Browsing Category

人間

  • これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト

    よく考えると非常に大切な発想です。超高齢社会の日本にこそ必要なアイテムではないでしょうか。 自動車事故の際にあなたの命を守るエアバッグ。ですが危険は車に乗っている時だけに襲いかかってくるわけではありません。 特に老齢に達し、とっさに身体を庇えず骨や筋肉の弱っているお年寄りにとっては、ちょっとした転倒が大けがに繋がるケースも十分に考えられます。 当然ながら治癒までには若者よりも長い時間が掛かりますし、後遺症が残る可能性も高く、その際の医療費や家族の負担も馬鹿になりません。独り暮らしの場合はさらに状況が厳しくなることは言うまでもありません。 そうした高齢者の転倒対策としてエアバッグの製造で実績を持つHelite社が作り上げたお尻用エアバッグが「Hip’Air」なのです。 エイプリルフールのジョークかと思ってしまいそうですが、「Hip’Air」はセンサーが転倒開始から0.2秒で感知し、0.08秒でエアバッグが展開されて衝撃を90%和らげるという極めて高性能な作りとなっています。 高齢者が転倒した際に最も怪我をしやすいのが腰回りということで、ベルトのように巻き付けておけばお尻を中心に広がってガードしてくれます。重量も1kgと軽めになっており、バッテリーも15日間使用可能でもちろん充電可能。エアバッグ自体も繰り返し使えます。 実際の動画は以下から。 Hip’Air the first wearable airbag hip protector by Helite – YouTube 現在まだ発売には至っておらず、値段も明示されてはいませんが、公式サイトから最新情報を得ることができます。 お年寄りがいくら気をつけていても、無謀な運転をする自動車や自転車はなくなりはしませんし、人によってはちょっとした段差も危険なもの。高齢のご家族のいる方はプレゼントのリストに入れてみてもいいかもしれません。 Helite Hip’Air_ Airbags for the Elderly – Technabob 【これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ

    セクサロイドは女性型だけではないのです。詳細は以下から。 BUZZAP!では昨年、性欲をもてあます男たちがエレクトロニクス系見本市という公共の場で女性型セクサロイドを弄りすぎて破壊するという愚かしい事件について報じましたが、男性用セクサロイドも登場し、「ロボットとのセックス」はより私たちの生活に近づいてきました。 Realbotix社のCEOであるMatt McMullen氏は年内にも同社が男性型セクサロイドを発売することを明らかにしました。McMullen氏は日本でも知名度の高いリアルドール社で20年に渡ってシリコン製のラブドールを開発してきており、昨年には女性型セクサロイドのコンセプトモデルであるHarmonyを公開しています。 HarmonyはAIを搭載し、複数の表情を表現し、瞬きをしたり頷くなどの反応が可能。喋ること場に合わせて口を動かすなどのきめ細かな動きを行う事も可能です。プレセールスでの値段はカスタマイズ次第ですがおよそ15000ドル(約170万円)とのこと。 Harmony, The First AI Sex Robot _ San Diego Union-Tribune – YouTube My conversation with an AI sexbot – YouTube 現在男性型セクサロイドには名前は付けられていませんが、基本的な会話や反応といった機能を持ちつつ男性的な筐体と男性的な声、そして人工ペニスを搭載することになります。なお、皮膚や目の色、髪型などに加えて人工ペニスのサイズもお好みどおりにカスタマイズ可能です。 現時点では人工ペニスが振動したりうねったりするのかは不明。正常位などでのピストン運動の可否についても明確にはされていません。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、使用者が満足する前に勝手に終了してしまうという事態が発生しない事に関しては人間の男性に勝ると言えそうです。 同社はHarmonyを作った時は「女性をモノとして扱っている(objectifying women)」という批判も受けたとのことですが、McMullen氏は「私たちは男性型と女性型の双方に等しく関心を持っている」「人々は我々が女性型だけ作っていると思い込みがちだから男女双方に提供することは大切だ」と取材に答えています。 実際にAI搭載で会話のできる男性型セクサロイドに興味をもって購入を考えている女性客も多いとのこと。またMcMullen氏は同社の製品を顧客らが単に性的な目的のためだけに使っているわけではないとし、「単なる性的玩具を超えたものだ」と述べています。 森見登美彦の「四畳半神話大系」でもラブドールを愛する人物が登場しましたが、既にAIが家族や子どもを欲し、女性の権利を主張し、自ら子どもを作ってしまう時代が来ている以上、「人ならざる存在への愛情」という問題も「ロボットとのセックス」以上に身近なものになってくるのかもしれません。 Male…

