Browsing Category

モバイル

  • なんと「Xiaomi Mi Mix 2」も4万円台に、携帯各社のプラチナバンドLTEに対応したフルスペック格安スマホ爆誕

    先ほどBuzzap!でSnapdragon 835を搭載したフルスペックスマホ「Xiaomi Mi6」が3万円台になったことをお伝えしましたが、同じプロセッサに最先端の18:9ディスプレイ、さらに携帯各社の主要周波数帯を軒並みカバーしたフルスペックスマホ「Xiaomi Mi Mix 2」も類を見ない値下がりっぷりを見せています。詳細は以下から。 ◆Xiaomiにとって特別なモデルとなる「Xiaomi Mi Mix 2」 まず確認しておきたいのが「Xiaomi Mi Mix 2」の位置付け。XiaomiのCEO・雷軍氏によるメッセージが添えられるほどの鳴り物入りのモデルで、気合の入った装丁の箱に入れられています。 中にはXiaomi Mi Mix本体、充電器、Type-Cケーブル、Type-C-3.5mmヘッドフォンジャック変換アダプタ、ソフトケース、SIMニードル、クイックスタートガイド、保証書などがフルセットで入っています。 充電器は5V/3A、9V/2A、12V/1.5A出力に対応しており、急速充電を利用可能。 ◆最先端の性能と高級感を実現したプレミアム仕様 Xiaomi Mi Mix 2本体。ジャパンディスプレイが社運を賭けて開発した18:9の4辺ベゼルレス液晶「FULL ACTIVE(5.99インチ、2160×1080)」に加えて、2017年夏~冬にかけて発売された「Galaxy S8」「Xperia XZ1」「AQUOS R」「HTC U11」「isai V30+」などと同じ「Snapdragon 835」を搭載した正真正銘のフラッグシップスマホです。 背面には3400mAhバッテリーと指紋認証センサー、そして4軸光学手ブレ補正をサポートした1200万画素カメラ。ピクセルサイズ1.25マイクロメートル、センサーサイズは1/2.9インチです。 Xiaomiのデザインチームによる渾身のプレミアムモデルであることを示す「MIX…

  • スマホ事業本格見直しのLG、新開発ディスプレイとデザイン完全刷新の「Judy」で巻き返しへ

    スマホ事業の見直しのため、今年からLGがフラッグシップモデルの発表時期をずらすことを先日Buzzap!でお伝えしましたが、今年発表されるモデルの詳細が見えてきました。 明るく発色の良い「IPS Quantum」を引っさげてシリーズ愛好者を喜ばせた「isai vivid」のように、新しいアプローチのディスプレイを備えた本気のモデルとなるようです。詳細は以下から。 確度の高いリーク情報で知られるEvan Blass氏が海外メディア「VentureBeat」に投稿した記事によると、LGは「Judy」というコードネームで開発中のフラッグシップスマホを6月に発表する方針だそうです。 「Judy」は「LG G7」と名付けられないモデルで、新たに開発された一般的なIPS液晶より消費電力を35%削減しながら、800nitの超高輝度を実現するRGBW方式の6.1インチ、18:9のフルディスプレイ(HDR10対応)を搭載。 さらに本体デザインも完全に刷新され、Snapdragon 845/4GB RAM/64GB ROMやF1.6レンズ採用の1600万画素デュアルカメラ、「boombox」と呼ばれるステレオスピーカー、IP68の防水防塵および耐衝撃性能を備えるとされています。 また、AIを使ったカメラ機能の強化(被写体に応じた撮影モードの最適化、低照度時の明るさも2倍に)や音声認識、ワイヤレス充電機能なども盛り込まれるとのこと。 どうやら現在発売中のisai V30+およびLG V30+の良さを残しつつ本体デザインを含めた大幅な刷新を図った、本気の1台で勝負をかけるようです。 【スマホ事業本格見直しのLG、新開発ディスプレイとデザイン完全刷新の「Judy」で巻き返しへ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 格安スマホ界に激震必至、Snapdragon 835搭載の「Xiaomi Mi6」がついに3万円台に

