Browsing Category

こぼれ話

  • 講談社「Vivi」と自民党のコラボ企画、理由や意図を講談社に問い合わせてみた

    ネット上では批判的な反応の多い講談社「Vivi」と自民党とのコラボ企画。いったいどのような意図や理由があったのか、講談社に問い合わせてみました。詳細は以下から。 1ヶ月後に参議院選挙という大きな国政選挙を控えた段階で行われた、講談社の女性ファッション誌「Vivi」と自民党のキャンペーン #自民党2019 のコラボ企画。 その内容は「みんなはどんな世の中にしたい?」という問いへの自分の想いを #自民党2019 と #メッセージTシャツプレゼント の2つのハッシュタグ2つをつけてツイートすると、当選者にメッセージTシャツが送られるというもの。 ネット上ではファッション誌が特定政党とコラボレーションすることに対して拒否感が強く、企画についての公式ツイートには多くの批判的なリプライが寄せられていました。 雑誌のイメージにも大きく影響する可能性もあるこの企画、いったいどのような理由や意図があったのか、講談社の広報室に問い合わせてみました。 BUZZAP!(以下B):ファッション誌のViviが特定政党を応援することは雑誌として妥当だと考えているのか 講談社広報室(以下講):特に問題はないと考えている。政治的な背景はない。 B:これは講談社として自民党を応援するという姿勢なのか、それとも単なる広告案件のひとつなのか 講:あくまで広告のひとつでしかない。会社や雑誌として自民党を応援するというわけではない。 B:2014年には当時の松島みどり法相が 「うちわ」を配布した問題で法相を辞任しているが、ロゴ入りメッセージTシャツのプレゼントは公職選挙法的に問題ないと考えているか 講:法的にクリアな状況である事を確認した上でキャンペーンを行っている。 ということで、講談社や「Vivi」として自民党を応援しているわけではなく、広告のひとつとして企画されたとのこと。また、Tシャツの配布については法的にクリアなものであると確認済みとの回答でした。 これに併せ、講談社広報室からは以下のコメントが送付されました。 このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました。政治的な背景や意図はまったくございません。読者の皆様から寄せられておりますご意見は、今後の編集活動に生かしてまいりたいと思います。              講談社 広報室 広告のターゲットとしているのは「ViViの読者世代のような若い女性」で、目的としては「現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したい」としています。 自民党という政権与党による広告企画という形態をとっているものの、こちらでも「政治的な背景や意図はまったくございません」と明言しています。 政党とのタイアップ記事やコラボ企画、CMなどが当たり前のものになっていけば、資本をより多く投入できるところがより上質な広告を広く露出させ、結果的に「総取り」する社会になることは十分に考えられます。 その行き着く先ではどんな人がどんな理由で選ばれ、どんな会社が利益を得ることになるのか、今のうちに考えてみてもよいのではないでしょうか。 【講談社「Vivi」と自民党のコラボ企画、理由や意図を講談社に問い合わせてみた】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「出勤してえらい!」西武の「コウペンちゃんはなまるトレイン」が阪急「ハタコトレイン」と正反対の優しさで話題に

    毎月50万円もらって毎日生きがいのない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか(研究機関 研究者/80代) をはじめ、バブル経験者や経営者、支払った額以上の年金をもらえる世代などからの有り難すぎて涙が出そうな「はたらく言葉たち」を満載した阪急の「ハタコトレイン」に批判が集まり、運行中止が発表された中、真逆の優しさに包まれた車両が話題を集めています。詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが、西武鉄道が運行している「はなまるトレイン」の中吊り広告。「出勤してえらい!」「きみのおうえん隊!」など、日常生活を応援し、励ましてくれるメッセージであふれています。 「電車にのってえらい!」「がんばってるのみてるよ!」など、何気ない日常の所作にまで優しい声をかけてくれます。 なお、上記の中吊り広告は、るるてあさんが手がけるキャラクター「コウペンちゃん」と西武鉄道がタイアップした企画「コウペンちゃんはなまるトレイン」のもの。 西武鉄道の新型車両40000系にコウペンちゃんのイラストがたくさん施されており、池袋線などで見ることができます。 西武鉄道×コウペンちゃん いつもいっしょな はなまるトレイン キャンペーン‐西武鉄道 くしくも「新型車両をジャックしたタイアップ企画」というところまで同じ「コウペンちゃんはなまるトレイン」と「ハタコトレイン」。 あなたならどちらに乗りたいですか? コメントを見る 【「出勤してえらい!」西武の「コウペンちゃんはなまるトレイン」が阪急「ハタコトレイン」と正反対の優しさで話題に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「18親等内」や「知り合いに学生がいる人」でも学割、NTT-X Storeが衝撃のセールを実施中

