Browsing Category

こぼれ話

  • 群馬と栃木と埼玉が共に集う「三県境」という「地図上の観光地」は今どうなっているのか

    本当は「目に見えない」はずの、この不思議な観光地を訪れてみました。詳細は以下から。 この地球上に国境線という線が描かれている訳ではなく、人間が勝手に決めただけのもの。こうした意見は古くから存在していましたが、その勝手に決めた線の境目が観光地になるという不思議な場所が日本には存在しています。 既に何度もニュースなどで取り上げてられているその場所は群馬県と栃木県、そして埼玉県という3つの県の県境が1ヶ所に集まる「三県境」と呼ばれるもの。 日本国内には数十ヶ所のこうした三県境が存在していますが、そのほとんどは山奥に存在しており、簡単に足を運べる場所ではありません。 そんな中でこの北関東三県の集まる三県境は平野部にあり、自動車や電車でもアクセスが容易なことから大きな話題となりました。 この3つの県の境界点は明治から大正にかけての県境の川の埋め立てによって曖昧なままに放置されてきましたが、2015年に群馬県東部板倉町は栃木県栃木市と埼玉県加須市と共に測量を行って境界点をはっきりと確定させることを発表。 最初は田んぼの中のポイントでしかありませんでしたが、その後周囲が小さな公園に整備され、観光地として認知されるようになりました。さて、この不思議な観光地は今どうなっているのか、現地を訪れてみました。 三県境があるのは足尾鉱毒事件の鉱毒を沈殿させて無害化するために作られ、2012年にはラムサール条約登録もされた渡良瀬遊水池のすぐ隣です。最寄りのICは東北自動車道の館林IC、電車なら東武日光線の柳生駅です。 自動車で来た場合、三県境に正規の駐車場がないため、まず道の駅かぞわたらせを目指します。36度を超える猛暑日でしたが駐車場はかなりいっぱいになっていました。 道の駅の建物前にこのがっつり三県境推しモードの看板。ここに来るだけで「三県制覇!!」できるというチート級のライフハックが何気なく書かれていますね。 そして建物1階には三県境ショップの「さいぐんと」が。某「おおぐんたま」を思い出しますが、3県なのでこちらの勝ちです。 ここではその名の通り群馬・栃木・埼玉の名産品をいろいろ買えます。栃木県民のソウルドリンク、レモン牛乳もしっかり売られていました。 そして湧きに回ると「恋人の聖地 道の駅かぞわたらせ」ののぼりが。どういうことだってばよ。 いぶかしがりつつ建物の屋上に上るとこんなインスタ映え間違いなしのオブジェが…。うーん、いいんですけどね。 なお、後ろに広がる湖は渡良瀬遊水池の谷中湖です。文字通り目の前ですね。 そして地図上ではこちら側に三県境があるはず。激暑いですが行ってみましょう。 建物の側面に標識がありました。 長めの階段を降りて向かいます。 標識はしっかりしているので迷いませんが、懐かしさすら感じるのどかな田舎道です。日陰はないので夏はしっかり帽子と飲み物を用意しましょう。 堤防沿いから離れて右折します。 蝉時雨と夏草の匂い。原風景っぽさがありますね。 味のある優しい手書きの看板もところどころに。 畦が踏み分け道になっていました。この先のようです。 想像以上にしっかりと公園になっていました。 公園のある手前が栃木県、右奥が群馬県で左奥が埼玉県です。 この水路の真ん中が三県境ということになります。 しっかり書いてありますね。 単なる田んぼの中の地図上の境界にすぎないはずなのに、なぜかぐっと来るものがあります。この暑さにも関わらず、取材班がいる間も絶え間なく観光客が訪れては写真を撮っていました。 ここが三県境になった歴史や経緯を書いた手書きの看板がいい味を出しています。もともとここは川の合流地点でしたが、渡良瀬遊水池の造成と共に流路が変更されて廃川となり、民地として払い下げられて埋め立てられ、耕作地になったとのことです。 日本の近代化の中で足尾鉱毒事件が起こり、その鉱毒の処理のために渡良瀬遊水池が作られたことを考えると、ここにこの形で三県境があることは近代史と切っても切り離せないお話ということになります。 公園内にはカメラやスマホでの自撮り台が設置されています。角度も計算されていてとても親切設計です。…

