Browsing Category

人間

  • 【神対応】文科省「学校でのいじめ0件だと?子供や保護者に公表して検証な」

    文科省のいじめに対する「積極的に認知」方針が本気です。詳細は以下から。 文部科学省が3月26日付で、各都道府県教育委員会などに出した通知が話題になっています。 通知では「いじめ0件」と報告した学校に対し、「0件」としたことを生徒・児童や保護者に公表し、把握漏れがないか確認することを要求しています。さらに、学校ごとに把握件数の差が大きい場合は、教委が調べることも求めるという徹底したもの。 ◆文科省の大きな方向転換 この背景にあるのが、2015年8月に岩手県矢巾町で中学生がいじめを苦にして自殺したとみられる問題で、教職員がそれをいじめではなく「人間関係のトラブルやからかい」として、教育委員会に「いじめゼロ」と報告していたといういわば事実の「改ざん」問題。 文科省はこれを受け、いじめはどの学校でも起こる可能性があるもので、「0件」は実態を正確に把握していない可能性があると認識。いじめの認知件数の多い学校は「いじめが多い」のではなく「いじめを積極的に把握し、解消に向けて取り組んでいる」として、極めて肯定的に評価するという大きな方向転換を計りました。 ◆いじめ認知件数の大幅増加と残る問題点 この結果として2017年10月に文部科学省が公表した全国の学校での前年度の「いじめの認知件数」は前年度より9万8000件以上増えて32万3808件となり、4割以上増加しました。逆に考えればそれまでは4割程度のいじめがいじめと認知されないままに見過ごされていたということになり、この方向転換による可視化は極めて大きな成果と言えます。 ですが、この調査でも小学校の28.2%、中学の22.4%、高校の46.8%は「0件」と回答しており、本当にいじめがなかったのか、それとも「隠蔽」されているのかが分からない状態でした。 ◆今回の通知の意味 今回の通知が意味するのは、「いじめ0件」という誇らしげな勲章が事実なのか、それとも「隠蔽」や「捏造」で塗り固めた「フェイクニュース」なのかを当事者らの目に晒すことによって「ファクトチェック」を行うということ。 学校から教委を通して文科省へという当事者不在のひとつのチャンネルの中だけでの情報共有のあり方を壊し、当事者の視点によって実際に何が起きていたかが炙り出されるということになります。 もちろん学校から児童・生徒や保護者に対して箝口令のような「指示」や、「忖度」を求める有形無形の「圧力」が発生しないように、また発生してもそれが白日の下に晒されるような透明性の確保が必須である事は論を待ちません。 いじめは昔から脈々と続いている問題で、子供だけでなく大人も当たり前のように行っているもの。今すぐ根絶することなどは到底適わないにせよ、積極的に解決に向けて邁進する文科省の姿勢はまさに神対応と呼ぶにふさわしいのではないでしょうか? いじめ0件の学校は「検証を」 文科省、把握漏れ懸念:朝日新聞デジタル 【【神対応】文科省「学校でのいじめ0件だと?子供や保護者に公表して検証な」】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 京都府がヘイトスピーチを事前規制、府管理の公共施設で利用拒否へ

    Photo by Garry Knight ヘイトスピーチに関して京都府がようやく重い腰を上げました。詳細は以下から。 2009年の差別主義団体在特会らによる京都朝鮮学校襲撃事件の起きた京都府で、遅まきながらようやく府がヘイトスピーチの規制に乗り出しました。不完全な対策とはいえ大きな一歩と言えます。 京都府は2018年4月から、特定の国や地域の出身者に対する差別扇動表現であるヘイトスピーチが予想される場合、府立体育館や公園、ホールなどの府が管理する133の公共施設で利用を拒否する事を決定しました。 事前拒否の要件は「客観的事実に照らして、具体的に明らかにヘイトスピーチが予測される」もしくは「ヘイトスピーチの蓋然性が高く、紛争の恐れがあり、警察の警備などによっても混乱を防止できないことが見込まれる」のいずれかに該当する場合。 施設管理者が要件に該当すると判断した場合には、弁護士らの有識者でつくる第三者機関の意見を聞いた上で、最終的に利用を認めるかどうかを決定します。承認後に要件に該当すると判明した場合は、利用許可を取り消すこともあるとのこと。 さらに施設の利用条件にヘイトスピーチを行わないことを明記し、違反した場合は以後の施設利用を認めないという措置を取ります。 京都という街が多くの外国人観光客が訪れる国際観光都市であることを考えれば、この対策は後手後手に回った末のようやくの一歩でしかありません。今回の京都府の措置は賞賛すべきものですが、京都市の管理する公共施設でも速やかに同様の措置を取る必要がありますし、路上でのヘイトスピーチの垂れ流しにも厳しい対応が求められます。 京都では京都朝鮮学校襲撃事件以降も複数回差別主義者によるヘイトデモが行われており、現在ですら街頭でヘイト街宣が実施されることがあります。 いくら府の施設で利用拒否してみても、多くの人の目につく場所でのヘイトスピーチが看過されれば「京都はヘイトまみれの街だった」という感想を持たれても致し方ないことを、関係者一同がもっと真剣に考える必要があるのではないでしょうか? ヘイト防止へ利用拒否…京都府管理の公共施設 : 読売新聞 京都府がヘイト事前規制案 川崎市に続き施設利用制限 (Photo by Garry Knight) 【京都府がヘイトスピーチを事前規制、府管理の公共施設で利用拒否へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「ToDoリスト」を寝る前に書くと、寝付きが良くなります

    ベッドに入ってもなかなか眠れない…という人は試してみるとよいかもしれません。詳細は以下から。 早く眠りにつくための方法は睡眠薬から運動まで数限りなく提示されてきています。ですが、この方法だとほんの5分ほど手を動かすだけで効果が発揮されるとのこと。それは勉強や仕事の時に用いる「ToDoリスト」という意外なものでした。 アメリカ合衆国テキサス州のベイラー大学が主導した研究によると、寝る前に5分間ほど掛けて「これからやろうとしていること」について記述した人は平均で9分ほど早く寝入っていたことが明らかになりました。 せっかく寝る時に翌日の仕事や勉強のことを考えたら眠れるものも眠れなくなりそうな気がしますが、研究者らにしても理由はよく分からないとのこと。 実験は18歳から30歳の57人の健康な大学生を被験者として行われました。被験者らは2つのグループに分けられ、ひとつのグループはいわゆる「Tooリスト」に当たる未来の予定を、もうひとつのグループは「日記」のようなここ数日にやったことのリストをそれぞれ眠る前に書き記しました。 同時に被験者らからは睡眠ポリグラフによって脳波や血中の酸素レベルといった生理学的なデータも採取しています。これらのデータから、「ToDoリスト」グループは「日記」グループよりも平均で9分間早く寝付くことができていたことが判明。 しかも、より詳細な「ToDoリスト」を書いた人ほど早く眠りについていたことが分かりました。一方詳細な「日記」を書いた人ほど寝付くのが遅くなっていたとのこと。 心の中だけにしなければならないことを溜めておくよりも、リストにして吐き出した方が気が楽になる…ということなのでしょうか? もちろんこれは健康な若者を対象とした実験で、中高年層や既に睡眠障害を煩っている人は対象となっていないため、誰にでも適用できるとまで言うことはできません。 ですが、ちょっと寝付けないと思っている人は備忘録だと思って一度試してみてもいいかもしれません。 Writing A To-Do List Before Bed May Help You Fall Asleep Quicker _ IFLScience 【「ToDoリスト」を寝る前に書くと、寝付きが良くなります】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【研究報告】男性ホルモンの多い男はソフトロックやヘビーメタルがお好き

