Browsing Category

日本青年会議所

  • 宇予くんや改憲マンガの源流、日本青年会議所(JC)独自の「日本国憲法草案」はあまりにも危険な代物でした

    「宇予くん」も「改憲マンガ」も、先の記事で紹介した政策集も思いつきのぽっと出ではありませんでした。 大きな反響のあった「宇予くん」と「改憲推進マンガ」、そして前記事で紹介した「日本歴史ばなし」、「共育」、「おまもりプログラム」といった一連の政策集の根源であり、集大成とも言えるものが日本青年会議所(JC)独自の「日本国憲法草案」という改憲草案です。 ◆自民党案よりも恐ろしいJC版「日本国憲法草案」 2012年10月12日、第2次安倍内閣発足直前に決定版の出されたこの改憲草案を見てみると、このおよそ半年前の4月27日に決定版の出た自民党改憲草案と同一のフォーマットで書かれていることが分かります。 ですがその内容は自民党改憲草案よりもさらに恐ろしく露骨なものとなっています。まずは前文を全て引用してみます。 ・前文と元首 前文 日本国は、四方に海を擁し、豊かな自然に彩られた美しい国土のもと、万世一系の天皇を日本国民統合の象徴として仰ぎ、国民が一体として成り立ってきた悠久の歴史と伝統を有する類まれな誇りある国家である。 我々日本国民は、和を貴び、他者を慮り、公の義を重んじ、礼節を兼ね備え、多様な思想や文化を認め、独自の伝統文化に昇華させ、豊かな社会を築き上げてきた。 日本国は、自主自立の主権国家としての権利を行使するとともに、責務を全うし、互敬の精神をもとに日本を含む地球上のあらゆる地域から貧困と殺戮をなくし、全世界の平和に貢献すると同時に、国際社会を率先して牽引すべき国家であると確信する。 我々日本国民は、国の主権者として、悠久の歴史と誇りある伝統を受け継ぎ、現在及び未来へ向け発展・継承させるために、五箇条の御誓文以来、大日本帝国憲法及び日本国憲法に連なる立憲主義の精神に基づき、ここに自主的に新日本国憲法を制定する。 読んで頂ければ分かるように、日本国憲法の前文にあるような理想や目的についての記述が極端に少なく、いかに日本が素晴らしいかという自分語りのために多くの分量が費やされていることが分かります。 「悠久の歴史と伝統を有する類まれな誇りある国家」「国際社会を率先して牽引すべき国家であると確信」「悠久の歴史と誇りある伝統を受け継ぎ、現在及び未来へ向け発展・継承させる」などの美辞麗句がこれでもかと並べられ、「万世一系の天皇」「五箇条の御誓文」「大日本帝国憲法」といったキーワードも登場。正直「教育勅語」がねじ込まれていないことに安堵するレベルです。 この辺りのキーワードがなぜ問題なのかというと、第1条が 天皇は、日本国の元首であり、日本国民統合の象徴であって、この地位は将来にわたって不変のものである。 という驚くべきものになっているから。同じく天皇を国家元首とする自民党案ですら「その地位は、主権の存ずる日本国民の総意に基づく」としていますが、JC案ではいきなり国民主権のくだりを削除して「この地位は将来にわたって不変のもの」としてしまいました。 ・軍隊保持、自衛権行使も「国会の事後承認」でOK そして第9条に関しては「第3章 安全保障」という項目が設けられて移され、第41条と第42条が割り振られています。第41条では侵略の否認が謳われていますが、第2項では集団的自衛権の保有と行使を認めます。 そして第42条では「軍隊を保持する」と明記されます。この日本軍の最高の指揮監督権が属する内閣総理大臣は自衛隊を行使するに当たって国会の承認を得る必要がありますが、「時宜によっては事後」で構わないという恐ろしいものになっています。 つまりは緊急事態だと言っておけば、内閣総理大臣は国会の承認無しですぐに軍隊を動かす事ができてしまうのです。 自民党改憲草案も国防軍の保持を明記していますが、任務遂行に関して国会の承認を事後でも構わないなどというとんでもない話はありません。 ・基本的人権の抹殺 国民の権利に絡む細かい変更は多岐に渡りますが、第8条では基本的人権は「国民の基本的な権利」と読み替えられた上に2項では「常に公の利益及び秩序を保つためにこれを利用する責務を負う」とされています。基本的人権は「侵すことのできない永久の権利」のはずですが、これが「公の利益及び秩序」を保つためのツール扱いされているのです。 第8条の3項ではこれが徹底され「国民の基本的な権利及びその他の権利については、国の安全、公の秩序の維持、及び公共の利益を損なわない限り、又はこの憲法第9条に定める非常事態の場合を除き、最大限に尊重される」とされます。 つまり「国民の基本的な権利」はもはや国家の都合によって限定的に適用されるに過ぎず、いかなる意味でも「基本的人権」たり得ない紛い物になっているということ。これはJCの改憲草案が基本的人権という近代国家の根底にある基本概念を採用していないということを直接的に意味します。 そして憲法草案の第9条は「国民は、国及び共同体の利害並びに世代を超えた利害等を、利他の精神をもって一体となり、解決する共同の責務を負う」という、どこからどう見ても国家総動員法の焼き直しとしか言えないとんでもないものになっています。この際には限定的な「国民の基本的な権利」すら尊重されなくていいことになっているのは上記のとおり。 当然ながら日本国憲法の、基本的人権を「侵すことのできない永久の権利」とする第97条は完全消去されています。 ・家族への執着と家父長制への回帰 第22条では婚姻と家族に関する原則が示され、「家族は、共同体を構成する基礎であり、何人も、その属する家族の維持及び関係の強化に努めなければならない」という項目が新設されています。一言で言うなら大きなお世話であり、家族というプライベートな単位のあり方に国家の最高法規が口を挟むべきではありません。 離婚はもちろん虐待やDVなど、家族という単位で極めて重大な結果をもたらす犯罪が多発しているのは周知の事実ですが、憲法にこうした家族間を無理矢理入れ込むことがより悲惨なケースを増加させることは間違いないでしょう。 そして2項の婚姻に関する記述では「両性の合意のみに基づいて」から「のみ」が削除され、「夫婦が同等の権利を有することを基本として」という部分が削除されています。小さな言葉遣いの問題に見えるかもしれませんが、明らかに家父長制への回帰を望む変更であり、おいそれと看過できるものではありません。…