    「学割の 法則が 乱れる!」といったところでしょうか。詳細は以下から。 「goo」でおなじみNTTレゾナントが運営する「NTT-X Store」によると、4月30日23:59までの期間限定でHPのパソコンが1万円割り引かれる学割セールが実施されています。 「18親等内」や「お知り合い」に学生がいるお客様が対象です!学割で1万円引き!HPのパソコンがお買い得!?- NTT-X Store 驚くべきなのが学割対象者の定義。もともと3月7日~4月30日までの学割セールでしたが、4月1日には「学生と知り合いのお客様」も対象に。 なお、この表を見れば分かるように「18親等」というのは、とんでもない広さ。いくら少子高齢化が進もうと学生がいないはずがないため、実質誰でも1万円引きということになります。 等親表|エスティム株式会社 | ただの1万円引きセールにするよりインパクトがあるかもしれないやり方。はたして追従するところは出てくるのでしょうか。 コメントを見る 【「18親等内」や「知り合いに学生がいる人」でも学割、NTT-X Storeが衝撃のセールを実施中】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 原子力ムラの意見を代弁する御用サイト「あつまれ!げんしりょくむら」が誕生

    極めて正体と目的の明確な原発推進サイトが登場しました。詳細は以下から。 原子力発電を巡る利権によって結ばれた、産・官・学の特定の関係者によって構成された特殊な社会的集団及びその関係性を批判や揶揄を込めて「原子力ムラ」と呼ぶことは福島第1原発事故を経験した日本人には周知の事実。 そんな「原子力ムラ」が自らの素性と目的を冠した、恐らくは若者をターゲットにしたと思われる原発推進サイト「あつまれ!げんしりょくむら」を誕生させました。某ほのぼのゲームを思わせるゆるふわネーミングですが、どんな内容なのでしょうか。 ◆「あつまれ!げんしりょくむら」ってどんなサイト? ポップでカラフルなトップページでは、いきなりふんぞり返ったお殿様が「おたく、ドコむら?」と凄んでくるという素敵なオモテナシを受けることができます。 サイトのコンテンツとしては、まず海外の原子力関係者らの原発推進コメントを掲載した「kurofune」が目を引きます。 こちらは欧米の欧州原子力学会や欧州原子力ヤング・ジェネレーション・フォーラムといった原子力推進派のメッセージを動画とテキストで紹介するコーナー。以下のようなエッジの効いたコメントが並んでいます。これが外圧というものなのでしょうか…? 「あなたが私たちの地球の気候変動を心配しているのならば、原子力を応援しましょう」 「クリーンなエネルギーである原子力」 「子供たちを安全な環境で育てるために、もっともっと原発を建設するべきです」 「原子力業界に身を置いてCO2フリーの電力供給に貢献し、”Climate Hero”になることは、価値あることなのです」 「日本のみなさんに言っておきたい。原発を再稼働してくれてどうもありがとう」 (クロフネ _ あつまれ!げんしりょくむら 各ページより引用) その隣の「六波羅短大」はもちろん鎌倉幕府が承久の乱で反乱を起こした朝廷と西国の御家人らを監視するために設けた「六波羅探題」をもじった、なんとも意味深なネーミング。 京都府は山田前府知事が福井県の原発銀座での再稼働に関して立地県と同等の権利を求めるなど、原発には極めて抑制的な立場を取ってきました。ですが「校歌」ではそんな京都の風景をあれこれ歌った上、有名なお寺や飲食店の名前まで盛り込んでいますが大丈夫なのでしょうか? まだふたつしかコンテンツはありませんが、ひとつは核融合炉を14歳で作った天才少年として知られた核物理学者のテイラー・ウィルソン氏の訪日記録。 とはいえ福島第一原発を含めた原子力関連施設や東京などの観光地を訪問している様子のみで、なぜか肝心の核物理学者としての原子力の将来や福島第1原発事故に関する話などはありません。 もうひとつは「おさかなに含まれる放射性物質を測ってみよう」というコーナー。フラットな体験レポートかと思いきや、最終的には福島の魚は安全だということが言いたいようです。 その隣の「御用だ!」とさらに隣のモザイクで判別不能なコーナー、さらに「about us」は現在「Coming Soon」となっています。それにしても、ここまで明確に御用サイトだと明言することには新鮮な驚きすら感じてしまいます。 ◆「あつまれ!げんしりょくむら」は誰が運営してるの? この「あつまれ!げんしりょくむら」を運営するのは「一般社団法人日本原子力産業協会(JAIF)」。 この組織は東電などの日本の原子力産業の企業や原発立地自治体などで構成される業界団体で、今井敬会長は民主党政権から第2次安倍政権で原発再稼働に尽力した今井尚哉内閣総理大臣秘書官の叔父に当たります。 むしろ潔いほどに何も隠さない真っ正面からの原発推進サイトですが、日本の原子力を巡る重要課題にはまったく触れられていません。 汚染水や汚染土を含め、福島第1原発事故をいかに収束させるのか、もんじゅ廃炉で頓挫した核燃料サイクルを今後どうするのか、増え続ける高レベル放射性廃棄物をどう処理するかなど問題は山積みです。 今後どこまで内容を充実させ、脱原発派をしっかり納得させて原発を推進してゆくことができるでしょうか。お手並み拝見といったところです。 【4/12…

