Browsing Category

ウェブサービス

  • 【修正版公開】ツイッターAndroid最新版アップデートでクラッシュする不具合、公式が更新しないよう呼びかけ

    Androidのツイッターユーザーはまずは更新しないことが大切。してしまった場合の対策も掲載します。詳細は以下から。 ツイッタージャパン公式アカウントによると、「Twitter for Android」の最新版で不具合が発生しています。 Androidをご利用の皆さん:現在Twitter for Androidの最新バージョンではアプリがクラッシュする不具合が見つかり、修復したら改めてお知らせいたします。それまでは、アプリを更新しないようお願いします。 https://t.co/c140DmUb48 — Twitter Japan (@TwitterJP) January 22, 2020 これはツイッター公式アプリを最新版にアップデートすると生じるもので、起動すると即刻強制終了となって閲覧することができなくなります。 対策はユーザーらによってすでに広まっており、Androidスマホの「設定」から「アプリ」を選び、「Twitter」を選択。「ストレージ」から「データ消去」を選べばアカウントなどはそのままで復活できます(BUZZAP!編集部にて検証済)。 またアンインストールした後に再インストールしても復活できるとのことですが、通信量を考えればデータ削除の方が無難かもしれません。 いずれにせよ、まだ不具合修正を公式が発表しておらず、目に見えない不具合が存在する可能性もあるため、アップデートしていないAndroidのツイッターユーザーは自動更新をオフにしておいた方がよさそうです。 【1/23 9:15更新】 ツイッター公式から不具合修正バージョンの公開が案内されました。 復旧:Twitter for Androidの最新バージョンではアプリがクラッシュする不具合を修正した最新バージョン8 .28.2を公開しました。お待ちいただきありがとうございました。 — Twitter Japan (@TwitterJP) January 22,…

  • 「故人アカウントは削除しない」ツイッター社が混乱を謝罪、休眠アカウント削除方針で

    世界中のツイッターユーザーらに混乱が広がりましたが、ツイッター社から本件に関して故人アカウントは削除しない旨の正式発表がありました。詳細は以下から。 昨日ツイッター社から6ヶ月以上ログインしていない休眠アカウントについて、12月11日までにログインしない場合はアカウントを順次恒久削除するとの通達が出された事が大きな話題となりました。 これに対し、当然ながら「故人のアカウントも遺族らが管理してログインしていない限り消去されることになるのでは」との疑問が噴出。 ツイッター社は「Twitter Support」アカウントで今回の方針について説明不足であった事を認めて謝罪しています。以下、当該ツイートを掲載します。 We’ve heard your feedback about our effort to delete inactive accounts and want to respond and clarify. Here’s what’s happening: — Twitter Support (@TwitterSupport) November 27, 2019…