  • 宇予くんや改憲マンガは序の口、日本青年会議所(JC)の政策集がドン引きレベル【共育、おまもりプログラム編】

    「宇予くん」や「改憲推進マンガ」が強烈すぎて他に目がいかなくなりがちですが、そこらの愛国カルトも顔負けの政策がずらりと並んでいます。詳細は以下から。 前記事では「日本歴史ばなし」という歴史修正主義プロジェクトについて詳しく見てきましたが、今回は道徳教育推進委員会の推進する「共育」と安全保障確立委員会の「おまもりプログラム」に触れてみようと思います。 ◆トンデモ疑似科学「親学」をベースにした「共育」を推進 「親子で学ぼう チャレンジ!ともいく!」という項目があるのですが、ではいったいここに出てくる「共育」とは何なのでしょうか?コトバンクには 《「ともいく」とも》親・教師・学校など教育権を持つ主体だけでなく、多様な立場や領域の人や組織が連携して教育を担うこと、あるいは教育・養育・指導を行う側と受ける側がともに学び成長すること、などを意味する造語。 (共育(キョウイク)とは – コトバンクより引用) とあり、Google検索するとMazdaや生協関連のシーエックスカーゴ、複数の地方自治体がヒットしてそれぞれの定義づけで「共に育む」という教育を行っています。 JCが提唱する「共育」は「親子が共に成長する「共育」を推進するとともに、郷土愛を育み、他を慮る精神性を育むこと」とされており、政策のゴールとしては 親…子供を変えるには自らが変わるという意識変革を図った状態 子…当プログラムを通じてその地域の先人たちや祖先、親を敬い、大人の背中を見て育とうとする意識が育まれた状態 と規定します。なんとなくソフトで抽象的な文章で特別批判するところもなさそうに見えますが、「宇予くん」の件で取り上げたヒゲの隊長を迎えた「安全保障の今を知り憲法改正を考えるセミナー」のフライヤーの中に答えがありました。 このフライヤーの政策集の中に同名の「親子で学ぼう チャレンジ!ともいく!」の欄があり、「手段(内容)」として「親学の推進・親学講師の育成」とあります。出ましたね、親学。 親学は「新しい歴史教科書をつくる会」の元副会長でもあり、靖国神社崇敬奉賛会(吉本芸人の小籔千豊が会員であるとお伝えしたあの組織です)が主催する「やすくに活性塾」の塾長を務める高橋史朗明星大学教授が提唱したトンデモ疑似科学。 親学では発達障碍やアスペルガー、自閉症は親の愛情不足が原因で、伝統的子育てでは発生しないなどという荒唐無稽な主張を行っており、この親学推進の一環として大阪市でおおさか維新の会によって提出された「家庭教育支援条例」は「学術的根拠がない」「偏見を増幅する」とフルボッコにされて撤回に追い込まれています。 JCはこれに絡んで「親道」なるものも提唱しており、サマーコンファレンス2017でも「今日からやれる「親道」プログラム」の政策集にも掲載しています。 「親DO(ドゥー)!リトミック」という体操ソングも作られており、かなりの破壊力です。「うそうそだめだめ!うそうそだめだめ!」の下りを聴かせたい奴が多すぎると感じる人も多いのではないでしょうか? 親DO(ドゥー)!リトミック – YouTube なお、この共育に関してJCは「第5回親守詩全国大会」について公式サイトで報告しています。この親守詩というものはJCの説明によると以下のようなもの。 「子守唄は親から子へだが、その逆に親への報恩感謝の思いを表現する試みもあってよいのではないか」という親学推進協会理事長高橋史郎氏の思いをきっかけに、2004年に公益社団法人 松山青年会議所が主催した事業として始まり、現在は日本中に広まっています。 (≫ 第5回親守詩全国大会開催 | 公益社団法人日本青年会議所本会(魚拓)より引用) ということで、JCがトンデモ疑似科学の親学と極めて強く絡み合っている事がよく分かります。後援に文部科学省、内閣府、総務省が名を連ねていることも要注目です。 なお、以前BUZZAP!で取り上げた「礼儀正しさのDNAは残っているはず、今がラストチャンス、指導者がその気になれば子供は必ず変わる」として横浜市の小学校に食い込むマナー教室「マナーキッズプロジェクト」も運営団体に名を連ねています。 ◆震災を自衛隊賛美のために「政治利用」する「おまもりプログラム」 安全保障を学ぶためとされる「おまもりプログラム」…

  • 日本青年会議所(JC)のネット工作完全確定、「宇予くん」のデザイン発注者は憲法改正推進委員会の委員長でした

    流出した資料とおぼしきものから、日本青年会議所(JC)憲法改正推進委員会が憲法改正に向けてネットを使った工作活動を実施している疑いが濃厚であること、ネット工作用に作られたツイッターアカウント「宇予くん」の発言が一般人の名誉を毀損し、中国韓国との戦争を促しかねないものであることなどを先ほどBuzzap!でお伝えしましたが、JCによるものであることが完全確定しました。詳細は以下から。 ◆ランサーズで発注されていた「宇予くん」のデザイン まず見てもらいたいのが、野党議員を中傷する目的とみられる記事が発注されていたランサーズ。昨年12月21日に一人称「おで」で語尾は「だど」な筋トレ好きの自宅警備員のイラストが発注されていました。 ツイッターのキャラクターの依頼/外注 | キャラクターデザイン・制作・募集の仕事 | ランサーズ(魚拓) そして見事コンペで競り勝ったイラストは……あの「宇予くん」でした。 そこから先の流れは既報の通り。「憲法改正をはじめとする歴史や愛国心など保守的なことを面白くつぶやく、また対左翼を意識し、炎上による拡散も狙う」というドス黒いマーケティングで立ち上げられたアカウントは、一般人を含む改憲反対派たちを人とも思わぬ勢いで罵倒しました。 宇予くん:”平成三十年一月七日のしんぶん赤旗。高校時代から赤旗まつりに参加していた新成人ww。(編集部にて削除)さん、完全に頭がやられてるど。自民党改憲案を読んでの感想が「何としても戦争をしたいんだ」だと。間違いなく狂ってるど。まだ若いのにかわいそうだど。#しんぶん赤旗 #共産党 #戦争法 #憲法改正 #憲法…” 宇予くん:”甲府駅前の反日洗脳偏向報道機関のNHKだど。さすが国民から受信料を合法的にカツアゲしてるだけあってカネがかかってるど。NHKを見ると頭がバカになるど。#NHK #反日 #洗脳 #偏向報道 #山梨” 宇予くん:”何だこれ。平成三十年一月八日のガイキチ朝日新聞。戦争での辛い記憶を書き綴り、だから憲法改正はダメと言いたげな頭の悪い記事。戦争なんて誰もしたくないど。戦争しないよう抑止力のため九条を改正するんだど。#朝日新聞 #憲法改正 #戦争 #改憲 #改憲反対 ” 「戦争しないための憲法改正」と言いながら、一方で近隣諸国との国交断絶やミサイル爆撃などを訴える宇予くん。もしこのようなことをそれなりの団体のお偉方などが仕組んでいたのであれば、スキャンダルどころの騒ぎではありませんが……。 宇予くん:”中国、韓国は自分たちを棚に上げて、日本だけに文句を言って来てるど。一言で言うとバカだど。中国は世界の嫌われ者。韓国は中国の舎弟。日本はこのバカ二国と国交断絶、もしくはミサイル爆撃したほうがいいど。#中国共産党 #中国人 #中国 #韓国 #韓国人”…

  • ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい

    日本青年会議所(JC)憲法改正推進委員会が憲法改正に向けてネットを使った工作活動を実施していることを先ほどBuzzap!でお伝えしましたが、活動がバレるや否や真っ先に消えた工作用ツイッターアカウント「宇予くん」の発言をまとめてみました。詳細は以下から。 ◆日本青年会議所(JC)による工作用アカウント「宇予くん」とは? まずチェックしてもらいたいのが、本日流出が確認された日本青年会議所・憲法改正推進委員会による憲法改正のネット工作資料。 「憲法改正をはじめとする歴史や愛国心など保守的なことを面白くつぶやく、また対左翼を意識し、炎上による拡散も狙う」というドス黒いマーケティング手法のもと作られた、こざかしい脳筋キャラが宇予くんです。 これがそのアカウント。なんと今日、ネット工作がバレるや否やアカウント非公開→アカウント削除という「垢消し即逃亡」を決め込んでしまいました。フォロー/フォロワー数が少ないのは、炎上上等の工作活動を仕掛けるリスクを勘案した結果とみられます。 宇予くん(@j0fd7eci6mkCaHz)さん | Twitter ◆「保守的なことを面白くつぶやく」「炎上による拡散も狙う」の結果は? では実際、宇予くんはどのような発言をしていたのでしょうか。アーカイブに保存されている発言をざっくり分類して並べてみました。 ・NHK、朝日新聞叩き まずはネット上でよく見られるNHK、朝日新聞叩き。 宇予くん:”甲府駅前の反日洗脳偏向報道機関のNHKだど。さすが国民から受信料を合法的にカツアゲしてるだけあってカネがかかってるど。NHKを見ると頭がバカになるど。#NHK #反日 #洗脳 #偏向報道 #山梨” 宇予くん:”何だこれ。平成三十年一月八日のガイキチ朝日新聞。戦争での辛い記憶を書き綴り、だから憲法改正はダメと言いたげな頭の悪い記事。戦争なんて誰もしたくないど。戦争しないよう抑止力のため九条を改正するんだど。#朝日新聞 #憲法改正 #戦争 #改憲 #改憲反対 ” ・改憲に反対する政党を叩く メンバーの大半が経営者や役員などで構成されているJCにとって、労働者政党は目の敵もいいところ。ただ取材を受けただけの一般人すらターゲットになるようで、実名を挙げてクソミソに言っています。工作がバレるや否や速攻で垢消しした理由はこの辺にあるのでしょうか。 宇予くん:”平成三十年一月七日のしんぶん赤旗。高校時代から赤旗まつりに参加していた新成人ww。(編集部にて削除)さん、完全に頭がやられてるど。自民党改憲案を読んでの感想が「何としても戦争をしたいんだ」だと。間違いなく狂ってるど。まだ若いのにかわいそうだど。#しんぶん赤旗 #共産党 #戦争法 #憲法改正 #憲法…” 工作活動がバレた時のリスクを勘案し、フォロワーの水増しなどを図れなかったであろう宇予くんが活用したのはハッシュタグ。リベラル勢が頻繁に使うタグをわざと入れることでアクセスを稼ぎ、あわよくば炎上での拡散を狙いたかったようです。 宇予くん:”街で左翼の若手エースの山本太郎を発見。山本太郎も聞き入ってる聴衆も救えないアホだど。変なパンフを配ってたどww。パンフの中身は洗脳まみれで、ここまで洗脳されて熱心な姿からは憐れさしか感じないど。#山本太郎…

