実生活でも“ミッキー“が恋人だった。 ミニーマウスの声を務めたルシー・テイラーさんが死去。

ディズニーの人気キャラクター・ミニーマウスの声を30年にわたり担当した声優のルシー・テイラーさんが7月26日、亡くなった。75歳だった。

米ウォルト・ディズニー・カンパニーが27日(現地時間)、公式サイトで発表した

ミニーマウスの声を30年にわたり担当し、亡くなった声優のルシー・テイラーさん

ルシーさんは、1944年5月4日、アメリカのマサチューセッツ州生まれ。

1986年に開催されたオーディションで、約200人の中からミニーマウスの声優に選ばれ、以後30年以上に渡り、ミニーマウスに”声”を通じて命を吹き込んだ。

『ミッキーのミニー救出大作戦』、『ミッキーのアルバイトは危機一髪』などのアニメーション作品のほか、テーマパークでのショーなどにおいても声を担当し、活躍した。

ミニーマウスは、2018年にハリウッドで殿堂入りを果たしており、“恋人”であるミッキーマウスに遅れること約40年での殿堂入りは話題となった

ミニーマウスと並んで笑顔を見せる声優のルシー・テイラーさん

実生活でも“ミッキーマウス”が最愛のパートナーだった。

ディズニーアニメーションでは、ミッキーマウスとミニーマウスは最愛の“恋人”という設定だが、ミニーマウスの声優を務めていたルシーさんは、実生活においても“ミッキーマウス“が恋人だった。

1977年からミッキーマウスの声を担当していた、ウェイン・オールウィンさんと91年に結婚。

ウェインさんは、2009年5月に62歳で亡くなった。

ミッキーマウスとミニーマウスに囲まれるルシーさん(左から3番目)と、1977年からミッキーマウスの声を担当していたウェイン・オールウィンさん(左から2番目)。2人は91年に結婚し、夫婦となった

私自身ではなく、私が演じるミニーが有名になることが私にとっての幸せ…

ルシーさんは以前、「私は決して、私自身が有名になろうと望んだことはありません。私が演じるミニーマウスが有名になることが、私にとって喜ばしいことなのです」語っていたという。

同社の会長兼CEOのボブ・アイガーさんは、彼女の功績を以下のように讃え、哀悼の意を示した。

ルシー・テイラーが旅立ったことで、ミニーマウスはその声を失いました。

30年以上にわたって、ミニーとルシーは、共に世界中の何百万もの人々を楽しませました。

私たちはルシーの才能と素晴らしい精神、そして彼女がもたらした喜びに、大きな感謝の意を評します。

彼女と知り合い、共に仕事ができたことは、私たちの“特権”でした。

ディズニーで主要なキャラクター・グーフィーの声を担当するビル・ファーマーさんも、「ルシーは家族に近い存在でした。素晴らしく、愉快で、そしてミニーマウスのように可愛らしい。才能がありながらも控えめな方でした。彼女を失ったことは、深く、そして心から寂しいです」と、コメントを残している。

Source: http://www.huffingtonpost.jp/feeds/japan/index.xml

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply