Browsing Category

こぼれ話

  • 100年前の「バイクチャリオットレース」の異様なまでのマッド・マックス感に震える

    あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!「馬が戦車を引いていると思ったら、引いているのはバイクだった」な…何を言っているのかわからねーと思うが、詳細は以下から。 チャリオットといえば古代の戦争に用いられた戦闘用馬車のこと。シュメールやヒッタイトといった時代から使われ、名作映画「ベン・ハー」や漫画「キングダム」などにも登場しています。タロットの「戦車」カードに描かれているのもこのチャリオットです。 そんな戦車を引くのは当然馬のはずですが、100年前の1920年代から始まったのはこの戦車をバイクで引いて速さを競う「バイクチャリオットレース」でした。 開催されていたのはオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国にヨーロッパの一部。当時のPopular Mechanics紙によると、1922年頃にはワイン樽を半分に切断して戦車部分にしていたようです。 その後戦車部分には改良が加えられ、より大型になっている事が分かります。騎手はバイクではなく戦車部分に乗り、革製と思われる「手綱」でスロットルやハンドルを操作していたものと考えられます。 2代以上のバイクに引かせる場合はそれぞれのバイクを水平な金属板などで固定している様子が分かりますが、それぞれの速度のバランスを取りながら方向もコントロールするのはかなり難易度が高そうです。 騎手は古代ローマの扮装をしており、時代と共にバイクの数は3台、4台と増えていったようです。 当時の資料がほとんど残っていないため、この「バイクチャリオットレース」のルールや競技団体などの詳細は不明です。しかし現在もこのレースを存続させようとしている人もおり、動画でも実際に走っている様子を見ることができます。 当時は最新の乗り物だったバイクと古代の戦車という組み合わせが斬新だったのかもしれませんが、現代から見ると圧倒的な漫画的ポストアポカリプス感のため、マッド・マックスに出てきても不思議はありません(ドゥーフワゴンがアリなので非現実的との指摘は当たらない)。 ぜひとも世界中のイカれたバイク野郎たちによるヒャッハーな祭典として復活して欲しいところですが…。 【100年前の「バイクチャリオットレース」の異様なまでのマッド・マックス感に震える】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 【IR汚職特集】自民党のパチンコ・IRとの蜜月過ぎる関係をまとめてみました

