Browsing Category

コラム

  • 女子受験生を一律減点していた東京医大、不正入試の補償や慰謝料が莫大な額になるおそれ

    「女性医師は離職するから必要悪」として、女子受験生の一律減点が2011年から行われていた東京医科大。 一次試験、二次試験と試験を経るごとに女子の割合が下がっていき、最終的には男女比率5:1になるという、あまりに露骨な内容でしたが、不正が明るみに出たことで、莫大な補償を求められる可能性が浮上しました。詳細は以下から。 ◆一般の私大より高価な東京医科大の受験料 まず見てもらいたいのが、東京医大の医学科入試情報。 一般的な私大だと検定料(受験料)の相場は一般入試が3万5000円、センター利用入試が1万8000円といったところですが、東京医大の一般入試は6万円かかります。 センター利用入試でも4万円。授業料の桁が1つ違う私立医大だけあって、受験料も高額です。 そして今回、入試不正が明らかになったことで問題となってくるのが、東京医大は所定の受験料を受け取っているにもかかわらず、定められた役務(=募集要項にある通りの入試)を提供していないという点。 もちろん「女子の一律減点」などは入試の要項に書かれていないため、同大は女子受験生たちから受験料をだまし取ったことになるわけです。 ◆「女子一律減点」の実態、不正に落とされた受験生の数は? ちなみに先日もお伝えした通り、平成30年度入試では男子2196人、女子1481人が受験しており、男女比はおよそ3:2でしたが…… 一次試験(英数理の筆記試験)合格者の時点で男女比は2:1に。二次試験(小論文、面接、適性検査)合格者の時点では女子受験生だけ8割も落とされ、5:1にまで差が広がっています。 3:2の男女比が2:1、5:1とどんどん広がっていくのはあまりにも不自然。女子の一律減点は一次試験、二次試験の両方で行われていた可能性が高いと判断せざるを得ません。 そこでBuzzap!では平成30年度の入試情報を元に、女子の一律減点が行われず、一次試験・二次試験合格者の男女比が3:2のまま変わらないものとして、不正に落とされた女子受験生の数を推定してみました。 ・一次試験 受験者3677人に対し629人(男子412人、女子217人)が合格した一次試験。もし男女比が同じなら男子377人、女子252人が合格していたことに。つまり35人が不正に不合格扱いされた計算になります。 ・二次試験 そして241人(男子198人、女子43人)が合格した二次試験。もし女子の一律減点が行われず、男女比が同じなら男子145人、女子96人が合格していた計算に。つまり53人が不正に不合格扱いされた計算になります。 一次試験・二次試験で年間88人、実に90人近くの女子受験生が不正により涙を飲んだことになる東京医大の入試。2011年度入試から不正は行われていたとのことなので、単純計算でのべ700人以上が被害を受けたことになります。 ◆東京医大が補償すべき内容を、阪大のケースから考えてみた なお、今年春に阪大の入試ミスが発覚した際、同大学は落とされた30人を追加合格とした上で、以下のような補償を実施しました。 ・他の大学に払った入学金や授業料など「本来負担する必要がなかった経費」 ・予備校代 ・慰謝料 しかし東京医大のケースで問題となってくるのが、医学部の特殊性。医学部受験のための予備校は授業料が高く、河合塾の以下のコースの場合、授業料はおよそ185万円です。 ハイレベル私立大医進アドバンス個別指導つきコース | 関東 | 高卒生 | 大学受験科 |…

