Browsing Category

ハードウェア

  • Surface Proの半額なのにメモリとSSDが2倍の「Teclast X5 Pro」登場、キーボードセットすら5万円台に

    余裕を持って使える大容量メモリと大容量SSD、そして十分使えるプロセッサを備えたSurface Pro対抗のWindowsタブレットが登場しました。詳細は以下から。 これが今回解説する「Teclast X5 Pro」。12.2インチのフルHD(1920×1200)IPS液晶を備えたWindowsタブレットです。 プロセッサは最新のSurface Proと同じIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz)。4K解像度の外部ディスプレイに出力できます。 デュアルチャネル対応の8GBメモリを搭載。Surface Pro(Core m3モデル)の実に2倍です。 SSDの容量もSurface Pro(Core m3モデル)の実に2倍となる256GB。 廉価モデルのノートパソコンなどに搭載されているeMMCなどと異なり、毎秒最大500MBのデータ転送が可能です。 背面には自由に角度を設定できるキックスタンドを搭載。動画視聴などの際に非常に役立ちます。 USB 3.0端子、microUSB端子、USB Type-C端子(タブレット本体の充電可能)、microHDMI端子などを備えているため、拡張性は十分。技適マークの問題があるものの、IEEE 802.11 b/g/n/ac対応無線LAN(2.4GHz/5GHz)やBluetooth 4.2も利用できます。 Surface Proよりも画面解像度が低い(2736×1824→1920×1200)ものの、基本性能の差は歴然なTeclast X5 Pro。 以下の通販サイト「GeekBuying.com」ではSurface Pro(11万4264円)の半額にあたる5万7982円で販売されています。 Teclast X5 Pro…

  • スパイク・ジョーンズが監督したAppleのスマートスピーカー「HomePod」のCMがすごい

    ここからAppleの猛反撃が始まるのでしょうか?詳細は以下から。 現在はAmazonの「Amazon Echo」とGoogleの「Google Home」が二大勢力として君臨しているスマートスピーカーですが、AppleがAppleらしい広告動画で反撃を開始しました。 現地時間3月5日にYouTubeで公開された4分間に渡るスマートスピーカー「HomePod」のCMはあのスパイク・ジョーンズを監督に迎え、FKAツイッグスが主演するというなんともAppleらしい広告となっています。 HomePod ? Welcome Home by Spike Jonze ? Apple – YouTube 映像や構成はいかにもスパイク・ジョーンズらしいセンスに満ち溢れていますが、肝心のHomepodの機能は音楽再生しか紹介されていません。その辺りもなんともAppleらしいといえばらしいのですが、果たしてスマートスピーカー市場にどこまで食い込めるのでしょうか? 「HomePod」Siriを搭載し、4,000万曲以上を揃えるApple Musicに最適化されたスマートスピーカー。当初の予定から2ヶ月ほど遅れて今年の2月9日に349ドル(約38000円)で発売され、現在はアメリカ合衆国とイギリス、オーストラリアでのみ売られています。 今年の春にフランスとドイツで発売される予定となっていますが、日本語に対応し、私たちの手元にやってくるのはいつになるのでしょうか? This Super Cool Ad Directed By Spike Jonze Is Almost Enough To…