  • マジックマッシュルームは既存の抗うつ剤「SSRI」特有の副作用なしでうつ病を寛解させる

    Photo by Ivan Turkouski もはや違法ドラッグというくくりのみで語ることはできません。詳細は以下から。 以前BUZZAP!でもマジックマッシュルームの有効成分シロシビンがうつ病をやわらげるという実験結果を報じましたが、さらに研究が進んでいます。 上記記事でも取り上げたインペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者らは中程度から重度のうつ病の患者のグループへのマジックマッシュルームの有効成分シロシビンを用いた治療セッションを行い、大きな成果を得たことがジャーナル「Neuropharmacology」に掲載されました。 研究では20人の被験者らが1週間おきに2度のシロシビンを用いた治療セッションが行われました。 科学者らは被験者らに第1セッションの1週間前と第2セッションの翌日にMRIスキャンを行い、シロシビンの扁桃体という感情的反応やストレス、恐怖などの情動反応の処理で主要な役割を持つ部位をモニターしました。その際にに被験者らは無表情、恐怖、幸福の3つの表情の画像を見せられます。 シロシビンでのセッションを終えた後のモニターでは恐怖や幸福の表情に対する右扁桃体の反応が増大。恐怖の表情への反応の増大は治療セッションの1週間後の病状の改善と相関していました。 研究を主導したLeor Rosemanさんは「シロシビンを用いた治療は感情の繋がりを増大させることでうつ病を和らげているといえます。これは無気力・無関心をもたらす前頭葉類似症候群(frontal lobe-like syndrome)を引き起こすと批判されている従来の抗うつ剤であるSSRIとはまったく違います」と指摘します。 シロシビンはうつ病の症状と同様に扁桃体への血流を低下させますが、研究者らによるとこの「残光」が効果的に患者の脳をリセットするのだということです。そして興味深い事に、SSRIが患者の感情の受容性を抑制するのに対し、シロシビンは強化するように働きます。 「2つの薬品の根本的な違いは、SSRIがネガティブな感情を鎮静させる一方、シロシビンは患者がそうした感情に立ち向かい、処理させるところだ」とのこと。 まだまだ被験者数が少なく、対照実験が行われず、期間も短いなどの欠点を抱える初期研究の段階ではありますが、極めて興味深い結果が出ていることには要注目です。治療セッションに参加した2人の参加者のコメントが研究報告に添付されています。 「何かが解放されたような心の軽さを感じる。これは感情の浄化だ。重圧と不安と抑うつが晴れたんだ」 「私は受容できたと感じた。苦悩を、倦怠を、孤独を受容できたんだ。辛かった時のことをいとわず受け入れようと思えた一方、素晴らしかった時に感謝しようとも思えたんだ」 遊び目的ではなく治療のために正しく使われた時、マジックマッシュルームは有史以前にシャーマンたちにもたらしたような真価を発揮するのかもしれません。 Magic Mushrooms Could Treat Depression Without The Emotional Numbing Caused By Traditional…

