Browsing Category

中国

  • 顔を隠しても無駄!「歩き方」から個人を特定できる監視システムが爆誕

    マスクをしても、後ろを向いていても逃げることはできなくなります。詳細は以下から。 中国といえば、全国に広がる「天網」という顔認証システムによって犯罪者や行方不明者を高精度で発見している事が数年前からニュースなどで報じられていますが、さらに新技術が導入されることになりそうです。 驚異的な顔認証システムであっても、顔が見えていなければならないという決定的な弱点を抱えています。例えば後ろを向いている人や、マスクなどで顔を隠している場合は認証できません。この弱点を補うのが「歩き方認証」というシステム。 歩き方認証は中国のAIスタートアップ企業Watrixが開発したもの。Watrix社は映像からシルエットとして人間を抜き取る形で、数千人もの体型、腕の振り方、姿勢、爪先の付き方や離し方などから人間の歩き方を解析しました。 それぞれの歩き方はデータベース化され、ソフトウェアによって個人の特定を行います。Watrix社の公式ステートメントによると、研究所での実験レベルで正確さは96%を超えているとのことです。 Watrix社の協同創始者でチーフエグゼクティブのHuang Yongzhenさんによると、足をスカートやローブのようなゆったりとした服で隠すことで認証率は低下します。 しかし歩き方認証では足だけでなく全身の動きを解析しているため、完全に追跡から逃れることはできません。別の言い方をすれば、変装すらも歩き方から見破られる可能性があるということです。 なお、この歩き方認証システムはソフトウェアであり既存の監視カメラを使用できるため、導入コストも大きなものではありません。これまでに中国の公安と共に数千時間に及ぶテストを重ねて数十件の事件の解決に寄与しているとのこと。 既に北京と上海の当局がこの歩き方認証を指名手配半や交通違反者の特定に用いている他、2018年10月時点でシンガポール、インド、ロシア、オランダ、チェコの民間警備会社との契約が進展中とされています。 現在のバージョンの歩き方認証はリアルタイムでの特定はまだできませんが、1時間分のデータなら10分程度で、94%超の正確さで特定が可能とのこと。 なお、Watrix社は顔認証システムも手がけており、量システムの併用を推奨しています。さて、あなたは逃げ切れるでしょうか? 【顔を隠しても無駄!「歩き方」から個人を特定できる監視システムが爆誕】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 米国企業団29社がトランプ大統領訪中に合わせて北京へ、日本は華麗にスルーされる

    Photo by shanidov 日本には来なかった米国企業団が北京に大挙して押し寄せます。詳細は以下から。 ◆日本には訪れなかった米国企業団の訪中 アジア歴訪中のトランプ大統領は11月7日に日本を発って韓国に降り立ちましたが、11月8日からの訪中に合わせてロス商務長官率いる米29社からなる企業の代表団が北京を訪れます。 訪中する企業団ではゼネラルエレクトリック社やハネウェル社、ボーイング社などの名前が上がっています。これ以外では大手穀物商社のアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、化学大手のダウ・デュポン、LNG大手のシェニエール・エナジーなど農業関連やエネルギー企業の名前が並びます。 逆にハイテク企業ではアップルと訴訟を抱え、海外売上高の約半分を中国で稼ぎ出す通信用半導体大手のクアルコムのみであることが特徴的です。 そして迎える中国側は、政府系ファンドの中国投資(CIC)が米金融大手ゴールドマン・サックスと組んで米国の製造業などに投資するファンドを立ち上げ、トランプ大統領の訪中に合わせた11月9日に発表される見通しとなっています。 ファンドの規模は50億ドルに達し、巨額の対中貿易赤字を問題視するトランプ大統領に対して米製品の購入拡大や米国向け投資の増加が提示されるとみられています。 トランプ大統領が韓国に発つ前に以下のようにツイートしたことを先の記事でお伝えしましたが、企業団を派遣するまでもなく簡単にやり込められる相手として完全にスルーされた形となってしまいました。 「私の訪日と安倍首相との友情は我らが偉大なるアメリカに大いなる利益をもたらすだろう。軍事とエネルギーで莫大な注文が来るぞ!」 My visit to Japan and friendship with PM Abe will yield many benefits, for our great Country. Massive military &…

  • 世界最大手の中国タクシー配車アプリ「滴滴」が日本上陸、2018年春に第一交通産業と組んで東京でサービス開始

    中国アプリが日本の配車サービスを圧倒しそうです。詳細は以下から。 シェア自転車の「モバイク」や民泊の「途家」など、中国発の独創的なサービスが日本にも次々と上陸を果たしていますが、この度タクシー配車とライドシェアサービスで世界最大手となる中国の滴滴出行が日本に進出することになりました。 滴滴出行は日本のタクシー最大手である第一交通産業と組んで2018年春にも東京都内で配車アプリ「滴滴」を使ったタクシー配車サービスを始めます。 滴滴の配車アプリの登録者数は世界で約4億4000万人。米ウーバーテクノロジーズの中国事業も買収しており、1日当たりの利用は2100万回以上で配車サービスでは世界最大手です。 滴滴出行はまずは保有台数約8700台で国内最大手となる第一交通と組み、来年春を目処に都内で約500台をアプリ「滴滴」で配車できるようにし、その後は数千台規模に増やす計画。 さらには日本各地のタクシー会社とも連携して全国規模で展開し、日本のネット配車網の主導権を握る考えです。日本では現在もMKタクシーなど一部のタクシー会社が同様の配車サービスを実施していますが、全国規模で複数の会社のタクシーを配車できるとなれば利便性で圧倒することは間違いありません。 2020年の東京オリンピック時には外国人観光客らが「滴滴」を使った配車で会場へと向かう姿が当たり前になるのかもしれません。 中国配車アプリ「滴滴」、来春にも日本でサービス:日本経済新聞 【世界最大手の中国タクシー配車アプリ「滴滴」が日本上陸、2018年春に第一交通産業と組んで東京でサービス開始】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…