Browsing Category

ハードウェア

  • 【注意】「格安4Kテレビ」値上がりで2万円台の機種が消滅、今後の値下がりは絶望的か

    気が付けば2万円台のモデルまで登場していた格安4Kテレビが値上がりしています。詳細は以下から。 大手価格情報サイト「価格.com」によると、2019年12月31日9:30現在、同サイトで最も安価な4Kテレビ「アグレクション superbe SU-TV4304K」が3万2800円で販売されています。 価格.com – アグレクション superbe SU-TV4304K [43インチ] 価格比較 価格変動グラフ。近ごろは2万円台が常態化し、一時期2万5000円ほどまで値下がりしていましたが、一気に反発しています。 クリスマスシーズンで需要が高まり、一時的に値上がりしているだけなら問題ありませんが、少し気になるのが先日Buzzap!でお伝えした液晶テレビの今後の値動き。 生産調整やオリンピックの影響でテレビ向け液晶パネルが高騰するとみられており、2020年第1四半期に一気に20%値上がりするという観測まで飛び出しているため、待っても以前のように安くならない可能性は十分に考えられます。 なお、「もう少し信頼性のあるメーカー製のものが欲しい」というのであれば、中国TCLや日本人になじみ深いフナイ、AIWAなどがおすすめ。以下の各機種をはじめ、今なら3~4万円台で50インチモデルまで選べてしまいます。 価格.com – TCL 43K600U [43インチ] 価格比較 価格.com – フナイ FL-43U3020 [43インチ] 価格比較 価格.com – AIWA TV-49UF10 [49インチ]…

  • 【格安】なんと9000円台の超小型デスクトップも、格安パソコン5機種を一挙紹介

    前回紹介して大きな反響を得た、場所を取らずお手ごろ価格の超小型デスクトップパソコンたち。 ライトユーザーにオススメのとにかくリーズナブルなモデルから、ゲームや動画編集などにもガンガン使える高性能モデルまで、歳末向けセール商品に焦点を当てて再びまとめてみました。詳細は以下から。 ・Bmax B1 「Bmax B1」。Intel Celeron N3060、4GBメモリ、64GBのストレージを備えたモデルです。 スペックとしてはエントリーモデルですが、本体は12cm×12cm×3.2cmで240グラムというポータブルサイズと驚きの安さが強み。通販サイト「Banggood.com」では、クーポンコード「BGJPBXB1」適用でなんと1万円を切り、9500円になります。 Bmax B1 | Banggood.com ・NVISEN Y-MU01 Intel Core i5-8265Uを備えた「NVISEN Y-MU01」が今回は16GBメモリ、256GBのストレージを備えたモデルで登場です。 価格と性能のバランスが良いCore i5採用と考えると、なかなか悪くない選択肢に思えるこの1台。クーポンコード「BGJPNVS68」適用で3万9400円になります。 NVISEN Y-MU01 | Banggood.com こちらは「NVISEN Y-MU01」のIntel Core i7-8565U、16GBメモリ、256GBのストレージを備えた上位モデル。 クーポンコード「BGNVS789」適用で4万3700円になっており、4000円の差額でCore i7に変えられると考えればこちらを選ぶ選択肢も十分にありです。 NVISEN…

  • 世界初の20TBモデルハードディスクをウェスタンデジタルが発表、まもなく発売へ

    「1台20TB」という、とんでもない容量のハードディスクが登場しました。詳細は以下から。 ウェスタンデジタルのプレスリリースによると、同社は世界初となる20TBのHDD「20TB Ultrastar DC HC650 SMR HDD」および「18TB Ultrastar DC HC550 CMR HDD」のサンプル出荷をDropboxなどに向けて開始したそうです。 新モデルには「エネルギーアシスト磁気記録技術」を採用。業界最高の記録密度を実現したほか、9枚の円盤構成やヘリウム充填技術「HelioSeal」などと組み合わせることで、ドライブ容量を大幅に向上させています。 なお、これらのHDDは2020年前半に量産を開始予定。そう遠くないうちに店頭に並ぶことになりそうです。 コメントを見る 【世界初の20TBモデルハードディスクをウェスタンデジタルが発表、まもなく発売へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【格安】1万円台からの超小型デスクトップ6機種一挙紹介、Core i7搭載でも2万円台に

    ライトユーザーにオススメのとにかくリーズナブルなモデルから、ゲームや動画編集などにもガンガン使える高性能モデルまで、場所を取らずお手ごろ価格の超小型デスクトップパソコンをまとめてみました。詳細は以下から。 ・CHUWI GBox 「CHUWI GBox」。Intel Gemini Lake N4100、4GBメモリ、64GBのストレージを備えたモデルです。 スペックとしてはエントリーモデルですが、なんといっても安さがポイント。通販サイト「Banggood.com」では、クーポンコード「BGCWG10」適用で1万8600円になります。 CHUWI GBox | Banggood.com ・NVISEN Y-MU01 Intel Core i5-8265Uを備えたベアボーンキット「NVISEN Y-MU01」。 価格と性能のバランスが良いCore i5採用と考えると、なかなか悪くない選択肢に思えるこの1台。クーポンコード「BGYMU95」適用で2万6300円になります。 NVISEN Y-MU01 | Banggood.com ・XCY X32 「XCY X32」。Intel Core i7-4500U、8GBメモリ、120GBストレージを備えたモデルです。 クーポンコード「BGXCY328」適用で2万7900円。Core…

  • 超小型4Kジンバルカメラ「DJI Osmo Pocket」年末特価に、今年最も売れた大人気の1台

    驚きの手ぶれ補正で、映画のワンシーンのように日常の風景を撮影できる4Kカメラ「DJI Osmo Pocket」。 今年Buzzap!で最も売れた1台が、またしても値下がりしてしまいました。詳細は以下から。 これが「DJI Osmo Pocket」。手ぶれを抑えてくれるジンバルが一体となった、ハンディサイズの超小型カメラです。 手に持ってみると分かる小ささ。一眼やデジカメなどを持ち歩くとき、「カバンから取り出して被写体に向けて……」というフローを面倒に感じる人は少なくないと思いますが、これならポケットから片手でさっと取り出して撮影できます。 スマホ向けジンバルで有名なDJIが手がけただけあって、手ぶれ補正性能(3軸)はかなりのもの。激しい動きでもしっかり撮ることができます。 手ぶれ補正にはTDKの「MEMSモーションセンサー」を採用。下支えしているのは日本の技術でした。 その中でも特徴的なのがユーザーの目線に合わせてダイナミックに動きを再現する「FPVモード」。走りながら風景を撮影しても、手ぶれによる揺れなどは感じられません。 試しにコンデジ(LUMIX)で対照実験してみたところ。悪酔い注意です。 被写体をタップするだけで自動追尾する「アクティブトラック」、広い景色を納めることができる「3×3パノラマ」「180度」などの多彩な撮影モードもあります。 さらに数時間分の映像を数秒にまとめる「モーションラプス」、暗いところできれいに撮れる「ナイトショット」、マニュアル撮影が楽しめるプロモードに加え、高い手ぶれ補正性能によって三脚を使用せずとも2~3秒の長時間露光ができます。 スマホを接続してデジカメ感覚で撮影することも可能。被写体のトラッキングやピント合わせなどをより精密にやりたい時はこちらが便利です。 試しにアニメ「四畳半神話大系」のクライマックスの舞台である加茂大橋から鴨川デルタを撮影してみました。まずはノーマルの画像撮影です。 「180度」モードは、いわゆるパノラマ写真となります。その名の通り180度撮影可能です。 「3×3」モードは上下左右を幅広く撮影することが可能で、広角レンズ的に使用する事ができます。 撮った動画は専用アプリ「DJI Mimo」を用いて編集することも可能。逆再生や早送り、繋ぎのエフェクト、BGMやタイトルも選んで付けるだけで、専門知識は不要です。 4K(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)、フルHD(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)動画やRAW形式での写真撮影なども楽しめるDJI Osmo Pocket。 以下の通販サイト「Banggood.com」ではクーポンコード「BGJPDJI806」適用で3万4368円に値下がり中。持ち運びの邪魔にならず、スマホと違った風景をすぐに撮れる1台です。 dji osmo pocket 3-axis stabilized handheld…

  • ついに1TBのSSDが8000円台に値下がり

    ノートパソコンやPS4などを一気に大容量化できるSSDがお手ごろ価格になりました。詳細は以下から。 大手通販サイト「Amazon.co.jp」によると、2019年11月16日12:00現在960GBモデルSSD「ASU630SS-480GQ-R」が8999円で販売されています。 Amazon | ADATA 2.5インチ 内蔵SSD 480GB SU630シリーズ 3D NAND QLC搭載 SMIコントローラー 7mm ASU630SS-480GQ-R | ADATA | パソコン・周辺機器 通販 CFD販売の「CSSD-S6B960CG3VX」も9295円に。3年保証が付いています。 Amazon | CFD販売 CSSD-S6B960CG3VX CFD CG3VX シリーズ SATA接続 SSD 960GB |…

  • タトゥーシール状の超薄型「曲がるディスプレイ」が開発される

    「曲がるディスプレイ」がついに肌に貼れる程の超薄型になりました。詳細は以下から。 中国の南京大学の研究チームがタトゥーシールのように薄くて曲げられ、肌に直接貼り付けることのできるディスプレイを開発しています。スマートウォッチも遠からず過去のものになるかもしれません。 革命的なマンマシンインタフェースとして公開された「ACEL(alternating-current electroluminescent)」は発光微粒子で作られたエレクトロルミネセンス性の層を2つの柔軟な銀製のナノワイヤー電極でサンドイッチ状に挟んだもの。 柔軟なポリマーに内蔵されたセラミック・ナノ粒子によってこれまでの同種のディスプレイに比べて極めて高い明度を達成し、明るい部屋の中でも視認可能となっています。 加えてACELは極めて低い電圧で明るく発光し、余分な廃熱がほとんど出ないため、最大でも45度以上の高温にはならないため、安全に皮膚に貼り付けて使用する事ができます。 このプロジェクトのDesheng Kong教授は「表皮センサーと呼ばれるものでは心拍数や血圧、血中酸素濃度やグルコース値などを継続的にモニターできますが、このディスプレイを用いればそうした値を視覚的に表示できます。これらの値はアスリートのトレーニングや生物医学の分野で極めて重要です」と述べています。 研究者らはデモンストレーション用に皮膚に貼り付けられるストップウォッチを開発。数字が極めてはっきりと読み取れる上に、電圧も極めて低く抑えられています。 このままいけば全身タイツ状のディスプレイなども開発されそうですが、実用からエンタテインメントまで、幅広い応用が期待できそうです。 【タトゥーシール状の超薄型「曲がるディスプレイ」が開発される】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…