Browsing Category

アート

  • 【北欧通信Vol.3】フィンランド独特のセンスが爆発、ヘルシンキ現代美術館(Kiasma)に行ってみました

    フィンランドという国の持つ、他ではちょっと見られないセンスの奔流を存分に感じることができるのがこのヘルシンキ現代美術館でした。現場の様子をお伝えします。 フィンランドといって思い浮かぶアート、日本人としてはやはりトーベ・ヤンソンの「ムーミン」シリーズやイッタラやマリメッコ、アラビアといったフィンランド発祥のブランドでしょうか。 加えて、音楽の分野ではフィンランドメタルやダンスミュージックのスオミ・サウンディといったフィンランド発のジャンルが知られています。 これらにはいずれも世界の他のどことも違う「癖」というか「テイスト」のようなものがあり、その味わいが熱狂的なファンを惹き付けて止みません。 そうしたセンスの源流は古く民族的叙事詩「カレワラ」にまで遡ることにもなります。創世神の性格を持つワイナミョイネンはカンテレという楽器を奏で、歌と詩によって魔法を使う吟遊詩人の神であり、フィンランド人のルーツには音楽や詩が深く関わっていることになります。 フィンランド観光局の作成したこの動画などはフィンランドのルーツに関する濃密な空気感を見事にあぶり出していると言えるでしょう。 さて、そんなフィンランド人のまさに溢れ出るアートへのパッションを体験できるのがヘルシンキ現代美術館、通称「Kiasma」です。場所はヘルシンキ中央駅の西側で徒歩5分弱という絶好のアクセスです。 美術館はアメリカ人建築家スティーヴン・ホールによるもので、1998年開館。訪れた昨年夏はちょうど20周年に当たっていました。 開館時間は日によって違うので、行こうと思う人は事前にチェックしてみてください。夏期と冬期でも変わるはずです。 さて、いよいよ扉を開けて入ります。 広々としたロビー。左手側でチケットを購入します。奥はゆったりとしたカフェになっていました。 大人も子供も大歓迎です。時期もあってか外国人もかなり多めでした。 正面のスロープを上って展示室に向かいます。なお、特に撮影禁止とされている作品を除いて館内での撮影は許可されています。 ベビーカーだってもちろん大歓迎です。育児に手厚いフィンランドの懐の深さをこんなところでも実感します。 インスタレーションのエリア。 ヘルシンキ現代美術館の20周年を記念するブース。何か書くか描いてねとのこと。 かなり注目されていたのが空き缶を用いて作成されたボート型の作品。 こちらは2017年のヴェネチア・ビエンナーレに参加したフィンランド人のNathaniel MellorsとErkka Nissinenのアートデュオによる特別展です。 ああそうだよ、まさにこれだよフィンランドの癖!思わず唸らされます。 この辺りのヘンテコ可愛いのにどこか不気味というテイストは好きな人にはたまらないはず。 【【北欧通信Vol.3】フィンランド独特のセンスが爆発、ヘルシンキ現代美術館(Kiasma)に行ってみました】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • タトゥー訴訟、控訴審に向けて裁判費用のクラウドファンディングを開始

    控訴審に向けたクラウドファンディングが始まっています。詳細は以下から。 2017年9月27日、医師免許がないのに客にタトゥーを施したとして医師法違反の罪に問われていた彫り師の男性の判決公判が大阪地裁でおこなわれ、長瀬敬昭裁判長は罰金15万円の有罪判決を言い渡し、タトゥーは医療行為に当たるとの認識を示しました。 被告側は判決に明確な理由がきちんと書かれていないとして即日控訴しており、亀石倫子弁護士は「米英独仏の4ヶ国5都市を調査しましたが、タトゥー施術の許可制や届出制などはあっても、医師免許を要求する例はありませんでした。控訴審では外国の実情についても立証していくつもりです」とコメントしています。 クラウドファンディングはCamp Fireにて3月1日から始まっており、期限は4月20日。裁判費用として目標金額300万円を掲げています。サイト内で必要な経費として挙げられているのは裁判記録のコピー代、交通費、調査費、研究者・専門家に支払う報酬、翻訳費用など。 この裁判は高裁判決が有罪であれ無罪であれ最高裁まで争われる可能性が高いとされていることもあり、そのための裁判費用として設定されています。 今回の裁判に納得がいかないという人はこちらから支援してみるのも手かもしれません。 タトゥー裁判をあきらめない!日本初、裁判費用をクラウドファンディングで集めたい – CAMPFIRE(キャンプファイヤー) 【タトゥー訴訟、控訴審に向けて裁判費用のクラウドファンディングを開始】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 自宅に転がる日用品を宇宙船にリミックスしてみたら…こんなにクールなことになりました

    どこにでもある日用品が想像力を掻き立てる宇宙船に生まれ変わっています。詳細は以下から。 アメリカ合衆国のサンフランシスコでソフトウェアエンジニアとして働く傍らフリーランスのアーティストとしても活動を続けるEric Geuszさんは自宅にあった雑貨やキッチン用品からインスピレーションを得て作品を制作。 いずれもその形を活かした宇宙船に生まれ変わっています。いったいどんな役割を担う船なのか、世界観の広がりがたまりません。 Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿 – 11月 27, 2016 at 10:42午後 PST Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿 – 9月 18, 2016 at 11:05午後 PDT Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿 – 9月 18, 2016 at 11:04午後 PDT Ericさん(@spacegooose)がシェアした投稿 – 11月 21,…

