NHKノーナレの報じた「実習生奴隷化企業」、結局今治タオル工業組合の下請けでした


無関係な企業への風評被害との声もありましたが、実際には今治タオルブランド全体と浅からぬ関係があることが明らかになりました。詳細は以下から。

◆NHKノーナレが衝撃的な外国人技能実習生ドキュメンタリーを放映
6月24日に放送されて、外国人技能実習生の衝撃的な実態を明らかにしたNHKのドキュメンタリー「ノーナレ 画面の向こうから」。

今治市の縫製工場で低賃金で長時間労働を強いられているベトナム人の技能実習生を取り上げた本作は、彼女らを完全に奴隷として扱っている悪徳業者のおぞましい実態を明らかにし、大きな反響を呼びました。
この番組は愛媛県内のタオル縫製工場で働く実習生からのメールをきっかけに作成されたもの。婦人服や子供服を作るとして雇われた28人の実習生たちは、実際はタオルの製造をさせられており、その実態も極めて苛烈なものであることが明らかにされています。
常日頃から「ベトナムに強制帰国させる」と脅されつつ早朝から夜10時過ぎまで働かされ、残業時間は180時間という過労死ラインの2倍超えながら、支払われるのは40時間分のみというブラックの極み。
作業にも手が変形するほどの厳しいノルマが課せられ、居住も会社の敷地内の窓のない狭い寮に28人全員が押し込められていました。彼女らは日本への渡航時に作った借金を返すために必死にこうした奴隷待遇に耐えていたものの、絶望的な状況を知らせるべくNHKに連絡を取っていました。
その中では、仕事中に脳出血で倒れて現在まで意識不明の実習生の存在も明らかにされています。

◆ネット上での「特定」により無関係な企業への中傷が発生
即座にこれが今治タオルであることが突き止められてネット上で不買運動が起こった他、この悪徳業者の「特定」も行われて実際には彼女らを雇用していない企業を中傷する書き込みや苦情の電話も発生していました。
こうした事態を受け、NHKは複数のツイッターアカウントで無関係な企業への中傷や苦情などを行わないように警告を行っています。

これは番組上の風景とGoogleマップ上の古い情報を照合した為に起こったミスで、名指しされたオルネットは声明を発表し、「当社は関連会社を含め、技能実習生の雇用をしておりません」と明言しています。

◆実際には今治タオル工業組合企業の下請けでした
こうした経緯から、ネット民がデマを信じ込んで無関係な企業を攻撃したという、東名あおり虚偽投稿事件と同様の勇み足かと思われましたが、話はこれだけでは終わりませんでした。
今治タオル工業組合は6月26日になって、「NHK『ノーナレ』報道についてのご報告」(魚拓)というコメントを発表。

その中で、この番組で取り上げられた企業は今治タオル工業組合に所属する企業ではなく、「組合員等の縫製の下請企業である」事を明言。
その上でこうした外国人技能実習生の待遇に「社会的責任及び道義的責任があると考えており、この問題を非常に重く受け止めております」としています。

日本企業の「下請けいじめ」問題は改めて説明するまでもありませんが、元請けの組合所属企業が納期や工賃といった面でこの下請けにどのような要求を行っていたのかはこの問題の大きな焦点となります。
組合所属企業が下請けに苛烈な要求を行い、その要求に応えるために当該企業が外国人技能実習生に奴隷労働を強いたのだとすれば、これはひとつの企業の話に留まらず、今治タオルというブランドそのものの価値すら揺るがす大問題ということになります。
「下請けが勝手にやった」で済む話ではありません。

【NHKノーナレの報じた「実習生奴隷化企業」、結局今治タオル工業組合の下請けでした】を全て見る

Source: http://buzzap.jp/feed/

Previous Post Next Post

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply