Browsing Category

アイスランド

  • 【北欧通信 Vo.17】大西洋中央海嶺が地上に現われたアイスランド民主主義発祥の地、シングヴェトリル国立公園

    アイスランド観光で決して外せない、世界遺産にも登録された国立公園があります。詳細は以下から。 アイスランドを観光する時、必ず訪れるゴールデンサークルの中でも別格扱いされるのがシンクヴェトリル国立公園。ブルーアルフォスの滝からは365号線から36号線へと入り西へ50km、1時間弱のドライブです。 ユネスコの世界遺産にも登録されているこの場所はシンクヴァトラヴァトン湖の北辺に位置しており、ふたつの意味で極めて重要です。 ひとつ目は大西洋中央海嶺の地上露出部分であるということ。この公園の東にユーラシアプレートが、そして北米プレートが西に広がっているというまさに大地の裂け目なのです。 ふたつ目は10世紀にこのシンクヴェトリルで「アルシング」と呼ばれる世界最古の近代議会が開催されていたということ。 地球としても、人類としても、シンクヴェトリルがまたとない特異点とも呼べる場所であることがちょっとご理解いただけるでしょうか。 さて、ブルーアルフォスの滝から西に向かいます。 どこまでも続く草原の果てに山々が連なります。内陸部ならではの光景。 草原の切れ目なのか、時折荒野のように見える景色も。 さて、シンクヴェトリル国立公園に到着です。意外にも静まりかえっています。 資料館のような建物も閉まっています。タネを明かすと、この時点で既に現地時間で19時。観光バスはレイキャビクに戻り、施設は営業時間を過ぎていました。 ですが白夜に近い夏のアイスランド。夕焼けにすらまだ程遠く、自分の足を持つ観光客らはまだ辺りを見物しています。 展望台から見渡してみました。取材班が立っているこの崖が北米プレートの最東端で、足下に広がっているのが大地の裂け目だと想像すると、景色の持つ意味は大きく違って見えます。 動画で見てみましょう。スケール感を感じていただけるでしょうか。 展望台から大地の裂け目を下りていきます。この裂け目のことをアイスランドではギャオと呼びます。 裂け目の底まで来ました。とはいえ、名状し難き深淵が口を開けて覗き込んだ人を覗き返してくるようなことはありません。 むしろ美しいお花畑が広がっています。和みますね。 このギャオに沿って歩いて行くと、すぐに見えてくるのがこちらの「法の壁」。アイスランド国旗が残されています。ここがアルシング発祥の血であり、正確には跡地となります。現在アルシングは首都レイキャビクの中心に移動され、同じ名前でアイスランドの国会として存続しています。 動画で見渡してみましょう。アイスランド人達は1000年以上も昔にこの地で、大地の裂け目と湖に注ぐ美しい川を眺めながら近代議会を開催していたと考えると、ちょっと気が遠くなりそうです。 もちろん当時のアルシングは現代の民主主義と同じものではありません。島の各地の集落の有力者であるゴジが追従者である農民のシングマンたちを連れてアルシングに参加します。 アルシングでは集まった人々が平野にテントで宿泊しながら宴会、スポーツや詩の朗誦などの娯楽が行われたり市が立つなど、交流と商業の場としても機能していました。 アルシングでの話し合いは揉め事などの裁判が主として行われていた記述が「サガ」に見られます。そうした判例が法として機能していったようです。 ただし、常に平和的だったわけではなく、闇討ちが行われたりアルシングへの往復の間に戦闘が行われたこともあったようです。 さて、法の壁からさらにギャオをぐるりと回り込むように進んでいくと、小さな滝オクサルアゥラフォスがあります。 大地の裂け目を流れ落ちる美しい滝。デッキが整備されていてほっと一息つける休憩所になっています。 ちょうど滝に沈む夕陽を見ることができました。 流れ落ちた川はギャオの間を進み、シンクヴァトラヴァトン湖に注ぎ込みます。 ギャオから離れて国立公園の中を散歩してみましょう。聳え立つギャオが続きます。アルシングの時にはこの辺りにテントが並び、スポーツや詩を楽しみながら杯を交わしていたのでしょうか。それとも謀略が渦巻き、血なまぐさい襲撃があったのでしょうか。 おとぎ話に出てきそうな小さな教会が見えてきました。 ここはシンクヴァトラキルキャ教会。この地にはキリスト教の伝来した1000年前後に教会が建てられたとされています。もちろん建物は当時のものではありません。 シンクヴァトラヴァトン湖方面へ散歩。空気が少しずつ冷たくなってきて夕闇が迫ってきている感触がありますが、それでも北欧の夏の昼は驚くほどに長いもの。 鴨の顔も日本で見るのとは少し違って見えます。…

