しており、決して今回筆が滑っただけという話ではありません。 2015年7月5日に公開された動画「【日いづる国より】杉田水脈、LGBT支援論者の狙いは何?」でも中山恭子、すぎやまこういちのインタビューに「はっきり申し上げます。生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか?っていう」と回答し、「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話しています。 Japanese parliamentarians…

  • 「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑う杉田水脈議員が中東デビュー、あのアルジャジーラが拡散

    日本の現役国会議員が持つ、LGBTに対する人権意識が世界に発信されてしまいました。 もちろんあの笑顔もセットです。詳細は以下から。 カタールの衛星放送局・アルジャジーラ公式ツイッターによると、「LGBTは生産性がないので支援は不要」と笑顔でインタビューに答える杉田議員の動画を簡潔にまとめたものが報じられています。 This Japanese lawmaker doesn't think LGBT people deserve social welfare because they're not “producing” children. pic.twitter.com/8wtkfcJ245 — AJ+ (@ajplus) 2018年7月24日 まずは杉田議員の発言およびリベラルデモクラティックパーティー(自由民主党のことです)の政治家であることがまとめられた上で…… 2015年に公開されたすぎやまこういち、中山恭子による杉田水脈インタビュー動画を紹介。 「テレビの討論番組から電話が掛かってきまして、『LGBTの知識を学校教育で教えるべきかどうか』という事に対しての意見をくださいという風に言われまして、(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)私は『当然そんなものは必要ありません』」という内容の英訳。 杉田「はい。と言ったら、なんて言われたかというとですね、『同性愛の子どもは、普通に正常に恋愛出来る子どもに比べて自殺率が6倍高いんだ』と。『それでも貴方は必要ないっと言うんですか!』みたいな事を言われまして(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)」もバッチリ英訳されています。 LGBTの子どもと対比して「普通に正常に恋愛出来る子ども」という表現を用いながら、「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と話す笑顔もこの通り。もちろん公開された動画をそのまま使っているので、悪意ある編集などは存在しません。 色んな人の人生を踏みにじる、悪い意味で「日本スゴイ」「ちょっとは控えてくれよニッポン」という声が聞こえてきそうな一連の発言。公開半日ですでに11万5000再生を突破しています。 【「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑う杉田水脈議員が中東デビュー、あのアルジャジーラが拡散】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい

    「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動の原点となる動画が発掘されました。 杉田水脈議員自らが示すLGBTへの考え方を動画でごらん下さい。詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが2015年7月5日に公開された動画「【日いづる国より】杉田水脈、LGBT支援論者の狙いは何?」の要約。中山恭子、すぎやまこういちが杉田水脈にインタビューする形となっています。 以下書き起こし。先日炎上した「LGBTは生産性がなく支援不要」という意見は、2015年の時点で明確化されていました。 杉田「はっきり申し上げます。生産性がない同性愛の人達に皆さんの税金を使って支援をする。どこにそういう大義名分があるんですか?っていう」 杉田「テレビの討論番組から電話が掛かってきまして、『LGBTの知識を学校教育で教えるべきかどうか』という事に対しての意見をくださいという風に言われまして、(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)私は『当然そんなものは必要ありません』」 極めつけがこちら。「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」という話を、笑いながら話しています。「普通に正常に恋愛出来る子ども」という表現といい、LGBTへの純粋な悪意しかそこにはありません。 杉田「はい。と言ったら、なんて言われたかというとですね、『同性愛の子どもは、普通に正常に恋愛出来る子どもに比べて自殺率が6倍高いんだ』と。『それでも貴方は必要ないっと言うんですか!』みたいな事を言われまして(中山恭子、すぎやまこういちの笑い声が入る)」 「悪意のある編集だ!」と言いたい人はオリジナルの動画で確認を。11:45あたりに問題のシーンがあります。 【「同性愛の子どもは自殺率が6倍高い」と笑いながら話す杉田水脈議員の動画をごらん下さい】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質

    一連の流れから、杉田議員とは一体どういう人物であるのかを振り返ってみました。詳細は以下から。 ◆発端は新潮45の「LGBT支援の度が過ぎる」という記事 まず見てもらいたいのが発端となった「新潮45」の記事。自らもLGBTという立場から議員活動を行っている立憲民主党の尾辻かな子さんが、自民党・杉田水脈議員が寄稿した記事を問題視しました。 杉田水脈自民党衆議院議員の雑誌「新潮45」への記事。LGBTのカップルは生産性がないので税金を投入することの是非があると。LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある。 pic.twitter.com/5EbCaMpU9D — 尾辻かな子 (@otsujikanako) 2018年7月18日 「LGBT支援の度が過ぎる」と題した杉田氏の文章は以下のようにLGBTを「生産性がない」と断じ、税金を使う事への嫌悪感を隠さないもの。 例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のために税金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。 彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。 しかし日本のどこを振り返ってみても、LGBTに対して何らかの積極的な支援が行われているという実情はなく、多額の税金が投じられている実態もBuzzap!編集部員は寡聞にして存じません。 ここ数年で話題になったことといえば「同性パートナーシップ制度」ですが、あくまで異性愛者のカップルと同じ権利を認める制度です。異性愛者に先んじるものでも、ましてや優遇するものでもありません。「度が過ぎるLGBT支援」など、はじめから存在しないのです。 ちなみにBuzzap!編集部で調査したところ、「同性パートナーシップ制度」導入にあたって渋谷区(総予算額約858億円)が計上した予算は190万円。 税金の無駄呼ばわりされる規模ではまずなく、LGBTカップルが抱えてきた老後・相続などの法律問題をクリアできるようになるのであれば、むしろ費用対効果が高いとさえ言えます。 ◆LGBTは生産性がなく支援不要=自民党の公式見解 案の定、寄稿や各ツイートが大炎上してしまった杉田議員が次に行ったのが、自民党を使った自己肯定。大臣クラスをはじめとした先輩議員が「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけてくれたそうです。 「他党の議員が記事を切り取って~」と、さも悪し様に編集されたかのように言っていますが、杉田議員は2015年の時点で「生産性がないLGBTに支援が不要」という考え方を堂々と披露しています。本意でなかったかのように言うのは、むしろ不誠実です。 なお、自民党でLGBTの理解促進を進めている議員たちによると、杉田議員が寄稿した内容は「党の立場も配慮し言葉を選んだもの」とのこと。つまりLGBTに関する自民党の公式見解です。 ◆「殺害予告された被害者」として幕引き 口を開けば開くほど燃える状況に陥ってしまった杉田議員。本日昼に「ゲイだと名乗る人間から事務所に殺人予告が届きました」とツイートした上で一連のLGBTに関する投稿を削除し、幕引きを図る形となりました。もちろんLGBTに対する謝罪などもありません。 殺人予告は犯罪です。 しかし、もし本当に予告を行った人物がゲイで、周囲と違うことに思春期から悩みながらも生きてきた自らの人生を「生産性がない」と一蹴されたことが動機であるならば、杉田議員は己の言動を顧みるでしょうか。一連の言動を鑑みるに、結果は想像に難くないでしょう。 「杉田議員が何を書いたのか」はまともに触れず、「寄稿文に文句のあるゲイを名乗る男性から殺害予告があった」という体で殺害予告を取り上げる産経新聞。同性パートナーシップ制度を叩いていた同紙らしい卑怯さです。 なお、タレントのスマイリーキクチ氏は今回のケースについて、以下のようなコメントを発表しています。 【【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…