    昨年発売された世界初のSnapdragon 835搭載スマホ「Xiaomi Mi6」が、ついに3万円台にまで値下がりしてしまいました。 格安スマホ界のバランスを崩しかねない価格破壊っぷりです。詳細は以下から。 まずは「Xiaomi Mi6」を振り返り。ガラスの下に指紋認証センサーが配置された上、iPhoneと違ってカメラが出っ張らないなど、ボディの完成度はピカイチです。 SIMカードスロット、音量ボタンの高さを揃えるなど、とにかくデザインにこだわった一台。 カーブしたガラスを四隅に採用し、フレームはステンレス。高い性能だけでなく、高級感を実現したのがXiaomi Mi6です。 そしてここからいよいよスペックの解説。Xiaomi Mi6は2017年夏~冬にかけて発売された「Galaxy S8」「Xperia XZ1」「AQUOS R」「HTC U11」「isai V30+」などと同じ「Snapdragon 835」を搭載した、正真正銘のフラッグシップスマホです。 5.15インチフルHD(1920×1080)ディスプレイには、600nit~1nitまでの明るさを4096段階で調節できる、目に優しいスマートバックライトを採用しています。 デュアルスピーカー採用でステレオ音声を再生可能。 シリーズ初の防滴仕様を実現しています。 背面には光学4軸手ブレ補正、PDAF(像面位相差オートフォーカス)対応の1200万画素デュアルカメラを搭載。バッテリー容量は3350mAhです。 標準レンズでの撮影に加えて、光学2倍ズームでの撮影を楽しめるのが特徴です。 Xiaomi Mi6の特徴をまとめるとこんな感じになります。 技適マークの問題があるものの、Xiaomi Mi6は以下のネットワークに対応。より高速かつ安定した通信を実現する「3波キャリアアグリゲーション」をサポートしています。 3G(W-CDMA:B1/B2/B5/B8、CDMA1X/EVDO:BC0) 4G(FDD-LTE:B1/B3/B5/B7/B8、TD-LTE:B38/B39/B40/B41) 以下の通販サイト「Banggood.com」でのXiaomi Mi6(4GB RAM/64GB ROMモデル)の本体価格は3万9436円。携帯各社から8~10万円程度で販売されているフラッグシップスマホと同じ性能なのに半額以下という、恐ろしいほどのコストパフォーマンスを実現しています。…

  • HTC U11の性能を最大限引き出す付属の「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン(MAX320)」は壊れても買い直せません

    3月上旬に待望のソーラーレッドがSIMフリースマホとして発売される「HTC U11」。 美しいデザインに高いカメラ性能などを実現しているハイエンドスマホですが、以前指摘した改善して欲しいと感じた部分に加えて、もう1つ厄介なポイントがありました。詳細は以下から。 ◆HTC U11の性能を最大限に生かせる「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン」 まず見てもらいたいのが、HTC U11に付属している「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホン」。USB Type-C接続タイプのイヤホンで、基本的にHTC U11以外のType-C端子搭載スマホでの使い回しはできません。 音の反響からユーザーの耳の構造を解析し、個々人の耳の中の形に合わせて音域と音量を最適化できるため、誰でも手軽に高い音質を楽しめます。 さらに周囲の雑音のレベルを継続的に把握、周囲の状況に合わせて瞬時に音を調整する「アクティブ・ノイズキャンセレーション」によって、電車などで移動している時でも高音質に音楽やゲーム、映像コンテンツを楽しむことが可能。使ってみるとその便利さに驚かされます。 ◆一度壊したら買い直すことができない しかし一方で問題となるのが、「HTC Uソニック・ハイレゾイヤホンは一度壊したら買い直すことができない」という点。 HTC公式サイトからリンクされているauのオンラインショップでは、そもそもHTC U11本体の在庫すらなく、オプション品にもHTC Uソニック・ハイレゾイヤホンはありません。 HTC U11 HTV33 通販 | au オンラインショップ | 価格・在庫情報 ソフトバンクのオンラインショップにいたっては、HTC U11用のアクセサリーがそもそもありません。 スマートフォン通販|ソフトバンクセレクション ソーラーレッドをはじめとしたSIMフリーモデルや各機種のオプション品を販売している「HTC…

  • まもなく発表のZenfone 5には安価な「Lite」もラインナップ、前面・背面ともにデュアルカメラ搭載へ

    2月末に正式発表されるASUSの格安スマホ「Zenfone 5」のラインナップの一部がリークされました。詳細は以下から。 スマホ新機種情報などのリーク元として有名なEvanBlass氏のツイッターによると、ASUSが発売を予定しているZenfone 5 LiteはフルHD+(2160×1080)ディスプレイや2000万画素デュアル前面カメラ、1600万画素デュアル背面カメラを備えたモデルになるそうです。 カラーバリエーションはミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト、ルージュレッドの3色になるとのこと。 「Zenfone 4」「Zenfone 4 Selfie Pro」「Zenfone 4 Selfie」「Zenfone 4 Max」の中でどれがエントリーモデルなのかが直感で分からないなど、ネーミングに少し難があったZenfoneシリーズ。 Zenfone 5 Liteの登場は、ユーザーが直感的にどれを選べばいいのか分かるラインナップへとシフトチェンジしたことを示しているのでしょうか。 【まもなく発表のZenfone 5には安価な「Lite」もラインナップ、前面・背面ともにデュアルカメラ搭載へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 6080mAhバッテリーに6GB RAM、前後デュアルカメラも付いた格安スマホ「Ulefone Power 3」レビュー、まさかの注意点も