  • 【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質

    一連の流れから、杉田議員とは一体どういう人物であるのかを振り返ってみました。詳細は以下から。 ◆発端は新潮45の「LGBT支援の度が過ぎる」という記事 まず見てもらいたいのが発端となった「新潮45」の記事。自らもLGBTという立場から議員活動を行っている立憲民主党の尾辻かな子さんが、自民党・杉田水脈議員が寄稿した記事を問題視しました。 杉田水脈自民党衆議院議員の雑誌「新潮45」への記事。LGBTのカップルは生産性がないので税金を投入することの是非があると。LGBTも納税者であることは指摘しておきたい。当たり前のことだが、すべての人は生きていること、その事自体に価値がある。 pic.twitter.com/5EbCaMpU9D — 尾辻かな子 (@otsujikanako) 2018年7月18日 「LGBT支援の度が過ぎる」と題した杉田氏の文章は以下のようにLGBTを「生産性がない」と断じ、税金を使う事への嫌悪感を隠さないもの。 例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のために税金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。 彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。 しかし日本のどこを振り返ってみても、LGBTに対して何らかの積極的な支援が行われているという実情はなく、多額の税金が投じられている実態もBuzzap!編集部員は寡聞にして存じません。 ここ数年で話題になったことといえば「同性パートナーシップ制度」ですが、あくまで異性愛者のカップルと同じ権利を認める制度です。異性愛者に先んじるものでも、ましてや優遇するものでもありません。「度が過ぎるLGBT支援」など、はじめから存在しないのです。 ちなみにBuzzap!編集部で調査したところ、「同性パートナーシップ制度」導入にあたって渋谷区(総予算額約858億円)が計上した予算は190万円。 税金の無駄呼ばわりされる規模ではまずなく、LGBTカップルが抱えてきた老後・相続などの法律問題をクリアできるようになるのであれば、むしろ費用対効果が高いとさえ言えます。 ◆LGBTは生産性がなく支援不要=自民党の公式見解 案の定、寄稿や各ツイートが大炎上してしまった杉田議員が次に行ったのが、自民党を使った自己肯定。大臣クラスをはじめとした先輩議員が「間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ」などと声をかけてくれたそうです。 「他党の議員が記事を切り取って~」と、さも悪し様に編集されたかのように言っていますが、杉田議員は2015年の時点で「生産性がないLGBTに支援が不要」という考え方を堂々と披露しています。本意でなかったかのように言うのは、むしろ不誠実です。 なお、自民党でLGBTの理解促進を進めている議員たちによると、杉田議員が寄稿した内容は「党の立場も配慮し言葉を選んだもの」とのこと。つまりLGBTに関する自民党の公式見解です。 ◆「殺害予告された被害者」として幕引き 口を開けば開くほど燃える状況に陥ってしまった杉田議員。本日昼に「ゲイだと名乗る人間から事務所に殺人予告が届きました」とツイートした上で一連のLGBTに関する投稿を削除し、幕引きを図る形となりました。もちろんLGBTに対する謝罪などもありません。 殺人予告は犯罪です。 しかし、もし本当に予告を行った人物がゲイで、周囲と違うことに思春期から悩みながらも生きてきた自らの人生を「生産性がない」と一蹴されたことが動機であるならば、杉田議員は己の言動を顧みるでしょうか。一連の言動を鑑みるに、結果は想像に難くないでしょう。 「杉田議員が何を書いたのか」はまともに触れず、「寄稿文に文句のあるゲイを名乗る男性から殺害予告があった」という体で殺害予告を取り上げる産経新聞。同性パートナーシップ制度を叩いていた同紙らしい卑怯さです。 なお、タレントのスマイリーキクチ氏は今回のケースについて、以下のようなコメントを発表しています。 【【コラム】「LGBTは生産性がなく支援不要」騒動で振り返る自民党・杉田水脈議員の本質】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【スマホぶっちゃけ評価】Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5/5Z、honor 10、P20 liteのうち結局オススメは?

    先週から2018年夏スマホのカメラ比較(第1弾、第2弾、第3弾)に性能比較、おまけに発熱テストまでお届けしたBuzzap!。 ここで各機種のぶっちゃけた評価をまとめてみることにしました。詳細は以下から。 ◆Xperia XZ2 Premium 「夜景を撮りたいのなら買ってもいいのではないか」と素直に思えた1台。「プレミアムおまかせオート」で星空をキレイに撮れてしまうなど、デュアルセンサーで一日の長があるはずのHuawei P20 Proといい勝負ができています。 動画撮影に至っては各社随一で、花火大会や「今夜星を見に行こう」的なシチュエーションでも安心して連れ出せる1台。ゲームプレイ時の発熱についても十分許容できる範囲のため、やや遅めな発売日を待つ価値は十二分にあります。 ◆Huawei P20 Pro ドコモが独占販売したくなるのがよく分かるほど、カメラの出来が素晴らしい1台。人物、風景、夜景など、さまざまなシチュエーションで「外さない1枚」を撮ることができます。暗所撮影性能でXperia XZ2 Premiumと殴り合えるのもこの機種だけです。 Huawei P20 Pro(左)とXperia XZ2 Premium(右)で撮影した真っ暗な茂みの写真。 しかし一方でプロセッサの処理能力は他の機種ほど高くなく、グラフィックを要求する作業では発熱で強制終了してしまうことも。ゲームをガンガンプレイする人にはあまりオススメできませんが、とにかく高画質な写真を撮りたい人には最良の選択肢になります。 ◆Galaxy S9+ Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Proの「カメラツートップ」に挟まれて、今ひとつ存在感を発揮できないGalaxy S9+。しかしぶっちゃけた話、「総合的にバランスのいいスマホ」が欲しいのであれば最もオススメできる選択肢です。 標準、望遠双方で驚くほどキレイな写りを実現できているGalaxy S9+。カメラの性能は決して悪くありません。 さらにスマホの処理能力および発熱テストでもトップクラスのスコアを達成。写真を撮りたい人にも、ゲームをプレイしたい人にも安心して薦められる1台です。…

