Browsing Category

モバイル

  • 毎晩激遅になるフレッツ光の代わりにWiMAX 2+ホームルーター「novas Home+CA」を指名買いすべきワケ

    夜になると1Mbps以下にまで落ち込むフレッツ光に業を煮やし、WiMAX 2+のホームルーターを試してみたところ、快適に通信できるようになったBuzzap!編集部員の自宅。 使ってみたホームルーター「novas Home+CA」に、数あるホームルーターの中から思わず指名買いしたくなるようなギミックが盛り込まれていたので、今回はそのスゴい点を分かりやすく解説してみることにしました。詳細は以下から。 ◆フレッツ光より快適だったWiMAX 2+のホームルーター まずは前回のおさらい。Buzzap!編集部員が利用している固定回線(フレッツ光、大手プロバイダ契約)では、夜になると平日昼12時台の格安スマホやWiMAX 2+の速度制限時よりもさらに遅い、下り1Mbps以下の通信速度にまで落ちることに悩まされていました。 動画で見ると、どれだけイライラさせられるか分かりやすいかもしれません。 そこでWiMAX黎明期から対応端末を手がけてきたシンセイコーポレーションのホームルーター「novas Home+CA」を試すことに。なお、同モデルは可動式アンテナを搭載したことで、電波が弱い屋内でも筒状のホームルーターやモバイルルーターより電波を拾いやすく、安定した通信を利用できるのが特長です。 集合住宅でも使いやすいよう、他のWi-Fiルーターからの干渉を受けにくい5GHz帯のWi-Fiを利用可能。もちろん高速通信を実現する「IEEE802.11ac」もサポートしています。 さらに1000BASE-Tの有線LANポートを2つ搭載。デスクトップパソコンやゲーム機、nasneなどと有線で接続できるため、オンラインゲームでの遅延を減らすことも。固定回線のような配線工事一切不要、コンセントに挿すだけで無線LAN・有線LANを使って高速通信を利用できるのがnovas Home+CAの強みです。 WiMAX 2+の通信速度。おおよそ10Mbps前後で通信できており、pingも2桁になりました。これだけ速度が出れば、動画配信サービスなどの利用も安心です。 ◆「novas Home+CA」を思わず指名買いしたくなる「アンテナ延長ケーブル」 「これだけ速度が出れば、動画配信サービスなどの利用も安心」と述べたものの、さすがに物足りないと感じる人もいるはず。それもそのはずで、実は上記の通信速度は撮影の都合上、窓から離れた遮蔽物が多いところにホームルーターを設置して測定した速度なのです。 WiMAX 2+やAXGPといった高速・大容量通信サービスは利用している電波の都合上、建物の中に弱く、なるべく窓際に端末を設置したほうが速度が出やすいという特性がありますが、novas Home+CAの最大にして最強の武器がこの「アンテナ延長ケーブル」。 シンセイコーポレーションオンラインショップでの契約者のみに付属する特典で、なんと「アンテナ延長ケーブルのためにわざわざ技適を別途取得した」という、気合の入りようがハンパないアイテムです。 標準アンテナを延長ケーブルに取り付け、本体と接続するだけでアンテナを一気に伸ばすことが可能に。 付属の接着シートを使えば、窓に貼り付けることもできます。 底面には磁石が入っているため、窓周辺の金属部分に取り付けることも。本体を窓辺に置くスペースがなくても、アンテナだけ設置できるため、とても便利です。 ◆もちろん通信速度は向上、安定した高速通信を利用可能に アンテナの角度を調整するなどしてみた上で、さっそく通信速度を再測定。下り10Mbps前後だった通信速度が、アンテナ延長ケーブルによって下り20Mbps前後にまで改善しました。 速度が乱高下することもありません。第三者にMMORPGをプレイさせてみたところ、「延長ケーブルを使う前よりもレスポンスが安定した」とのこと。今までのホームルーターやモバイルルーターは、通信速度が出ない・通信が安定しない場合に本体を動かす必要がありましたが、novas Home+CAでは延ばしたアンテナを調整するだけで済む点も便利です。 実際に通信速度を測定している様子はこんな感じ。これなら高画質動画の視聴、アプリのアップデートなどもさらに快適です。 ほぼ同じタイミングでフレッツ光とWiMAX…