  • 【追記あり】ツイッターが12月11日までにログインしない休眠アカウントを恒久削除へ

    6ヶ月以上ログインしていない休眠アカウントが恒久削除となる方針です。詳細は以下から。 ツイッター社は以前から「運営の痕跡がないアカウントに関するポリシー」の中で、6ヶ月以上ログインしていない休眠アカウントについて「恒久的に削除される場合があります」と警告していましたが、日にちを指定しての削除警告が行われた模様です。 BBCなど複数のメディアによると、ツイッター社が上記ポリシーに基づいて休眠アカウントの一斉恒久削除を行う旨の警告を初めて発しました。 これは休眠アカウントの保持者に対して12月11日までのログインを求めるもので、この日までにログインされない場合はアカウントが恒久削除されるというものです。 目的として、同社スポークスマンはツイッターの信頼性を高めるためと、ユーザーのつぶやきをよりアクティブにするためと説明しています。 信頼性の向上とは、フォロワー数が全く動いていないアカウントによって「水増し」されている状態を受けたもの。以前からフォロワーを金で買い、信頼性や影響力のあるアカウントであるように見せかける行為の存在は指摘されてきました。 多くのフォロワーを持つアカウントがアルファユーザーとして注目される状況があるため、こうした状況を改善する目的とみられます。 またユーザーのつぶやきを活発化される施策としては、今後ログインするだけで何もしないという、昔でいえば「ROMってる」アカウントに対しても何らかの働きかけをしていくとのこと。 ◆故人のアカウントも恒久削除か ここで問題になるのが故人のアカウントです。遺族らがログインしていなければ、基本的にこれらのアカウントは休眠扱いになり、今回の恒久削除の対象となります。 つぶやきはその故人の生の発言の記録であり、遺族や友人らにとっては極めて大切な思い出ともなります。 また、ツイッターでのつぶやきは(例えばトランプ大統領のように)実際的な影響力を持つ発言であり、発言の記録そのものでもあります。公人のアカウントでのつぶやきはそれ自体が公的な意味を持つ可能性もあるということ。 さらにはツイッター上でのみ発表される作品などもあるため、これらが休眠を理由に削除される事が極めて大きな損失となるケースも十分に考えられます。 これらの全てに大ナタを振るう事を決めたツイッター社。故人の記録を守るためになんらかの救済策が取られることを願うばかりですが…。 【11月18日11:00追記】 故人のアカウントは「追悼アカウント」のシステムが構築されるまで削除しない旨をツイッター社が公式に発表しました。以下記事にて詳報しています。 「故人アカウントは削除しない」ツイッター社が混乱を謝罪、休眠アカウント削除方針で | BUZZAP!(バザップ!) 【【追記あり】ツイッターが12月11日までにログインしない休眠アカウントを恒久削除へ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • LINEスタンプを月額240円で使い放題の「LINEスタンプ プレミアム」開始、学生は半額120円!

    LINEユーザーにとってはこの上ないサービスになりそうです。 LINEは6月27日、「LINE CONFERENCE 2019」でクリエイターズスタンプが使い放題になる定額制プラン「LINEスタンプ プレミアム」を発表しました。 「LINEスタンプ プレミアム」では、300万セットを越えるクリエイターズスタンプが使い放題になります。 クリエイターズマーケットで人気の約3億8000万円分のスタンプが月額240円で自由に利用可能となるとのこと。しかも嬉しいことに学生プランは半額の120円とされています。 【LINEスタンプを月額240円で使い放題の「LINEスタンプ プレミアム」開始、学生は半額120円!】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 見たくないチャンネルは即非表示に、YouTubeが「次の動画」を改善

    YouTubeが動画視聴後に再生される「次の動画」で大きな改善を行いました。詳細は以下から。 日常の中のエンターテインメントとして揺るぎないポジションを確立した動画コンテンツ。その中でもYouTubeの存在感は圧倒的です。 そのYouTubeで動画を見終わった後に再生されるのが「次の動画」。特に決めていなければその動画をなんとなく自動再生する…というのはよくある話です。 これは今まで知らなかったYouTuberや興味のなかったジャンルのアーティストらに出会えるチャンスでもあり、山下達郎らのシティポップが欧米で人気となった発端をこの機能に見る指摘もあります。 とはいえ、全く興味がなかったり、見たくないチャンネルの動画が勝手に再生されるのも困りもの。問題のある動画が再生されるケースもあり、YouTube側も繰り返し改善を行ってきましたが、今回の改善によってユーザーの手で気軽にBANできることになりました。 設定方法は、「次の動画」の右側部分の縦3点のメニューバーから「Don’t reccomend channel(このチャンネルを薦めないで)」を選択するだけ。非常に手軽に見たくないチャンネルを表示させなくすることが可能です。 YouTubeはこれに加え、ユーザーのこれまでの動画視聴履歴から、関連性の高いと思われるトピック(料理、音楽ジャンル等)をタブで推薦する機能も実装。 また、関連動画を推薦する際に、推薦する理由も表示されるようになります。これは例えば「同じような興味をもっているユーザーが大勢見ているチャンネル」といったようなもの。 こうした改善によって、より自分の見たい動画にアクセスできたり、陰謀論や攻撃的な動画などを避けることも可能となり、今までよりも快適な動画視聴が楽しめることになりそう。 ただし地球平面論のような極端な主張をする動画を好んでいる見ている場合には、同様の動画ばかりに誘導されて「エコーチェンバー現象」にハマる可能性も考えられます。 この辺りはYouTubeの動画ポリシーがどれだけ有効に機能しているかが重要になりそうです。 【見たくないチャンネルは即非表示に、YouTubeが「次の動画」を改善】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も