    現職自民党議員の逮捕という大スキャンダルに発展したIR汚職。巨大な利権構造が指摘されていますが、IRと対になって語られるのが日本の誇る巨大ギャンブル、パチンコです。 ネット上では「パチンコは韓国と関係が深く、野党議員が利権に絡んでいるから『桜の会』の時のように騒がない」といった言説を目にすることもありましたが、調べてみるとパチンコに最も深く関わっているのはやはり自民党でした。詳細は以下から。 ◆IR汚職容疑と自民党 2019年12月25日、東京地検特捜部がIR参入を目指す中国企業「500ドットコム」から300万円の現金を受け取った、受領収賄容疑で自民党の秋元司議員を逮捕しました。現職の国会議員が逮捕されるのは約10年ぶりの事態です。 疑惑はこれだけに留まらず、秋元議員と共に「500ドットコム」本社を訪問した自民党の白須賀貴樹議員が接待や金銭を受け取った疑惑があるとして事務所にも家宅捜索が入っています。 加えて、本件に絡み贈賄容疑で逮捕された「500ドットコム」元顧問で元沖縄県浦添市議の仲里勝憲容疑者は、同じ時期に他に5人の国会議員に対して「100万円ずつ資金提供した」などと供述しています。 これを受けて自民党の岩屋毅前防衛大臣、自民党の宮崎政久法務省政務官、自民党の中村裕之議員、自民党の船橋利実議員、日本維新の会の下地幹郎元郵政民営化担当大臣が任意聴取されています。 ここまで名前が出た7議員全員が国際観光産業振興議員連盟(通称:IR議連)に参加しており、岩屋毅前防衛相も幹事長を務めている他、中村裕之法務省政務官は現在の事務局次長、下地幹郎元郵政民営化担当大臣も幹部だったことが判明しています。 ◆IR議連とはどんな存在なのか IR議連こと国際観光産業振興議員連盟は2010年4月14日に参加者74人で発足した超党派議連。設立総会では会長に民主党(当時)の古賀一成議員、会長代行に自民党の岩屋毅議員が選出されており、岩屋前防衛相のIRへの関わりの深さが垣間見られます。 発足当時は民主党議員がトップでしたが、現在は224人の参加議員をまとめる会長には清和政策研究会の会長でもある自民党の細田博之元官房長官が就き、所属議員も大部分が自民党議員となっています。 安倍首相も一時期このIR議連の最高顧問を務めていましたが、2014年に共産党の大門実紀史議員から「多重債務問題や依存症対策、青少年の健全育成などの総責任者である首相がカジノ議連にいることはふさわしくない」と追求され、「ご指摘はごもっともなので、最高顧問をやめさせていただく」と答弁して退会しています。 東スポはIR議連について、IR推進派関係者の「IR推進派関係者議連が発足したのは2010年の民主党政権下でトップも民主党議員だった。今じゃすっかり自民党議員ばかりになってしまった。利権好きの自民党に任したからこんなことになった」とのコメントを掲載しています。 なお、IR議連はカジノ議連とも呼ばれ、カジノを中心としてホテルや劇場、国際会議場にショッピングモールなどが集まった統合型リゾート(Integrated Resort)の設立、そのためのカジノ合法化を目指す議連だと考えられがちですが、それだけには留まりません。 2010年4月13日には設立を目前に控えたIR議連が、警察の裁量で換金が事実上認められているパチンコをカジノ法案と同じ仕組みで立法化していく方針を固めています。 IR議連は客離れの加速に比例してギャンブル性の高い台の導入が進むパチンコ、も国や地方公共団体が管理、監督することで「健全な庶民の娯楽の場」として再生を図りたいとしていることを産経新聞が報じています。 IR議連がカジノとパチンコ、両方を推進する議連である事がご理解いただけたでしょうか。 ◆パチンコ業界と自民党の深い関係 さてIR議連とパチンコの繋がりを確認したところで、自民党とパチンコ業界の繋がりを見ていきましょう。 まず忘れてはいけないのが秋元司議員が逮捕された翌日、大手パチンコチェーンのガイア本社に家宅捜索が入りました。ガイアは秋元議員の元政策秘書の設立したATエンタープライズ社に対して2017年10月から2019年の11月まで月額で計40万円を顧問料として支払ってきたとのこと。 このようにパチンコ業界との繋がりを持っているのは秋元議員だけではありません。業界2位のダイナム主導する業界団体「パチンコチェーンストア協会」の政治分野アドバイザーには逮捕された秋元議員を含めて(現在は削除済)多くの国会議員が名前を連ねています。 その中でも自民党議員は22人と突出して多く、今回疑惑の対象となった岩屋前防衛相(現在は削除済)や白須賀貴樹議員をはじめ、IR議連副会長の竹本直一議員、同副幹事長の葉梨康弘議員、同事務局次長の大家敏志議員、山本有二議員、野田聖子議員、鈴木貴子議員らIR議連所属議員が就任しています。 加えて日本維新の会からは7名。IR議連事務局次長の馬場伸幸維新の会幹事長に同事務局次長の浦野靖人議員も就任しています。国民民主党は7名でIR議連副会長の羽田雄一郎議員も就任です。なお、立憲民主党からは4名が就任。 ということで、民主党時代に設立されたものの、現在自民党がIR議連の最大勢力となっており、そのIR議連はカジノのみならずパチンコとも深い関係にあります。 自民党とIR・パチンコにこれだけ深い関係がある以上、中国企業からの収賄という今回のIR疑惑はこれだけで収まりそうにはありません。 【【IR汚職特集】自民党のパチンコ・IRとの蜜月過ぎる関係をまとめてみました】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 新宿駅前の大型ビジョン「MONOKROM VISION」がトラブルでシュールなことになっていました

    「デジタルサイネージといっても、画面が大きなデスクトップみたいなものなんだな……」と納得できる瞬間でした。詳細は以下から。 年の瀬のJR新宿駅東南口。 人々が忙しそうに行き来していました。 そんな東南口でひときわ目立つのが、お店のCMなどをでかでかと映し出す「MONOKROM VISION(モノクロムビジョン)」。 なんだか表示がおかしなことになっています。 タスクバー非表示ソフトなどを入れたWindowsパソコンが接続されており、なんらかのトラブルでデスクトップ画面が表示されているようです。 動画で見るとこんな感じ。ちょっとシュールです。 コメントを見る 【新宿駅前の大型ビジョン「MONOKROM VISION」がトラブルでシュールなことになっていました】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 全てをリセットする「Ctrl-Alt-Delete」ナックル、何もかも破壊して新しく始めたいあなたへ

