「ひらパー」アルバイトが熱中症で死亡、着ぐるみでダンス練習中に


夏の遊園地での着ぐるみショー、考えただけで過酷ですが、実際の危険性が明らかになった形です。詳細は以下から。

関西人なら知らない人はいない、大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」でショーの練習中に熱中症での死亡事故が発生しました。
大阪府警が明らかにしたところによると、7月28日に着ぐるみを着てダンスの練習をしていたアルバイトの28歳男性が意識不明となりました。男性はその後搬送先の病院で死亡。原因は熱中症とのことです。
7月28日の枚方市は晴れで最高気温は33度。熱中症は条件によっては気温30度未満でも発生する事が知られています。

【「ひらパー」アルバイトが熱中症で死亡、着ぐるみでダンス練習中に】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply