Browsing Category

医療

  • 「液体のり」でがん細胞がほぼ消滅、応用の幅広さに期待も

    液体のりが病気の治療を大きく変えていく最初の一歩になるかもしれません。詳細は以下から。 東京工業大学のチームががんの放射線治療で薬剤に「液体のり」の主成分を混ぜることで薬剤がスライム状になってがん細胞にとどまりやすくなり、大幅に治療効果が高まることを発表しました。 がんの放射線治療は薬剤をがん細胞に取り込ませた上で中性子をあてることでがん細胞を破壊するという治療法。手術療法、化学療法と合わせてがんの標準治療のひとつと位置付けられています。 今回効果の確認された放射線治療は、国内10ヶ所弱の施設で臨床試験が進められているホウ素中性子捕捉療法(BNCT)と呼ばれる時世代の放射線治療法。ホウ素化合物の薬剤を注射してがん細胞に取り込ませて外から中性子を照射して破壊するため、正常な細胞へのダメージが少ないことが特徴です。 この療法の課題はホウ素化合物ががん細胞から流出しやすいことでしたが、ホウ素化合物に液体のりの成分ポリビニルアルコール(PVA)を混ぜることでスライムをつくるのと同じ原理で分子が長くなることを応用、がん細胞が薬剤を取り込みやすい形状にしました。 結果的にがん細胞の中に入るホウ素化合物の量は約3倍に増えた上にとどまる時間も長くなりました。大腸がんのマウスを用いた実験ではがん細胞がほとんど増えなくなり、「根治に近いレベルを実現」できたとのこと。 きわめて画期的なニュースですが、最も画期的なのはこれががんの放射線治療以外にも応用できる可能性が高いこと。スライム状にして薬剤を取り込みやすく、かつとどまりやすくするのであれば、ほかの病気の治療にも有効活用できる可能性があります。 まだ先の話になるとはいえ、液体のりが今後の病気治療を大きく変えることになるかもしれません。 【「液体のり」でがん細胞がほぼ消滅、応用の幅広さに期待も】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • すべてのがんに対抗可能なT細胞の発見が報じられる

    現在日本では2人に1人が罹患し、3人に1人の死因となっているがん。手術に化学療法、放射線治療を筆頭に多くの治療法がありますが、確実な治療法はいまだにありません。 そんな中で、実用化されれば極めて重要なブレイクスルーとなりそうな免疫機能における新発見をBBCなどが報じています。詳細は以下から。 イギリスのカーディフ大学の研究チームが、肺がんや乳がんを筆頭としたすべての部位のがんに対抗できる免疫機能上の大発見をしたとのことです。 この発見は人間の免疫機能の中のT細胞と呼ばれる免疫細胞に関するもの。T細胞はリンパ球の一種で、免疫機能の司令塔のような役割を果たすヘルパーT細胞や、自ら異物やがん細胞を攻撃するキラーT細胞などが存在しています。 T細胞にはレセプターと呼ばれる攻撃対象の細胞を決定する機関が存在していますが、そのレセプターが補足できる対象は極めて限定的な上に、個々人によっても差があります。 新たな研究で発見されたのはMR1という分子へのレセプターを備えたT細胞で、このMR1は人体のどの細胞にも備わっているもの。つまりは人体のどのがん細胞にも備わっていることになります。 これまでもT細胞を用いた免疫療法というがんの治療法は存在していましたが、そこで使われるT細胞はレセプターの問題から特定のがん細胞にしか対抗できませんでした。 ですがこのMR1レセプターを備えたT細胞を用いれば、極めて多様なタイプのがんに一発で対抗できるということに(あくまで理論上は)なります。 実験室での人間の細胞を用いた実験では、肺がん、皮膚がん、白血病、大腸がん、乳がん、悪性骨腫瘍、前立腺がん、卵巣がん、腎臓がんを含めた多数のがんで効果が認められたとのこと。なお、その際にがん化していない通常の細胞への攻撃は行われていません。 化学療法でもがんのタイプによって抗がん剤が効かないケースはいくらでも存在しているため、がんの部位やタイプを問わずに効果があるならば確かに大きなブレイクスルーと言えそうです。 ただし実際にはまだ研究は始まったばかりの段階で、人間の患者での臨床試験もまだ行われていません。本当にどこまで効果があるのかはこれから計られることになりますし、実用化されて治療に使われるのはまだ先の話になります。 【すべてのがんに対抗可能なT細胞の発見が報じられる】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 骨髄移植を受けた男性がキメラ化、DNAの大部分がドナーのものに入れ替わる