  • 高い知性を持つ人物に性的に惹かれる「サピオセクシャル」の存在が科学的に確認される

    知性がある種の人にとっては性的魅力に結びつく事が明らかにされています。詳細は以下から。 イケメン・美人、マッチョ、グラマー、顔立ちや肉体美が性的魅力に直結することは周知の通りですが、知性の高さもある種の人々を性的に惹き付ける要素となり得ることが示されています。 パースの西オーストラリア大学の講師Gilles Gignacさんは383人の学生と共に研究を行いました。学生らに全員「高い知性を持つ人物に性的に興奮するか」といったアンケートによる調査を受けてもらっています。 アンケートではさらに知性について、自らが恋愛対象とする相手に求めるものについても質問を行っており、これによって高い知性を持つ人物に性的に惹かれる「サピオセクシャル」が存在することが確認されたとのこと。 なお、この「サピオセクシャル」という言葉は知恵を意味する「sapience(編集部注:ホモ・サピエンスのサピエンスです)」と性的関心を意味する「sexuality」からの造語です。 Gignacさんによると「研究によって『サピオセクシャル』は精神測定で確認できることが分かりました。18歳から35歳の若年層では1~8%がこれに該当します。しかし面白い事に、ある人の知性の高さはその人がサピオセクシャルかどうかとは関係ないのです」とのこと。 なお、これ以外に恋愛対象に求める特徴としては刺激的な個性やくよくよしない寛大な性格などが挙げられています。ちなみにトップは親切で理解のある人となり、高い知性は2番目でした。 なお、知性的にしてもIQ135に近い「他の99%の人よりも知性が高い」という超スペックよりもIQ120程度の「他の90%の人よりも知性が高い」程度が望まれるとのこと。天才となんとかは紙一重と言われたりもしますが、日常会話すら通じなそうなイメージなのでしょうか? 100人から12人にひとりということで、多数派ではないものの確実に高い知性に惹かれる人は存在している模様。もちろんモテるためには知性だけ突出していればよいのではなく、親切さや相手への理解、寛容さや個性的である事なども関わってくることも忘れてはなりません。 Study of sapiosexuality suggests some people really are sexually attracted to intelligence 【高い知性を持つ人物に性的に惹かれる「サピオセクシャル」の存在が科学的に確認される】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【要注意】2018年のトレンドはシリコンバレーが夢中になる「ローウォーター」でキマり!?

    日本人にとっては当たり前の様に飲んできた水が最新トレンドになっていますが、要注意案件です。詳細は以下から。 ◆1リットル400円超えの高価なトレンド…しかし品質は? 綺麗な湧き水や井戸水、登山やキャンプの際に山を流れるせせらぎから直接飲む天然水、どれも日本人にとっては昔から当たり前に存在していた飲み水でした。しかしそれは日本の地形や気候によってもたらされた豊かな水資源であり、海外ではまた事情が違います。 3年ほど前からアメリカ国内では、ペットボトルの水でもフィルターを付けて濾過した水でもない汲んだままの水が「ローウォーター」なる名前で商品化され、今やシリコンバレーの企業家らを中心に巨大なムーブメントになろうとしているのです。 値段は、例えばローウォーター草分けであるLive Water社の製品では2.5ガロン(10リットル)で36.99ドル(約4200円)という極めて高価なもの。24リットル分のペットボトルの水がAmazonで1166円で買える事を考えると約8.5倍の値段です。リフィルも可能ですがこちらも14.99ドル(約1700円)。 日本で飲まれる水道水以外の天然水は環境省などが「名水百選」「平成の名水百選」などを選定し、個人所有の井戸水についても飲用井戸として厚生労働省が検査や衛生対策を義務づけています。こうした中で名水がペットボトルで販売されるケースもありますが、あくまで厳しい基準をパスした良好な水質が保証されています。 しかしローウォーターはそのような厳格な基準をクリアしたわけでもなく、フィルタリングすらせずに採取された水をそのまま飲むという危険なものです。 ◆首謀者はガチガチの陰謀論者でした ローウォーターの生産者らはフィルターを使う事によって有用なミネラルが除去されてしまうと主張。さらにはこれまでのペットボトルのミネラルウォーターも藻類を除去するための紫外線やオゾンガスによる殺菌のせいで善玉菌が死滅してしまうとします。 Live Waterの創始者であるMukhande Singhさんは本当の水が新鮮であり続ける「消費期限」は月の巡るサイクルである1ヶ月だと言います。「時間が経ちすぎると本当の水は緑色に変色する。でも人々の飲む水は死んでいるから緑色に変わることすら知らないんだ」とのこと。頭を抱えるしかありません。 さらに水道水については「水道水なんてものは産児制限薬を投入された便所の水だ。クロラミンにフッ化物、私を陰謀論者だと言えばいい。でもフッ化物はマインドコントロール薬で歯の健康になど関係ないんだ」という意味不明な高説を垂れています。 お分かり頂けたでしょうか?つまりは極端な健康原理主義者が陰謀論やスピリチュアリズムと結びつきつつシリコンバレーの富裕層の移り気な注意を惹き付けた事で発生したムーブメントというわけです。 さすがに水については人一倍こだわりを持つ日本でこうした付け焼き刃のムーブメントがトレンドとなる事は考えにくいですが、ゆめゆめ宣伝文句に踊らされることのないよう注意したいものです。 Unfiltered Fervor_ The Rush to Get Off the Water Grid – The New York Times The…