    破壊と再生のナックル、という事ができるでしょうか。御守として重宝しそうです。詳細は以下から。 仕事で、学校で、人間関係で…何もかもがもう嫌で全てをぶち壊してリセットし、新しく1から始めたい。そんな気持ち、分かる人も多いのではないでしょうか。 EtsyのオンラインショップJoyComplexで販売されているのは「Ctrl-Alt-Delete」ナックル。リングと表記されていますがどこからどう見てもナックルです。 「Ctrl-Alt-Delete」はPCを使う人なら誰もが一度はお世話になったことのあるリセットのためのコマンド。ソフトがフリーズして再起動する時、まずはこれを試したものです。 この「Ctrl-Alt-Delete」ナックルはヴィンテージスティールとブロンズスティール製が送料別約9000円。ラフグレイスティールとゴールデンスティール製は送料別約10000円となっており、サイズも各種選択可能です。 「もう全部ぶっ壊してやる」そんな気持ちになった時、会社に辞表を叩きつける時、決意を揺るがせないためにこのナックルを装備してみてはいかがでしょうか(編集部注:暴力行為は犯罪です。間違ってもこれでブン殴ってはいけません)。 【全てをリセットする「Ctrl-Alt-Delete」ナックル、何もかも破壊して新しく始めたいあなたへ】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • 「NHKのネット常時同時配信は無料で」総務省がスマホやPC所有で新たな受信料負担なしと明言

    ワンセグ携帯所持での受信料徴収とはまったく違った状況となりそうです。詳細は以下から。 ◆「NHKのネット常時同時配信は無料で」総務省が明言 総務省が12月23日、公式サイトに「「日本放送協会のインターネット活用業務実施基準の変更案の認可申請の取扱いに関する総務省の基本的考え方」についての日本放送協会の検討結果の回答及び意見募集結果に対する総務省の考え方」を掲載しました。 これはNHKのインターネット常時同時配信などのテーマに対して募集されたパブリックコメントに対するNHKの見解に対し、総務省が公式見解を公表したもの。この中で注目すべき見解が示されています。 それは「常時同時配信・見逃し配信に関する御意見」というトピックの中で寄せられた意見についてのもの。 受信料収入で支えられているNHKは、常時同時配信を含む全てのインターネット活用業務を無料で提供すべきである。 とする意見に対し、総務省は以下のように回答。 NHKから認可申請のあったインターネット活用業務実施基準の変更案において、常時同時配信を含む2号受信料財源業務は、「利用者に対価を求めることなく実施する」こととしており、常時同時配信を受信できることをもって、スマートフォンやPCなどの所有者が新たに受信料を負担することになるものではありません。 なお、同案においては、常時同時配信の提供に際して、画面上に協会との受信契約を確認する旨のメッセージを表示し、協会との受信契約の締結を確認できた者については、画面上のメッセージ表示を消去するとともに、見逃し配信を利用可能にすることとされています。 総務省はNHKのインターネット常時同時配信を受信できるスマートフォンやPCなどの所有を理由に新たな受信料の負担が発生しないと明言。 ただし、画面上にNHKとの受信契約確認のメッセージが表示されることとなり、受信契約が確認できた人のメッセージを削除すると共に見逃し配信が利用可能になるとしています。 同様のやり取りが「その他の御意見」の最初の質問にも見受けられます。こちらでは 常時同時配信を実施することにより、スマートフォンやPCなどインターネットに接続することができる環境を有する全ての者に対してNHKとのが受信料を徴収することに反対する。 との意見に対して以下のように回答。 NHKから認可申請のあったインターネット活用業務実施基準の変更案において、常時同時配信を含む2号受信料財源業務は、「利用者に対価を求めることなく実施する」こととしており、常時同時配信を受信できることをもって、スマートフォンやPCなどの所有者が新たに受信料を負担することになるものではありません。 上記質問の前半部分と同一文章ですが、「2号受信料財源業務」を理由にスマホやPCの所有者に受信料の支払い義務が発生しないことを繰り返し明言しています。 ◆2号受信料財源業務とは何なのか ここで総務省が回答の根拠としている「2号受信料財源業務」は、NHKのサイト上で公開されている「放送法第20条第2項第2号および第3号の業務の実施基準」によると以下のとおり。 (C)2号受信料財源業務 放送番組等を電気通信回線を通じて一般の利用に供する業務(放送に該当するものおよび協会のテレビジョン放送による国内基幹放送の全ての放送番組を当該国内基幹放送と同時に一般の利用に供する業務を除く。)(法第20条第2項第2号の業務)のうち、専ら受信料を財源として行うもの つまり2号受信料財源業務とはNHKが徴収している受信料を財源として行う業務であり、この業務の対価として受信料を徴収するものではないということとなり、総務省の「利用者に対価を求めることなく実施する」との見解と一致します。 ◆ワンセグ携帯所持での受信料徴収とは全く別の話に テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所持によってNHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟では2019年3月に上告棄却され、「契約の義務がある」とした2018年の東京高裁の判断が確定しました。 これも一因となり、2019年のスマホの秋冬モデルではワンセグ搭載の機種が激減。そもそも日本ではワンセグ非搭載のiPhoneが大きなシェアを占めており、ワンセグ自体のオワコン化が急速に進んでいます。 一方NHKは「受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めない」としていたため、テレビやワンセグ携帯がなくともスマホやPCなどのネット環境があるだけで受信料を請求されるようになるのではと懸念されていました。 今回の総務省の公式見解はこうした不安に法的根拠を明示した上で完全に払拭するもの。画面上に表示されるメッセージを我慢する必要はあるものの、インターネット常時同時配信の開始を理由に受信料徴収が発生しないことを国が公式に認めたことになります。 【「NHKのネット常時同時配信は無料で」総務省がスマホやPC所有で新たな受信料負担なしと明言】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • フルメタ賀東招二「(グレタさんを)絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい 肉を食わせて悔し涙を流す姿が見たい」

    地球温暖化対策を訴える16歳の少女グレタ・トゥーンベリさんに対し、「フルメタル・パニック」や「甘城ブリリアントパーク」などのアニメ化作品で知られる人気ライトノベル作家の賀東招二氏が激しい悪意を向けています。詳細は以下から。 これがそのツイート。温暖化対策を話し合う「第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)」の会場をグレタさんが訪れ、話題を集めているというNHKのニュースを引き合いに出したものです。 驚くのはそのツイート内容。「もし自分が世界の影の支配者だったら」という例え話の体とはいえ、悪意や憎しみがにじみ出ていることが分かります。 俺もこの子きらい。もし自分が世界の影の支配者だったら、すべてを奪って絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい。その上であっつあつの超うまいステーキとか食わせてやって、悔し涙を流す姿が見たい。すごく見たい。 一体何が賀東招二氏を「16歳の少女を絶望のどん底に叩き落とし、そのさまを嘲笑したい」と思わせるほどに駆り立てたのかは不明ですが、露骨すぎる嫌悪感にSNSでは往年のファンが困惑する光景も。 たとえ活動内容に賛否があったとしても、嫌いというだけで菜食主義者のグレタさんにわざわざ肉を食べさせ、悔し涙を流させたいとまで考えてしまえることに、驚かざるを得ません。 コメントを見る 【フルメタ賀東招二「(グレタさんを)絶望のどん底に叩き落として嘲笑してやりたい 肉を食わせて悔し涙を流す姿が見たい」】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…

  • うんこもインスタ映えの時代?排便後のトイレをキラめかせるラメ入りサプリ登場

    茶色いだけの普通のうんこじゃものたりない、トイレの中でもキラキラしたい、そんなアナタにぴったりのサプリが誕生しました。詳細は以下から。 イギリスを拠点とするサプリメント会社、WeAreFeelは「アナタのトイレをキラめかせる」マルチビタミンサプリのリミテッドエディションを発売。 「 30錠で約11.95ポンド(約1600円)のこのサプリにはビタミンA、ビタミンD3、葉酸、亜鉛、鉄分などの18種類のビタミンやミネラルが配合されており、それに加えて飲食可能なラメが入っています。 BUZZAP!では過去に「金箔入りうんこを排泄できる純金入りカプセル」を紹介したことがありましたが、そちらは425ドル(約47000円)とお高め。それに比べると栄養入りでかなりお手頃な価格です。 このラメは人体に無害な上に人間の消化器からは吸収されないため、胃腸を抜けて全てがうんこに混じって排出され、その際にうんこをキラキラと輝かせ、トイレの時間をきらびやかなものにしてくれます。 このラメはアカシアゴムから作られており、食用色素で染められ、遺伝子組み換え食品や乳糖、グルテンも使われていません。 WeAreFeel創始者のBoris Hodakelさんは「WeAreFeelは健康やウェルネスの分野で楽しくイノベーティブなブランドを目指している。だから安全に食べられるラメを発見した時、マルチビタミンサプリに入れたい気持ちを抑えられなかったんだ」と述べています。 またHodakelさんによると「必要な栄養を摂って健康である事は退屈でつまらなくてはいけないと思うんだ。トイレで見るキラめくうんこがより多くの人の日々の栄養摂取の助けになる事を願ってるよ」とのこと。楽しいイタズラを思いついて止められなかった子供のようで、何とも好感が持てますね。 なお、当然ながらこのサプリは発売と同時に瞬殺。現在は購入ボタンが消えたページが残るのみとなっています。 「 もちろん反響が大きければ再販の可能性もありますが、InstagramなどのSNSを通じて映えるトイレのキラキラ感が世界中にシェアされていくことになるのでしょうか? 【うんこもインスタ映えの時代?排便後のトイレをキラめかせるラメ入りサプリ登場】を全て見る Source: http://buzzap.jp/feed/…