  • 【スマホ発熱テスト】Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5Zのうちゲーマーにオススメできるのは?

    先日お届けしたカメラ比較記事(第1弾、第2弾、第3弾)、そしてベンチマーク比較記事に続いて、2018年夏スマホの発熱テストをお届けします。 対象機種はXperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5/5Z、Huawei honor 10、Huawei P20 liteですが、カメラ比較やAnTuTuベンチマーク比較ともまた違った結果となりました。詳細は以下から。 ◆2018年夏モデルスマホの3D表示性能を比較してみた ・思わぬ形で脱落する機種が 今回比較に使ったのは「3D MARK Sling Shot Extreme」。スマホの3D表示能力を測定するゲーマー向けのベンチマークアプリで、処理が重すぎて各機種ともベンチマーク測定時の発熱が高すぎたため、今回は3回連続で測定しました。 しかしそんな測定のさなか、異変が発生。 2回目の測定以降、Huawei P20 Proが発熱しすぎてアプリが強制終了する事態に見舞われてしまいました。 もちろん他のスマホではそのようなことは起きません。しかしHuawei Honor 10が持つ熱もかなりのものでした。 ◆ハイエンドモデルで分かれた測定結果 測定結果を並べるとこんな感じ。トップスコアを叩き出したのはZenFone 5Zで、パフォーマンスを維持できたのはZenFone 5Z、Galaxy…

  • 【スマホカメラ比較】Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、ZenFone 5Z、honor 10、P20 liteで夜景を撮影してみた その1

    すでに発売済みの「Huawei P20 Pro」「Galaxy S9+」や8月発売予定の「Xperia XZ2 Premium」など、2眼カメラを生かした話題のスマホの相次ぐ登場でにぎわいを見せる2018年夏スマホ。 先日、世界最高画質スマホ「U11」の後継にあたる「HTC U12+」国内版が正式発表されたことで役者が揃ったため、一斉比較をお届けします。詳細は以下から。 ◆比較に用いた機種は9機種 Xperia XZ2 Premium、Huawei P20 Pro、Galaxy S9+、AQUOS R2、HTC U12+、iPhone X、ZenFone 5Z、Huawei honor 10、Huawei P20 liteの9機種でカメラのざっくりとした説明は以下。機種名をクリックするとレビュー記事に飛びます。 Xperia XZ2 Premium:ソニー初の2眼スマホ(モノクロ+RGB)、最大ISO感度51200(静止画)・12800(動画) Huawei P20 Pro:世界初のAI採用3眼スマホ(モノクロ+RGB+光学3倍)で最大ISO感度は102400 Galaxy S9+:F1.5とF2.4可変式、標準+光学2倍ズームスマホ AQUOS…