    ひとりの人間に2種類のDNAが混在する事態になってしまいました。詳細は以下から。 ひとりの人間の持つDNAは1種類のはずですが、骨髄の移植手術を受けてた男性が体内に2種類のDNAを持つ「キメラ化」が発生しました。 この事態に見舞われたのはアメリカ合衆国ネヴァダ州在住で保安官事務所ワショー・シェリフで働くChris Longさん。 今から4年前に急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群を発症し、骨髄移植が必要となりました。Longさんは幸運なことに適合するドイツ人男性のドナーに巡り会うことができ、無事に手術が行われました。 そして術後に同僚らがLongさんのDNAがどうなっているかを調べようとし、ワショー・シェリフの犯罪研究所で働くRenee RomeroさんがDNAのサンプルを摂取したところ、驚くべき事が発見されました。 急性骨髄性白血病は血液の癌と呼ばれており、骨髄移植によって健康な血液を取り戻すことがゴールとされますが、Romeroさんらはもっと大きな変化が起きている可能性があると考えて身体の複数箇所からDNAを採取し、時間経過と共にどのように変化してゆくかを調べました。 その結果、骨髄移植から3ヶ月で血液のDNAはドナーのものに変化していたことが分かりました。しかしこれだけで変化は止まりませんでした。 4年後に再度DNAサンプルを採取して調べると、なんと唇や頬に加えて精液のDNAまでもがドナーのものに変化しており、LongさんのDNAが残されていたのは胸と頭髪のみ。つまりLongさんは2つのDNAを持つキメラになっていたのでした。 これによってどのような影響が生じたのでしょうか。Longさん自身は何も変化を感じていないとしており、専門家もLongさんの脳やパーソナリティに変化が生じていないと結論づけています。 KTVN Channel 2 – Reno Tahoe Sparks News, Weather, Video ただし法医学的な見地からは問題は簡単ではありません。Longさんのようなキメラ化した人が犯罪を犯したり被害者になった場合、その場には2種類のDNAが残される可能性があるということ。またLongさんに子供ができた時にDNAチェックをどのように行うべきかという問題も残されています。 実際に2019年9月に開催された国際法医学会議ではLongさんの例が論じられましたが、いずれも明確な答えは出されていません。 なおLongさんは特にキメラ化を気にしておらず、急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群が治ったことを喜んでおり、いつかドナーに会いにドイツに行きたいと話しているということです。 【骨髄移植を受けた男性がキメラ化、DNAの大部分がドナーのものに入れ替わる】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「大麻の有効成分を生成する酵母」が遺伝子組み替えで開発される

    Photo by Bob Doran 大麻を利用するのに大麻草を栽培する必要すらなくなる時代が来そうです。詳細は以下から。 医療用として、そして近年はレクリエーション目的での合法化が世界中で進展する大麻。そんな大麻の有効成分を酵母で作ってしまおうという研究が進んでいるようです。 研究を行っているのは既に医療大麻、レクリエーション目的の大麻共に合法化されているカリフォルニア州のカリフォルニア大学バークレー校のJay Keasling博士らのチーム。 方法としては大麻草の遺伝子を酵母に注入し、糖を与えることによって大麻草の内部で起きているのと同様の反応が起こり、THCやCBDといった有効成分が生成されることになります。 THCはいわゆる「ハイ」になる成分として知られており、CBDは主に医療大麻で痛みの緩和などに用いられます。なお、カンナビノイドと総称される有効成分は実際には100種類を超えています。 Keasling博士によると、遺伝子組み換え酵母を用いて大麻の有効成分を作り出す理由としては、THCやCBDはもちろん稀少なカンナビノイドを簡単に、時間を掛けずに生成できることにあります。 これによってカンナビノイドを医療や研究に用いる際に大きなアドバンテージになると同時に、大麻草を栽培する時間や土地、技術や人手などを大幅に節約できるため、より安価に、より環境負荷を減らす形でカンナビノイドを大量に作る事ができます。 確かに研究室の中で水と糖から目の前でカンナビノイドが作れるのであれば、広大な大麻農場で何ヶ月も掛けて大麻を栽培する手間は必要なくなります。 人類の歴史の長きに渡ってアルコールを提供してきた酵母。21世紀になって大麻の有効成分も提供することになるとは、何とも数奇な運命です。 (Photo by Bob Doran) 【「大麻の有効成分を生成する酵母」が遺伝子組み替えで開発される】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • マジックマッシュルームは既存の抗うつ剤「SSRI」特有の副作用なしでうつ病を寛解させる