  • 太陽の塔の内部公開、入館予約開始と共にアクセス集中でサーバーダウン

    予想どおり、大勢が待ち望んでいたことが分かる結果となっています。 岡本太郎がデザインし、日本万国博覧会(EXPO’70・大阪万博)の会場に聳え立った太陽の塔。万博終了後も残され、21世紀になった今も太陽の塔を見るために万博公園を訪れる人は後を絶ちません。 万博開催中はパビリオンのひとつとして塔の内部に入ることができたものの、その後は長く非公開とされてきており、岡本太郎ファンを筆頭に再公開を求める声が耐えませんでした。 Photo by Wikipedia そんな太陽の塔で2016年10月から耐震補強などの改修工事を実施されており、2018年3月19日から常時公開が決定。入館予約の開始初日となる本日1月19日、アクセス集中によって受け付け用オフィシャルサイトのサーバーがダウンし、アクセスできない状況が今も続いています。 担当者によると復旧のめどはたっておらず、しばらく待ってほしいとのこと。本来であれば先着順で4ヶ月先まで予約できる予定で、午前10時から午後5時まで30分ごとに80人ずつが入館可能となるため、1日に1120人が見学することができます。 サイトが復旧したとしても人気である事には変わりがないため、週末や長期休暇シーズンを中心になかなか予約が取れない事になりそうです。 大阪万博シンボル「太陽の塔」内部公開、入館予約サーバーダウン – 産経WEST 【太陽の塔の内部公開、入館予約開始と共にアクセス集中でサーバーダウン】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「この世界の片隅に」をイオンシネマが90劇場で全力上映開始、2月3日から

    封切りから1年以上経っている中での大英断です。詳細は以下から。 2016年11月12月に全国合わせて63館で公開をスタートした片渕須直監督の「この世界の片隅に」。 クラウドファンディングでパイロットフィルム作成の資金調達を行い、当時としては国内で最大の支援者数と支援金額を集めたことで話題となりました。また主人公のすずさんの声を、以前の所属事務所の圧力によって「干された」状態にあったのん(本名:能年玲奈)が演じ、「あまちゃん」に続く代表作と呼べるレベルの素晴らしい演技を見せたことでも大きな人気を呼びました。 結果的に本サックは「第31回高崎映画祭 ホリゾント賞」「広島国際映画祭2016 ヒロシマ平和映画賞」「第38回ヨコハマ映画祭 2016年日本映画ベストテン第1位・作品賞」「おおさかシネマフェスティバル2017 日本映画/作品賞ベストテン 第1位」「第26回東京スポーツ映画大賞 作品賞」「第59回ブルーリボン賞 監督賞」「第71回毎日映画コンクール 日本映画優秀賞・アニメーション部門 大藤信郎賞」「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン 日本映画ベスト・テン第1位・日本映画監督賞・読者選出 日本映画ベスト・テン 第1位・読者選出 日本映画監督賞」「第40回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞」など数々の輝かしい賞を受賞。さらに片渕須直監督は平成28年度(第67回)芸術選奨文部科学大臣賞の映画部門で「シン・ゴジラ」の庵野秀明監督と共に文部科学大臣賞を受賞しています。 公開から1年を過ぎても日本各地で映画館や有志による上映会などで上映が続き、トークイベントなども行われ続けてきました。先日BUZZAP!でも京都に新規オープンしたミニシアター「出町座」で上映が始まったことを報じたばかりです。 そんな中、公式から全国のイオンシネマの90もの劇場で2月3日(土)から大規模上映が行われることがアナウンスされました。 2018年2月3日(土)全国90劇場世界片隅上映決定致!上映劇場映画公式:劇場情報確認下 【「この世界の片隅に」をイオンシネマが90劇場で全力上映開始、2月3日から】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 息を呑む程に死を想わされる、巨大な100個の髑髏の積み重なるRon Mueckの作品「Mass」

    時に大きさと数はそのものの持つ意味さえ変えてしまいます。詳細は以下から。 オーストラリアのハイパーリアリズム彫刻家のRon Mueckさんは過去最大のインスタレーション「Mass」を制作。 この「Mass」は非常に精巧に作られた巨大な人間の髑髏100個を用いた作品で、現在オーストラリアのメルボルンのビクトリア国立美術館で公開されています。 髑髏はファイバーグラスと樹脂を用いて制作されており、高さは1m弱。ひとつの部屋では何段にも積み重ねられている一報で、他の作品の展示エリアにも点在しています。 「メメント・モリ(死を想え)」の表現としてはあまりにも巨大かつ多数に及んでおり、その大きさと数によって私たちが思い描きがちな「死」に留まらない死を想わせてくれます。 この作品は「National Gallery of Victoria Triennial」のひとつであり、展示は12月15日から2018年4月18日までとなっています。 100 Fiberglass and Resin Skulls Fill a Room at the National Gallery of Victoria in Melbourne _ Colossal 【息を呑む程に死を想わされる、巨大な100個の髑髏の積み重なるRon Mueckの作品「Mass」】を全て見る Source:…