  • 100年前、目覚まし時計に奪われた優しい仕事「ノッカー・アップ」

    多くの仕事が機械に奪われていく、そんな時代の職業のひとつでした。詳細は以下から。 毎朝あなたはどうやって目を覚ましていますか?自然と起きられる人もいますが、携帯やスマホでアラームを掛ける人、それとは別に目覚まし時計も必須という人も多いのではないでしょうか。 ですが、そうしたアラームをセットできない時代に人々が遅刻しないように起こして回る職業が存在していました。 時は産業革命のイギリス。農村部から都市に集まり、工場で働くライフスタイルが広まっていく中で、発生する問題が今もみんなの悩みのタネである「遅刻」です。 工場で働く労働者達は始業時間までに工場に到着するために、朝の決まった時間までには起きなければなりません。しかしこの頃はまだ目覚まし時計という文明の利器は庶民には行き渡っていませんでした。 そこで登場したのが「ノッカー・アップ(knocker-up)」という職業。杖や棒でドアをノックしたり、木や竹でできた長いスティックで窓をノックして人々の目を覚まさせるのです。 ノッカー・アップは依頼主が起きるのを確認するまでその家の前を動かず、週に数ペンスを稼いでいたということ(編集部注:当時の貨幣価値についてはこちらのブログポストでシャーロック・ホームズ作品を題材に面白く紹介されています)。 このノッカー・アップは当時多くの人がプロとして従事した職業で、マンチェスターのような工業都市で特に多かったとされています。特に朝の速い高齢の男女が従事する割合が高かった他、早朝パトロールの警官がバイトとしてやっていた例もあるとのこと。 このおばあちゃんは豆鉄砲を使って起こしていたようです。 19世紀末頃から目覚まし時計が徐々に普及し、このノッカー・アップという職業は遅くとも1920年頃には消滅してしまいました。 今もホテルのモーニングコールなどにうっすらと名残を残す「人を起こす仕事」ですが、機械が人間の仕事を奪っていった初期の例のひとつと言えそうです。便利さが極まってゆく中で、別の付加価値を求めてこうした仕事が復活することはあるのでしょうか? 【100年前、目覚まし時計に奪われた優しい仕事「ノッカー・アップ」】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • スマホを見過ぎると文章の深い意味が理解できなくなる?→あくまで一過性と最新研究で判明

    ツイ廃の皆様にはいい知らせ…と言えるのでしょうか?詳細は以下から。 ちょっとしたスキマ時間や寝る時も、特に用事がないのにスマホを延々と見続けてしまう人は少なくありません。 そうしたスマホ依存症については既にあちこちで警鐘が鳴らされていますが、重度にハマっても文章がまともに読めなくなることはなさそうです。 サザン・ニュー・ハンプシャー大学Peter Frost心理学教授がジャーナル「Applied Cognitive Psychology」に発表した最新の研究によると、スマホを見続けることによって文章の深い意味を読み込むことができなくなるものの、それはあくまで一時的なものであることが示されました。 Frost教授らはスマホが認知機能に与える影響について3つの実験を実施。全ての実験で被験者らはトラッキングソフトをスマホにインストールし、研究者らがスクリーンタイムを確認できるようになっています。 まず最初に、驚くべき事に被験者らは1日に平均で5時間半もスマホの画面を見ていました。これは通常の大人が起きている時間の1/3にも当たります。 最初の105人の学生に対して行われた実験では、スマホの使用が満足感や社会的問題の解決の遅れに関連があることが分かりました。 第2の実験は1週間に渡り、50人の学生に対して行われました。被験者らは無作為に2つのグループに分けられます。1つのグループはスマホの利用を1日2時間までに制限され、もうひとつのグループでは1日5時間まで許されます。 実験後にコーネル批判的思考テストを両者に行ったところ、5時間スマホを使えたグループでは意味の理解や分析の能力が減退していることが判明しました。 3つ目の実験では別の50人の学生に対し、第2の実験と同じ制限を28日間継続させました。 実験開始から1週間後に行われたコーネル批判的思考テストでは第2の実験と同じような結果が出ていたのですが、時と共にその影響は小さくなり、28日後には2時間のグループと5時間のグループで有意な差は見られませんでした。 ということで、スマホのヘビーユーズも最初こそ意味の理解や分析の能力が減退という影響はあるものの、1ヶ月もすればそうした悪影響はなくなってくるという事になります。 これでツイ廃の皆様も「1日100ツイート以内に収める」といったスマホ利用制限を自らに課す必要もなくなりそうです。 ただしこの研究はあくまで認知機能についての話。スマホ依存症で視力が悪くなる、首や肩がガチガチに凝る、「食事中にまでスマホ見ないで」と家族や恋人にブチ切れられるといった問題とは一切関わりがありません。 いずれも個別に真摯な対応が必要となりますので、勘違いなきよう十分気をつけてください。 【スマホを見過ぎると文章の深い意味が理解できなくなる?→あくまで一過性と最新研究で判明】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「社員1人あたり年収250万円引き下げ」だけじゃない、介護への配置転換で利益を生み出す損保ジャパンの”錬金術”とは?

