Browsing Category

モバイル

  • 【速報】iPhone Xを「カメラの画質が悪い爆熱スマホ」とこきおろした「Xiaomi Mi Mix 2s」ついに4万円に!

    「Galaxy S9」や「Xperia XZ2 Premium」「AQUOS R2」などの最新モデルと肩を並べただけでなく、ドコモ・au・ソフトバンク回線をサポートしたフルスペックスマホが最安値を大幅に更新しました。詳細は以下から。 これが「Xiaomi Mi Mix 2s」。ジャパンディスプレイ渾身の「FULL ACTIVE(5.99インチ、2160×1080)」ディスプレイを備えており、iPhone Xシリーズのようなノッチもありません。 AI対応の最新プロセッサ「Snapdragon 845」搭載。グラフィック性能が30%アップした「Adreno 630」採用でAnTuTuベンチマークのスコアは27万オーバー。6GB/8GB RAM、64GB/128GB/256GB ROMモデルがラインナップされています。 AIによって画像認識速度もiPhone Xを圧倒しています。 「同じゲームをひたすらプレイする」というベンチマークテストを行ったところ、「iPhone Xは爆熱スマホ」という結果になりました。 1200万画素カメラ(F/1.8、1/2.55インチ、ピクセルサイズ1.4マイクロメートル)と1200万画素光学2倍ズームカメラ(F/2.4、1/2.9インチ、1.0マイクロメートル)のデュアルカメラにはソニーの「IMX363」採用。PDAFの30倍のピクセルを使って高速にフォーカスを合わせることができる「デュアルPD」や4軸光学手ブレ補正などをサポートしており、DxO Markのスコアはなんと101です。 さらにAIで天気、風景(日の出・日没や水辺、都市、建築物)、植物(草や多肉植物どころか紅葉まで認識)、人や物(猫、犬、食べ物、乗り物、文章、プレゼン、人物)を認識し、最適な撮影モードを自動選択。背景をボケさせることや、メニューを翻訳しつつ金額を自国の通貨に換算できます。 iPhone XとXiaomi Mi Mix 2sを使った暗所での動体撮影テストの結果、iPhone Xではディティールが損なわれ、塗り絵のような仕上がりになってしまいました。 もちろん7.5Wの高速ワイヤレス充電にも対応。 技適マークの問題はあるものの、Xiaomi Mi…

  • ほぼ7インチ有機ELの超大画面スマホ「Huawei Honor Note 10」セール開始、本格2眼カメラや水冷仕様CPU採用で妥協なしの1台に

    大画面スマホに魅せられてしまった人なら誰でも欲しくなる1台が、セール価格で販売されています。詳細は以下から。 これが8月に発表された「Huawei Honor Note 10」。コントラスト比70000:1、色域115%、明るさ600nitという圧倒的な表示性能を実現した6.95インチフルHD+(2220×1080)有機ELディスプレイを搭載した超大画面スマホ。「大画面スマホに求められるのはコンテンツを美しく楽しめる表示性能」ということを、よく分かった1台です。 Huawei Honor 10と同じF1.8、2400万画素モノクロセンサー+1600万画素RGBセンサーのデュアルカメラ搭載でAIによるシーン自動認識や手ブレ補正(AIS)にも対応。「大画面スマホはカメラが微妙」というジンクスを完全に打ち破っています。 フロントカメラはF2.0、1300万画素。もちろんAIを使った補正を利用できます。 プロセッサは夏のフラッグシップスマホ「Huawei P20 Pro」などと同じKirin 970。AIを使ってユーザーの使い方を学習し、スマホの使い勝手を良くしたり、カメラの画質を向上させることもできます。「大画面スマホはCPUが微妙」というジンクスまでもが打ち破られました。 Kirin 970はSnapdragon 835/845と比べてグラフィック面がやや弱く、本格的な3Dゲームをプレイすると発熱による処理落ちが気になっていましたが、Huawei Honor Note 10では新機能「GPU Turbo」によって、消費電力を抑えつつグラフィック性能を強化。 ただブーストをかけるだけではなく、MacBook Airと同じサイズの液冷機構で放熱性能を大幅に強化し、GPU Turbo発動時でも問題なく動作できるよう、手が加えられています。 大画面スマホで映像コンテンツを楽しむのに欠かせないステレオスピーカーは立体音響「ドルビーアトモス」に対応。まさに至れり尽くせりといった1台です。 バッテリーは一般的なスマホの1.7倍程度となる5000mAh。5V/4.5Aの急速充電により、充電に時間もかかりません。 ほぼ7インチとなると持ちやすさが気になるところですが、18.5:9のフルディスプレイ採用によって、6.44インチの「Xperia Z Ultra(縦179mm×横92mm×厚さ6.5mm)」よりスリム(縦177mm×横85mm×厚さ7.65mm)なのに画面サイズが大きくなっています。 Huawei Honor 10 Noteは以下の通信方式をサポートしており、ソフトバンクやワイモバイル、LINEモバイル・mineoのソフトバンクプランなどと相性が良いのが特徴。…

