Browsing Category

世界びっくり

  • 骨髄移植を受けた男性がキメラ化、DNAの大部分がドナーのものに入れ替わる

    ひとりの人間に2種類のDNAが混在する事態になってしまいました。詳細は以下から。 ひとりの人間の持つDNAは1種類のはずですが、骨髄の移植手術を受けてた男性が体内に2種類のDNAを持つ「キメラ化」が発生しました。 この事態に見舞われたのはアメリカ合衆国ネヴァダ州在住で保安官事務所ワショー・シェリフで働くChris Longさん。 今から4年前に急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群を発症し、骨髄移植が必要となりました。Longさんは幸運なことに適合するドイツ人男性のドナーに巡り会うことができ、無事に手術が行われました。 そして術後に同僚らがLongさんのDNAがどうなっているかを調べようとし、ワショー・シェリフの犯罪研究所で働くRenee RomeroさんがDNAのサンプルを摂取したところ、驚くべき事が発見されました。 急性骨髄性白血病は血液の癌と呼ばれており、骨髄移植によって健康な血液を取り戻すことがゴールとされますが、Romeroさんらはもっと大きな変化が起きている可能性があると考えて身体の複数箇所からDNAを採取し、時間経過と共にどのように変化してゆくかを調べました。 その結果、骨髄移植から3ヶ月で血液のDNAはドナーのものに変化していたことが分かりました。しかしこれだけで変化は止まりませんでした。 4年後に再度DNAサンプルを採取して調べると、なんと唇や頬に加えて精液のDNAまでもがドナーのものに変化しており、LongさんのDNAが残されていたのは胸と頭髪のみ。つまりLongさんは2つのDNAを持つキメラになっていたのでした。 これによってどのような影響が生じたのでしょうか。Longさん自身は何も変化を感じていないとしており、専門家もLongさんの脳やパーソナリティに変化が生じていないと結論づけています。 KTVN Channel 2 – Reno Tahoe Sparks News, Weather, Video ただし法医学的な見地からは問題は簡単ではありません。Longさんのようなキメラ化した人が犯罪を犯したり被害者になった場合、その場には2種類のDNAが残される可能性があるということ。またLongさんに子供ができた時にDNAチェックをどのように行うべきかという問題も残されています。 実際に2019年9月に開催された国際法医学会議ではLongさんの例が論じられましたが、いずれも明確な答えは出されていません。 なおLongさんは特にキメラ化を気にしておらず、急性骨髄性白血病と骨髄異形成症候群が治ったことを喜んでおり、いつかドナーに会いにドイツに行きたいと話しているということです。 【骨髄移植を受けた男性がキメラ化、DNAの大部分がドナーのものに入れ替わる】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 全ての家族を失った10歳の少年は、それでもひとりで生きることを選んだ

    家族からひとり取り残されたら、しかもそれがまだ子供の頃だったら、私たちは彼のように生きる事を選ぶでしょうか。詳細は以下から。 ベトナム北東部、トゥイエンクアン省の辺境にひとりで住むDang Van Khuyen君は10歳の小学生。彼の人生は繰り返される別離の連続で、とうとう彼はひとりになってしまいました。 Khuyen君が2歳の時に父親は出稼ぎのために都会へと旅立ちました。そして4歳の時に母親は別の男と結婚するために出ていってしまいました。Khuyen君は父の送金を受けつつ、祖母と共に村で暮らすことになりました。 ですが2018年、今度は祖母が結婚をするために村を出てしまい、Khuyen君はひとりになりました。そして追い打ちを掛けるように、父親が出稼ぎ先で事故死してしまったのです。 Khuyen君の学校の先生は父親の遺体を村まで運び、火葬にする為の資金をなんとか調達し、地方自治体にKhuyen君の窮状を報告しました。ですが父方、母方のいずれの祖父母も引き取る意志を見せず、養子縁組しか解決方法はないかと思われましたが、Khuyen君はこれを拒否し、ひとりで暮らすことを選びました。 父からの送金もなくなったため、Khuyen君は先生や医者、近所の人々から米などを分けてもらう他、自分で畑を耕して野菜を育て、林に出向いてタケノコを掘るなどして自活しています。 Khuyen君がひとりで住むのはいかにも東南アジアの農村という雰囲気の茅葺きで木造の簡素な高床式住居。食器や寝具、衣服なども足りておらず、冬にはすきま風が吹き込みます。 ですがKhuyen君は毎日自転車で学校に通って勉強を続け、食料を調達し、家事をこなしています。 この話を先生がネット上でシェアしてからは養子縁組などの申し出がいくつもありましたが、Khuyen君はこれらを拒否し、ひとりで暮らし続ける事を選びました。 家族からひとり取り残されても自分を助けてくれる地域の人々がいて、祖父母以外の親戚もいるため、この村を離れずに生きていきたいと考えているとのことです。 【全ての家族を失った10歳の少年は、それでもひとりで生きることを選んだ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに

    「軽く火を吹いた」程度の話ではありませんでした。詳細は以下から。 中国・北京の一般家庭の様子。電動スクーター(画面右側)を充電していたところ、突然プラグから煙が上がり始めました。 所有者の男性がケーブルを抜こうとするも、煙は勢いを増すばかり。 危険を感じ、ソファに座っていた娘と犬を連れて部屋を抜け出す男性。 煙がすぐさま部屋中に立ちこめたかと思いきや…… 閃光が部屋を包み込み、爆発炎上。 その勢いは部屋が真っ白になるほど。リチウムイオンバッテリーの爆発はすさまじいものがあります。 なお、リチウムイオンバッテリーが炎上した際に出る煙は非常に有毒。電動スクーターはバッテリー容量が大きいだけに、その煙や有毒物質の量も相当なものです。 一部始終を収めたムービーはこちら。バッテリーが爆発炎上した時のための解説もあります。 【中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【要注意】2018年のトレンドはシリコンバレーが夢中になる「ローウォーター」でキマり!?