    最近トレンドとなっている18:9液晶に一般的なAndroidスマホを圧倒する6GB RAM、6080mAhバッテリー、さらに前面・背面にデュアルカメラを備えた安価なスマホ「Ulefone Power 3」のレビューをお届けします。 どうやら今までにない注意点があるようです。詳細は以下から。 これが今回レビューをお届けする「Ulefone Power 3」の外箱。Ulefoneといえば近年、なかなかコスパのいいスマホを提供するメーカーです。 Ulefone Power 3本体、説明書、画面保護フィルム、USB Type-Cケーブル、ACアダプタ、microUSB→USB Type-C変換コネクタ、USB Type-Cオーディオ変換コネクタなど全部入り。買ったその日からそのまま使えるようになっています。 とても分かりやすいスペックシートが貼られたUlefone Power 3本体。正直なところ、レビューする側にとっても分かりやすくて助かります。 なんとよくよく見るとあらかじめ本体がクリアケースに入っていました。うれしい過保護っぷりです。 それでは改めて外見をチェック。18:9の6インチフルHD+(2160×1080)を備えた全画面スマホとなったUlefone Power 3ですが…… なんと800万画素+500万画素のデュアルカメラを前面に搭載。顔認証を利用できます。 背面には1600万画素+500万画素のデュアルカメラと指紋認証センサー、そして一般的なスマホの2倍となる6080mAhバッテリーを備えています。 そのせいか本体はやや厚め。しかしそのおかげで丸みを帯びた形状となっており、持ちやすくなっています。 Hi-Fiチップセットを採用することで音質が良いのも強み。バランス良く仕上がったモデルです。 DSDS対応ではあるものの、2枚目のSIMカードスロットはmicroSDとの排他仕様。 さっそく電源を入れてみたところ。 18:9ディスプレイによって画面占有率はなかなかのもの。これなら映像コンテンツや電子書籍などを快適に楽しめます。 Android 7.1がプリインストールされているため、ちゃんと日本語で使えます。 6GB RAMに64GB…

  • MVNOからの集中砲火に「サブブランド(UQ mobile、ワイモバイル)」が反論、「不当に速い」という批判は一体どうなのか

    携帯会社から回線を借りてサービスを提供する「仮想移動体通信事業者(MVNO)」が、大手携帯電話会社のサブブランド(ワイモバイルやUQ mobile)に寄せている批判に対し、ついに公開で反論が行われました。詳細は以下から。 ◆「不当に速い」とMVNOがサブブランドを集中砲火 まず見てもらいたいのが、昨年12月25日から総務省が開催している「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の資料。IIJ、楽天、「mineo」を提供するケイ・オプティコムがサブブランドに対して意見を寄せています。 ・IIJ まずはIIJ。サブブランドを用いた既存の利用者の囲い込みを問題視しています。 MNP転出を希望するユーザーに対し、自社のサブブランドを薦めることなども問題視しています。 ・楽天 続いては1桁足りない投資額で携帯電話事業への参入を表明した楽天。「接続料金を勘案してもサブブランドの通信速度はMVNOでは提供不可能な水準」としています。 メインブランドとの併設店をいち早く展開している点も問題視。 ・ケイ・オプティコム そして「eo光」でおなじみ、関西電力傘下のケイ・オプティコム。やはり通信速度の差を訴え、「公正競争確保のための対応」を総務省に求めています。 ◆ソフトバンク、UQコミュニケーションズが反論 ・ソフトバンク これらの批判に対し、ついに反論を始めたのがソフトバンク。まずワイモバイルによる料金低廉化が総務省におけるタスクフォースでも評価を得てきたことを指摘した上で、ワイモバイルは単なる事業・ブランディング戦略の一部でしかないとしています。 海外でも大手キャリアがサブブランドを提供している事例を挙げた上で…… ワイモバイルは低価格端末を中心に提供し、サポートダイヤル有料化やショップ展開の最適化によって低料金を実現しているとしています。 ネットワークについても、差別的な扱いを行っていないとしています。 ・UQコミュニケーションズ 続いてはUQ mobileを提供するUQコミュニケーションズ。WiMAXサービス用の2.5GHz帯を割り当てられる際に課された指針により、同社はKDDI陣営ではあるものの、あくまで独立した企業です。 KDDIのMVNO事業者である一方、WiMAX回線を提供するMNOでもある同社。 IIJ、楽天、ケイ・オプティコムよりも少ないUQ mobileのシェア。UQ mobileに限って言えば、よってたかってMVNO上位陣にサブブランド批判で殴られている側です。 WiMAXサービスで快適な通信速度を追及してきた以上、スマホでも快適な通信速度を出すことが同社のポリシー。ショップ展開などのコストも先行投資であるとしています。 ◆「不当に速い」という批判は当たらないのではないか 確かにMVNO各社より不当に安く回線が卸されているなどの事情があるのであれば、問題となりそうな今回の批判。しかし先述したように、UQ mobileを提供するUQコミュニケーションズはKDDIから携帯電話回線を借りる一方で、WiMAX 2+回線をKDDIに貸す立場です。 2014年発売のiPhone 6以降、auスマホのWiMAX…