  • 日本青年会議所(JC)が憲法改正に向けて正真正銘本物のネット工作、マスコットキャラ「宇予くん」も

    陰謀論でもなんでもない、本物の工作活動がそこにはありました。詳細は以下から。 ◆謎の工程表が流出 まず見てもらいたいのが、出どころ不明の「工程表」。憲法改正に向けて、日本青年会議所(JC)が進める一連の動きを確認するもののようです。 具体的にどのような行動を行うのか、個々の項目を見ていきましょう。FacebookやTwitterを使い、改憲派著名人のインタビューを拡散することを目指していることが分かります。 産経新聞のPRモデルで「日の丸印の小娘ロック!」こと山口采希による「ありがとう、じえいたいさん」という曲をYouTubeやニコニコ動画で拡散し、さらにはボカロに歌わせるそうです。若年層がどんどん減っているニコニコ動画を選ぶあたり、いかにも「(中高年が考えた)若年層をターゲットにしています」感がありますね。 さらには47都道府県各ブロック協力事業として「つながり!憲法改正賛成美魔女奥様/ちょいワルおやじ図鑑全国版」を提供するとのこと。今さら「美魔女奥様」「ちょいワルおやじ」を選ぶあたり、平均年齢46歳オーバー、さらなる少子高齢化へ向けてフルスロットル状態の日本らしい、ナウでヤングな考えです。 極めつけが憲法改正推進委員会による保守ツイッターキャラクター「宇予くん」。脳筋キャラのはずが「憲法改正をはじめとする歴史や愛国心など保守的なことを面白くつぶやく、また対左翼を意識し、炎上による拡散も狙う」というドス黒い作られ方をしています。なお、文中の「話題の記事の検索サイトRUNDA」はPR・マーケティング会社「アウル」が提供しているサイトです。 一連の資料のまとめ方、それなりに高齢であろうクライアントを喜ばせることを意識した言葉選び、そして炎上商法を狙うこざかしさ。バックにはネットを理解した広告代理店が控えており、世論形成案件を仕掛けているとしか思えない内容となっています。 ◆工程表の通りに進んでいる現実 上記の内容だけならば「こんな出どころ不明の資料で喜んで記事を書くBuzzap!は低能」という謗りを受けても仕方が無さそうなものですが、上記を踏まえた上で見てもらいたいのが、JC自らが今年1月に配布した(PDFファイル)フライヤー。 自民党の”ヒゲの隊長”こと佐藤正久議員によるセミナーの告知が行われています。 見るべきは裏面にある「政策一覧 国家戦略グループ」のところ。 憲法改正推進委員会が進める「目指せ全国3000万人賛成投票プロジェクト」の内容に「美魔女奥様図鑑」があるなど、資料の内容をそのまま裏付けるものとなっています。 さらにツイッターアカウント「宇予くん」も実在(なぜか先程いきなりアカウントを非公開にしました)。どうやら上記の資料は正真正銘本物のネット工作に関する資料だったようです。 宇予くん(@j0fd7eci6mkCaHz)さん 広告代理店や産経新聞系列のメディア関係者が介在している気配があり、それなりにお金も動いているとみられる一連のネット工作。 企業の経営者、取締役が9割を占め、「名士会」の色合いも強い青年会議所。彼らにとって憲法改正とは、それほどまでに都合の良いもののようです。 ・次の記事 宇予くんの発言、あまりにも分量が多かったのでまとめました。「一般人の実名を挙げて罵倒」など、ルール無用の残虐ファイトを繰り広げていたようです。 ネット工作がバレた途端に垢消し逃亡、日本青年会議所(JC)謹製の憲法改正マスコット「宇予くん」の発言をお楽しみ下さい | BUZZAP!(バザップ!) 藪を突くととんでもない人が出てきました。日本青年会議所によるネット工作と完全確定しています。 日本青年会議所(JC)のネット工作完全確定、「宇予くん」のデザイン発注者は憲法改正推進委員会の委員長でした | BUZZAP!(バザップ!) 【日本青年会議所(JC)が憲法改正に向けて正真正銘本物のネット工作、マスコットキャラ「宇予くん」も】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…