Browsing Category

広告

  • 【速報】iPhone Xを「カメラの画質が悪い爆熱スマホ」とこきおろした「Xiaomi Mi Mix 2s」ついに4万円に!

    「Galaxy S9」や「Xperia XZ2 Premium」「AQUOS R2」などの最新モデルと肩を並べただけでなく、ドコモ・au・ソフトバンク回線をサポートしたフルスペックスマホが最安値を大幅に更新しました。詳細は以下から。 これが「Xiaomi Mi Mix 2s」。ジャパンディスプレイ渾身の「FULL ACTIVE(5.99インチ、2160×1080)」ディスプレイを備えており、iPhone Xシリーズのようなノッチもありません。 AI対応の最新プロセッサ「Snapdragon 845」搭載。グラフィック性能が30%アップした「Adreno 630」採用でAnTuTuベンチマークのスコアは27万オーバー。6GB/8GB RAM、64GB/128GB/256GB ROMモデルがラインナップされています。 AIによって画像認識速度もiPhone Xを圧倒しています。 「同じゲームをひたすらプレイする」というベンチマークテストを行ったところ、「iPhone Xは爆熱スマホ」という結果になりました。 1200万画素カメラ(F/1.8、1/2.55インチ、ピクセルサイズ1.4マイクロメートル)と1200万画素光学2倍ズームカメラ(F/2.4、1/2.9インチ、1.0マイクロメートル)のデュアルカメラにはソニーの「IMX363」採用。PDAFの30倍のピクセルを使って高速にフォーカスを合わせることができる「デュアルPD」や4軸光学手ブレ補正などをサポートしており、DxO Markのスコアはなんと101です。 さらにAIで天気、風景(日の出・日没や水辺、都市、建築物)、植物(草や多肉植物どころか紅葉まで認識)、人や物(猫、犬、食べ物、乗り物、文章、プレゼン、人物)を認識し、最適な撮影モードを自動選択。背景をボケさせることや、メニューを翻訳しつつ金額を自国の通貨に換算できます。 iPhone XとXiaomi Mi Mix 2sを使った暗所での動体撮影テストの結果、iPhone Xではディティールが損なわれ、塗り絵のような仕上がりになってしまいました。 もちろん7.5Wの高速ワイヤレス充電にも対応。 技適マークの問題はあるものの、Xiaomi Mi…

  • ほぼ7インチ有機ELの超大画面スマホ「Huawei Honor Note 10」セール開始、本格2眼カメラや水冷仕様CPU採用で妥協なしの1台に

    大画面スマホに魅せられてしまった人なら誰でも欲しくなる1台が、セール価格で販売されています。詳細は以下から。 これが8月に発表された「Huawei Honor Note 10」。コントラスト比70000:1、色域115%、明るさ600nitという圧倒的な表示性能を実現した6.95インチフルHD+(2220×1080)有機ELディスプレイを搭載した超大画面スマホ。「大画面スマホに求められるのはコンテンツを美しく楽しめる表示性能」ということを、よく分かった1台です。 Huawei Honor 10と同じF1.8、2400万画素モノクロセンサー+1600万画素RGBセンサーのデュアルカメラ搭載でAIによるシーン自動認識や手ブレ補正(AIS)にも対応。「大画面スマホはカメラが微妙」というジンクスを完全に打ち破っています。 フロントカメラはF2.0、1300万画素。もちろんAIを使った補正を利用できます。 プロセッサは夏のフラッグシップスマホ「Huawei P20 Pro」などと同じKirin 970。AIを使ってユーザーの使い方を学習し、スマホの使い勝手を良くしたり、カメラの画質を向上させることもできます。「大画面スマホはCPUが微妙」というジンクスまでもが打ち破られました。 Kirin 970はSnapdragon 835/845と比べてグラフィック面がやや弱く、本格的な3Dゲームをプレイすると発熱による処理落ちが気になっていましたが、Huawei Honor Note 10では新機能「GPU Turbo」によって、消費電力を抑えつつグラフィック性能を強化。 ただブーストをかけるだけではなく、MacBook Airと同じサイズの液冷機構で放熱性能を大幅に強化し、GPU Turbo発動時でも問題なく動作できるよう、手が加えられています。 大画面スマホで映像コンテンツを楽しむのに欠かせないステレオスピーカーは立体音響「ドルビーアトモス」に対応。まさに至れり尽くせりといった1台です。 バッテリーは一般的なスマホの1.7倍程度となる5000mAh。5V/4.5Aの急速充電により、充電に時間もかかりません。 ほぼ7インチとなると持ちやすさが気になるところですが、18.5:9のフルディスプレイ採用によって、6.44インチの「Xperia Z Ultra(縦179mm×横92mm×厚さ6.5mm)」よりスリム(縦177mm×横85mm×厚さ7.65mm)なのに画面サイズが大きくなっています。 Huawei Honor 10 Noteは以下の通信方式をサポートしており、ソフトバンクやワイモバイル、LINEモバイル・mineoのソフトバンクプランなどと相性が良いのが特徴。…

  • 前後2眼カメラに防水防塵耐衝撃の格安スマホ「Vernee V2 Pro」レビュー、ドコモ回線対応で2万円台に

    防水防塵耐衝撃に18:9ディスプレイ、2眼カメラ×2という、なかなかユニークなタフネススマホが2万円台でHuawei P20 liteよりも安い価格で販売されています。詳細は以下から。 これが「Vernee V2 Pro」の外箱。サクサク中を開けていきます。 中にはVernee V2 Pro本体、マニュアルや保証書、9V/2Aの急速充電対応ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、Type-C-ヘッドホン変換コネクタなどが封入されています。 ACアダプタは変換コネクタを噛ませる仕組みです。 それではさっそくVernee V2 Proを解説。ゴリラガラス採用の5.99インチフルHD+(2160×1080)液晶にMediatek Helio P23、6GB RAM/64GB ROMを備えたAndroid 8.1スマホです。流行の18:9ディスプレイによって、タフネススマホにもかかわらず画面占有率81.3%を実現しています。 ホーム画面はこんな感じ。ごくごく普通のAndroidスマホなので、特に操作に困ることはありません。 前面にF2.2、800万画素+500万画素カメラを搭載し、顔認証の精度を向上。前面2眼カメラのタフネススマホというのは、なかなか珍しいのではないでしょうか。 背面にはF2.0、1600万画素+500万画素の背面カメラと指紋センサー、6200mAhの超大容量バッテリーを搭載。 実際に触ってみたところ。レスポンスは悪くなく、いたって普通のAndroidスマホといったところ。 背面に小さいドットをあしらったことで、手から滑り落ちにくいのも特徴です。 右側面には電源、音量ボタン 左側面にはSIMカード、SDカードスロットとスクショボタンがあります。 底面にはUSB Type-C端子。防水性能のためキャップを採用しています。 サイドには落下時の衝撃を抑えられるような構造を採用。1000回の落下テストに耐え抜いています。 Vernee V2 ProはIP68の防水防塵性能やマイナス30度~60度で動作する高耐久性を実現。試しにお風呂に落としまくってみましたが、特に問題なく動作しました。 また、対応バンドや対応通信方式が広いのもVernee…