  • メモリ8GBでGPUも付いた格安Core i7ノート「Voyo i7」、さらに大幅値下がり

    大画面、高い処理能力、そしてコストパフォーマンスを求めるのであれば、まず間違いない1台です。詳細は以下から。 これが今回解説する「Voyo i7」。コスパのタブレットを手がけていることでおなじみのメーカー・Voyoによる15.6インチフルHD(1920×1080)液晶を備えたWindows 10ノートパソコンです。 IntelのCore i7 6500UにNVIDIAのGeForce 940MXを搭載。MMORPGなどもプレイできます。 メモリ容量はさまざまな作業をそつなくこなせる8GB。ストレージは大容量1TBのHDDですが、「HDDはデータ置き場、OSや各種ソフトはSSD」と割り切っているユーザーのために、M.2接続のSSDを増設できます。 USB3.0端子とUSB 2.0端子が2つずつ、HDMI端子、USB Type-C端子、カードリーダーなども搭載。技適マークの問題も、二束三文で販売されているUSBドングルタイプのWi-Fi端末で回避できます。 今までは年末セールであっても7万円台を割ることがなかったVoyo i7ですが、以下の通販サイト「GeekBuying.com」では従来より大きく値下がりした6万5945円で販売中。なんとクーポンコード「ZKAMBEKA」を使えば、6万4282円にまで値引かれます。 国内で同等スペックのモデルを買おうとすると1万円以上の差額が生まれてしまうVoyo i7。差額でSSDを買い足せば高速と大容量を両立できてさらに快適になるなど、非常にポテンシャルの高い1台です。 VOYO I7 Notebook 3GB RAM 1TB ROM Silver ・関連記事 ドンキの格安PCよりお得な「Jumper EZbook 3SE」が1万円台で販売中、256GBのmicroSDXCカードも国内最安値以下に | BUZZAP!(バザップ!) 【プレゼント企画あり】高画質デュアルカメラに6GB RAM搭載、おまけに高音質な格安スマホ「ZTE…

  • 【さらに値下げ】わずか3万円台でSurface Proと同性能、格安すぎるタブレット「Cube Mix Plus」再臨

    昨年飛ぶように売れたSurface Pro対抗タブレット「Cube Mix Plus」が帰ってきたことを1月末にお伝えしましたが、中国が日本の正月にあたる「春節」を迎えたことを受け、さらなる値下げが行われています。 同じ価格帯のAtomやCeleron搭載ノートパソコンを買うくらいなら、こちらを買ったほうが確実に幸せです。詳細は以下から。 Buzzap!で何度かレビューをお届けした「Cube Mix Plus」。10.6インチフルHD(1920×1080)IPS液晶を備えたWindows 10タブレットです。 Kabylake世代のIntel Core m3-7Y30(デュアルコア、最大2.6GHz駆動)、4GB RAM/128GB SSDを搭載。分かりやすく説明すると、「Surface Pro」Core m3モデルに真っ正面から対抗できるモデルです。 背面には500万画素カメラを搭載。バッテリー容量は4300mAhです。 背面カメラで撮影を試してみたところ。フルHD(1920×1080、30fps)動画を撮ることもできます。 実際に撮影した写真はこんな感じ。タブレットのカメラとして考えれば十分な写りです。 左側面に電源端子、USB 3.0端子、HDMI出力を兼ねたUSB Type-C端子、microSDカードスロット、ヘッドホン端子といった各種インターフェースが集中。付属のUSB 3.0ケーブルを利用すればUSBメモリはもちろん、モバイルルーターやスマホなど、さまざまな機器を接続できるため、拡張性は十分です。 実際に触ってみたところはこんな感じ。Atomプロセッサを備えた格安タブレットなどとは段違いの、かなり余裕のあるレスポンス。Intel Core m3-7Y30はダテじゃありません。 スピーカーの音量も十分。エンタメ用途でも十分活躍してくれます。 ドラクエ10やFF14のベンチマークもなんなくこなせます。 別売りのキーボードを付ければ、USBポートも増えてより便利に。 ノートパソコンライクに使えるため、後から買い足してみるのもいいかもしれません。 1024段階の筆圧を検知できるワコムのデジタイザを搭載しているため、別売りのスタイラスを使えば「出先でもイラストを描きたい」「締め切り間近で修羅場なのでどこでも原稿作業ができるようになりたい」といったニーズにも応えてくれます。 「Surface…

  • ドンキの格安PCより確実にお得、1万円台のキーボード付きタブレットやスマホのクリスマスセール実施中

    ガジェット通販サイト「Banggood.com」がお手ごろ価格で買えて、それでいて使えるアイテムのセールを実施しています。詳細は以下から。 ◆Chuwi Hi10 Plus 今回の目玉商品となるのが「Chuwi Hi10 Plus」。10.8インチフルHD(1920×1280)のIPS液晶にIntel Atom X5-Z8350、4GB RAM、64GBフラッシュメモリを備えたWindows 10とAndroid 5.1のデュアルブート対応タブレットです。 「ノートパソコンとしても使いたい」というユーザーのために、キーボードもセットで付属。クーポンコード「da68f4」適用で2万3246円が1万7318円になるため、ドンキの格安ノートよりもお得です。 Original Box Chuwi Hi10 Plus 64GB Intel Cherry Trail X5 Z8350 10.8 Inch Dual OS Tablet With Keyboard Sale…

  • まさにハイエンド祭り、世界中のLTEを使える最強スマホ「OnePlus 5T」やCore i7ノート「Voyo i7」が割安に

    ドコモ、au、ソフトバンク回線にほぼフル対応した上に世界最高レベルの性能を実現したとんでもないスマホ「OnePlus 5T」や、Core i7ノートなどが割安で販売されています。詳細は以下から。 ◆OnePlus 5T まずは「OnePlus 5T」から解説。sRGBおよびDCI-P3をサポートし、キズに強く割れにくいゴリラガラス5で守られた6.01インチフルHD+(2160×1080)有機EL採用のフルディスプレイスマホです。 背面はソニーのIMX398(1600万画素、メイン)、IMX376K(2000万画素、サブ)のデュアルカメラ構成に。いずれもF1.7、27.22mmで、サブカメラは4つの画素を1つの画素として扱うことで、暗いところでも明るく撮れるアプローチを採用しています。 プロセッサは現在世界最先端となるSnapdragon 835。6GB RAM/64GB ROMモデル、8GB RAM/128GB ROMモデルの2機種がラインナップされます。 もちろんType-Cを使った急速充電にも対応。バッテリー容量は3300mAhです。 そしてOnePlus 5Tの最も面白いところが対応しているネットワークの多様さ。技適マークの問題はあるものの2G(GSM)、3G(CDMA2000:BC0、W-CDMA:Band 1/2/4/5/8)、4G(FDD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28/29/30/66、TDD-LTE:Band 34/38/39/40/41)をサポートしており、国内各社の3Gおよび4Gの大半を利用可能(ただしau回線を利用できるかについては定かでありません)。 3CA、64QAM/256QAMといった最新の高速化技術を利用できるほか、2×2MIMOのIEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LAN(2.4GHz、5GHz)、Bluetooth 5.0(aptX、aptX HD)、NFCなどもカバーしています。 なお、以下の通販サイト「Banggood.com」におけるOnePlus 5T 6GB RAM/64GB ROMモデルの本体価格は6万4632円。サイトにログイン後、クーポンコード「12BGOP5TTG」を適用すると5万8815円にまで値引かれます。 OnePlus 5T 6.01…

  • MacBook Airに対抗したChuwi Lapbook Airなどの薄型/高精細/大容量メモリノート、わずか2~3万円台で売られる事態に

    MacBook Airに対抗して発売された薄型ノートたちが、少しありえないような値付けで販売されています。詳細は以下から。 ◆Chuwi Lapbook Air まずは安価な大画面・高精細ノートでおなじみのChuwiが発売した「Chuwi Lapbook Air」。14.1インチのフルHD(1920×1080)液晶にIntel Celeron N3450、8GBメモリ、128GBのeMMCを備えたWindows 10ノートパソコンです。 キーボードは打ちやすいアイソレーションタイプ。 ボディはもちろんフルアルミ合金。 薄さ12mmと、かなりの薄さを実現。技適マークの問題があるものの、IEEE802.11 a/b/g/n/ac対応無線LANにBluetooth 4.0、HDMI端子、USB3.0端子×2、microSDXCカードスロットを備えるなど、拡張性は十分です。 潤沢なメモリ容量もあって、単純なノートパソコンとして考えてもそこそこ使えそうなChuwi Lapbook Air。 以下の通販サイト「Tomtop.com」での販売価格は4万4177円ですが、サイトにログイン後クーポンコード「XXAIR」を入力すると、「価格.com」で同クラスの性能の最安モデル(4万9800円)をぶっちぎる3万5297円にまで値下がりします。 CHUWI LapBook Air Notebook PC 8GB +128GB ◆Tbook X8S そしてもう1台が「Tbook X8S」。15.6インチのフルHD(1920×1080)狭額縁液晶にIntel Celeron…