    Photo by Ivan Turkouski もはや違法ドラッグというくくりのみで語ることはできません。詳細は以下から。 以前BUZZAP!でもマジックマッシュルームの有効成分シロシビンがうつ病をやわらげるという実験結果を報じましたが、さらに研究が進んでいます。 上記記事でも取り上げたインペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者らは中程度から重度のうつ病の患者のグループへのマジックマッシュルームの有効成分シロシビンを用いた治療セッションを行い、大きな成果を得たことがジャーナル「Neuropharmacology」に掲載されました。 研究では20人の被験者らが1週間おきに2度のシロシビンを用いた治療セッションが行われました。 科学者らは被験者らに第1セッションの1週間前と第2セッションの翌日にMRIスキャンを行い、シロシビンの扁桃体という感情的反応やストレス、恐怖などの情動反応の処理で主要な役割を持つ部位をモニターしました。その際にに被験者らは無表情、恐怖、幸福の3つの表情の画像を見せられます。 シロシビンでのセッションを終えた後のモニターでは恐怖や幸福の表情に対する右扁桃体の反応が増大。恐怖の表情への反応の増大は治療セッションの1週間後の病状の改善と相関していました。 研究を主導したLeor Rosemanさんは「シロシビンを用いた治療は感情の繋がりを増大させることでうつ病を和らげているといえます。これは無気力・無関心をもたらす前頭葉類似症候群(frontal lobe-like syndrome)を引き起こすと批判されている従来の抗うつ剤であるSSRIとはまったく違います」と指摘します。 シロシビンはうつ病の症状と同様に扁桃体への血流を低下させますが、研究者らによるとこの「残光」が効果的に患者の脳をリセットするのだということです。そして興味深い事に、SSRIが患者の感情の受容性を抑制するのに対し、シロシビンは強化するように働きます。 「2つの薬品の根本的な違いは、SSRIがネガティブな感情を鎮静させる一方、シロシビンは患者がそうした感情に立ち向かい、処理させるところだ」とのこと。 まだまだ被験者数が少なく、対照実験が行われず、期間も短いなどの欠点を抱える初期研究の段階ではありますが、極めて興味深い結果が出ていることには要注目です。治療セッションに参加した2人の参加者のコメントが研究報告に添付されています。 「何かが解放されたような心の軽さを感じる。これは感情の浄化だ。重圧と不安と抑うつが晴れたんだ」 「私は受容できたと感じた。苦悩を、倦怠を、孤独を受容できたんだ。辛かった時のことをいとわず受け入れようと思えた一方、素晴らしかった時に感謝しようとも思えたんだ」 遊び目的ではなく治療のために正しく使われた時、マジックマッシュルームは有史以前にシャーマンたちにもたらしたような真価を発揮するのかもしれません。 Magic Mushrooms Could Treat Depression Without The Emotional Numbing Caused By Traditional…

  • 「ゲーム依存症」をWHOが国際疾病分類に登録へ

    晴れて「ゲーム依存症」が疾病と認められることになりました。詳細は以下から。 寝ても覚めてもゲームのことばかり考えてしまう。なんなら寝る間も惜しんでゲームに費やしてしまう。そんな「ゲーム依存症」の症状は高橋名人が「ゲームは1日1時間」と唱えたあの時代から知られていました。 その後オンラインゲームが誕生し、自室やネットカフェなどで24時間以上ぶっ続けでゲームに没頭して死亡する事故が海外を中心に報じられることになり、死に至る可能性すら存在する「ゲーム依存症」への関心が高まっていました。 そんな中、世界保健機関(WHO)は2018年に公開予定の国際疾病分類(ICD)の最新版であるICD-11に「ゲーム依存症」を記載することを決定しました。 この分類の最終稿は現在策定中とされていますが、草稿段階ではゲームを行う事が深刻な健康被害に結びつく状態を「ゲーム依存症」と定めています。草稿によると「ゲームの優先度が人生の他の興味の全てに優先する状態にまで拡大した場合」を指すとのこと。 日本語ではそうした人のことを「ネトゲ廃人」などと呼んだりもしますが、スラングではなく正式な疾病と認識されることで規制や治療などの面で少なからぬ変化が起こりそうです。 Video gaming disorder to be officially recognised for first time _ New Scientist 【「ゲーム依存症」をWHOが国際疾病分類に登録へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…