  • AppleやAmazonを狙ったとされる「中国製スパイチップ」、証拠はありませんでした

    「中国がアメリカ企業の情報を狙ってサーバー機器にスパイチップを混入していた」 そんな話が10月に世間をにぎわせ、Huawei・ZTE排除の遠因にもなりましたが、思わぬ結果となりました。詳細は以下から。 CEO – 3rd Party Security Update | Super Micro Computer, Inc. Bloombergに「AppleやAmazonなどの情報を監視する目的で、中国によるスパイチップがマザーボードに仕込まれていた」と報じられていたSuper Micro Computer社の公式発表によると、証拠は確認できなかったそうです。 信用問題でもあることから、Super Micro Computer社は調査を第三者となる調査機関に委託。その結果、報じられたモデルを含む同社製マザーボードにスパイチップが仕掛けられた証拠はなかったとされています。 世界各所に衝撃を与えたBloombergの報道。アメリカ政府関係者がHuaweiやZTEを警戒していたことにも触れていますが、やはり欲しいのは証拠。どのようなハードウェアが仕込まれ、どのような働きをしていたのでしょうか。 The Big Hack: How China Used a Tiny Chip to Infiltrate U.S.…

  • 「倒錯的で異常」など類を見ないLGBT叩きに舵を切った「新潮45」、販売部数激減で休刊の危機が背景に

    今年に入って朝日新聞を始めとする「リベラル的なもの」への攻撃を強め、ついにはLGBTを「性的嗜好(正しくは性的指向、嗜好はフェチズムなどを指す)」「生産性がなく支援不要」と断じる杉田水脈議員の寄稿文まで掲載した「新潮45」。 なぜそこまで極端な誌面へとシフトしたのか、そこには悲しい理由がありました。詳細は以下から。 ◆LGBT叩きを加速させる「新潮45」、類を見ない規模に まず見てもらいたいのが先ごろ発売された新潮45の10月号。「【特集】「野党」百害」と題し、野党をけなす見出しが躍ります。 注目すべきは「【特別企画】そんなにおかしいか「杉田水脈」論文」という企画。杉田議員は悪くないという切り口の特集が組まれています。 なお、見出しの中に「特権」という言葉がありますが、LGBTが求めている同性パートナーシップ制度はあくまで異性愛者のカップルと同じ権利を認める制度。 異性愛者に先んじるものでも、ましてや優遇するものでもなく、老後になって相続や手術の同意書へのサインなどで困るLGBTカップルが数多く生まれていることを踏まえたものです。 そんな特集の内容は案の定、杉田議員の意見に賛同するどころか、LGBTに対する嫌悪感を剥き出しにした上で容赦なく罵倒するもの。 「東京レインボープライド」が年々参加者を集め、ようやくLGBTの存在が認められつつある中、「美しい日本」をうたう人々が大手商業誌で類を見ない規模のLGBT叩きを見せつけています。 ここまで大々的に露骨な悪意がLGBTに向けられることは今までになく、杉田水脈議員の寄稿文が掲載された号と合わせて、LGBTへのバックラッシュの歴史的資料として名を残すことになりそうな新潮45。同誌には明らかに転換を迎えた時期がありました。 ◆2018年に入ってから大きくシフトした「新潮45」 新潮45の掲載内容の変遷は、2017年末からの推移を見れば顕著。2017年11月・12月時点では、与野党問わず政治家のダメ出し的な記事が載るなどしていました。 しかし2018年1月号からは現加計学園客員教授ケント・ギルバート氏などによる「不戦主義では平和を守れない」などの記事が載り始め…… 2月号では「【特集】「反安倍」病につける薬」として、WILLやHANADA、正論もかくやといった執筆陣による野党・リベラル的なものをひたすら叩く記事が載るようになりました。 4月号では自称保守界隈が愛してやまない人気コンテンツ・朝日新聞叩きを「【特集】「朝日新聞」という病」という形で掲載しています。 ◆「新潮45」の部数は危険水準に 「一般社団法人 日本雑誌協会」が保有している発行部数データによると、今から10年前の2008年当時では、新潮45は月間4万3000部弱を発行していました。 しかし2012年には2万5000部にまで減少。 2017年初頭には2万部を割り込んでいますが、それでも下げ止まらず、2017年末には1万7000部になっています。 なお、上記の数字はあくまで発行部数であり、実売部数ではありません。つまり新潮45の売り上げは間違いなく休刊・廃刊が見える危機的水準に到達していると考えていいわけです。 上記の事情を鑑みると、2018年に入って急に特定の方向にシフトした理由が分かりますが、その甲斐あってか部数の下落ペースが縮小。しかしジリ貧なことに変わりはありません。 リベラル的な存在やLGBTに唾(つばき)して、汚名を一身に受けながらも生き残ることを選んだ新潮45。 しかし、プライドも矜持も捨ててしまったようにしか見えず、もはや言論媒体として終焉を迎えた気がしてなりません。 【「倒錯的で異常」など類を見ないLGBT叩きに舵を切った「新潮45」、販売部数激減で休刊の危機が背景に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに

    「軽く火を吹いた」程度の話ではありませんでした。詳細は以下から。 中国・北京の一般家庭の様子。電動スクーター(画面右側)を充電していたところ、突然プラグから煙が上がり始めました。 所有者の男性がケーブルを抜こうとするも、煙は勢いを増すばかり。 危険を感じ、ソファに座っていた娘と犬を連れて部屋を抜け出す男性。 煙がすぐさま部屋中に立ちこめたかと思いきや…… 閃光が部屋を包み込み、爆発炎上。 その勢いは部屋が真っ白になるほど。リチウムイオンバッテリーの爆発はすさまじいものがあります。 なお、リチウムイオンバッテリーが炎上した際に出る煙は非常に有毒。電動スクーターはバッテリー容量が大きいだけに、その煙や有毒物質の量も相当なものです。 一部始終を収めたムービーはこちら。バッテリーが爆発炎上した時のための解説もあります。 【中国で電動スクーターが充電中に爆発炎上、部屋がとんでもないことに】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…