  • 【北欧通信 Vol.10】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖とダイヤモンドビーチ【後編】

    アイスランド南東部にある、氷河の欠片が海へと流れ出す、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖を訪れました。 アイスランドは火山から氷河まで、数え切れないほどに多様な自然を楽しむことができる国。そんな中で、まずBUZZAP!取材班が訪れたのはアイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖。 前編ではケフラヴィーク国際空港からの417km、車で5時間半ほどの道のりと雄大な景色をお届けしました。後編ではいよいよヨークルスアゥルロウン氷河湖をじっくり眺めてみます。 ヨークルスアゥルロウン氷河湖の駐車場には、ツアーバスやキャンピングカーを含めた自動車がずらりと並んでいました。 とはいえ満車になるほどには混みませんのでご心配なく。 駐車場にはレストハウスも付いており、簡単な食事をしたりお土産、飲食物を買ったりもできます。 お昼時だったこともあり、意外と賑わっていました。 外にはフィッシュアンドチップスの屋台も。お値段は2200ISK(約2000円)という流石なお値段です。 トイレにゴミ箱も完備という親切設計になっていました。その辺りに立ちションやポイ捨てをされる事を考えれば当然の措置と言えます。アイスランドの自然は一度壊れると元に戻るまでに非常に長い時間が掛かります。どちらも絶対に止めましょう。 ヨークルスアゥルロウン氷河湖に向かうと不思議な車両が。 これ、実は氷河湖クルーズツアー用の水陸両用車です。バスツアーの観光客らが乗り込んでいました。 高台を超えるとヨークルスアウルロゥン氷河湖が見えてきます。 氷の上に乗りたくなってしまう気持ちも分かりますが、危険なのでNGです。 遠くに望む氷河。そこから剥がれ堕ちるようにして湖に浮かぶ青い氷河の欠片の数々。息を呑む光景です。 浜辺まで降りてみました。小さな氷があちこちで流れています。いつ頃地上に降り注いで氷河となった雪がこうして目の前を流れているのか、考えるだけで気が遠くなりそうです。 この他のどこでも見たことのない静謐な青み。長いドライブの疲れも吹っ飛ぶ瞬間です。 ここから橋を渡って海側に行ってみます。こちらはダイヤモンドビーチの名前で知られる浜辺です。 ヨークルスアウルロゥン氷河湖から流れた氷河が海へと漂いだしていきます。 ダイヤモンドビーチの名前の由来はこの打ち上げられる氷河の美しい欠片です。 目の前で見ても静謐な青みは変わりません。 大きな氷河の欠片が流れてきました。 帰り道、10km程戻ったところを右にはいるとフィヤトルスアゥルロゥンというこちらも氷河湖があります。 レストハウスとボートツアーの受付を兼ねた建物の横から歩けます。 5分ほど砂利道を歩くと…。 目の前に雄大な氷河が現われます。こちらは人も少なく、ゆっくり氷河を楽しむことができるので、ヨークルスアウルロゥン氷河湖まで来たらぜひ併せて寄ってみてはいかがでしょうか? 次回はここからの帰り道にある滝を見てみましょう。 【【北欧通信 Vol.10】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖とダイヤモンドビーチ【後編】】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】

    アイスランド南東部にある、氷河の欠片が海へと流れ出す、ヨークルスアゥルロゥン氷河湖を訪れました。 アイスランドは火山から氷河まで、数え切れないほどに多様な自然を楽しむことができる国。そんな中で、まずBUZZAP!取材班が訪れたのはアイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖。 ここはケフラヴィーク国際空港から417km。車で5時間半ほど掛かります。バスツアーでは高価な上に1日掛かりの距離となるため、自分のタイミングで動け、自由に途中のスポットに寄ったり宿泊場所を決めたりできるレンタカーであることが生きてきます。 実際にレンタカーで旅をする時は、こうした遠方のスポットをまず訪れて、帰りながら気になるスポットを時間や体力と突き合わせながら考えるのが一番スムーズです。 レンタカーの返却日時はともかく、帰りの飛行機の日時はおいそれとは変更できないため、最後のスポットからの帰りの距離は短くなるようにスケジュールを組みましょう。 さて、ヨールクルスアゥルロウン氷河湖へのドライブの多くはリングロードと呼ばれるアイスランドをぐるりと一周する国道1号線を主に通ります。夏期などはそれなりに車が通りますが、道路はよく整備されています。 1号線を走っていて最初の休憩地点となりそうなのがセールフォス。ここは大きなキャンプ場などもあり、宿泊も可能。トイレついでにひと休みしておいてもよいでしょう。 そこからさらに1号線を東へ。 迷うことはありませんし、道もまっすぐですが、景色が雄大すぎるのでよそ見運転には要注意です。 アイスランドのほぼ南端に当たるのがビーク。 ここには巨大な駐車場を備えたショッピングモールがあり、食材からお酒、防寒具、寝袋やガスカートリッジなどのアウトドアグッズにお土産まで取りそろえています。 買い忘れたものなどがあれば、ここでしっかり揃えておきましょう。この先はヨークルスアゥルロウン氷河湖まで大きな街はありません。 ツアーバスの休憩にも使われているため、カフェやトイレなども完備しており、アイスランド南部を旅する際の重要な中継地点となっています。 また、ここを過ぎるとガソリンスタンドも数十kmおきにしかありませんので、ガソリン残量を今一度チェックしておきましょう。準備を終えたらさらに東へ。 息を呑む光景が次々と現れます。7月でも雪の残るハイランドに辿り着くにはそれなりの装備と時間が必要です。 途中から、遠くに氷河を臨めるようになります。 途中では「氷河の大洪水」によって流出した橋の残骸を用いたモニュメントが。美しい自然が時に荒々しいのは世界共通のようです。 まだまだひた走ります。 そんな場所でも人々の営みが。 氷河から流れ出た川は速く、濁っています。 朝一に出発してから5時間。ようやくヨークルスアゥルロウン氷河湖に辿り着きました。駐車場はツアーバスやキャンピングカーを含めた自動車で賑わっていました。 さて、いよいよ後編ではヨークルスアゥルロウン氷河湖を見に行きましょう。 【【北欧通信 Vol.9】氷河の欠片の流れ出す、アイスランド南東部のヨークルスアゥルロゥン氷河湖へ【前編】】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • Bjork(ビョーク)がまだ10代だった1980年代前半の貴重な写真

    世界中に熱烈なファンを持つ歌姫の若かりし日の姿です。詳細は以下から。 今や説明するまでもないほど世界的に有名なアイスランドの歌姫ビョーク。ヒッピームーブメントの影響を受けた両親の下に1965年11月21日に生まれたビョーク・グズムンズドッティルは「Bapsi」の愛称で呼ばれ、5歳の頃からレイキャビクの音楽学校に通い始めました。 音楽学校でピアノとフルートを習いながらビョークがシンガーとしてデビューしたのは11歳の時のこと。アイスランドの童謡などを歌ったこのアルバムはアイスランド国内で爆発的な人気となります。 ビョークはその後、アンティークショップ、本屋、レコード屋、コカコーラ工場などのバイトを転々とします。1984年のクリスマス時期には農場で働き、イースターの頃には魚の加工工場で働いています。 またビョークは13歳頃からいくつかのバンドを結成しており、パンクバンド「Spit&Snot」ではドラムを叩いていました。 この後の1986年、ギタリストのソール・エルドンと結婚したビョークは来日公演も果たした「ザ・シュガーキューブス」を結成。私達のよく知っているミュージシャンとしてのビョークのキャリアが華々しく展開されてゆくことになります。 【Bjork(ビョーク)がまだ10代だった1980年代前半の貴重な写真】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…