  • 野党叩きでおなじみ「500円(@_500yen)」、貧困問題を自己責任と徹底的に叩くも自らは安いパソコンすら買えず資金を募る

    安倍政権に批判的な存在であれば、野党だろうとメディアだろうと徹底的に叩く。 そんな言動で知られるツイッターアカウント「500円(@_500yen)」はリーズナブルな価格帯のパソコンすら買えないようです。詳細は以下から。 ◆「500円(@_500yen)」とは? まずは500円の解説。面倒なのでざっくり言ってしまうと、先日個人運営でない可能性が高いことをお伝えした「DAPPI(@take_off_dress)」と似たようなツイッターアカウント。「#500円デマ」というハッシュタグが2年前から運用されている時点で、投稿内容はお察し下さい。 安倍政権に批判的な存在を晒し上げて叩くところもDAPPIと大差ありませんが、ここであえて取り上げておきたいのが「この人物(500円)が貧困を訴える人々を徹底的に叩いてきた」ということ。 それでは彼の言動を見ていきましょう。生活保護で暮らす母子家庭の母親の体型について「栄養状態を御覧くださいwww同情できねえwww」などと述べていますが、貧しい家庭ほど安くお腹がいっぱいになる炭水化物メインの食事になりがち(=太りやすい)ことすら知らないのでしょうか。 ファストファッションや安価なパソコン、格安スマホなどが登場して久しい昨今。500円によるとパソコンや携帯電話を持ち、間食できれば貧困ではないそうです。 母子家庭が生まれる背景には死別やDVも含め、本人の力ではどうにもならないことを含めたさまざまな事情がある中、「自堕落な人生設計が問題なのでは?」という、あまりに心ない一言も。あの落語家といい、どうしてここまで他人への共感力を欠くことができるのでしょうか。 各方面で話題になったパソコンを買えない貧困女子高生についてはこのようにコメント。後述するため「パソコンも5万円出せば買えるよ」という内容、覚えておいてください。 もちろん現政権の政策については高く評価し、「相対的な貧困も改善しました」と断言しています。きっと500円もたわわに実ったアベノミクスの果実とやらの飽食に明け暮れ、さぞかし驕奢な生活を送れているのでしょう。 ◆ミドルレンジパソコンすら買えない500円 野党やメディアを叩く傍ら、貧困を訴える人々を口汚く罵倒してきた500円。しかしなぜか2017年11月17日にツイートが停止していました。 「ついに訴えられでもしたのか」という憶測が一部で飛び交っていましたが、先日500円の中の人のメインアカウント「パンドラちゃん(@bio_jackrose)」が先日、その理由を明かしました。 なんとそれは「パソコンがないため更新できない」というもの。ええっ……!? てっきりワークステーション並みのスペックを実現した超ハイエンドパソコンが壊れてしまったという話かと思いきや、IntelのCore i5搭載パソコンすら買い替えられないという話でした。 ちなみに詳しくない人に向けて説明しておくと、IntelのCore i5はミドルレンジに向けた普及価格帯CPU。大手価格情報サイト「価格.com」では、i5搭載デスクトップが5万円台で販売されています。 つまり500円は自らがツイートした5万円のパソコンすら自費で買えない境遇にもかかわらず、貧困を訴える人々を徹底的に叩き、現政権の経済政策を称えていたわけです。 ちなみにパンドラちゃん(@bio_jackrose)のツイートの傾向を見てみると、100%パソコンからの投稿。ほぼ完全シフト制のDAPPIと違い、投稿時間はかなりバラバラです。 500円(@_500yen)のツイートの傾向も同じくパソコンからのみで、このご時世にモバイルからの投稿はありません。前述した「パソコンや携帯電話を持っていれば貧困でない」という暴論は、まさか自らが携帯電話を持っていない(あるいは持つ必要がない)ためだったのでしょうか……? 「今まで貧困を訴える人々に投げかけてきた言葉を、そのまま自分に当てはめる覚悟はあるのか」と言いたくなる一連の言動とこの結末。 なお、500円の中の人ことパンドラちゃんはパソコンを買うための募金を受け付ける予定。「自分で満足にパソコンすら買えない人が他人のお金でパソコンを買い、貧困叩きを再開する」という、悪夢の連鎖が生まれる日は近そうです。 ◆「DAPPI=組織による運営アカウント」の証明に一役買ってしまった500円 「広告収入を得られないツイッターでどれだけ活動しても、普及価格帯のパソコンすら満足に買えない」ということを証明する形となってしまった、500円の中の人のツイート。 図らずも平日の8~21時台(コアタイムは9~19時台)、サンデーモーニングやサンデージャポンが放送されている日曜朝9時前後に稼働する完全シフト制でパソコンからの更新を続けられているDAPPIが、個人運営でなく資金やマンリソースのある組織によるものであることの証明に一役買っています。 【野党叩きでおなじみ「500円(@_500yen)」、貧困問題を自己責任と徹底的に叩くも自らは安いパソコンすら買えず資金を募る】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「 #午後ティー女子 」が炎上したキリンの謝罪がダメすぎて再炎上、いったい何が批判されているのか