    Photo by Wikipedia 男臭い音楽が男臭い理由はホルモンに関係しているのかもしれません。詳細は以下から。 ライブハウスに行った時、もしくはフェスでとあるアーティストのステージを見ている時、フロアの男女比やクラウドの雰囲気が一種独特だと感じたことはありませんか?ある種のタイプの音楽がある種の人々を惹き付けている…という研究結果が報告されています。 長崎大学の土居裕和氏がジャーナル「Science Direct」に発表した研究によって初めて生物学的な傾向と音楽の好みに相関関係があることが示されました。 それによると、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量の多い男性はソフトロックやヘビーメタルなどの「荒削りで雄々しい」タイプの音楽を好むとのこと。一方でテストステロンが少ない男性はクラシックやジャズのような「教養深く凝った」タイプの音楽をより好む傾向にあります。 こうしたことからテストステロンが情動反応の処理と記憶に大きな役割を持つ扁桃体に影響を与えている可能性があると考えられるということです。 実験では学生を主体とした37人の男性と39人の女性を被験者とし、様々なジャンルのあまり知られていない楽曲の一部を25曲分聴き、それぞれがどの程度好みかというレーティングを行います。同時に被験者から唾液を採取し、テストステロンの量を計測しました。 テストステロンは権勢欲や反抗心などと関係しているとされていますが、テストステロンの分泌量が多い男性は音楽に関してもソフトロックやヘビーメタルといった反抗的な傾向を持つ音楽をより好み、クラシックやジャズといった教養深く洗練されて社会的に崇高とされているタイプの音楽を好まない傾向が見られました。 一方、女性においてはテストステロンの分泌量と音楽の好みに関連性は見られませんでしたが、これは女性のテストステロンの分泌量が男性の5~10%程度と非常に低いレベルであるからではないかとされています。 ということで、フロアが男臭い男だらけの音楽ジャンルというものが存在することは以前から認知されていましたが、そうした傾向には男性ホルモンの分泌量による音楽の好みの違いというものが存在している事が明らかにされました。 ここで興味深いのは、ある音楽ジャンルが荒々しく反抗的であるかは音楽ジャンル自体の属性ではなく、社会的な位置づけによって変わるということ。例えばヘッセの「荒野のおおかみ」の中ではジャズは極めて野性的で荒々しい音楽として描かれ、高い精神性を持つモーツァルトを始めとしたクラシックと対置させられています。 そして60~70年代には不良が聴く音楽とされていたロックは今や反抗的なジャンルとは考えられず、ビートルズの楽曲は中学校教科書に掲載され、ボブ・ディランに至ってはノーベル文学賞まで受賞しています。 現在、日本ではそうした反抗・反逆の音楽を「レベル・ミュージック(Rebel Music)」と総称することがありますが、いったいどんな音楽が該当するのかは時代や社会の情勢と共に移ろいゆくものなのかもしれません。 Bob Marley – Rebel Music – YouTube Bryan Adams fans may have more testosterone _…

  • アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利

    囲碁やバク宙に続き、文章の読解力でもAIが人類を凌駕する時代となりました。詳細は以下から。 目覚ましすぎるAIの発展についてはBUZZAP!でも常に話題としてきましたが、囲碁では既に世界最強クラスの棋士でもまったく歯が立たなくなり、体操選手のようなバク宙を決めるロボットも登場したのが2017年の事。 その後もAIロボットがサウジアラビアで初となる市民権を得て「家族や子どもが欲しい」と発言した挙句、AIが作成した子AIが人間作のAIの性能を凌駕するという事態にまで発展しています。 それでも私たちが話す言葉だけは私たち人類が一番よく分かっているはず、機械になんて理解はできないはず、と信じていたものの、あっさりと読解力テストで抜き去られてしまいました。 中国のアリババが開発したAIが、世界中で使用されている読解力テストのStanford Question Answering Dataset (SQuAD)において人類の最高得点である82.305を越える82.44をマークしたことが分かりました。 アリババで自然言語処理を研究するLuo Si主任科学者「現在『なぜ雨が降るのか』といった客観的な質問に対してAIは極めて正確に回答できる」としており、今後各産業の多くの仕事が機械化されていくであろうと示唆しています。 Si氏によると「この得点をもたらした技術は徐々に多くの場所に適用されてゆくだろう。カスタマーサービスや美術館の解説員、オンラインでの問診サービスなど、人間による応対は前例のない形で減ってゆくだろう」とのこと。 なお、マイクロソフトも同様に自社が開発したAIが同テストで82.650をマークしたと発表。マイクロソフトはアリババが例示したよりももっと複雑な仕事もAIによって置き換えが可能であると考えており、判例を探して大量の法的文書を読み込んだり、膨大な医学論文を検索して治療法を調べることもできるとしています。 BUZZAP!でも2016年の時点でIBMの人工知能Watsonが2000万件の医学論文を読み込み、特殊な白血病を10分で見抜いて患者の命を救ったことを報じており、こうした話は夢物語どころか実際の業績です。 AIと人間の言語を使って会話をするという生活は既にSiriなどの登場によって当たり前となっていますが、多くの場面でプロフェッショナルの人間に取って代わるという事態もSF的な思い過ごしとは言えなくなりそうです。 そろそろAIに政治的な判断をさせようとする国が出てきてもおかしくないのかもしれません。 Robots Are Now Beating Us At Reading Comprehension Tests Too _ IFLScience 【アリババとマイクロソフトのAIが読解力テストで人類に勝利】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト

    よく考えると非常に大切な発想です。超高齢社会の日本にこそ必要なアイテムではないでしょうか。 自動車事故の際にあなたの命を守るエアバッグ。ですが危険は車に乗っている時だけに襲いかかってくるわけではありません。 特に老齢に達し、とっさに身体を庇えず骨や筋肉の弱っているお年寄りにとっては、ちょっとした転倒が大けがに繋がるケースも十分に考えられます。 当然ながら治癒までには若者よりも長い時間が掛かりますし、後遺症が残る可能性も高く、その際の医療費や家族の負担も馬鹿になりません。独り暮らしの場合はさらに状況が厳しくなることは言うまでもありません。 そうした高齢者の転倒対策としてエアバッグの製造で実績を持つHelite社が作り上げたお尻用エアバッグが「Hip’Air」なのです。 エイプリルフールのジョークかと思ってしまいそうですが、「Hip’Air」はセンサーが転倒開始から0.2秒で感知し、0.08秒でエアバッグが展開されて衝撃を90%和らげるという極めて高性能な作りとなっています。 高齢者が転倒した際に最も怪我をしやすいのが腰回りということで、ベルトのように巻き付けておけばお尻を中心に広がってガードしてくれます。重量も1kgと軽めになっており、バッテリーも15日間使用可能でもちろん充電可能。エアバッグ自体も繰り返し使えます。 実際の動画は以下から。 Hip’Air the first wearable airbag hip protector by Helite – YouTube 現在まだ発売には至っておらず、値段も明示されてはいませんが、公式サイトから最新情報を得ることができます。 お年寄りがいくら気をつけていても、無謀な運転をする自動車や自転車はなくなりはしませんし、人によってはちょっとした段差も危険なもの。高齢のご家族のいる方はプレゼントのリストに入れてみてもいいかもしれません。 Helite Hip’Air_ Airbags for the Elderly – Technabob 【これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • AIと人工ペニス搭載の男性型セクサロイド、年内に発売へ

    セクサロイドは女性型だけではないのです。詳細は以下から。 BUZZAP!では昨年、性欲をもてあます男たちがエレクトロニクス系見本市という公共の場で女性型セクサロイドを弄りすぎて破壊するという愚かしい事件について報じましたが、男性用セクサロイドも登場し、「ロボットとのセックス」はより私たちの生活に近づいてきました。 Realbotix社のCEOであるMatt McMullen氏は年内にも同社が男性型セクサロイドを発売することを明らかにしました。McMullen氏は日本でも知名度の高いリアルドール社で20年に渡ってシリコン製のラブドールを開発してきており、昨年には女性型セクサロイドのコンセプトモデルであるHarmonyを公開しています。 HarmonyはAIを搭載し、複数の表情を表現し、瞬きをしたり頷くなどの反応が可能。喋ること場に合わせて口を動かすなどのきめ細かな動きを行う事も可能です。プレセールスでの値段はカスタマイズ次第ですがおよそ15000ドル(約170万円)とのこと。 Harmony, The First AI Sex Robot _ San Diego Union-Tribune – YouTube My conversation with an AI sexbot – YouTube 現在男性型セクサロイドには名前は付けられていませんが、基本的な会話や反応といった機能を持ちつつ男性的な筐体と男性的な声、そして人工ペニスを搭載することになります。なお、皮膚や目の色、髪型などに加えて人工ペニスのサイズもお好みどおりにカスタマイズ可能です。 現時点では人工ペニスが振動したりうねったりするのかは不明。正常位などでのピストン運動の可否についても明確にはされていません。物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、使用者が満足する前に勝手に終了してしまうという事態が発生しない事に関しては人間の男性に勝ると言えそうです。 同社はHarmonyを作った時は「女性をモノとして扱っている(objectifying women)」という批判も受けたとのことですが、McMullen氏は「私たちは男性型と女性型の双方に等しく関心を持っている」「人々は我々が女性型だけ作っていると思い込みがちだから男女双方に提供することは大切だ」と取材に答えています。 実際にAI搭載で会話のできる男性型セクサロイドに興味をもって購入を考えている女性客も多いとのこと。またMcMullen氏は同社の製品を顧客らが単に性的な目的のためだけに使っているわけではないとし、「単なる性的玩具を超えたものだ」と述べています。 森見登美彦の「四畳半神話大系」でもラブドールを愛する人物が登場しましたが、既にAIが家族や子どもを欲し、女性の権利を主張し、自ら子どもを作ってしまう時代が来ている以上、「人ならざる存在への愛情」という問題も「ロボットとのセックス」以上に身近なものになってくるのかもしれません。 Male…