【ネタバレ考察】映画『ドラゴンクエスト YOUR STOЯY』の「R」が反転しているのは、なんで?

ついに、ついに公開された映画『ドラゴンクエスト YOUR STOЯY』!! すでに鑑賞した人たちは息しているかな? 感動しすぎて……あるいはショックすぎて過呼吸になっていないか心配ですが、いかがお過ごしでしょうか。

ところで副題の『YOUR STOЯY』だが、「R」が反転しているのは一体なぜなのだろうか? 

・自己主張が強めの『Я』

本作を見た人はお気づきだっただろうか? エンド直前に出る映画タイトルでは、いったんフツーに『R』で出していたのを、これみよがしにクルリ! と、わざわざひっくり返すさまを見せて『Я』へと反転させていたのだ。かまってちゃんかよ! 

いや、これは映画製作者から出された宿題であり、1つの試練なのだろう。そこで、ここからはほんの少しのネタバレ含みで『Я』の意味を考察したい。

もしかしたら、まだ本作を鑑賞していない好奇心旺盛な読者がこのページに迷い込んでいるかもしれないが、そうであればまずは映画館で作品を鑑賞してから読み進めるか、こちらの “ネタバレなし” の記事を読んでその知的好奇心を鎮めていただきたい。

それでは以下が『Я』をめぐる2つの仮説だ! 繰り返すが、この先はネタバレを含む!!

①『STORY』の中に『私(Я)』?

インターネットで調べるとすぐにわかることだが、『Я』はロシアなどで使われているキリル文字の1つで「私」を意味しているとのことだ。英語で言うところの「I」である。この文字を『STOЯY』の中に忍び込ませることによって、“物語の中に私が存在する” という意味で受け取ることができる。

つまり『YOUR STOЯY(あなたの物語)』の “あなた” とは、主人公のリュカだけでなく、観客である『私(Я)』たち一人ひとりも含まれている、『ドラゴンクエスト』の世界には私たちは存在する──という、映画製作者から観客に向けた隠れたメッセージなのかもしれない。

②もう1つの「Яeality(現実)」?


映画の終盤では、主人公のリュカと敵のミルドラースとの間で、こんなやりとりが交わされる。

ミルドラース「それ(ドラゴンクエストⅤ)は、虚無だ!」
リュカ「違う! もう1つの現実だ!!」

『ドラゴンクエスト』という “虚無・虚構” の世界に、その対極を意味する「現実」があるのだと主人公のリュカが訴えるシーンである。このやりとりを見て思い出したのが、その昔カルト的人気を誇ったブラックマヨネーズさんのラジオ番組での会話だ。少し記憶があいまいだが、おおむねこんな内容だったはずだ。

吉田「ドラクエやっててダンジョンから出てきたとき、空気おいしいもんなぁ!」
小杉「いや家やから、ゲームしてるの!(笑)1歩も外出てへんわ」

小杉さんのツッコミはごもっともだが、吉田さんのこの一言には爆笑したと同時に、非常に共感した覚えがある。わたしもゲーム内でダンジョンから出ると空気が美味しく感じてしまう! その空気の美味しさは、リアリティを帯びているのだ。

“ゲームは時間の無駄で下らない” ──という人もいるが、私はそうは思わない。全否定する。ゲームは人生を豊かにしてくれるし、例えば『ドラクエⅤ』には出会いと別れ、親との死別、恋、結婚、出産。成功と挫折。絶望と希望。努力と達成。悲しみと喜び、そして始まりと終わりと、多くの学びがあるのと同時に、まさに私たちが人生で経験する「現実」が確かにあるのだ。

話を映画に戻すが、リュカのセリフ──「『ドラクエ』はもう1つの現実だ」──という言葉、これには私も異論はない。『R』が反転された『YOUR STOЯY』という副題は、現実世界(Reality)とはもう1つ別の「Яeality」が『ドラゴンクエスト』の中にはあるという、心の叫びを表したのかもしれない。

・正直どっちでもいいし、どうでもいいかも

最後はちょいとアツくなってしまったが、以上が『Я』をめぐり私が立てた2つの仮説だ。みなさんはどう思われるかな? 正解は何なのか、どっちもなのか、あるいはまったく別の意味があるのか……。いずれにしても、それはささいなことだ。『ドラクエ』の中に『Я(私)』は在るし、もう1つの「Яeality」があることは確かだから。

参照元:『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』、Instagram @dq_movie
Report:ショーン
Photo:RocketNews24.
(C) 2019「DRAGON QUEST YOUR STORY」製作委員会 (C) 1992 ARMOR PROJECT / BIRD STUDIO / SPIKE CHUNSOFT / SQUARE ENIX All Rights Reserved.


Source: Rocket news Japan

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply