Browsing Category

アイテム

  • 聴覚障害者が音楽を「身体で感じる」ことができるボディスーツ「Sound Shirt」が登場

    音楽を文字通り「体感」するためのスーツが開発されています。聴覚障害者向けですが、リスニングデバイスとして考えるとかなりの応用の幅がありそうです。 耳が聞こえなければ音楽は楽しめない。確かにそうかもしれませんが、音が空気を震わせる振動である以上、耳だけでなく身体で感じることも可能なはず。 そんな発想から生まれたのが、ウェアラブル技術を応用した製品を作成するファッションテック会社CuteCircuitによる「Sound Shirt」です。 Sound Shirtはハプティクスと呼ばれる触覚技術を用いた一連のセンサーを内蔵するウェアラブルデバイス。30のマイクロアクチュエータが生地に埋め込まれており、センサーがリアルタイムで音楽の各々の音色を触覚刺激に翻訳します。 CuteCircuit社によると、例えば「ヴァイオリンなら腕、ドラムなら背中に没入感のあるタッチを感じる」とのこと。またSound Shirtの生地には特別なストレッチ性の素材が用いられており、ワイヤーなどは存在せず内部にシームレスに織り込まれています。 公式の紹介動画は以下から。 気になる価格は現時点では1着40万円程度。ミュージアムやオーケストラ向けのパッケージでは160万円近くになりますが、いわゆるコンシューマ向けへの販売はこれからです。 お手頃な価格であれば多くの聴覚障害者が音楽に親しむきっかけになりそうですが、健常者にとっても音楽鑑賞の新たな領域が生まれることになります。 例えば爆音のビートやぶっといベースをそのまま触覚刺激として伝えてくれるなら、夜通し踊る楽しみもこれまで以上に増えそうですが…。 【聴覚障害者が音楽を「身体で感じる」ことができるボディスーツ「Sound Shirt」が登場】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 全てをリセットする「Ctrl-Alt-Delete」ナックル、何もかも破壊して新しく始めたいあなたへ

    破壊と再生のナックル、という事ができるでしょうか。御守として重宝しそうです。詳細は以下から。 仕事で、学校で、人間関係で…何もかもがもう嫌で全てをぶち壊してリセットし、新しく1から始めたい。そんな気持ち、分かる人も多いのではないでしょうか。 EtsyのオンラインショップJoyComplexで販売されているのは「Ctrl-Alt-Delete」ナックル。リングと表記されていますがどこからどう見てもナックルです。 「Ctrl-Alt-Delete」はPCを使う人なら誰もが一度はお世話になったことのあるリセットのためのコマンド。ソフトがフリーズして再起動する時、まずはこれを試したものです。 この「Ctrl-Alt-Delete」ナックルはヴィンテージスティールとブロンズスティール製が送料別約9000円。ラフグレイスティールとゴールデンスティール製は送料別約10000円となっており、サイズも各種選択可能です。 「もう全部ぶっ壊してやる」そんな気持ちになった時、会社に辞表を叩きつける時、決意を揺るがせないためにこのナックルを装備してみてはいかがでしょうか(編集部注:暴力行為は犯罪です。間違ってもこれでブン殴ってはいけません)。 【全てをリセットする「Ctrl-Alt-Delete」ナックル、何もかも破壊して新しく始めたいあなたへ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト

