Browsing Category

スマートフォン

  • スマホを見過ぎると文章の深い意味が理解できなくなる?→あくまで一過性と最新研究で判明

    ツイ廃の皆様にはいい知らせ…と言えるのでしょうか?詳細は以下から。 ちょっとしたスキマ時間や寝る時も、特に用事がないのにスマホを延々と見続けてしまう人は少なくありません。 そうしたスマホ依存症については既にあちこちで警鐘が鳴らされていますが、重度にハマっても文章がまともに読めなくなることはなさそうです。 サザン・ニュー・ハンプシャー大学Peter Frost心理学教授がジャーナル「Applied Cognitive Psychology」に発表した最新の研究によると、スマホを見続けることによって文章の深い意味を読み込むことができなくなるものの、それはあくまで一時的なものであることが示されました。 Frost教授らはスマホが認知機能に与える影響について3つの実験を実施。全ての実験で被験者らはトラッキングソフトをスマホにインストールし、研究者らがスクリーンタイムを確認できるようになっています。 まず最初に、驚くべき事に被験者らは1日に平均で5時間半もスマホの画面を見ていました。これは通常の大人が起きている時間の1/3にも当たります。 最初の105人の学生に対して行われた実験では、スマホの使用が満足感や社会的問題の解決の遅れに関連があることが分かりました。 第2の実験は1週間に渡り、50人の学生に対して行われました。被験者らは無作為に2つのグループに分けられます。1つのグループはスマホの利用を1日2時間までに制限され、もうひとつのグループでは1日5時間まで許されます。 実験後にコーネル批判的思考テストを両者に行ったところ、5時間スマホを使えたグループでは意味の理解や分析の能力が減退していることが判明しました。 3つ目の実験では別の50人の学生に対し、第2の実験と同じ制限を28日間継続させました。 実験開始から1週間後に行われたコーネル批判的思考テストでは第2の実験と同じような結果が出ていたのですが、時と共にその影響は小さくなり、28日後には2時間のグループと5時間のグループで有意な差は見られませんでした。 ということで、スマホのヘビーユーズも最初こそ意味の理解や分析の能力が減退という影響はあるものの、1ヶ月もすればそうした悪影響はなくなってくるという事になります。 これでツイ廃の皆様も「1日100ツイート以内に収める」といったスマホ利用制限を自らに課す必要もなくなりそうです。 ただしこの研究はあくまで認知機能についての話。スマホ依存症で視力が悪くなる、首や肩がガチガチに凝る、「食事中にまでスマホ見ないで」と家族や恋人にブチ切れられるといった問題とは一切関わりがありません。 いずれも個別に真摯な対応が必要となりますので、勘違いなきよう十分気をつけてください。 【スマホを見過ぎると文章の深い意味が理解できなくなる?→あくまで一過性と最新研究で判明】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • スマホ版「真・女神転生」の「D×2 真・女神転生 リベレーション」、ついに来週配信を公式が告知

    あの人気シリーズのスマホ版がいよいよ配信秒読みです。詳細は以下から。 1992年にアトラスから発売され、続編や多くの派生作品を生み出しながら現在まで続く人気ゲーム「真・女神転生」シリーズ。その最新作となるスマホゲーム「D×2 真・女神転生 リベレーション」の配信が来週に迫っていることを公式ツイッターアカウントが発表しました。 【次週配信予定!!】サービス開始に向けて最終調整中の「D×2」の配信時期に関して、次週の配信を予定しております。配信日が確定次第、正式発表させて頂きます。 事前登録がまだの方は、こちらhttps://t.co/5I5oQYai9D #D2メガテン #D2真・女神転生L pic.twitter.com/UGk39uvXC0 — D×2 真・女神転生 リベレーション公式/事前登録開催中! (@d2megaten) 2018年1月16日 既に事前登録も50万人を超えており、期待の高さがうかがわれます。 初代の「真・女神転生」は発売された1990年代当時の現代日本を舞台とし、パソコン通信で送られた「悪魔召喚プログラム」を携帯型のハンドベルトコンピュータにダウンロードして悪魔たちと会話をして仲間(ゲーム中では「仲魔」と呼ばれる)にするという当時としては極めて斬新な世界観が話題となりました。 神話上の神々や悪魔、精霊といった存在を扱いながらサイバーパンクやポストアポカリプスとも親和性が高く、金子一馬氏のスタイリッシュなキャラクターデザインと共にRPGに新しい風を吹き込み、カルト的なファンを獲得しました。 その後シリーズを重ねて多くの作品が生み出されてきましたが、今回の「D×2 真・女神転生 リベレーション」は悪魔合体、交渉、3Dダンジョンといったオリジナルの要素を満載。おなじみとなったプレスターンバトルを実装し、多身合体やスキル継承などの要素も発展的に加わり、自分だけの最強悪魔を作成することも可能です。 期待は高まるばかりですが実際のゲームとしてはいったいどこまでファンの厳しい目に応えるものなのか、公開が待たれます。 セガが贈る新たな「メガテン」D×2 真・女神転生リベレーション 公式サイト 【スマホ版「真・女神転生」の「D×2 真・女神転生 リベレーション」、ついに来週配信を公式が告知】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…