    先日損保ジャパンが従業員の約15%、実に4000人を2020年度末までに配置転換することをお伝えしましたが、そこには思わぬカラクリがありました。詳細は以下から。 ◆4000人削減で人件費など年間100億円圧縮 まずは先日の報道各社(日経、毎日、時事通信)による損保ジャパンの人員削減プランの内容をおさらい。 低金利で金融各社が苦しむ中、同社はITを駆使した業務の効率化を推進することで2017年度比4000人の人員削減を進め、余った従業員を介護などを手がけるグループ企業に配置転換し、新規採用を抑えるというもの。 希望退職者の募集は予定しておらず、人件費などを年間約100億円圧縮できるとしています。 ◆社員1人あたり年収250万円を引き下げ 4000人を削減した結果、人件費などが約100億円圧縮される損保ジャパン。言い換えれば配置転換で整理の対象となる社員は単純計算で1人あたり250万円の年収ダウンとなることを意味します。 また、同社は希望退職者の募集を予定していないため、もしこの配置転換に納得できない場合は自己都合退職に。つまり一般的な希望退職制度で用いられる「割増退職金」を負担しなくて済むわけです。 業種や会社の規模によって異なるものの、大手メーカーで1人あたり1000万円前後とも言われる割増退職金。生保・損保大手であればさほど変わらないものと考えられます。 つまりもし割増退職金を1人1000万円とすれば、実に400億円もの「節約」に成功し、さらに毎年100億円の費用圧縮を図ることができるわけです。 なお、損保ジャパンが社員を配置転換させる介護事業は2015年に「ワタミの介護」を210億円で買収することで手に入れたもの。210億円の事業買収が数百億円の節約や費用圧縮へと変わる、まさに錬金術です。 コメントを見る 【「社員1人あたり年収250万円引き下げ」だけじゃない、介護への配置転換で利益を生み出す損保ジャパンの”錬金術”とは?】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 講談社「Vivi」と自民党のコラボ企画、理由や意図を講談社に問い合わせてみた