    炎上対応としては大失敗と言うしかない状況になっています。どこが悪かったのでしょうか? ◆「シニカル」で済むラインを逸脱したキリンのツイートが大炎上 自社製品を愛好する女性を「#午後ティー女子」と名付けながら、イラストレーターつぼゆり(@tsuboyuri)の自虐テイストのイラストを用いて散々にこき下ろしたツイートを掲載したキリンビバレッジ公式アカウント。 (魚拓) 「斜めに構えた、シニカルな視点」というスタンスのつもりだったと思われますが、笑いへと昇華するよりも人を小ばかにしている感が強い出来映えだったことから、「女性を馬鹿にしている」「自社製品を買ってくれる顧客をこう見ているのか」と怒りの声が上がり、不買を訴える動きまで巻き起こるなど見事に炎上。 キリンは5月1日にツイートを削除し、以下のような謝罪を行いました。 この度、キリンビバレッジ公式アカウントにおける午後の紅茶の投稿について、お客様にご不快な思いをおかけし大変申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。多くのお客様からのご意見を受け投稿を削除いたしました。今回いただいたご意見を真摯に受け止め、今後の活動に活かして参ります。 — キリンビバレッジ♪ (@Kirin_Company) 2018年5月1日 ですがこの謝罪は炎上対応の悪手の見本のようなものでしかなかったため、再炎上する事態となっています。 ◆いったい何が悪かったのか この謝罪の問題点は、これまで日本で起こった多くの「炎上案件にガソリンを掛けるタイプの謝罪そのもの」だと言えるでしょう。 それらに共通する最悪のキーワードは「不快な思い」です。日本で企業や政治家などが謝罪する時に頻繁に用いられるのが「不快な思いをさせたなら(それに対して)謝罪する」というもの。 これは一見するとなんとなくまっとうな謝罪に見えてしまいますが、よく考えれば実は「目の前に怒っている人がいるからとりあえず謝っとこう」以上の意味はありません。 炎上するにはそれなりの原因があるわけですが、この「不快な思い」系の謝罪はその原因になった物事について何ひとつ言及することなく謝罪できてしまうという構造的な欠陥があります。 今回のキリンの事例であればその原因は「女性蔑視の娯楽化」なり「製品顧客層の揶揄」なりがその原因の大きなウェイトを占めるわけですが、自社がメインの顧客とする女性らを「#午後ティー女子」と貶して馬鹿にするような広告が企画されて通り、実際に発信されてしまったという失敗を省みる姿勢がいっさい見られません。 つまりこの謝罪は某スノーボード選手の「チッ、うるせ~な!」→「反省してま~す!」の事例と同様に、単にクレーマーに対応しているに過ぎないのです。 本来であれば「女叩き」のようなイラストを採用してしまった経緯や顧客を上から目線でこき下ろす広告を発信にまで至らせてしまった社内体制について原因を究明して再発防止を約束するといった対応が必要な場面です。 しかし「不快な思い」をさせた事に対して謝罪をすることで、いかに目の前の批判をやり過ごすかしか考え得ていないことが明々白々となり、それこそがさらなる炎上のガソリンとなっているのです。 ◆ではどうしたらよかったのか? 答えは既に出ていますが、「不快な思い」というダメマジカルワードを使うのはもうやめましょう。 それは「相手が怒っているから謝る」行為でしかありませんし「クレーマーに対して謝っている姿を見せることで溜飲を下げさせ、機嫌を直させる」以上の意味はありません。 こうした謝罪を社会が「謝っているんだしもういいじゃないか。いつまでもカリカリしているなんて大人げない」などと容認してしまえば、問題を起こした側が原因を明らかにし、改善させる機会を失わせることになります。 もちろんそれでは類似した問題が再び発生する事になり、その度に改善なき謝罪が繰り返され、リソースが無駄遣いされ続けることになります。 「問題が起これば原因を究明して解決させる」というあらゆる局面で当たり前の改善プロセスを停滞させることは当事者にとっても社会にとっても百害あって一利なしです。この程度のまともな対応を期待できないのであれば、その社会の将来性には少なからず疑問符を付けざるを得なくなります。 『午後ティー女子』のイラストが炎上。キリンに対して「顧客を悪く描いて何が楽しいのか」の声 【「 #午後ティー女子 」が炎上したキリンの謝罪がダメすぎて再炎上、いったい何が批判されているのか】を全て見る Source:…