Browsing Category

グルメ

  • 深い緑色のスープが香る、富山県高岡市の「高岡グリーンラーメン」を食べてみました

    富山には色とりどりのラーメンが存在しているようです。詳細は以下から。 ラーメン好きの間では「富山ブラック」といえばよく知られたご当地ラーメン。富山県富山市中心部発祥で、醤油の濃いスープはご飯と一緒に食べることを前提に作られているとされます。 富山県では商工労働部 商業まちづくり課が色合いに特徴ある県内のご当地食を「とやまのカラーフード」に選定し、富山の食の魅力のPRを行っています。 そうした中で「富山ブラック」にちなんだ富山県各地が「カラーラーメン」なるものをそれぞれに開発。「おやべホワイトラーメン」「入善ブラウンラーメン」などと共に開発されたのが今回訪れた高岡市の「高岡グリーンラーメン」なのです。 黒も白も茶色もどこかで見たことがありますが、緑色のラーメンはそうそう見かけるものではありません。宇都宮味噌ラーメンの名店「麺 藏藏(ZAZA)」で「バジルdeグリーン味噌」という絶品を食べた記事を以前掲載しましたが、こちらはどんなお味なのか非常に気になったので突撃してみました。 先日「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」を取り上げた通り、富山県高岡市は藤子・F・不二雄先生が生まれ育った故郷の街。JR高岡駅からは路面電車路の「万葉線」もあるのですが、2駅ほどの距離なので散歩してみることにします。 メインの北口を出て「ドラえもんの散歩道」の前を通り、路面電車に沿って商店街「すえひろーど」を北に向かいます。 訪れたのが平日の昼間だったので閑散としています。 万葉線「末広町」の駅。路面電車のある街はなぜかそれだけで魅力的に思えてしまいます。筆者の好みかもしれませんが…。 交差点を曲がるところで路面電車に追い越されました。なかなかモダンな車両です。 「片原町」の駅…というか停留所に見えますね。乗り場までは横断歩道のようなものもなくワイルドですが、交通量から考えれば特に問題ないということなのでしょうか。なお、高岡駅から万葉線に乗った場合はここで降ります。 ここから細い道をさらに2筋北西方向に進みます。 すると土蔵造りの旧家が立ち並ぶ、重要伝統的建造物群保存地区に指定された山町筋に行き当たります。明治後期の大火の後に建てられたとのことですので、F先生もきっとこれらの建物を見ていたことでしょう。 ここだけでもじっくり見て回る価値のある風景ですが、今回の目的は「高岡グリーンラーメン」ですので、そちらに向かいます。 蔵を改造したオシャレな「山町ヴァレー」の片隅にあるのが「緑彩軒」。まだピカピカのお店です。 店内も洋風にまとめられていていい感じです。 レトルトも販売されていました。官民一体となってPRしているのがよく分かります。 こちらが「高岡グリーンラーメン」の説明。定義としては名産品である「高岡産ほうれん草を使用していること」と「見た目にグリーンであること」が定められています。 「高岡グリーンラーメン」の緑色はほうれん草の緑色なんですね。さて、どんな風味で楽しませてくれるのでしょうか。 程なくして着丼。見事なまでに深い緑色をしています。ほうれん草と水菜、豚と鳥のチャーシューが載せられています。 こちらはトッピングの辛味噌と柚子胡椒。 食べてみると、ほうれん草の風味がしっかりと分かるあっさり目のスープのつくりがとても丁寧。「グリーン」を名乗るだけあって全体として刺激を強めず、それでいてしっかりとコクや風合いを出してきています。 途中で辛味噌と柚子胡椒で味変をしながら食べ進めていくと、少しずつこのスープの違った顔が見えてきて、最後まで新鮮に味わいを楽しむことができました。ただし麺はもうちょっとしっかりしていた方が合いそうな気がします。 結局唐揚げセットを頼んで完食してしまいました。 ということで、カラーラーメンだけにイロモノである可能性をちょっとだけ心配していましたが、特色のはっきり出たご当地ラーメンに仕上がっているというのが感想。 富山ブラックを筆頭としてカラーラーメンの食べ歩きが流行っていけば、さらに「高岡グリーンラーメン」を提供する店舗も増えて面白い事になっていくのではないでしょうか? 【深い緑色のスープが香る、富山県高岡市の「高岡グリーンラーメン」を食べてみました】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 毎日3~4杯のコーヒーを飲むことが最も身体によく、長生きできる

    コーヒーは身体によいという話を最近耳にしますが、1日3~4杯が適量との嬉しい知らせです。詳細は以下から。 カフェインが健康の敵扱いされ、カフェインを含まないデカフェが持て囃された時期もありましたが、最近になってコーヒーが健康によいという研究が発表され話題になってきました。 そんな中でイギリスのサウサンプトン大学のRobin Poole博士らの研究チームは200以上の研究からデータを収集、毎日3~4杯のコーヒーを飲む人は飲まない人に比べて心臓病や死亡リスクが低下することを発見しました。 さらに肝臓がんや肝硬変を含む肝機能障害においてもリスクが低減していることが明らかになった他、前立仙がん、子宮内膜がん、皮膚がんなどのがんや2型糖尿病、胆石、痛風のリスクも下がっています。 これに加えてパーキンソン病、うつ病、アルツハイマー病のリスクも低下しているとのこと。まるで万能薬のようですが、そうとも言い切れません。 妊娠中の女性にとってはコーヒーを1日200g以上飲むことは流産のリスクを高める可能性があり、また女性が骨折するリスクも微増します。 また、この研究が参照にした200の先行研究はそれぞれの実験などに用いた条件が一定ではないため、精密な測定結果とは言えません。そのため研究者らは「コーヒーを3~4杯飲む人は飲まない人より健康的だ」とは言えてもコーヒーに直接的な健康増進効果があると結論づけることはできないとしています。 加えて、コーヒーに砂糖やフレッシュなどを大量に投入して飲む人がいますが、それらの糖分や脂質は別個に身体に悪影響を与える事にも注意すべきとのこと。もちろん空きっ腹に泥水を煮詰めたようなコーヒーを飲めば胃も荒れてしまいます。 ということで、健康のためにこれから毎日コーヒーを飲むことが効果があるかは確実ではありませんが、「これまで毎日コーヒーを3~4杯飲んできた人は、心置きなくこれからも毎日美味しいコーヒーを楽しみましょう」というお話でした。 Three to four cups of coffee a day linked to longer life: Three or 4 cups a day confers greatest benefit, except…

  • 「飲む酒の種類によって酔い方や気分が違ってくる」ことが科学的に判明

    Photo by Viewminder 多くのお酒を飲む人にとっては身をもって「知ってた」話ですが、科学的に解明されました。詳細は以下から。 「テキーラを飲むとブチアガる」「日本酒は泣き上戸になる」「赤ワインのボトルを空けるとぶっちゃけトークしちゃう」「ストロングゼロは危険ドラッグ」その他諸々…。 いずれも単に濃度とフレーバーの違うだけのアルコール水溶液であるにも関わらず、お酒を飲んだ時の酔い方や気分が違うと感じるお酒好きは多いのではないでしょうか? ジャーナル「BMJ Open」に掲載された研究によると、ジンやウォッカなどの蒸留酒は人を攻撃的にし、赤ワインはリラックスさせる効果があるとのこと。ただしこれらがそれぞれの酒の持つ特色なのか、飲む人の期待や予測が効果をもたらすのかの切り分けは容易ではありません。 もし人が特定の気分になりたくてある酒を選ぶ(「今夜はぱーりーないと!盛り上がりたい!!→じゃあテキーラショットでウェーーーイ!!」的な選択のこと)のであれば、そこには「自己実現的予言」という効果が働いてしまうことになります。 研究ではGlobal Drug Surveyに退位する21ヶ国の18歳から34歳の30000人の経験に基づいた反応を用いています。分析はリストの全てのタイプの酒に対して報告を行っている対象者に限定して行われました。 この研究では蒸留酒の種類における違いを識別しておらず、ビールの種類に関しても同様に識別していないため、詳細な違いまでは知ることはできませんが、大きな傾向としても特筆すべき違いが明らかになっています。 蒸留酒では回答者の30%が暴力性との関連を報告していますが、ワインでは2~3%に過ぎず、ビールでも6~7%に留まっています。 リラックスは赤ワインで53%と高く、ビールでも50%となっていますが、蒸留酒では20%に留まります。また60%が赤ワインを飲むと疲れるとしていますが、これが白ワインだと18%しか疲れると回答していません。 蒸留酒は攻撃的になるだけではなく、59%の人がエネルギーに満ちて気が大きくなると答えており、42%が「エロい」気分になるとのこと。どの蒸留酒がそうした効果を生むかについての詳細は残念ながらこの研究からは分かりません。 研究では性別や年齢、教育などで分類しての調査も行っていますが、それによると18~24歳ではどの酒を飲んでも気が大きくなる事が多く、男性とアルコール常用者は女性やたまにしか飲まない人に比べてより攻撃的になる傾向が強いとのこと。 なんとなく経験的に知っていたと感じる人が多そうな結果になっています。とりあえず酔うと面倒くさいあの人と今度飲む時は、ワイン主体の店に連れて行くのが良策のかも知れません。 Type Of Alcohol Consumed Affects Emotional Response _ IFLScience (Photo by Viewminder) 【「飲む酒の種類によって酔い方や気分が違ってくる」ことが科学的に判明】を全て見る Source:…