    日本人にとっては当たり前の様に飲んできた水が最新トレンドになっていますが、要注意案件です。詳細は以下から。 ◆1リットル400円超えの高価なトレンド…しかし品質は? 綺麗な湧き水や井戸水、登山やキャンプの際に山を流れるせせらぎから直接飲む天然水、どれも日本人にとっては昔から当たり前に存在していた飲み水でした。しかしそれは日本の地形や気候によってもたらされた豊かな水資源であり、海外ではまた事情が違います。 3年ほど前からアメリカ国内では、ペットボトルの水でもフィルターを付けて濾過した水でもない汲んだままの水が「ローウォーター」なる名前で商品化され、今やシリコンバレーの企業家らを中心に巨大なムーブメントになろうとしているのです。 値段は、例えばローウォーター草分けであるLive Water社の製品では2.5ガロン(10リットル)で36.99ドル(約4200円)という極めて高価なもの。24リットル分のペットボトルの水がAmazonで1166円で買える事を考えると約8.5倍の値段です。リフィルも可能ですがこちらも14.99ドル(約1700円)。 日本で飲まれる水道水以外の天然水は環境省などが「名水百選」「平成の名水百選」などを選定し、個人所有の井戸水についても飲用井戸として厚生労働省が検査や衛生対策を義務づけています。こうした中で名水がペットボトルで販売されるケースもありますが、あくまで厳しい基準をパスした良好な水質が保証されています。 しかしローウォーターはそのような厳格な基準をクリアしたわけでもなく、フィルタリングすらせずに採取された水をそのまま飲むという危険なものです。 ◆首謀者はガチガチの陰謀論者でした ローウォーターの生産者らはフィルターを使う事によって有用なミネラルが除去されてしまうと主張。さらにはこれまでのペットボトルのミネラルウォーターも藻類を除去するための紫外線やオゾンガスによる殺菌のせいで善玉菌が死滅してしまうとします。 Live Waterの創始者であるMukhande Singhさんは本当の水が新鮮であり続ける「消費期限」は月の巡るサイクルである1ヶ月だと言います。「時間が経ちすぎると本当の水は緑色に変色する。でも人々の飲む水は死んでいるから緑色に変わることすら知らないんだ」とのこと。頭を抱えるしかありません。 さらに水道水については「水道水なんてものは産児制限薬を投入された便所の水だ。クロラミンにフッ化物、私を陰謀論者だと言えばいい。でもフッ化物はマインドコントロール薬で歯の健康になど関係ないんだ」という意味不明な高説を垂れています。 お分かり頂けたでしょうか?つまりは極端な健康原理主義者が陰謀論やスピリチュアリズムと結びつきつつシリコンバレーの富裕層の移り気な注意を惹き付けた事で発生したムーブメントというわけです。 さすがに水については人一倍こだわりを持つ日本でこうした付け焼き刃のムーブメントがトレンドとなる事は考えにくいですが、ゆめゆめ宣伝文句に踊らされることのないよう注意したいものです。 Unfiltered Fervor_ The Rush to Get Off the Water Grid – The New York Times The…

  • 【動画あり】シャングリラ近郊に巨大隕石が落下、NASAがTNT火薬540トン規模の衝撃を確認

    シャングリラに巨大隕石が落下した模様です。詳細は以下から。 CGTNの報道によると、現地時間10月4日夜に中国の雲南省南西部のデチェン・チベット族自治州にあるシャングリラの近郊に隕石が落下したとのこと。 この隕石落下時の衝撃はTNT火薬540トンほどの規模であることがNASAによってほうこくされています。なお、広島に落とされた原子爆弾(リトルボーイ)がTNT換算で約15000トンとなっているため、隕石としてはかなりの大きさです。 住民が偶然撮影した動画がこちら。雲の向こうを非常に明るい火球が空を横切るようにして落下していく様子が映されています。 Asteroid reported to have hit near Shangri-La County in SW China's Yunnan Province. Local residents take video of the suspected meteorite. pic.twitter.com/35UD2jVPsB — CGTN (@CGTNOfficial) 2017年10月5日 なお、このシャングリラは以前は中甸(ジョンディエン)と呼ばれていた街で、小説「失われた地平線」の伝説の理想郷シャングリラやチベット仏教の「時輪タントラ」に説かれる伝説上の仏教王国シャンバラとは関係がありませんので注意が必要です。 【【動画あり】シャングリラ近郊に巨大隕石が落下、NASAがTNT火薬540トン規模の衝撃を確認】を全て見る…