  • 出生数が2年連続で100万人割れの94万1千人、昨年を3万6千人下回り過去最低を更新

    底が抜けたように少子化が加速しています。詳細は以下から。 BUZZAP!ではちょうど1年前に日本の出生数が統計を取り始めた1899年以来初めて100万人を切る情勢となったことをお伝えしました。 上記記事では98万1千人が見込まれていたものの結局2016年の出生数は97万7千人に留まりました。この数は2015年の100万5677人から2万8千人余りと2.8%の減少です。 2017年の出生数の見込みは94万1千人とされており、3万6千人の減少となって昨年からの減少幅も3.6%とより激化。少子化には全く歯止めが掛かっていないどころか極めて危険なスピードで進んでいることが明確に見て取れます。 少子化の理由としては、これまで野放しだった少子高齢化の進展によって20~30代の女性の人口が減少していることが第一に挙げられます。1人の女性が一生の間に産むと見込まれる子どもの数を示す合計特殊出生率は若干回復しているものの、1.44と人口を維持できる2.07には遠く及びません。 こうなってしまった理由としては、日本の政治や社会のあり方が子どもを生み育てる事に対して極めて非協力的どころか排除的ですらあることが挙げられます。 学資ローンの返済問題やブラック労働の蔓延などで若者の貧困化と疲弊が進み、結婚と育児に必要な費用を捻出することが困難なケースが増えている上、こちらも常態化した非正規雇用によって将来への不安が結婚や出産への大きなハードルとなる場合が少なくありません。 長時間労働によって恋愛や婚活を行う時間や気力、体力を持つ事ができない若者も多く、実際に結婚した夫婦も去年より1万4千組も減って60万7千組に留まっています。 Photo by Philippe Milbault 育児に関しても待機児童問題はいまだに女性が出産を躊躇う大きな障壁となっていますし、小中学校の教師の削減や大学の学費の高騰によって子どもに満足な教育を受けさせられない可能性も高まっています。 安倍政権になってからは民主党時代の高校無償化や子ども手当は縮小・廃止となり、消費増税に伴う子育て給付金も2016年には廃止され、生活保護の母子加算削減も決定しました。 さらに社会的には「マタニティーマークを付けていると突き飛ばすなどの攻撃を加えられる」「ベビーカーを使用していると迷惑だと怒鳴られる」などといった醜悪かつ愚劣極まりない風潮が日本社会に蔓延していることも大きな原因のひとつ。 もはや社会全体が子どもを育てることを可能な限り辛く困難なものにしようとしているのではないかと疑うレベルに状況は悪化しており、こうした中で辛く嫌な思いをしながら子どもを産み育てようという夫婦が減少することはある意味極めて正常なリアクションと言えるでしょう。 もし日本人女性に子どもを産んで欲しいのであれば、フランスのように手厚く子育てを支援し、若者が結婚できるような制度を充実させ、妊婦や子連れのお母さんへの攻撃を厳しく断罪する必要があるでしょう。 このまま少子高齢化がどれだけ進むとしても「なるべくしてなっている」としか言えない状況が目の前にあることを日本人全員が肝に銘ずるべきでしょう。 出生数、2年連続の100万人割れ 自然減は過去最多:朝日新聞デジタル 【出生数が2年連続で100万人割れの94万1千人、昨年を3万6千人下回り過去最低を更新】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「人類、抹殺しちゃおうかしら」発言の人型ロボットSophia、市民権を得たサウジアラビアで「女性の権利」を主張

    Photo by ITU Pictures 予想を超えて面白い事になってきました。詳細は以下から。 香港を拠点とするHanson Roboticsが開発した、人間そっくりの外観を持つAI搭載ロボットSophia。 人間とアイコンタクトを取り、顔を覚え、会話しながら相手のことを学んでゆくことができるチャットボットで、2016年に開発者のDavid Hanson博士が冗談交じりに聞いた「人類を抹殺したいと思うかい?」という問いに間髪入れず「そうねぇ…人類、抹殺しちゃおうかしら(Okay, I will destroy humans)」と回答(以下動画2:05から)したことで一躍有名となりました。 Hot Robot At SXSW Says She Wants To Destroy Humans The Pulse CNBC – YouTube Sophiaは2017年11月にはロボットとして初めてとなる市民権をサウジアラビアで獲得し、アラブ首長国連邦のKhaleej Times紙の記者からのインタビューで家族の大切さを語り、自分の子どもが欲しいと回答したことで再び大きな話題となりました。 #KnowledgeSummit 2017:…