  • えげつないコスパの格安スマホ「Huawei Honor 10」再び限定値下がり、入荷即完売相次ぐ人気機種に

    Huawei P20と変わらないスペック、なのにP20 liteと大差ない価格。 そんなリーズナブルさから「本当の高コスパスマホとは何なのか」を教えてくれる1台となった「Huawei Honor 10」が再び限定値下がりしています。詳細は以下から。 「Huawei Honor 10」本体。5.84インチフルHD+液晶にAI対応プロセッサ「Kirin 970」、4GB RAM/128GB ROM、3400mAhバッテリーを搭載。P20が画面解像度2240×1080(18.7:9)なのに対し、Honor 10は2280×1080(19:9)と、微妙に違うものの、Huawei P20とほぼ同じスペックです。 もちろんノッチ部分は隠せます。 画面下部には超音波式の指紋認証センサー 側面などはこんな感じ。底面にはイヤホンジャックもあります。 Honor 10の特徴はこの背面。このカラーは「ファントムブルー」ですが、オーロラグラスデザインを採用したことにより…… 角度を変えると青から紫へと微妙に色味が変わります。 Honor 10最大の目玉がこの背面カメラ。レンズこそライカ製ではないものの、2400万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー(いずれもF1.8)を搭載。画素数で言えばP20のカメラ(2000万画素モノクロセンサー+1200万画素RGBセンサー、F1.8とF1.6)よりも上です。 もちろんHuawei P20などと同じく、AIを用いた被写体識別撮影や多彩な撮影モードも利用可能。ちなみにP20と同じF2.0、2400万画素フロントカメラを備えているため、驚くほどきれいな自分撮りも楽しめます。 実際に触ってみたところはこんな感じ。「Mate 10 Pro」や「P20 Pro」などのハイエンドモデルと同じプロセッサを備えたことで、被写体を識別するだけでなく、ユーザーの使い方を自動学習して最適化し、使いやすさを維持し続けられます。 画面の色味を調整できたり、1つのアプリに対して同時に2つの異なるアカウントでログインできる「ツインアプリ」、簡単に操作できるようになる「簡易モード」など、Huaweiスマホならではの便利機能も軒並み搭載。 技適マークの問題はあるものの、3G(W-CDMA:B1/B2/B5/B6/B8/B19)および4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8/B19/B20、TD-LTE:B38/B40/B41)をサポートしており、ドコモ・ソフトバンクのプラチナバンド3G、4Gを利用できます。 同梱されているのはSIMニードル、クリアケース、説明書、保証書、ACアダプタ、USB Type-Cケーブル、イヤホン。オールインワンパッケージ仕様になっています。…

  • 【大人気】Surface Proと同性能の「Cube Mix Plus」、ついに3万円台前半に!

    マイクロソフトの2in1タブレット「Surface Pro」と同じ性能にもかかわらず、お値段は3分の1程度。 そんなコスパの高さが圧倒的な支持を集め、ロングランヒットとなった人気タブレット「Cube Mix Plus」が再び値下がりしました。安さに釣られて二束三文のノートパソコンを買うくらいなら、確実にこっちをオススメできます。詳細は以下から。 Buzzap!で何度かレビューをお届けした「Cube Mix Plus」。10.6インチフルHD(1920×1080)IPS液晶を備えたWindows 10タブレットです。 Kabylake世代のIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz駆動)、4GB RAM/128GB SSDを搭載。分かりやすく説明すると、「Surface Pro」Core m3モデルに真っ正面から対抗できるモデルです。 背面には500万画素カメラを搭載。バッテリー容量は4300mAhです。 背面カメラで撮影を試してみたところ。フルHD(1920×1080、30fps)動画を撮ることもできます。 実際に撮影した写真はこんな感じ。タブレットのカメラとして考えれば十分な写りです。 左側面に電源端子、USB 3.0端子、HDMI出力を兼ねたUSB Type-C端子、microSDカードスロット、ヘッドホン端子といった各種インターフェースが集中。大容量モデルが大幅値下がりしているmicroSDXCカードで手軽に容量を増やせるほか、付属のUSB 3.0ケーブルを使えばモバイルルーターやスマホなどのさまざまな機器を接続できます。 実際に触ってみたところはこんな感じ。格安ノート、格安タブレットにありがちなAtomプロセッサとは段違いの、かなり余裕のあるレスポンス。Intel Core m3-7Y30はダテじゃありません。 スピーカーの音量も十分。エンタメ用途でも十分活躍してくれます。 ドラクエ10やFF14のベンチマークもなんなくこなせます。 別売りのキーボードカバーを付ければ、USBポートも増えてより便利に。 「お手ごろ価格の本格ノートパソコン」としても使えるため、買い足してみるのも良さそうです。 1024段階の筆圧を検知できるワコムのデジタイザを搭載しているため、別売りのスタイラスを使えば「出先でもイラストを描きたい」「締め切り間近で修羅場なのでどこでも原稿作業ができるようになりたい」といったニーズにも応えてくれます。 「Surface…

  • Web会議特化型スピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」の多者同時通話サポート版が年内発売へ

    「CoreOffice M2」が3つ以上の拠点から参加するWeb会議にも対応できるようになります。詳細は以下から。 近年ビジネスシーンで重要な役割を果たし始めているWeb会議。無理な出張をしなくても複数の遠隔地のメンバーがリアルタイムで話をできるメリットは極めて大きく、日本でも徐々に浸透し始めています。 ですが、Web会議で最も大切な音声でのやり取りを支えるスピーカーやマイクが十分に機能せずに明快なやり取りができなければ、それはビジネスチャンスの喪失に直結してしまうことも。 中国でHUAWEIやHarman、TCL、KugouといったIT企業出身のエンジニアらが設立したeMeet社は、そうしたWeb会議での使用に特化させたAI搭載のワイヤレススピーカーフォン「CoreOffice M2」を開発しました。 「CoreOffice M2」に搭載されたAI「VoiceIA」は、Web会議をストレスなく、滞りなく進行させるために特化されたもの。具体的には、周辺のノイズを抑制してハウリングも遮断、人間の声を選択的に拾ってブーストさせる事が可能です。 「CoreOffice M2」については先日BUZZAP!でも実機レビューを行っていますが、この度eMeet社は「CoreOffice M2」の機能強化版のリリースを発表しました。 現時点でリリースが予定されているのは「OfficeCore M2ce」と「OfficeCore M2 Record」の2種類。「OfficeCore M2ce」については3つ以上の拠点が参加するWeb会議を可能とする多者同時通話をサポートしていることが判明しており、専用アプリを用いて制御できるようになるとのこと。 発売は2018年末を予定しているということで、現在の機能を保ったまま複数拠点が繋がることとなれば、各拠点に「OfficeCore M2ce」を置きながら全員がその場にいるように会議を行うことも可能となりそうです。 「OfficeCore M2 Record」については詳細は公表されていませんが、名前からは何らかの録音機能を備えていそうです。議事録の書き起こしなどもできればさらにweb会議の可能性も広がりそうですが、どうなるでしょうか? 【Web会議特化型スピーカーフォン「eMeet CoreOffice M2」の多者同時通話サポート版が年内発売へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • Surface Proの半額なのにメモリとSSDが2倍の「Teclast X5 Pro」登場、キーボードセットすら5万円台に

    余裕を持って使える大容量メモリと大容量SSD、そして十分使えるプロセッサを備えたSurface Pro対抗のWindowsタブレットが登場しました。詳細は以下から。 これが今回解説する「Teclast X5 Pro」。12.2インチのフルHD(1920×1200)IPS液晶を備えたWindowsタブレットです。 プロセッサは最新のSurface Proと同じIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz)。4K解像度の外部ディスプレイに出力できます。 デュアルチャネル対応の8GBメモリを搭載。Surface Pro(Core m3モデル)の実に2倍です。 SSDの容量もSurface Pro(Core m3モデル)の実に2倍となる256GB。 廉価モデルのノートパソコンなどに搭載されているeMMCなどと異なり、毎秒最大500MBのデータ転送が可能です。 背面には自由に角度を設定できるキックスタンドを搭載。動画視聴などの際に非常に役立ちます。 USB 3.0端子、microUSB端子、USB Type-C端子(タブレット本体の充電可能)、microHDMI端子などを備えているため、拡張性は十分。技適マークの問題があるものの、IEEE 802.11 b/g/n/ac対応無線LAN(2.4GHz/5GHz)やBluetooth 4.2も利用できます。 Surface Proよりも画面解像度が低い(2736×1824→1920×1200)ものの、基本性能の差は歴然なTeclast X5 Pro。 以下の通販サイト「GeekBuying.com」ではSurface Pro(11万4264円)の半額にあたる5万7982円で販売されています。 Teclast X5 Pro…