Browsing Category

外国人実習生

  • やはり完全に奴隷、外国人技能実習生受け入れ事業者の約9割が違法操業

    北海道での事例ですが、当然北海道だけに留まる話ではありません。詳細は以下から。 海外からも現代の人身売買制度と強く批判される日本の外国人技能実習制度。発展途上国の外国人に技能を学んでもらうという建前だけの奴隷制であることは繰り返しBUZZAP!では指摘してきましたが、その正しさが証明された形となります。 北海道労働局は、道内で外国人技能実習生を受け入れていた事業者の約9割に労働基準法などの違反があったと発表しました。反があったのは2017年12月初旬までに監督指導に入った106の事業所のうち、食品製造業などの91業所(85.8%)となっています。 「長時間労働が疑われる事業者を中心に監督指導に入ったため、違反率が上がった可能性がある」とのことですが、例え違反率が50%であったとしても既に制度として完全に崩壊し、違法操業の温床となっていると判断せざるを得ないことは前提として押さえておかなければなりません。 今回発覚した違反件数133件の内訳は以下の通り。安全対策の不備に残業代未払いからサービス残業、労働条件の隠蔽まで、ブラック企業そのものであることは一目瞭然です。 「安全措置対策がとられていない機械を使用させた」…35件 「労使協定を超えた時間外労働」…22件 「時間外労働に対する割り増し賃金の未払い」…20件 「労働条件を母国語で明示しない」…14件 違反事業者に対しては各労基署が指導し、安全教育などを実施させているとしていますが、違反が全て解消するまで外国人実習生の受入を禁止するなどの厳格な措置が必要です。 もちろん、最善策は現代日本の奴隷制である外国人技能実習制度の即時撤廃ですが、いつまで日本はこうした19世紀的な制度を維持し続けるつもりなのでしょうか? 外国人実習生:受け入れ事業者の9割違反 長時間労働など /北海道 – 毎日新聞 【やはり完全に奴隷、外国人技能実習生受け入れ事業者の約9割が違法操業】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…