  • Googleが国内初の「Pixel 3」発売を正式告知、ドコモやソフトバンク(ワイモバイル)から発売か

    Nexusシリーズに続くGoogle独自ブランドスマホにもかかわらず、日本に一切入ってこなかったPixelシリーズが、いよいよ国内発売されることになりました。詳細は以下から。 Google公式ページおよびツイッターによると、同社は日本ユーザー向けにPixelシリーズをまもなく発売するそうです。 Google Pixel – 新しいスマートフォンがやってくる。 具体的にどの機種になるのかについては触れられていませんが、まもなく発表される「Pixel 3」が有力。今までの販売実績からドコモおよびソフトバンク(あるいはワイモバイル)が取り扱うとみられます。 なお、ワイモバイルからの発売が実現すれば、メインブランドとの棲み分けによってエントリー~ミドルレンジモデル中心だった同ブランドでハイエンドスマホを選べるようになります。 【Googleが国内初の「Pixel 3」発売を正式告知、ドコモやソフトバンク(ワイモバイル)から発売か】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • MacBookより高い「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」は本当に価格に見合っているのか、改めて考えてみた

    本体価格税抜11~16万円のiPhone XS/XS Maxに、「廉価版」という位置付けにもかかわらず税抜8~10万円のiPhone XR。 類を見ない価格設定から「MacBookよりも高い」などと嘆く声が聞こえてくる今年のiPhoneで、どうしても気になるのが「本当にそれだけのお金を出す価値はあるのか」という点。 「iPhoneといえば実質0円」という風潮に慣れていた人でも納得できる(かもしれない)、今年のiPhoneのコストパフォーマンスを改めて考えてみました。詳細は以下から。 ◆iPhone XS、iPhone XS Max ・iPhone XS まずは各機種の性能をざっと確認。「iPhone XS」はコントラスト比1000000:1、明るさ650カンデラの有機ELを採用したHDR対応5.8インチSuper Retina HDディスプレイ(2436×1125)を搭載しています。 フルHDを上回る解像度を実現したのはiPhone Xが初めてでしたが、iPhone XSシリーズも踏襲。高精細で色鮮やか、明るい有機ELディスプレイが作り出す没入感を存分に楽しめます。 カメラはF1.8広角、F2.4光学2倍ズーム採用で、いずれも1200万画素。4K・60fpsの動画撮影が可能です。サファイヤクリスタル製レンズカバーやデュアル光学手ブレ補正、Focus Pixelを使ったオートフォーカス、広色域キャプチャを備えるなど、カメラとしての性能が底上げされた形に。画像フォーマットとしてHEIF、JPEG形式で保存できます。 ポートレートモードではボケ効果がさらに進化。深度コントロールを利用できるようになった上、自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノクロ)といった5つのエフェクトも楽しめます。 撮影した画像の詳細は、このようにしてチェックできます。 A12 Bionicプロセッサによって、ARや3Dゲームもグリグリ動作。間違いなくプレミアムフォンです。 Siriもよりグラフィカルに。 前面に備えたF2.2・700万画素TrueDepthカメラは背面カメラ同様、進化したボケ効果や深度コントロールを利用可能に。もちろん顔認識機能「FaceID」も利用できます。 ・iPhone XS Max 続いてはiPhone XSの大画面版「iPhone…

