【ポケモンGO】近日中に「色違いハネッコ」が登場する可能性大! おそらく今回も苦行

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 今日も7kmタマゴを割っているかな? お兄さんはアローラニャースだけは3匹も色違いが出たんだけど、あとはサッパリさ。なるべく多く割りたいんだけど、ギフトを開けて7kmタマゴが出ないと本当にイライラするよね!

それはさておき、2019年8月6日からいよいよ『ポケモンGOフェスタ in 横浜』が開催される。今回も「グローバルイベントが開催されるとき色違いポケモンが発生する」の法則通り、新たな色違いポケモンが出現すると思われる。ズバリ、今回は「ハネッコ」……のハズだ。

・過去に登場した色違いポケモン

2018年のドルトムントを皮切りに、これまでグローバルイベントで8回連続登場している色違いポケモン(種類は10種類)。特に当日イベントに参加できないトレーナーにとっては、期間中の最大の楽しみの1つであろう。

さて、一応ここでおさらいだ。過去のグローバルイベントでは、以下の色違いポケモンが実装された。8大会分の色違いポケモンを一気にご覧いただきたい。

ドルトムント → ロゼリア

シカゴ → プラスル・マイナン


横須賀 → キャモメ

台湾 → カイロス

ブラジル → コダック

シンガポール → ツボツボ・ラプラス


シカゴ → タッツー

ドルトムント → ニドラン♂

過去の実績から、今回も色違いポケモンが実装されることはほぼほぼ間違いない。そして今回登場するのは、おそらく「ハネッコ」だ。なぜなら過去の色違いポケモンと同様に『ポケモンGOフェスタ in 横浜』のイラストにハネッコが描かれているからである(ニョロモの可能性、もしくはダブルの可能性もアリ)。

・簡単には捕まえられない

ハネッコは、ポポッコ、ワタッコと3段階進化するから、熱心なトレーナーならば3匹は確保したいハズ。だがしかし、色違いハネッコを簡単に捕れると思わない方がイイ。過去はともかくともしてツボツボ以来、タッツーもニドラン♂もメチャメチャ難易度が高かったからだ。

詳しくはこちらの記事をご覧いただくとして、とにかく「ロゼリア」や「カイロス」くらい捕れるというイメージは捨てた方がイイ。特に直近のニドラン♂は、フィールドにそれなりにいる程度で大量発生とは程遠かった。つまり、開始直後から全力を出す必要がある。いいか、最初から全力だぞ?

・いつ登場?

なお、気になる発生日については現在のところ不明である。過去の2大会は木曜日にイベント開始、翌金曜日から世界中に発生していたが、今回はイベント開始が火曜日のためイマイチ読み切れない。ただ、いつもよりハネッコに遭遇する機会が多くなってきたら「もしかして?」と思っていいハズだ。

とにもかくにも、近日中に色違いハネッコが実装される可能性は極めて高い。そして捕獲の難易度も同様に高いことだろう。もう1度言うが、最初から全力だ。最初から全力。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:c2017 Niantic, Inc. c2017 Pokemon. c1995-2017 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply