Browsing Category

年末年始

  • 年末年始に「他行ATMでの引き出し」等がNGに、全国一斉メンテで起こる事と対策まとめ

    忙しい年末年始、銀行ATMでの現金の出し入れが大幅に制限されることになります。いったい何ができて何ができなくなるのか、まとめました。 一般社団法人全国銀行協会の発表によると、2019年12月31日(火)23時52分から2020年1月4日(土)3時50分の間に金融機関をつなぐATMネットワークシステムのメンテナンスが実施されます。 これに伴って「取引金融機関以外でのATMの利用」と「他行あて振込みの利用」に制限が課せられることになっています。実際に何が起こるのか見ていきましょう。 ◆取引金融機関以外のATMの利用が制限される ■メンテ中にできなくなること ・取引金融機関以外のATMでの現金の引出しや預入れ ・ゆうちょ銀行やコンビニ等ATMで提携している金融機関発行以外のキャッシュカードでの現金の引出しや預入れ ■メンテ中でもできること ・取引金融機関のATMでの現金の引出しや預入れ ・ゆうちょ銀行やコンビニ等のATMで提携している金融機関発行のキャッシュカードでの現金の引出しや預入れ 例えばA銀行のキャッシュカードを持っている場合、A銀行のATMは利用可能ですがB銀行やC銀行など他行のATMは利用できなくなります。 またゆうちょ銀行やコンビニ等のATMは、A銀行が提携していれば利用できますが、提携していなければ利用できません。大手3行以外の地方銀行などの場合は事前に要チェックです。 ■コンビニATMの取扱時間は? 現実問題として初詣などでの外出に伴いコンビニでの引出しが多くなると思われるため、各コンビニATMの利用可能時間を見てみましょう。ローソン銀行とE-netで元旦の夜にシステムメンテナンスが実施されます。 また繰り返しになりますが、手持ちのキャッシュカードが提携していなければ使えないので注意してください。 ・セブン銀行(セブンイレブン等) 全日24時間利用可能となっています。公式サイトには同期間に利用停止となる金融機関一欄が公開されています。 ・ローソン銀行(ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100等) システムメンテナンスのため2020年1月1日(水・祝)21:00から1月2日(木)7:00の時間は全ATMが休止します。この時間帯はいずれのキャッシュカードも使用できないため注意が必要です。 ・E-net(ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、コミュニティストア等) システムメンテナンスのため2020年1月1日(水・祝)21:00から1月2日(木)7:00の時間は全ATMが休止します。この時間帯はいずれのキャッシュカードも使用できないため注意が必要です。同期間の各金融機関の取り扱い日時などの詳細が公開されています。 ・ゆうちょ銀行(ファミリーマートの一部) 12月31日~1月4日まで全日0:05~23:55利用可能。 コンビニ側が人手不足といった理由により元日休業などが発生している場合もありますので、別途そちらの確認も必要となります。 ◆他行あて振込で「受取人口座名義」が必要に こちらは「三ヶ日に誰かにお金を振り込む」際の注意となります。この期間中に緊急で振り込む必要がある人がどこまで多いかは微妙ですが、見ていきましょう。 通常であれば振込先の「銀行名」「支店名」「口座番号」を入力した時点で「受取人口座名義」が表示されるため、それを確認して振り込みます。 ですが、この期間中は他行宛の振込では「受取人口座名義」が表示されず、自分で手入力しなくてはなりません。入力した「受取人口座名義」と実際の「受取人口座名義」が違っていた場合は振込ができない場合があるとのこと。 現在は振込に関する情報として、一字一句まで正確な「受取人口座名義」はなかなか共有されていないもの。そのため、この期間に他行宛の振込を行う事は可能な限り避けて前後に振り込んだ方が無難と思われます。 なお、自分の使う金融機関と振込先の金融機関が同じ場合には通常と同様に「受取人口座名義」は表示されます。 ◆実際にはどう対応したらいいの? 現在はわざわざ銀行まで行かずにコンビニなどでATMを利用する人が多いため、大手3行を使っている場合はそこまで気にする必要はなさそうです。地方銀行などを使っている場合は自分がよく利用するコンビニのATMが提携しているかをチェックしておいた方がよさそう。…