Browsing Category

大麻

  • コカ・コーラ社、大麻入り飲料の世界販売を本格検討へ

    Photo by Bob Doran 混ぜるべきはコカではなく大麻との気付きがあったようです。詳細は以下から。 アメリカ合衆国で進展するレクリエーション目的の大麻の合法化は巨大な合法大麻産業を生み出しましたが、G7の一角たるカナダでの大麻全面合法化によってさらに大きな一歩を踏み出すことになりました。 世界で知らぬ人はいない清涼飲料水の世界最大手のコカ・コーラ社が、カナダで大麻を生産するオーロラ・カナビス社と大麻入り飲料の販売に関する議論を行っているとBloombergが報じています。 コカ・コーラ社は現在飛ぶ鳥を落とす勢いの大麻産業に興味を持ち、精神作用がなく医療大麻でてんかんや社交不安障害、鬱などに有効とされる大麻の有効成分CBDを含んだ「健康飲料」の販売を検討しているとのこと。 コカ・コーラ社のスポークスマンKent Landers氏はこの分野は急速に発展するとの見通しを示しましたが、現時点では何も決まっていないとしています。 現在アメリカ合衆国では連邦法での大麻非犯罪化の動きが巻き起こっており、今年初めの研究報告では全土で大麻が全面合法化されると、2025年までに14兆6000億円の税収と110万人の雇用をもたらすとされています。 こうした見通しの中で清涼飲料水の売り上げが低調なコカ・コーラ社がいち早く成長産業である大麻に目を向けるのは自然な流れとも言えそう。こうした世界的な企業が大麻産業と関わりを持つことは今後の大きな呼び水になる可能性もあります。 いつかエナジードリンクの隣にCBDドリンクが並び、気分や目的に応じて使い分けられるようになるのかもしれません。 (Photo by Bob Doran) 【コカ・コーラ社、大麻入り飲料の世界販売を本格検討へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【研究報告】アメリカ合衆国で大麻が全面合法化されると、2025年までに14兆6000億円の税収と110万人の雇用をもたらす

    Photo by Bob Doran 大麻の合法化が大きな潮流となっている根底にはソリッドな経済的理由がありました。詳細は以下から。 データ解析事務所のNew Frontier Dataはアメリカ合衆国の合法大麻市場にフォーカスした分析を行い、仮に全国レベルで大麻が合法化された場合、売上税や給与控除などによって極めて巨額の税収を政府にもたらすとの予測を発表しました。 分析によると、アメリカ合衆国の50州全てで医療及びレクリエーション目的の大麻が完全に合法化された場合、2017年から2025年の間に1318億ドルの連邦税が徴収可能とのこと。この予測は15%の小売売上税と給与控除、法人税をもとに算出されたものです。 売上税だけに限ってみても、同期間に517億ドル(約5兆7000億円)の税収が見込めたはずですが、各州で合法化されても連邦法では現時点でも違法なため課税ができず、巨大な機会損失を招いています。 また、法人税を35%徴収すると考えると、2017年だけで126億ドル(1兆4000億円)の税収が見込めたはずとしています。 また税収だけに留まらず、今すぐにアメリカ合衆国全土で大麻を合法化した場合には大麻の栽培から輸送、小売りまで全てを含めて78万2000人の雇用をもたらし、2025年にはその数は110万人にまで達するとのこと。 なお、この研究では今後も市場の25%は不認可の状態が続くと見積もっていますが、価格が高すぎたり重税を課せられなければそうした市場は衰退すると見ています。 先日BUZZAP!でもお伝えしたニューハンプシャー州の合法化によって大人のレクリエーション目的での大麻が合法化されている州は8つになりました。その中でも最初期から合法化されているコロラド州、ワシントン州、オレゴン州では既に総額で130億ドル(約1兆4000億円)の租税収入が上がっています。 合法大麻市場の出現が税収を増大させ、雇用を生み出し、観光を進行させ、医療費の削減にも繋がる事はこれまでも指摘されてきましたが、酒よりも安全なこの植物をどう扱うべきなのか、人類は先入観を捨ててしっかりと考えるべき時期に来ているのかもしれません。 Study_ Legal marijuana could generate more than $132 billion in federal tax revenue and 1 million jobs…

  • ニューハンプシャー州でレクリエーション目的の大麻が合法化

    着々と合法化が進んでいます。今回も大差で合法化が支持されました。 現地時間2018年1月9日、ニューハンプシャー州議会はレクリエーション目的の大麻を解禁する州法HB 656が207対139の賛成多数で可決され、合法化が決まりました。 BREAKING: NH House Representatives vote to pass marijuana legalization and regulation bill #HB656 in a strong bipartisan vote 207-139. Thank you to all who helped make this happen!#NHPolitics #MarijuanaLegalization…

  • インドで大麻合法化法案が国会提出へ

    あのインドが大麻合法化への最初のステップを踏み出しました。詳細は以下から。 インドの冬期国会に議員立法の大麻合法化法案が提出されることが分かりました。この法案の提出議員であるパンジャーブ州選出のDharamvira Gandhi下院議員は元循環器専門医であり、大麻の非犯罪化と合法化を長年支援してきました。 Gandhi議員は1985年の「Narcotic Drugs and Psychotropic Substances Act(NDPS Act:麻薬及び向精神薬法)」が望まれた結果を出しておらず、薬物の需要が変わっていないと批判しています。提出される法案は罰則を無くし、医療用及びレクリエーション用の大麻を合法化して統制することを柱としています。 30年間に渡ってNDPS Actで戦われたいわゆる「ドラッグ戦争」は、2009年にアメリカ合衆国議会が表明したように失敗だったとGandhi議員は考えており、厳しい懲罰による禁止法が望んだのと真逆の効果しかもたらしていないと指摘します。 Why Marijuana Should Be Legalised? Member of Parliament #DharamViraGandhi on 'Why #Marijuana should be legalised?' Indiatimesさんの投稿 2017年10月10日(火) ではこの合法化法案は実際の大麻合法化に繋がるものなのでしょうか?実は既に2017年8月にManeka Gandhi大臣が医療大麻の合法化を要求しており、同月にインド政府は科学・工業研究評議会に対し、てんかんと化学療法の副作用のケアのための研究用大麻の栽培を許可しています。また、中央麻薬局のRomesh Bhattacharji前長官も大麻規制の見直しについて言及しています。…