    よく考えると非常に大切な発想です。超高齢社会の日本にこそ必要なアイテムではないでしょうか。 自動車事故の際にあなたの命を守るエアバッグ。ですが危険は車に乗っている時だけに襲いかかってくるわけではありません。 特に老齢に達し、とっさに身体を庇えず骨や筋肉の弱っているお年寄りにとっては、ちょっとした転倒が大けがに繋がるケースも十分に考えられます。 当然ながら治癒までには若者よりも長い時間が掛かりますし、後遺症が残る可能性も高く、その際の医療費や家族の負担も馬鹿になりません。独り暮らしの場合はさらに状況が厳しくなることは言うまでもありません。 そうした高齢者の転倒対策としてエアバッグの製造で実績を持つHelite社が作り上げたお尻用エアバッグが「Hip’Air」なのです。 エイプリルフールのジョークかと思ってしまいそうですが、「Hip’Air」はセンサーが転倒開始から0.2秒で感知し、0.08秒でエアバッグが展開されて衝撃を90%和らげるという極めて高性能な作りとなっています。 高齢者が転倒した際に最も怪我をしやすいのが腰回りということで、ベルトのように巻き付けておけばお尻を中心に広がってガードしてくれます。重量も1kgと軽めになっており、バッテリーも15日間使用可能でもちろん充電可能。エアバッグ自体も繰り返し使えます。 実際の動画は以下から。 Hip’Air the first wearable airbag hip protector by Helite – YouTube 現在まだ発売には至っておらず、値段も明示されてはいませんが、公式サイトから最新情報を得ることができます。 お年寄りがいくら気をつけていても、無謀な運転をする自動車や自転車はなくなりはしませんし、人によってはちょっとした段差も危険なもの。高齢のご家族のいる方はプレゼントのリストに入れてみてもいいかもしれません。 Helite Hip’Air_ Airbags for the Elderly – Technabob 【これは神アイテムでは?転倒時にお尻を守る高齢者用エアバッグベルト】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 全方向性の極めて俊敏で精密なドローン「Omnicopter」が開発、キャッチボールまで可能

    投げたボールも簡単にキャッチできる驚きのドローンが開発されています。詳細は以下から。 ドローンの性能の進化についてはBUZZAP!で何度も報じてきていますが、これまでのドローンの常識すら覆す機能を実装した新型が開発されています。 この全方向性ドローンはスイスのエンジニアDario Brescianiniさんとチューリッヒ工科大学のRaffaello D’Andrea教授が共同で開発したもの。全方向性(omni-directional)であることから「Omnicopter」と名付けられました。 Omnicopterは8つのプロペラと立方体の骨組みからできており、3次元空間のX軸、Y軸、Z軸全ての方向に対して極めて俊敏かつ精密に飛行が可能。 動画での解説はこちらから。 The Omnicopter – YouTube さらには軌道計算機能を実装しているため、投げたボールを取り付けられた自動的に網で捕獲するという離れ業も披露してくれます。この軌道計算機能は秒間50万通りの軌道計算を行えるとのことで半端な能力ではありません。 キャッチボールの動画は以下から。 Fetching Omnicopter – YouTube 人間の能力を遙かに超える計算を行いながら俊敏かつ精密な動きを実現しており、応用の幅は限りないものとなりそうです。 The Omnicopter, A Super Agile Omni-Directional Drone That Can Play Catch With a Ball…

  • ハリー・ポッターもびっくり!手づくりの「魔術師のコーヒーテーブル」がギミック満載で楽しすぎる

    子どもはもちろん大人でも目をキラキラさせてしまうこと間違いなしです。詳細は以下から。 ミステリ小説や忍者屋敷、ゼルダの伝説の隠し通路や秘密の小部屋にワクワクしたこと、ありますか?そんな見えないギミックが好きな人なら間違いなく恋してしまいそうなテーブルがあるのです。 木工職人でYouTuberでもあるDavid Lundellさんが自作したその名も「魔術師のコーヒーテーブル」は一見クラシックで重厚なチェスボード付きのテーブルに見えます。 しかしサイドに収納された「魔法のワンド」を用いて鍵を取り出し、紋章に隠された鍵穴に差し込むと…?次々と明かされる秘密には圧倒されっぱなしです。動画は以下から。 Magic themed hidden compartment coffee table. Wizard coffee table – YouTube 日本にも秘密箱やからくり箱といったパズル箱が存在しますが、こんな応用の仕方もなかなかに面白そうです。 Guy Shows Off A Seriously Cool Hidden Compartment Table – Digg 【ハリー・ポッターもびっくり!手づくりの「魔術師のコーヒーテーブル」がギミック満載で楽しすぎる】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…