    1000円値上げとなりましたが、「今までが安すぎたしこれでも十分に安い」という反応が大半のようです。詳細は以下から。 Amazon Japanが4月12日、会員制プログラム「Amazonプライム」の年会費を2007年のサービス開始以来初めて値上げすることを明らかにしました。 同日付で年会費を3900円から4900円に1000円値上げ、月会費では400円から500円に100円値上げしました。既に会員になっている人の会費は5月17日以降の更新時から適用されるとのこと。 2007年のサービス開始時には「お急ぎ便」などの配送特典のみでしたが、その後動画見放題の「Prime Video」や音楽聴き放題の「Prime Music」が2015年に導入されました。 また2016年には無制限フォトストレージの「Amazon Photo」、2017年には食品配達の「Amazon フレッシュ」や電子書籍読み放題の「Prime Reading」といった多才なサービスを提供するようになっています。 値上げ後の4900円という値段についても、アメリカ合衆国でのAmazonプライムの現在の価格119ドル(約1万3000円)の半額以下ということから、今回の値上げについては概ね容認ムードとなっています。 むしろサービス開始から12年間、多くの特典が増えたにも関わらず年会費を据え置いていたことへの驚きの声も出ており、タイミングとしては正解だったということになりそうです。 ただし会員に対する事前の告知や連絡がなく、多くの人がネットニュースなどで値上げの事実を知ることとなっており(編集部注:現時点でも通知メールなどはありません)、その部分に関しては不満の声も聞かれます。 今後も告知無しでの値上げやサービス変更などが続くようであれば、ユーザーの不信を買う可能性もありそうです。 【Amazonプライムが年会費を4900円に1000円値上げ、概ね容認ムードでサービス開始から据え置きだった事への驚きの声も】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 元恋人を思い出の写真から削除できるサービス「Edit My Ex」

    これまではフォトショ職人たちが好意で行っていた作業をやってくれるサービスが誕生です。詳細は以下から。 別れてしまった元恋人のことなんて、思い出したくもないもの。写真もメッセも使っていた物も全部視界から消して、さっさと新しい1歩を踏み出したいところです。 でも、そんな元恋人と素晴らしい場所に旅行に行っていたら?荘厳な大聖堂、心洗われるようなビーチ、魂を揺さぶられるフェスティバル、元恋人さえ写真に写っていなければ人生の大切な記憶として手元に残しておきたいのに…そんな経験はありませんか? 「Edit My Ex」はそんな大切な思い出の写真から、忘れ去りたい元恋人だけを消去してくれるサービスです。 利用方法は非常に簡単で、写真をアップロードしてどの人物を消去するかを伝えるだけ。最大5MBまでの写真をオーダーでき、料金は1枚なら8.99ポンド(約1300円)で、枚数が増えるごとに割引されて4枚だと27.96ポンド(約4100円)になります。 基本的には48時間以内に消去された画像が返送されますが、複雑すぎる写真などで手に負えない場合は別の写真に差替えるか全額返金されるとのことです。 創始者のMark Rofeさんがこのサービスを始めたきっかけは、友人と元カレの写ったベストショットと呼べる写真から元カレを消去し、友人にプレゼントしたところ彼女が涙を流すほど喜んだのを見たこと。 元恋人を消去する事のもたらす効果を実感したRofeさんはデザイナーのチームと共にこのサービスを立ち上げました。 画像フォルダの奥底に眠っている、元恋人さえ写っていなければ最高の思い出写真、この機会に蘇らせてはいかがでしょうか? 【元恋人を思い出の写真から削除できるサービス「Edit My Ex」】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…