  • Huaweiがベゼルレスの新型Honorを12月に発表へ、先日発売の「Honor 9」いきなり旧型に

    Huawei P10とほぼ同じスペックで割安なのが売りの「Huawei Honor 9」が、なぜかP10とほとんど変わらない値段で先日国内発売されましたが、いきなり旧型になってしまうことが明らかになってしまいました。詳細は以下から。 海外メディア「GSMArena.com」の報道によると、Huaweiが12月5日にロンドンで新型Honorシリーズを発表するそうです。 招待状に描かれたシルエットから、新型HonorシリーズはGalaxy S8などのようなベゼルレスボディになるほか、左下に描かれたロゴからAIに焦点を当てたモデル(Kirin 970搭載)とみられます。 「Honor 10」になるのか、それとも別の名前が与えられるのかが気になるところですが、一つ確実に言えるのは、先日発売されたHuawei Honor 9よりも1世代進んだ性能になるということ。国内発売のタイミング次第では、Honor 9は見送った方が賢明かもしれません。 【Huaweiがベゼルレスの新型Honorを12月に発表へ、先日発売の「Honor 9」いきなり旧型に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 格安iPhoneに異変、ワイモバイル版「iPhone 6s」よりauの「iPhone 8」が安くなる異例の事態に

    ワイモバイルが「iPhone 5s」を取り扱い始めたことに端を発する、携帯各社のサブブランドによる”格安iPhone”への参戦。 昼間に極端に通信速度が落ちるようなこともない、準キャリア品質の回線を格安で使えるのも好評で、ついに本日第3弾となるiPhone 6sが発売されたわけですが、にわかには信じがたい事態が起きています。詳細は以下から。 ◆ワイモバイル版iPhone 6s、au版iPhone 8の最安料金を比較してみた まず見てもらいたいのが、本日発売のワイモバイル版iPhone 6s(32GB)を最安の「スマホプランS」で新規契約、MNPした場合の月額料金。ワイモバイルオンラインショップで確認したもので、頭金(540円)も込み。なお、プランS契約の場合、本体代金が500円上がります。 ・ワイモバイル版iPhone 6s(32GB、スマホプランS契約) 端末代金(月額1944円)+通信料金(月額2138円)=月額4082円(ワンキュッパ割適用後)、2年間で11万1468円 そしてauのiPhone 8(64GB)を新プラン「auピタットプラン」と2年経過後に機種変更すると48回払いの残債がゼロになる「アップグレードプログラムEX(a)」で契約した場合の月額最低料金。1年間1000円割り引かれる「ビッグニュースキャンペーン」「ワンキュッパ割」をそれぞれ加味しても、2年間の利用料金はワイモバイルのiPhone 6sを下回ります。 ・au iPhone 8(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1905円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額4433円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で10万9352円 もちろん最安料金でワイモバイルは月間2GB使えるのに対しauは月間1GB、さらに10分通話定額が付くなどの点でワイモバイルにアドバンテージはあります。 一方でauの新料金プランにも「データ利用量に合わせて料金が変動し、旅行や出張などで使いすぎる月があっても料金が青天井にならない」という強みがあります。 ◆実は今一番安いのはau版iPhone 7 さらに興味深いのが実はau版iPhone 7はもっと安いという点。なんと2年間の維持費でワイモバイル版iPhone 6sと1万6000円ほどの差が付きます。 ・au iPhone 7(auピタットプラン シンプル、アップグレードプログラム契約) 端末代金(月額1350円)+通信料金(月額2138円)+プログラム利用料(390円)=月額3878円(ビッグニュースキャンペーン適用後)、2年間で9万6032円…