    ネット上では批判的な反応の多い講談社「Vivi」と自民党とのコラボ企画。いったいどのような意図や理由があったのか、講談社に問い合わせてみました。詳細は以下から。 1ヶ月後に参議院選挙という大きな国政選挙を控えた段階で行われた、講談社の女性ファッション誌「Vivi」と自民党のキャンペーン #自民党2019 のコラボ企画。 その内容は「みんなはどんな世の中にしたい?」という問いへの自分の想いを #自民党2019 と #メッセージTシャツプレゼント の2つのハッシュタグ2つをつけてツイートすると、当選者にメッセージTシャツが送られるというもの。 ネット上ではファッション誌が特定政党とコラボレーションすることに対して拒否感が強く、企画についての公式ツイートには多くの批判的なリプライが寄せられていました。 雑誌のイメージにも大きく影響する可能性もあるこの企画、いったいどのような理由や意図があったのか、講談社の広報室に問い合わせてみました。 BUZZAP!(以下B):ファッション誌のViviが特定政党を応援することは雑誌として妥当だと考えているのか 講談社広報室(以下講):特に問題はないと考えている。政治的な背景はない。 B:これは講談社として自民党を応援するという姿勢なのか、それとも単なる広告案件のひとつなのか 講:あくまで広告のひとつでしかない。会社や雑誌として自民党を応援するというわけではない。 B:2014年には当時の松島みどり法相が 「うちわ」を配布した問題で法相を辞任しているが、ロゴ入りメッセージTシャツのプレゼントは公職選挙法的に問題ないと考えているか 講:法的にクリアな状況である事を確認した上でキャンペーンを行っている。 ということで、講談社や「Vivi」として自民党を応援しているわけではなく、広告のひとつとして企画されたとのこと。また、Tシャツの配布については法的にクリアなものであると確認済みとの回答でした。 これに併せ、講談社広報室からは以下のコメントが送付されました。 このたびの自民党との広告企画につきましては、ViViの読者世代のような若い女性が現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したいと考えました。政治的な背景や意図はまったくございません。読者の皆様から寄せられておりますご意見は、今後の編集活動に生かしてまいりたいと思います。              講談社 広報室 広告のターゲットとしているのは「ViViの読者世代のような若い女性」で、目的としては「現代の社会的な関心事について自由な意見を表明する場を提供したい」としています。 自民党という政権与党による広告企画という形態をとっているものの、こちらでも「政治的な背景や意図はまったくございません」と明言しています。 政党とのタイアップ記事やコラボ企画、CMなどが当たり前のものになっていけば、資本をより多く投入できるところがより上質な広告を広く露出させ、結果的に「総取り」する社会になることは十分に考えられます。 その行き着く先ではどんな人がどんな理由で選ばれ、どんな会社が利益を得ることになるのか、今のうちに考えてみてもよいのではないでしょうか。 【講談社「Vivi」と自民党のコラボ企画、理由や意図を講談社に問い合わせてみた】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「出勤してえらい!」西武の「コウペンちゃんはなまるトレイン」が阪急「ハタコトレイン」と正反対の優しさで話題に

    毎月50万円もらって毎日生きがいのない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか(研究機関 研究者/80代) をはじめ、バブル経験者や経営者、支払った額以上の年金をもらえる世代などからの有り難すぎて涙が出そうな「はたらく言葉たち」を満載した阪急の「ハタコトレイン」に批判が集まり、運行中止が発表された中、真逆の優しさに包まれた車両が話題を集めています。詳細は以下から。 まず見てもらいたいのが、西武鉄道が運行している「はなまるトレイン」の中吊り広告。「出勤してえらい!」「きみのおうえん隊!」など、日常生活を応援し、励ましてくれるメッセージであふれています。 「電車にのってえらい!」「がんばってるのみてるよ!」など、何気ない日常の所作にまで優しい声をかけてくれます。 なお、上記の中吊り広告は、るるてあさんが手がけるキャラクター「コウペンちゃん」と西武鉄道がタイアップした企画「コウペンちゃんはなまるトレイン」のもの。 西武鉄道の新型車両40000系にコウペンちゃんのイラストがたくさん施されており、池袋線などで見ることができます。 西武鉄道×コウペンちゃん いつもいっしょな はなまるトレイン キャンペーン‐西武鉄道 くしくも「新型車両をジャックしたタイアップ企画」というところまで同じ「コウペンちゃんはなまるトレイン」と「ハタコトレイン」。 あなたならどちらに乗りたいですか? コメントを見る 【「出勤してえらい!」西武の「コウペンちゃんはなまるトレイン」が阪急「ハタコトレイン」と正反対の優しさで話題に】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「18親等内」や「知り合いに学生がいる人」でも学割、NTT-X Storeが衝撃のセールを実施中

    「学割の 法則が 乱れる!」といったところでしょうか。詳細は以下から。 「goo」でおなじみNTTレゾナントが運営する「NTT-X Store」によると、4月30日23:59までの期間限定でHPのパソコンが1万円割り引かれる学割セールが実施されています。 「18親等内」や「お知り合い」に学生がいるお客様が対象です!学割で1万円引き!HPのパソコンがお買い得!?- NTT-X Store 驚くべきなのが学割対象者の定義。もともと3月7日~4月30日までの学割セールでしたが、4月1日には「学生と知り合いのお客様」も対象に。 なお、この表を見れば分かるように「18親等」というのは、とんでもない広さ。いくら少子高齢化が進もうと学生がいないはずがないため、実質誰でも1万円引きということになります。 等親表|エスティム株式会社 | ただの1万円引きセールにするよりインパクトがあるかもしれないやり方。はたして追従するところは出てくるのでしょうか。 コメントを見る 【「18親等内」や「知り合いに学生がいる人」でも学割、NTT-X Storeが衝撃のセールを実施中】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…