  • iPhone公式補償が2年→4年になる「故障紛失サポート with AppleCare Services」をauが提供、同じ機種を長期間安心して使えるように

    iPhone XS/XRシリーズが発表されてなお、iPhone 7が併売されるなど、2年以上使うことが前提となりつつあるiPhone。 「同じiPhoneを長期間使いたい」というユーザーのために、auがApple公式のアフターサービスを4年へと大幅に伸ばしました。詳細は以下から。 これが2018年9月14日から新たに提供された「故障紛失サポート with AppleCare Services」。Apple公式の保証サービス「AppleCare Services」が2年→4年間提供されるようになるもので、4年間で最大4回の補償を受けられます。 負担金は画面割れだと3400円、その他の修理だと1万1800円。 さらに紛失・盗難時にも電話一本で新品同等品を受け取ることができるau独自の補償もセットで提供されます。 月額料金は707円~1190円。大画面化でスマホを取り落とす可能性が上がったことを考えると、加入しておくのも悪くないのではないでしょうか。 【iPhone公式補償が2年→4年になる「故障紛失サポート with AppleCare Services」をauが提供、同じ機種を長期間安心して使えるように】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 月額2480円で50GB使える「ギガ使い放題キャンペーン+」をソフトバンクが提供、iPhone以外も対象に

    月額3480円で50GB使える新プラン「ウルトラギガモンスター+」を打ち出したソフトバンクが、さらに割引を提供します。詳細は以下から。 ソフトバンクのプレスリリースによると、同社は2018年9月6日(木)~11月30日(金)の期間限定で「ギガ使い放題キャンペーン+」を提供するそうです。 同キャンペーンは新規契約、機種変更または契約変更で「ウルトラギガモンスター+」に加入したユーザーを対象に、2019年4月まで最新iPhoneを月額2480円から利用できるようになるというもの。 対象機種はiPhone 5以降のiPhoneおよび4Gスマホで、上記の料金は「おうち割 光セット」「1年おトク割」「みんな家族割+(4人加入の場合)」適用時となります。 【月額2480円で50GB使える「ギガ使い放題キャンペーン+」をソフトバンクが提供、iPhone以外も対象に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • ドコモ版iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの本体価格発表、月々サポート適用前提の価格に

    8万円~16万円台という、強気すぎる価格設定が衝撃を与えている「iPhone XR/XS/XS Max」。 au、ソフトバンクに続いてドコモが本体価格を発表しています。詳細は以下から。 ドコモの報道発表資料によると、同社が取り扱うiPhone XSおよびiPhone XS Max、iPhone XRの本体価格は以下。 iPhone XS 64GB:128,952円 256GB:147,096円 512GB:171,720円 iPhone XS Max 64GB:141,912円 256GB:160,056円 512GB:184,680円 iPhone XR 64GB:98,496円 128GB:104,976円 256GB:116,640円 しかしドコモはau、ソフトバンクのような24ヶ月後の機種変更時に端末を返却すると48ヶ月払いの残債半分が免除される仕組みでなく、従来の24ヶ月分割+月々サポート適用が前提。 例えばiPhone XSの64GBモデル(128,952円)は毎月2457円の月々サポートが適用され、実質負担額は69,984円に。べらぼうに高いiPhone XS Maxの512GBモデルすら6万円ほどの割引を受けられます。 なお、対象機種を家族(同一シェアグループ)で2台以上まとめて購入すると「家族まとめて割」が適用され、1台あたり5184円が割引。 他社のアップグレードプログラムや半額サポート適用時と比べて少し本体が高めとなるドコモ。しかし家族で契約してシェアパックを使うことで、トータルのランニングコストを引き下げることができます。…