【発見】ペヤングに「ペヤング味のフライドポテト」を混ぜたらめっちゃウマいのではないか?

フューーーージョン! はっ!! と合体したら超強い戦士が生まれることは『ドラゴンボール』ファンなら誰でも知っている。今回はこのフュージョンを、ペヤングでやってみようと思う。たぶんだが食品でもイケるような気がするのだ。

フュージョンをするのはお馴染み『ペヤング ソース焼きそば』と、以前お伝えたスナック菓子『ペヤング やきそば フライドポテト 特製ソース味』である。果たしてペヤングとペヤングがフュージョンしたら、超ペヤングになるのだろうか?

・新しいペヤング

さて、フュージョンと言っても修行は一切必要ないので安心して欲しい。まずは先述した二つの商品を用意しよう。私(あひるねこ)の場合、フライドポテトは最寄りのローソンで手に入れることができたぞ。さあ、フュージョン開始!

【作り方】

その1:ペヤングにお湯を注ぐ。

その2:フライドポテトの袋を開ける。

※多少のつまみ食いは可とする。

その3:ペヤングにソースなどを入れる。

その4:フライドポテトを入れる。

その5:よく混ぜる。

──完成である。

・食べてみた

同系統の色だからか、驚くほど違和感がないことにあなたも気付くはず。さっそく食べてみると……うむ、ペヤングである。フライドポテトは決して味が薄いわけではないのだが、焼きそばの主張が強すぎて少々飲み込まれている印象だ。ソースのオラつき方がすごい。

だが、フライドポテトに意味がないのかと聞かれると、答えはNOである。むしろその存在感は、焼きそばの中でこそ光り輝くと言っていいだろう。柔らかい麺とサクッとしたポテトが生み出す絶妙なコントラスト。これは、この両者にしか作り出せないオリジナルのものだ。

・食感の妙

ソースと湯気によっていくらか柔らかみを増したポテトは、それでいて食感の良さを失わず、むしろスナック菓子特有のチープさが影をひそめることで “食事感” が増している。極めて豪華な かやくの役割を果たしているとも言えるのではないか。これは世紀の大発見かもしれない。

・やってみよう

ペヤングとペヤングがフュージョンした結果、まったく新しいペヤングが生まれた今回の実験。まあまあウマいので、ペヤングとの間に倦怠期を迎えている方はぜひ試してみて欲しい。今まで知らなかった彼(彼女)の素顔が垣間見えるかもしれないぞ。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply